« 2009年2月 | トップページ | 2009年4月 »

2009年3月

しだれ桜と不妊治療。

21日(土) が排卵日として、この日を 高温期の1日目だと仮定すると、きょうは、高温期11日目。

この間36.6度をこえたのは、 5回。
今朝の基礎体温は36.63度
いつもならこの時期 、36.8度は超えるんだけどなあ。


昨日は、予定外のお花見に行きました。お花見といっても、皆さんご存じのとおり、ソメイヨシノはまだまだ2分咲き3分咲き。見に行ったのは しだれ桜です。

都内で有名なしだれ桜というと、六義園。本日3月31日まで、夜間ライトアップです。

東京に住んではや15年ほどになりますが、一度も見に行ったことがなかったのですが、昨日、後楽園のあたりまでいく用事があり、地下鉄の駅においてあるフリーペーパーの情報につられて、ついでに足を延ばしてみたんです。

夕方の4時過ぎにいったら、まあ、静かな庭園とは言えないくらいの人がたくさんいて、ひとの流れに沿ってしだれ桜の場所へ。 すでに、カメラやケータイを構えて写真を撮っている人たちと、ベンチや周りの植込みの檀に腰かけている人でいっぱい。 人を入れずに写真を撮るのは難しいだろうなあ、と私もケータイを構えてみる。 実はほとんどケータイのカメラを使ったことがないので、まず起動の仕方が分からずにモタモタ。そしたら隣で写真を撮ってるオバちゃんが「邪魔よ!」と。 私がモタモタしていた場所は絶好の撮影ポイントだったらしい(笑)

まだまだ明るい庭園内。ライトアップがきれいなので、みんな日が暮れるのを待つ態勢です。私も、折角きたのだからと、初めての六義園の名勝を楽しもうと、園内を散策。

いやあ、寒かった。 

日が暮れるまでの2時間の長いこと。庭園の中でガシガシ歩くわけにもいかず、ゆるゆると歩くだけでは体も温まらない。 カバンの中の水筒の中身は常温のルイボスティーだし、そもそも夜に出歩くつもりがなかったから、すっかり春の装いだったから、さあ大変。

そろそろいい時間かなと、しだれ桜に戻ってきたのが6時前。身動きができないくらいの人だかり。明るいうちから待ってる人と、さらに仕事帰りにライトアップに見にきたひとたちでごった返していました。

私の体はすっかり冷え切っていて、ケータイのボタンを押す指もままならない感じで、すぐにでも帰りたい気分だったけれど、完全に暗くなっていない空をみあげて、もう少し暗くなるまで、と頑張った。

日が暮れた直後でも完全ではないけど暗くなってて十分桜はきれいだったのに、きっともっと暗くなったほうがきれいだよね、という期待が私を帰らせてくれないのだ。

  ライトアップされた「しだれ桜」を見に来たんだから。
  もう少し暗くなったほうが桜がきれいなはず。
  せっかくここまで待ったんだから。
  わざわざそのために来たんだから。
  今ここで帰っちゃったら、一番いい姿を見逃すことになるんじゃないか?

と、パンフレットの写真眺めながら、まだまだ、もう少し、あと少し、はやくもっと暗くなれ! とふるえながら頑張りました。

そんな風に一人、しだれ桜と、なかなか暗くならない空を見上げながら、ふと思いました。

なんだか不妊治療と一緒だなあ。  辛くてしんどくてめんどくさくていいことない治療だけど、もう少し頑張ったらきっと、とか、まだまだ私はやれる! とか、思いながら頑張ってる。せっかくここまでしんどい思いをしてお金をかけて頑張ったんだから、こんなところで諦められるか! というのも、 せっかっくここまで来たんだから、とさっさと諦めて帰れないのと、似てるなあ。

さいきん、すべての思考回路が「不妊治療」に染まってるのが、妙に可笑しかったcoldsweats01

もちろん、とっぷりと日が暮れるのを待って、かじかんだ手でケータイカメラで写真を一枚撮りました。 (あとで見たらブレててよく分からない写真でした)

夜空をバックにこぼれおちるような桜が見れたんだから、子どももきっと授かるよ、となんか勝手な願掛けもして、しだれ桜にこっそり手を合わせて、帰路につきました。



帰る時に、門の外にすごい列ができていて、入場制限みたいになっていました。

「ここで待って、ようやく入園できても、桜までたどり着くのは大変だろうな」 と、2時間以上待ったけど、夕焼けに映える桜からライトアップのさくらに変化する様子をずっと見れたことは、幸運だったとおもいました。 

 

ライトアップは今日まで。私も30代最後の年。
赤ちゃん待ちも、見事な桜が咲きますように。
応援クリック、お願いします。
    ↓↓↓

にほんブログ村 マタニティーブログ 不妊(赤ちゃん待ち)へ にほんブログ村 マタニティーブログ 不妊(高齢赤ちゃん待ち)へ







   

| | コメント (2) | トラックバック (2)

ゲストロン

今週期は自然周期なんだけれど、
ひとつだけ、打った注射がある。
その名は、ゲストロン。

初めて目にするその名前、ゲストロン。

入力したら『ゲスト論』と変換された。 なんのこっちゃ。

ゲストロンという響きはなんだか強そうで怖そうで、
声に出して呟いてみると、
なんだか自分も強くなった気がする。 なんのこっちゃ。


いったい何の薬なのか?


打った時期は、
移植2日前。最終卵胞チェックの日。その時はまだ排卵してなかった。
移植当日。 静養室で プスっと刺してもらった。

さて、いったい何の薬なのか?

ワタシのかかっているクリニックでは薬の名前をはっきりと言ってくれない。

「排卵を促すお薬を注射しますね~」 とか
「着床を助けるお薬を出しておきますから~」 とか
「今回は、ドロっとしているからいつもより痛いですよ~」 とか。

で、私はどうやってその注射や薬の名前を知るかというと、目の前に看護師さんが広げている自分のカルテを盗み見(笑)  
見えなかった場合は、受付で支払いする時に、カルテを見せてもらうか、受付のお姉さんにカルテを見てもらって教えてもらう。

先生に直接聞けよ、ってカンジですが。

でも、薬の名前を説明しないのが当たり前のようにしているので、尋ねるスキがないのよ~。


で、げすとろん。   

ゲストロン5000 という文字は目に焼き付けてきましたが、何の薬かはわからない。

ええ、ネットで検索しましたとも!

 プロゲステロン(黄体ホルモン)の分泌を促す薬だそうだ。
 だから、プロゲを文字って、ゲストロンと命名されたそうな。

ホルモン補充周期だと、プロゲステロンを直接注射したり、座薬で入れたりして補充するけど、ゲストロンは自ら分泌するように促すだけなので、ホルモン補充にはならない。

・・・。

へえ~。

ということで、聞くだけで自分も強くなった気がしていましたが、実際に私の体を補強するものだった、ということがわかった。

ゲストロン、ありがとう。

でも、効いてる気がしないよ? ゲストロン coldsweats01



まだまだ、体温が上がってくれません。
このままリセットするのだけはやめてくれよ~!!!
応援クリック、お願いします。
    ↓↓↓

にほんブログ村 マタニティーブログ 不妊(赤ちゃん待ち)へ にほんブログ村 マタニティーブログ 不妊(高齢赤ちゃん待ち)へ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

『先生を流産させる会』ってアンタたち...( ゚д゚)ポカーン

昨日のニュースでびっくりしたよ。

中学一年生男子たちが「先生を流産させる会」を結成し、女性教諭に嫌がらせをしたらしい。椅子のビスを緩めたり、給食にミョウバンを混ぜたりしたらしい。
発端はクラスの席替えへの不満や部活動での注意などへの反抗だったらしい。

  ※「先生を流産させる会」で検索したらニュースがみられます
   (なんか、リンク貼るのいやだったから、貼りません)

:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+

中学一年生男子かぁ、本人たちは悪戯の域を出ない感覚なんだろうなあ。

流産するということがどういうことなのか、お腹に一つの命が宿っているということがどういうことなのか、そういうことが想像できなかったのだろうし、単純にその先生が一番嫌がること、一番ダメージを与えられることは何なのかを子どもなりに考えて、やっちゃったんだろうなあ、と思う。子ども同士の悪戯やイジメと同じだな。コトの重大さなんて考えもしなかったのだろう。

子どもは残酷だから。
中一男子なんてガキだから。

まあ、お不妊様のきらきらさんの感情論としては
「そいつらの生殖器を全部切り取ってしまえannoy
と叫びたい気持ちは満々なんだけどね~。
(そこは、ぐっとおさえて)

:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+

命が授かってそれをおなかの中で育むことの意味・意義、そしてそれを大切にしなくてはいけないとうモラルは、社会の中で学び、身に付けていくものだと思う。

だって、動物の世界では子を孕んだ動物は恰好の餌だもの。動物が子を孕み産み育てるのは本能なので、自分の子供に対する愛情も本能の範疇かもしれない。でも自分以外のものが孕んでいたからといって労わったりしないのが動物の世界。 とすると、他人の子に対してや妊婦さんへの労りや慈しみの気持ちなどは社会性があってこそ生まれるものじゃないかな、と思っている そしてそれは、後天的に社会の中で獲得していくものだと思う。

単純に比べてみて、「相手に嫌がらせをしてやろう」という感情と「命を大切に」というモラルは、断然後者のほうがレベルが高い意識だ。 子どもは前者の気持ちはかなり早い段階から持つことはあっても、後者についてはかなり後になるだろう。

だから、ガキには理解できないのは仕方がないのかもしれない。
でも、これから大人になるのだから、ちゃんと学んでほしい。
そして親や周囲の大人がちゃんと教えてやってほしいと思う。

ヤツラは今回のことで学ぶ機会を与えられたのだと思う。

そして、この経験が自分が親になった時には苦い思い出としてよみがえり、心底後悔して、自分の子供にはそういうバカないたずらをしないような躾をしてくれることを、心から願ってるよ~。

最後に一言。

  「おまえら全員、殺人未遂犯だからなっpunch

以上、怒りの きらきら★レッド でした。



やってる悪戯自体はかわいいもんですが、大事に至る可能性もあった。
先生、無事で本当によかった。
授かった命がみな無事に生まれてきますように!
そして、赤ちゃん待ちの仲間皆に、命が宿りますように!
    ↓↓↓

にほんブログ村 マタニティーブログ 不妊(赤ちゃん待ち)へ にほんブログ村 マタニティーブログ 不妊(高齢赤ちゃん待ち)へ



| | コメント (2) | トラックバック (0)

今週期の基礎体温の変化に凹む

前周期は、「ホルモン補充周期で移植→陰性」 だったため、今週期は自然周期(薬や注射を使わない)で移植。

D1 36.60 
D2 36.56
D3 36.60
D4 36.56
D5 36.60
D6 36.58

D7 36.38 ←ようやく低温期らしくなる
D8 36.38 
D9 36.48
D10 36.44
D11 36.52
D12 36.23
D13 36.31
D14 36.22
D15 36.19
D16 36.29
D17 36.27
D18 36.39 ←たぶん、排卵日
D19 36.38
D20 36.63 ←凍結胚移植
D21 37.00 ←ダンナと深夜に大ゲンカしたため、ほとんど寝てない。
D22 36.55
D23 36.69
D24 36.41
D25 36.47 ←今日、ここ

  ※ 36.50以上を赤字

普通、何もしなければ私の基礎体温は 
 高温期が、36.60~36.90 低温期 36.10~36.40 あたりです。

リセットしてしばらくは、スッキリと体温が下がらずにヤキモキしました。

さらに、いつもなら12~3日あたりが排卵日のはずなのに、5日ほど遅れました。

今週期は振り回されっぱなしです。


昨日は、36.41という数値に、立ち上がれないくらいショック(大げさだなあ)で、 フラッと思いついてウォーキングに出かけました2時間ほどさまよって、帰ってきたら、ぐったりしてしまいまして、夜の10時過ぎには寝てしまいました。

夜中の3時に目が覚めて、…習慣って怖いですね、 起きたと同時に体温計を加えてました(加えたまままた眠っちゃいましたが)。 それはなかったことにして、朝7時に測り直したら 36.47度。

せめてさあ、36.6度は超えてほしいよなあ。

夢の37度越え、見てみたいなあ。

見られないまま、終わっちゃうのかなあ。

嫌だなあ。


…頑張れよ、ワタシ。



たかが体温、されど体温。
体温に振り回せれてる私に応援クリックください。 
    ↓↓↓

にほんブログ村 マタニティーブログ 不妊(赤ちゃん待ち)へ にほんブログ村 マタニティーブログ 不妊(高齢赤ちゃん待ち)へ

| | コメント (4) | トラックバック (0)

(lll゚Д゚) なんだこの数値???

今朝の基礎体温。


  36.41度


本日、周期23日目

高温期6日目。…のはず。

いくら普段の体温が低い私でも、唖然。

ダメだ。  立ち上がれない・・・。



たかが体温、されど体温。
そんな私にクリックください。 
    ↓↓↓

にほんブログ村 マタニティーブログ 不妊(赤ちゃん待ち)へ にほんブログ村 マタニティーブログ 不妊(高齢赤ちゃん待ち)へ

| | コメント (4) | トラックバック (0)

体外受精は海外旅行と同じだなぁ~

体外受精に費用って、海外旅行の費用と同じだな、と今日思いました。

体外受精の流れは ざっくりというと
 「採卵」~「受精」~「培養」~「移植」
それぞれに基本料金が決まっていて、
オプションが付くたびに、料金が上がる。

普通の体外受精(卵子に精子ふりかけで、自力で受精してもらう)だけじゃなくて、顕微授精すると、数万円。 初期胚から胚盤胞まで追加培養して新たな培養液を使えば、その追加料金。たくさん採卵できたらその数によって、追加料金。採卵周期に新鮮胚をそのまま移植するなら基本料金だけど、凍結したら凍結代。 凍結胚を移植するときには、融解代。特殊な薬や麻酔を使えば、さらに追加料金。もちろん、誘発剤やホルモン補充の薬をつかえば、その分料金が加算。

な~んにも、オプションなしでやるとしたら、

  誘発なしの、麻酔なしの、採卵
  顕微なしの、凍結なしの、移植

の自然周期。

そこに確率を上げるために、いろんなオプションを付ける。それだけで費用が跳ね上がるよ~。 トホホだよ~。

この感覚、どっかで・・・? と思い浮かんだのが海外旅行。

まずは、比較的お安い基本料金があって、
出発日によって追加料金があって、
飛行機の座席のグレードによって追加料金があって、
ホテルの部屋のグレードによって追加料金があって、
現地でガイドをつけて追加料金、
オプションツアーやレストラン予約で追加料金料金。

外国に行って、その土地の文化に触れるというだけなら格安航空券で格安ホテルで十分なんだけど、せっかく行くのだからとついついアップグレードしちゃったり、オプション付けたり、高級レストランに行ったりする。

それは、何度もいけないから、という心理がある。

体外受精も同じ感覚があって、何度もやれないから、一度で決めたいから、受精率・着床率を上げるために可能性が上がるなら何でもやってやろうと思っちゃう。

海外旅行。
アップグレードしても楽しさが倍増するかどうかわからないし、また貧乏旅行のほうが楽しめるのかもしれない。それは行ってみないとわからない。 行ってみて確かめるわけにはいけないから、旅行代理店のお話を聞いて、より楽しめるプランにするために追加料金を払っちゃう。

なんだか、それに似てるなあ、と思っちゃいました。

あと、費用の額もねcoldsweats01

行ってみないと(やってみないと)わからない、というのも同じだなあ・・・。
うんうん、なんとなくわかるわぁという方、クリックお願いします。
    ↓↓↓

   
にほんブログ村 マタニティーブログ 不妊(赤ちゃん待ち)へ にほんブログ村 マタニティーブログ 不妊(高齢赤ちゃん待ち)へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

移植するだけで9万円だよ  ┐( ̄ヘ ̄)┌ フゥゥ~

移植後のやる気ないきらきらさんに、いつも応援ありがとうございます。

体外受精にチャレンジ中、または検討中の方が最も気になる費用についてちょこっと書きます。

月曜日の移植日に払ったお金は約9万円です。

 融解代  10,500円
 移植代  52,500円
 AHA代  21,000円 (アシストハッチングだよ~)
 薬代    3,360円 (プラノバール14日分)
 判定キット 1,260円 (ファストなら2本入りが買えるじゃん)
__________
合計   88,620円





1回の移植だけで、9万円かあ、とため息をついてみたりしてcoldsweats01


体外受精の費用をいろいろネットで調べてみると…。

採卵費用だけで 一番安いところで 10万円を切っているのを見かけたことがある。(大学病院だった)  ウチは、25万円ほど。 回数を重ねるごとに割引があるけど、25万円で移植までやってくれちゃう病院もある(顕微なしね)ことを考えると、やっぱ高いんじゃないの~??? とナナメな目つきになっちゃうわ~

体外受精と一口で言っても、費用の内訳が細かくあって、

  採卵  
  体外受精
  顕微授精
  胚培養
  追加培養(胚盤胞までの)
  移植
  凍結
  保存
  融解

とまあ、いろいろある。 他にも特別なこと(アシストハッチングなど)をしたらその分も追加されますね。

それぞれ費用が別々に加算される場合や、 採卵から培養までひっくるめていくら、凍結と保存はまとめてとか、採卵費用に授精費用を含んだり… と クリニックや病院によって計算の仕方が違うから、一概に比較できないのがつらいところ。

ちなみに先にかいた25万円、というのは、採卵~体外受精~培養までのお値段です。顕微授精したらさらに5万円の基本料金が追加ですわ(さらに、数によって変動する) 

すでにきらきらさん、1~2月の採卵から凍結胚移植までの時期に50万近く払っています。これはフルコースでやったからそこまでかかったのだけど。(ロング法で、 hmg注射や点鼻薬、飲み薬、ホルモン補充の薬たちなどもいれて、顕微、凍結までやったからね~、まあ、仕方ない。)

それで我が家の財政はかなりひっ迫していて、今回がダメだったら次の採卵の予定はしばらくたたない見込み。

なのに、ここにきてさらに9万円…。

数十万のお金を払った後だと、10万以下だとまだマシ、とか思っちゃう自分が怖い。ほんと、金銭感覚おかしくなりそうだわ。



えっとね、それでね、何が言いたいかというと、

体外受精の費用は、かなりお安くできるところから高いところまで、いろいろあるよ、ということ。

あの有名な新宿のKLCは、38歳未満で特に健康に問題がなければ、成功報酬制をとってるし(成功したら50万、妊娠に至らない場合は実費のみの数万円)、大学病院や公立の病院だと比較的安いし。下手すると倍近く費用が違ってくる場合もあります。

私は自分の家庭の事情と通院に便利なところという理由で選んだけど、費用の面でステップアップを迷っている人があるなら、ぜひ、いろんな病院・クリニックに問い合わせて費用の見積もりを取ることをお勧めするわ。

まずはネットで費用を公開しているクリニックを検索して比較検討。載せてないところでも大抵は電話で聞けば、基本料金くらいは教えてくれますよ。 

あ、病院の雰囲気とか、先生との相性、治療方針の問題もあるから、くれぐれも費用だけで病院を決定しないよーにね!!  



先生との相性がよくて、治療方針も信頼できて、さらに費用が安い! という病院に出会えるのは難しいけれど、そこは努力次第だよ~! お互い頑張ろうね、みんな! 
ポチッとクリックお願いします。
    ↓↓↓

   
にほんブログ村 マタニティーブログ 不妊(赤ちゃん待ち)へ にほんブログ村 マタニティーブログ 不妊(高齢赤ちゃん待ち)へ

| | コメント (4) | トラックバック (0)

看護師のプロフェッショナルな言葉

昨日の移植で、とても感嘆した言葉がありました。



今日はすでに東京に戻ってきていて、判定日は2週間後になるのだけど、その判定日には大阪のクリニックにはいけません(そうそう交通費をかけてられないのだ)。 2月末の移植の時にわざわざ行ったのは三月頭が結婚記念日だったから。判定日に行くと、それから排卵日すぎるまでずっと滞在するわけにも行かないし、かといっていったん戻るってまた、というわけにもいかない。

優先されるべきは排卵日であって、判定日じゃないので、「いけません」と伝えました。

判定日よりも次の排卵日のことを考えてるあたり、すでに、判定日に陰性が出る前提で語っている自分が、笑っちゃうのだけどねぇ(笑)

 

それで、移植後に静養室で寝ているときに看護師さんから、判定キットをもらいました。自分で尿を採取して、判定キットで判定するもの。

前回のクリニックの判定でも同じものが使われた。血液検査とかもなし。クリニックで尿検査だけなら、わざわざ行く必要もないかなあ、と思ってしまうよね。しかも判定キットはチェックワンファストと同じく、hcgが25以上で陽性になるので、ファストでいいじゃんと思っちゃった。 市販の判定薬の方がやすいのに・・・ってさ。

クリニックで判定する意味は、ホルモン補充周期などで陽性が出た場合は薬や注射の追加があったり、今後の治療プランの相談が必要だから。でも、自然周期の場合は判定するだけだし、わざわざクリニックに行く必要もないんだよなあ…。

そんなことをぼんやり考えながら、判定キットを受け取った。

指定日に判定して、その結果を電話するように、とのこと。

そこで、ついでに聞いてみた。「結果が出た後はどうなるんですか?  プラスの場合とマイナスの場合と?」

判定日にはいけないが、結果次第でそのあとの来院はどうなるのか聞いておきたかったから。判定日になってから予定を聞いても、そのほかのスケジュールが決めにくいものね。

看護師さんは先生に確認してきますね、と一旦退室。しばらくして戻ってきました。

「プラスがでたら、その一週間後までにきてもらえますか? 妊娠継続のために注射やお薬を追加したほうがいいかもしれないので、どうするかはその時に診断してから決めないといけないから、できるだけ早くに来てくださいね それで、もし万が一マイナスだったら、次の次の生理予定日の10日前に次の相談に来てください」

わたしね、この言葉にちょっと感激したんです。

「もし万が一」ってところです。

先述したように、私自身は判定日よりも次の排卵日に意識が飛んでしまっていて、既にネガティブモードに入っています。なのに、この看護師さんの言葉は終始笑顔の陽性が出る前提での言葉だった。

だから、なんだかねえ、ハッとさせられちゃったのよね。

移植後、ホントに些細なことに一喜一憂する場面です。マニュアルとしてあるのかもしれないけど、ごくごく自然に、当たり前のようにでたこの言葉、きっとこの看護師さん個人の資質なんだろうと思った。 看護師としてのプロフェッショナルな態度を見た気がしました。

グレードも低く期待薄な移植、本人の心が揺れているときに、その言葉はとても心強く感じました。 ありがとう Hさん。



ワタシが信じなくてどうするんだよ!
まだまだ弱気な私に応援クリックください。
    ↓↓↓

   
にほんブログ村 マタニティーブログ 不妊(赤ちゃん待ち)へ にほんブログ村 マタニティーブログ 不妊(高齢赤ちゃん待ち)へ

| | コメント (8) | トラックバック (0)

移植してきたよ~!

移植は、これで5回目。
10月に二段階移植で2回。
2月に二段階移植で2回。
そして今回は凍結胚(初期胚)を1回。

慣れたもんです。 慣れたくなかったけどcoldsweats01

受付の方も、「あ、今日は移植ね」と軽い感じの挨拶で、目と目で「いつものようにね...」「ええ分かってますよ...」ってな感じで、詳しい説明もなくスルー。

最近は、診察券を忘れても、名前を伝える前にカルテが用意されるまでになりましたcoldsweats01
これが、顔パスというやつね~。

看護師さんも、初回のような詳しい説明もなく、きらきらさんも勝手知ったるという感じで静養室へ。

きょうはねえ、月曜日なので、週刊ジャンプをコンビニで購入していきました。いつもは立ち読みするんだけど、移植後の安静2時間のために買っちゃいました。 今日だけは無駄遣いとは、言わせねぇーよ! (by我が家)  「アイシールド21」と「魔人探偵脳噛ネウロ」と「バクマン」が楽しみなきらきらさんです。 そうそう、こち亀が連載1600回突破だそうです。オメデト~!

さて、移植した初期胚は、 2日目の5分割のグレード3です。
ははは、決して良い状態とは言えません。

先月移植したのと同じです。
ハハハ、期待しようにも気持ちが先に諦めています。

でも、そのせいか、気負いもなく、昨夜もとってもよく眠れたし、気持ちが平穏なまま移植ができました。

三連休の後だと、移植する人も多いかな、とおもっていたら、今日は私一人でした。 手術室の壁には、移植や採卵する人の名前が貼り出されているのだけど、そこに私の名前だけが書かれていて、静養室もベッドが6つあるのに独り占め。  VIP待遇ね、とほくそ笑んで(?)ジャンプを読みました。  ネウロ、スゲェ~! 

心配していた、卵胞も、エコーで見たらなくなっていたから、安心。

排卵が土曜日か日曜日かはわからないけど、土曜日の夜に夫婦でタイミングを持ったのでうまくいけば、そっちが受精してくれるかもしれない。

さあて、これから2週間、長いなあ。

悶々と過ごすか、ワクワクして過ごすか・・・。 ワタシも超ヘタレなのでワクワクしてダメだった時のダメージを受け切れません(笑) きっと、ダメな時を想像しながら過ごすんだろうなあ。

それでも!

頑張れよ、ワタシ。

 

次の次のジャンプが出る日が、判定日です。 ネウロもそろそろクライマックスか?


タイミングと移植のダブルで成功して双子ちゃん
そんな夢をみる私に応援クリックください。
    ↓↓↓

   
にほんブログ村 マタニティーブログ 不妊(赤ちゃん待ち)へ にほんブログ村 マタニティーブログ 不妊(高齢赤ちゃん待ち)へ

| | コメント (6) | トラックバック (0)

D20  移植にいってくるよ~!

今から、移植にいってきまーす。



万が一、排卵してなかったら…。
と、ドキドキしてますが、

今朝の体温が微妙に上がったので大丈夫かな。

がんばりまーす。


前回ダメだった凍結胚と同じグレードのものです。
あまり期待はできないので、気分が盛り上がりません。
そんな私に応援クリックください。
    ↓↓↓

   
にほんブログ村 マタニティーブログ 不妊(赤ちゃん待ち)へ にほんブログ村 マタニティーブログ 不妊(高齢赤ちゃん待ち)へ



| | コメント (4) | トラックバック (0)

D19 排卵したような? 移植の予定は月曜日

昨日、D18 21日(土)の時点で、排卵されていませんでした。

移植(初期胚)は排卵2日後がいいらしいので、土曜日中に排卵していてくれたらいいのだけど。

D15 18日(水) 卵胞16ミリ   内膜10.2ミリ
D16 19日(木) 卵胞17ミリ   内膜 9.9ミリ
D18 21日(土) 卵胞21.6ミリ  内膜 9.9ミリ。 ←昨日ね。

19日から比べて、二日で4ミリと普通のスピードで大きくなってくれました。内膜の厚さが変わっていないので、きっとワタシのからだは、10ミリを超えることはないんだろうな、と思います。

先生の話によると、19ミリを超えると排卵してもおかしくないから、もう今日にでも排卵するよ、とのこと。 念のため血液検査でLHの値をはかってもらったら、2.7(???)だったので、すでにLHのピークは過ぎているだろうとのことでした。

そうはいっても、以前、卵胞が26ミリ、32ミリまで大きくなったこともあって、エコーで卵胞が消えているのを確認しないと、ちゃんと排卵したかどうかはわからない。

土曜日中には排卵するだろうという先生の判断で、凍結胚を移植する日を23日(月)に決めました。  

゜。°。°。°。°。°。°。°。゜。°。°。°。

土曜日で、しかも金曜日が祝日で休診のため、クリニックは激混みでした。木曜日に行った時には待ち時間なしで診察してもらったので、クリニック滞在時間が10分程度だったのに、1時間半もいましたわcoldsweats01

待ち時間というのは、クリニックによってさまざまですよね~。

大阪で通っているクリニックは、医師と看護師や受付できっちり分業制が敷かれていたり、注射だけの人は別ルートだったり、薬の説明や治療プランの書かれた紙などがすでに用意されていて、日付や薬剤のスタンプを押すだけになっていたりとか、システマチックです。 そのおかげで人が多くても待つ時間は短いです。

東京で通ってるクリニックは、同じだけ人がいても、その倍以上待ちます。土曜日にいったら、3時間待つこともあります。 それと比べると、待ったといっても大したことはありません。

気の毒なのは、ダンナサマ。昨日は彼に車で連れて行ってもらって、車の中でまっててもらったので。  私は、診察に呼ばれたり、着替えたり、採血したり、注射したりで、やることがあっての1時間半だけど、彼のほうがずいぶん待たされた気分だろうなあ。申し訳ないですわ。 

そうそう、クリニックに「ジネコ」のフリーペーパーが置いてありました。
皆さん、ご覧になりました?



前回ダメだった凍結胚と同じグレードのものです。
あまり期待はできないので、気分が盛り上がりません。
そんな私に応援クリックください。
    ↓↓↓

   
にほんブログ村 マタニティーブログ 不妊(赤ちゃん待ち)へ にほんブログ村 マタニティーブログ 不妊(高齢赤ちゃん待ち)へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

D18 未だ排卵せず???

本日、またまた、3度目の卵胞チェックに行きました。

もう、排卵しているだろうと思っていましたが、

見事に、まん丸の黒い影がお目見え。

排卵していませんでした。


16日に大阪に移動したのは、かなりのフライングだったようです。

移植の予定は・・・、うーん、月曜日かなあ?



今日は記事を書く時間がないので(っていうか、ダンナサマと一緒に休日を過ごしているのでPCに向かう時間がない)、明日また、詳細の記録を書きます。



ホントに、のんびり屋のタマゴちゃんfullmoon
タイミングのタイミングが測れません
coldsweats01
応援クリックお願いします。
    ↓↓↓

   
にほんブログ村 マタニティーブログ 不妊(赤ちゃん待ち)へ にほんブログ村 マタニティーブログ 不妊(高齢赤ちゃん待ち)へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

卵胞が大きくならないよぉ (T_T)

昨日のクリニック受診、卵胞が大きくなってなくてガッカリ。

D15  18日(水)  卵胞16ミリ  内膜 10.2ミリ
D16  19日(木)  卵胞17ミリ  内膜 9.9ミリ。

なんやねんdespair

先生は同じなので、測り方が違うというわけじゃないのだけど・・・。

画像の表示画面が違ってた。
新しいのを導入したんだって。

カーテンの向こうでは先生と看護師さんが
「これ、見にくいよね」 「そうですよね・・・」
なんてお話をしているのが聞こえてて、何だろうと思ったら
エコーの機械(のなにか)が変わったらしい。

モニター画面に出てくる画像がちがうので、先生自身も「うーん同じ卵胞を測るのには、同じ機械のほうがいいんやけどねえ」と困惑気味。

測る機械が違うと、表示のされ方も違うから、昨日の卵胞と今日の卵胞を単純に比較できないみたいです。

前日見てもらった時に、思ったよりも小さかったから、「明日も見て成長具合を見てみましょう」ということになり、二日続けてエコーしてもらいにクリニックに来たんです。診てくれる先生が同じになるように先生の担当時間に来たんです。

でも、測る機械が変わってたcoldsweats01


内診室は全部で4つあるんだから、たとえば機械を変えるなら、順次一つずつやって、同じ周期内の内診は同じ機械にするとか・・・は、無理か。面倒だものね~。

まだ16~17ミリだしね、もう一回土曜日に測ってみましょうということにはなったからいいけどさ、これが20ミリあたりの測定だったら、微妙な変化が大事になってこない?
しかも、移植する日を決めましょう、という時に。 

機材の切り替え時なんて、タイミングが悪いときに当たったなあ、運が悪かった、と諦めるしかないんだけどね~。なんだかなあ~って気持ちが萎えました。

はぁ…sad

内膜だって、初めて10ミリ超えたと喜んでたのに、数値が小さくなってるし…、この程度は誤差の範囲だと頭ではわかっていても、ガッカリしてしまうんですよね。

ということで、昨日のクリニック受診は、気分がとっても萎えました。

ホントに、気まぐれなタマゴちゃんfullmoon
何とかなだめすかして移植の準備中。
応援クリックお願いします。
    ↓↓↓

   
にほんブログ村 マタニティーブログ 不妊(赤ちゃん待ち)へ にほんブログ村 マタニティーブログ 不妊(高齢赤ちゃん待ち)へ

| | コメント (4) | トラックバック (0)

ちょこっと補足。 助成金と保険は違うのだよ。

前々回「不妊治療の助成と保険適用、その是非は?」 っていう記事を書きました。

是非は? ってタイトルなのに、『是非』については全く語ってない記事だったんで、肩透かしを食ったひともいるかもしれません、失礼しました coldsweats01

・・・じゃなくて、
今回補足したかったのは、助成金と保険は別モノね、ということ。


たまに見かけるのですが、「不妊治療に保険適用するなんてとんでもない! 税金の無駄遣いをするんじゃね~!」 という方。

あのね~、不妊治療の助成金は税金から捻出されていますが、健康保険は保険料だからね。そういうとこ混同してコメントされても、その「批判」には説得力は全く感じられませんよ~?smile 

建設的な議論をしたいなら、その辺ちゃんと踏まえた上で発言しなくっちゃ。
じゃないと、ただの感情論にしかみえないわよ?

え? どっちも同じだよって? 違いますよ。

うーん、説明すると長くなるので、違いがわからない方はご自身で調べてくださいなcoldsweats01

えっと、ざっくりと乱暴にいうと、「保険」は権利で、「税金」は義務です。(乱暴すぎ?)


前回の記事では「不妊治療の助成金」と「保険適用」と二つを併記することで、自分としては区別していたけど、ひとくくりにして「是非は?」と書いちゃったので、もしかしたらあれを読んで二つが同じものと思う人もいるかも~、と心配になったので補足説明しましたconfident


とにかく、不妊治療の金銭的負担を減らすには、助成金UP と 保険適用 の 二つの方法があるということ。そしてそれは別モノだということ。

お不妊様の私からすれば、どっちもあると嬉しいけど、まあそれは願望としてね(笑)

現実問題として、出産が保険適用じゃないので不妊治療も保険適用は難しいだろうと思うので、助成金の増額のほうが、国民・市民の皆さんの理解を得やすいかもなと思います。


本日の卵胞チェック、ガッカリでした。
ガッカリしすぎて報告する気が起きません。
応援クリックお願いします。
    ↓↓↓

   
にほんブログ村 マタニティーブログ 不妊(赤ちゃん待ち)へ にほんブログ村 マタニティーブログ 不妊(高齢赤ちゃん待ち)へ

| | コメント (4) | トラックバック (0)

排卵しない・・・。

本日、3月19日(木) 周期16日目。 まだ排卵していません。



通常ワタシの場合は、周期12日目当たりに排卵日です。
(っていっても、年末からの採卵~移植の周期のため、ずいぶん狂ってるけど)

16日(月)が、D13 なので、そろそろ排卵か? とおもって、あわてて大阪に移動しました。排卵検査薬をつかってみたら、薄いラインで「陰性」 LHサージのピークの前か後か分からずに、ドキドキ。翌日17日に測ってみても薄いライン。これは、もしかして排卵済みで、タイミングは間に合わなかったか?  移植の予定も前倒しか? と心配していました。

が!

昨日18日(水)の診察では、卵胞の影が残っていました。

しかも、 16ミリ。

え? 

16ミリ?

排卵がまだまだなカンジです。

この調子だと、排卵日は21日土曜日あたりじゃないか、ということです。


16日に焦って移動する必要はなかったみたいです。
ほっと安堵した反面
予定が大きく狂ったことにガッカリ。
21日に排卵するなら、移植するのは、23日予定になるからです。


きらきらさんの目論見としては、土曜日あたりに移植して、土日にゆっくりして、月曜日に東京に戻るつもりでした。

なのに、23日(月)移植だと、移植したあとに移動しないといけない。

仕事やなにやらの予定がずいぶん狂うなあ・・・。
移植直後の移動ってどうなんだろうなあ・・・。

こんなことなら、東京のクリニックで内診してもらえばよかった。そしたら焦って大阪に来る必要もなかったのに・・・。クリニックに受診する費用を惜しんじゃだめだなあ、と反省sad


゜。°。°。°。°。°。°。°。゜。°。°。°。

昨日は16ミリだった、卵胞。 今日もこれから測定に行きます。その育ち具合で、排卵日のの推定と移植日の決定をします。  ・・・いつになることやら。



でも、ひとついいことが。

内膜の厚さが10.2ミリ。

測定の仕方や測る場所によって多少の誤差はあるけど、10ミリ超えた数値を見たのはスッゴクスッゴク久しぶりなので、ちょっとうれしい。

きっと前周期の黄体ホルモン補充がきいているのだろうけど、期待値が上がりましたよ~!



さあて、卵胞チェックにいってくるぜ!
卵胞ちゃんの中には卵子が入っていますように!
応援クリックお願いします。
    ↓↓↓

   
にほんブログ村 マタニティーブログ 不妊(赤ちゃん待ち)へ にほんブログ村 マタニティーブログ 不妊(高齢赤ちゃん待ち)へ



| | コメント (0) | トラックバック (0)

不妊治療の助成と保険適用、その是非は?

このブログには「ブログ村」からの訪問者が9割以上です。 (ブックマークしてくれているらしい方もいらっしゃって感謝!) そんなブログ村のお仲間さんさんの一人、akiさんのブログ記事を読んで、何やら書きたくなった。

不妊治療助成の増額や保険適用を望んでいることに対して、批判コメントをもらっちゃったらしい。コメント内容は見ていないのでコメントそのものについては何とも言えないんだけど・・・。

「不妊治療は保険適用すべきじゃない」とか、「不妊治療に助成金を出すべきじゃない」という趣旨なのだとしたら、その主張自体は否定されるものではないけれど、言う相手を間違えているよ、と思うのだよcatface

私たちは「子どもが欲しい」とごく当たり前の欲求があって、そのためには不妊治療が必要で、それには「お金がかかって大変」だから「助成してほしいなあ」「保険適用されるといいなあ」と願望?要望?を述べてるだけです。 もちろん、署名集めたり行動を起こして、国や自治体に働きかける人もいます。 しかし、それだけなんですよ? 決して自分勝手にズルして税金を使い込んでるわけじゃない

不妊治療に予算を回すかどうかを決めるのは、国や自治体。 もし「不妊治療に税金を使うな」という主張がしたいなら、国や自治体にいうべき。 論拠を添えて国や自治体に「不妊治療に税金や保険料を使うのはおかしい」と意見書・要望書を出せばいいし、実際に自分が政治家になって予算の行方を決める立場になればいいじゃん。 

税金や保険料の使い道に疑問があるなら、国や自治体に意見を言ってくれないと。不妊治療中の人間に向かって「お前の要求は間違っている」とか「助成額UP・保険適用を望むな!」とかって言われてもねえ…、困っちゃうわcoldsweats01 

不妊治療の助成額について語り合いましょうという掲示板や、個人のブログでも「ご意見ください」とあれば、そこでは意見を戦わせて熱く議論するのは大いに結構。 結果、不妊治療について社会認識が高まるのであれば、それはそれで喜ばしいことだと思う。

でも、他人の不妊ブログにまでやってきて、「お前が子供欲しいと思うのはおかしいんだよ!」とか「できるかどうか分かんないのに税金(保険料)で補助して欲しいなんて、ふざけるな」とか、言い捨てていくのは、間違ってますよ。

それをやったからって、ただブログ主が傷つくだけで何の生産性もないんだからさ。(コメント主のストレス発散にはなったかもしれんけどねcoldsweats01


・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

 

ということで、赤ちゃん待ちの皆さん!

現行の助成金は、国や自治体が決めた正当な福祉予算です。 だから、請求することやお金をもらうことに後ろめたさを感じる必要はありません。(逆に放棄するのも自由です)

また、保険適用してほしい、助成金をもっと出してほしい、とか“要求する”こと自体も、後ろめたく感じることはありません。お願いするのは国民・市民の権利です(通るかどうかは別だけどね。)

後ろめたいと感じるべきは、自分で何も行動を起こさないくせに、文句ばっかり言って人を傷つけるバカのほうです。 そういうコメントがきたら軽やかにスルーしてしまいましょう。

  と、私は思いますわ(^_-)-☆

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

※世界で飢えて困っている人や、生活に困窮しているひとに予算を優先してほしいと考えて、自分がもらえるはずのお金は放棄するよ、という考え方があってもいいです。 また「産めるかどうかわからない人より、生まれた後の保障を手厚くするべきだ」という考え方も、立場が変われば真っ当な考え方だと思います。 立場の違いから対立する意見があるのは当然です。そしてこれは、どちらにも言い分はあるため当事者同士で議論しても結論が出るものでもありません。 税金・保険料の予算配分や使途については、財政の決定権を持つ者に対してそれぞれが進言し、判断・決裁を仰ぐべきと考えます。 

  それが、政治ってやつですよ、皆さんwink


いろいろな立場でいろんな思いで
赤ちゃん待ちを頑張っている人たくさん!
見に行ってね。
    ↓↓↓

   
にほんブログ村 マタニティーブログ 不妊(赤ちゃん待ち)へ にほんブログ村 マタニティーブログ 不妊(高齢赤ちゃん待ち)へ

| | コメント (10) | トラックバック (0)

移動したのに陰性でガッカリ。

昨日のうちに何とか、移動ができました。
なんとか、お家の最寄駅までたどり着くことができました
昨日のうち、と言っておきながら、
お家にたどり着いたのはすでに午前様でしたcoldsweats01

ダンナサマのほうは、月曜日なのに超多忙だったらしく
顔を見た時にはぐったりしていました。

彼は先にごはん食べていたし、私も新幹線の中でお弁当(っていっても、手作りのおにぎりとお茶ね!)を食べたので、夕飯は完了。

ついて早々、お家に置いてある、排卵検査薬でチェック。
(東京では切らしていたけど、大阪には以前安いときに買いだめしたのが残ってた)

う~ん、ごく薄いライン。

これって、陰性だな。

焦って移動したにもかかわらず、陰性だったので、ガッカリ。

しかも、この薄いライン、一本だけだとこれから濃くなるのかすでにピークを過ぎた後のものなのか判断ができない。

困った…。

でもせっかく頑張って移動してきたのだからとりあえず、とってもオツカレ~な彼にお願いしてタイミングを持ちました。  


***

基礎体温は低いまま

昨日も今日も36.2~3度あたり。

たぶん排卵はまだだと思うけど。

明日はクリニックにいって内診してもらおう。

一応、ダンナサマと相談の結果、内膜の状態がよければ凍結胚を移植してもらおうということに。

どうせいつかは移植するなら、できるだけ早いほうがいいし、ダメならダメで気持ちを入れ替えて次の手を考えたほうがいいし。

ということで明日、先生と相談して決定です。



無事に移植できるか?
それより、無理やりなタイミングでうまくいってくれるといいな
あなたの応援クリックが励みになります。
    ↓↓↓

   
にほんブログ村 マタニティーブログ 不妊(赤ちゃん待ち)へ にほんブログ村 マタニティーブログ 不妊(高齢赤ちゃん待ち)へ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

D13 伸びオリ発動? タイミングは持てるのか?

本日、周期13日目。

本来なら排卵日のはず。

クリニックからは15日目に来て下さいと言われているが、
(移植するならそれくらいでいいよ、ということ)
今日中に大阪に移動しようと思う。

卵胞チェックはしていないが、
もしかしたら今晩中に排卵するかもしれない。

そんなチャンスを逃してなるものか!

いま、一生懸命仕事を終わらせようとしています。
今日中締めきりの作業がおわら~ん!
けど、がんばる。

向こうのお家までたどり着けるのは 東京駅20時50分発まで。

さて、間に合うか!? 

 きらきらさん、今晩、タイミングをもてるかっ!?
応援クリックお願いします。
    ↓↓↓

   
にほんブログ村 マタニティーブログ 不妊(赤ちゃん待ち)へ にほんブログ村 マタニティーブログ 不妊(高齢赤ちゃん待ち)へ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

お天気に憂う。

昨日はぐずついた天気でした。

打って変って、本日、快晴。

雨の中ウォーキングしたくせに、
晴天の今日は一歩も外に出なかったcoldsweats01

なんかねえ、晴れの日曜日って、
親子とか家族とかが似合うじゃない?

なんだか一人で起きて一人でご飯食べたら、
なんだかさみしくなっちゃったdespair

こんな天気のいい日は、

 「きょうはおひさまが元気だね!」

とか言いながら、ベビーカーを押して歩きたいです。

おんぶしてもいい、抱っこしてもいい。

子どもと一緒にお散歩したら気持ちがいいだろうなあ。

そんな妄想しながらサザエさんタイムを迎えてしまいました。


さて、頼まれてた仕事でも片付けようかねえ。


サザエさんシンドロームじゃないけれど、
ちょっぴりさみしくなっちゃった
私に、
応援クリックお願いします。
    ↓↓↓

   
にほんブログ村 マタニティーブログ 不妊(赤ちゃん待ち)へ にほんブログ村 マタニティーブログ 不妊(高齢赤ちゃん待ち)へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

雨の中のウォーキング

昨日の夜からすごい雨と風でしたね。

となりに建ってるマンションの自転車置場の屋根のトタンがめくれて、一晩中、バッタンバッタンいってました。 おかげで寝不足ですわcoldsweats01

朝にもすっきり晴れませんでしたが、このまま引きこもっていてもいけないと無理やりウォーキングに出かけました。 甘いブドウを味わうためには、日々の小さな努力の積み重ねがが必要です。

週末のウォーキングコースで、最近のお気に入りは・・・、

 銀座! です。

銀座1丁目から銀座8丁目までを 2往復です。
スタートは銀座のど真ん中の 5丁目です。 地下鉄の丸ノ内線で銀座へ乗り込みます。
ブランド通りといわれる並木通りと、歩行者天国になっている中央通りをメインに通り、適当に目についたお店にふらりと立ち寄りながら、3時間ほど「銀ブラ」をしました。

長蛇の列がついていた、ピエールマルコリーニを眺めて、カバンにこっそり忍ばせてるルイボスティ―(愛用のサーモス水筒に入れてる)を飲みながら歩いてきました。
せっかく銀座にきたのならどっかおしゃれなカフェ(っていうか、銀座だと喫茶店と呼びたいな)にはいって、優雅にお茶でもしたいところだけどね。 なんか、ひとりだともったいなくて。  「今日はウォーキングに来たんだぞ!」 と自分に言い聞かせ、ガシガシ歩いてきました。 

人波を泳ぐようにして歩くと、サイドステップもつかって、バランス感覚もついて、自分ではいい運動になってるように、思ってますcoldsweats01

雨は降ったりやんだりだったので、降ってきたら適当にショップに入り、買わないのにお洋服を試着したり、春色のスカーフを色々と選んでみたり(選ぶだけ)、 やんだら歩いて次のお店…というのを繰り返し、 楽しかったです。

それに、1丁目から8丁目までを2往復すると、結構面白いものも見つけちゃいますよ。 普通、銀座にいくと「お買いもの」目当てなので商品のディスプレイしか目に入らなかったりするのですが、ウォーキング(散歩)のつもりでいくと、街角の不思議な看板や、オブジェにも目をとめて、楽しいですわ。 

今日の収穫は、16000歩 の運動と、木村屋の桜あんパンです。桜の季節を先取りということで、きらきらさん、じぶんにプレゼントです。

そういえば、今日はホワイトデー。  みなさん、おかえしをもらったのかしら?  きらきらさんのところは、先週末の「結婚11周年を祝うぜ、イェイ!」で散財したので、お返しはなしです。 



なんだかとりとめのないお話でしつれいしました。
こんな日もあるということで。

明日はそろそろ、今週期どうするかを決めなくっちゃいけない。
それを考えるのが嫌で、逃避しちゃってるのかも。

ま、いいか。  明日また考えよう。




甘いブドウを食べるために、毎日納豆を食べ続けています。
納豆の形をしたブドウの房を思い浮かべて、苦笑い。
そんな
私に、応援クリックお願いします。
    ↓↓↓

   
にほんブログ村 マタニティーブログ 不妊(赤ちゃん待ち)へ にほんブログ村 マタニティーブログ 不妊(高齢赤ちゃん待ち)へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ブドウは甘いのだよ、キツネ君。

 

昨日の記事の続き。

「そこまでして子どもが欲しいの?」と問われて、なかなか結果が出ない不妊治療への不安や焦りから、つい「私は、そんなに子どもが欲しくないのかも」と弱気になってしまうことがあるかもしれない。

でも、それは、「酸っぱいブドウ」 だ。

 

 

手が届かないから、「あのブドウは酸っぱいんだ、別に食べたくないもんねpout」 と思いこんで諦めようとする、キツネ君と同じだ。

キツネは確かに「ブドウを食べたい」と願っている。 本当は食べたくて仕方ないのだ。でも、手が届かないから、「あのブドウは酸っぱい」と、負け惜しみを言ってその場を離れようとする。 手が届かないことが悔しいから。 食べられないことが悔しいから。 

 

でもね。

私は、自分の頭の上にあるブドウが、甘いことを知っている。

まだ手が届かないけど、甘いことを知ってる。

甘いその実を食べてみたい。どうしても食べたいのだ。

だから、あれは「酸っぱいんだ」と無理やり自分に言い聞かせて、諦めたりはしない。




ブドウは甘いのだよ、キツネ君smile

  ※ワタシの頭上のブドウ限定のお話ですwink

ブドウが腐り落ちる前に、食べたいな。
そんな
私に、応援クリックお願いします。
    ↓↓↓

   
にほんブログ村 マタニティーブログ 不妊(赤ちゃん待ち)へ にほんブログ村 マタニティーブログ 不妊(高齢赤ちゃん待ち)へ

| | コメント (6) | トラックバック (0)

「そこまでして子供が欲しいの?」

不妊治療中の方は、「そこまでして、子供が欲しいの?」 というセリフに悩まされた人、少なくないと思います。

結婚11年もたって、アラフォーで、不妊治療してるってことを公言してない私に直接そんなことを聞く人はいません。 でも不妊ブログであるココには、たまにその類のコメントをいただきます。

でね、そのセリフ、不妊治療中の本人への気遣いや心配(肉体的・精神的・金銭的)からというより、「不妊治療」への嫌悪感からくる言葉であることが多い。 

「そこまでして子どもが欲しいのか?」 の言葉の主題は 「子供が欲しいかどうか」 ではなく、『そこまでして』の部分に込められている【不妊治療への疑問】だから。 本人の自覚がない場合もあるけどね。

だから、そのセリフを言われると、イヤ~な気分になるんですよね~gawk

もしね、ほんとに「人はなぜ子どもが欲しいと思うのだろう?」 という純粋な疑問を感じているんだったら、不妊の人間ではなく、自分の子どもを出産したばかりの母親に質問してみてほしいと思うよ。

「そんなに痛くて苦しい思いをしてまで出産したけど、幸せなんですか?」って。

まあ、出産直後のママさんに「あなた本当に子ども産んでよかったと思う?」なんて聞くバカはいないだろうけど、「子どもを持つことの幸せ」は、経験者のほうがよく分かるはず。 妊娠も出産もしてない不妊者にきくよりもさ。

「不妊治療は間違ってる、許せない」というなら、そういえばいいのに。その人の考え方だから、否定はされるものではないし、自由に(自己責任とともに)そう言えばいいじゃんと思う。(ただし他人に押し付けることは勘弁願いたい。やめてね。) 

でも、おそらくそう明言・公言するのが憚られるから、「本当に子供が欲しいの? そこまでして?」 と 「子どもが欲しいかどうか」を問うてくる。 これってなんだかズルい聞き方だよな~と私は思う。 心配している風を装って実はとっても相手を不安にさせる言葉だと思うから。

だってね、なかなか結果が出ないと、不妊治療をこのまま続けていいのかどうか迷いや不安が生じる。 そこにこの質問がくると、不妊治療への不安から「私ってホントに子どもが欲しいのかしら???」と、つい弱気に考えてしまうもの。 


「子どもが欲しい」 というのは願望です。

「不妊治療」は手段です。

手段を否定するために、私の願望を疑うようなことはやめてほしい。

不妊治療自体は、確信をもって臨んでいるわけでもないし、やれば確実に授かるものでもないから、常に迷いと悩みと焦りと不安が一緒にある。

でも、「子供が欲しい」という点については迷いはないです。 

理由は・・・、そんなもんないです。
  欲しいもんは欲しい。
だって子どもいるひと、幸せそうだもん。
その幸せが欲しいと願うのに、理由は要らないとおもうよ~。


「あ~、妊娠したい~! 子供が欲しいよ~!」
と一日3回は叫ぶ私に、応援クリックお願いします。
    ↓↓↓

   
にほんブログ村 マタニティーブログ 不妊(赤ちゃん待ち)へ にほんブログ村 マタニティーブログ 不妊(高齢赤ちゃん待ち)へ


| | コメント (6) | トラックバック (2)

下がらなかった体温と、お金の使い道。

アシストハッチングの料金を記録するのを忘れていました。

 凍結・融解代以外に、21000円です。

一連の治療 ≪ 採卵~顕微~凍結~融解~移植 ≫ で4~50万かかるから、 今更2万円くらい、って思ってしまう自分が怖いです。

冷静に考えれば2万円は、大金。 だって、1回 人工授精できちゃいますもの。 
って、貨幣価値の基準がやっぱり不妊治療な、私ですcoldsweats01


さて、基礎体温の話。


黄体ホルモン補充のせいでしょうか、リセットしても、スッキリと体温が下がりません。

D1 36.60
D2 36.56
D3 36.60
D4 36.56
D5 36.60
D6 36.58
D7 36.38
D8 36.38  ←今日、ここ。

高温期が、36.60~36.90 低温期 36.10~36.40 あたりなので、微妙です。
本当だったら、D1かD2に、今日の体温くらいになるはずででした。
クリニックで診察を受けていないので、カラダの中がどうなっているのかはわかりません。無事に排卵日を迎えることができるでしょうか。 

明後日あたり、東京のクリニックで診察してもらおうかな・・・。
エコーで3~4千円くらいだけど、無駄遣いかな。

それより、久しぶりに排卵検査薬買おうかな。
7日分で3000円くらいだっけ。無駄遣いかな。

それより、その分イチゴを買って葉酸補充したほうがいいかしら
(最近、またイチゴが安く店頭に並び始めましたからね~!)
でもイチゴを買う前に、普通に食材を買わなくちゃ。
東京のお家の冷蔵庫は空っぽのままだぞ。

お金の使い道の優先順位に頭を悩ませる、今日この頃です。

はぁ・・・sad



私も皆さんの情報をありがたく拝見しています。
私の治療の記録も、どなたかのお役に立てばいいな。
前向きになるのにも少々疲れた私に
応援クリックお願いします。
    ↓↓↓

   
にほんブログ村 マタニティーブログ 不妊(赤ちゃん待ち)へ にほんブログ村 マタニティーブログ 不妊(高齢赤ちゃん待ち)へ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

アシストハッチングをやったのさ。

先月の移植、二段階移植をしたのだけど、胚盤胞移植のときにアシストハッチングをしました。

体外受精(顕微授精)した受精卵が分割しして初期胚になったものを凍結。 一部そのまま培養を続けて胚盤胞まで育てる。うまく育ったらそのまま凍結。で、凍結した胚を子宮の状態がいい時に合わせて融解して移植するのだけど、その際に、胚の膜をレーザーで穴をあける作業が、アシストハッチング。

クリニックでの説明によると、凍結胚を融解するときに胚の中身がちょっと縮んで膜との間に微妙な隙間ができるらしい。それを利用してレーザーで膜だけ傷をつけたり穴をあけたりして着床しやすくする手技。

注射や何やらで卵胞をたくさん育てた場合(いや、点鼻薬を使った場合だったかな?)、その膜が厚く硬くなったりするらしくて、膜がうまく破けないと着床もできないらしい。

全部 「・・・らしい」の話なので、実際に受ける人は必ずクリニックで医師から説明を受けてね。 

私のときは、先生から 「着床率が10%UPするといわれているよ」 と言われたので、
「ぜひやってください」とお願いしました。

 これも「・・・といわれている」という話ですけどねcoldsweats01

そして初期胚はやらずに、胚盤胞だけやりました。

普通、胚盤胞の移植のときにアシストハッチングをするらしくて、初期胚ではしないと聞いたこともあるけど、初期胚でもやる場合があるらしい。(と、検索魔になっているときに某クリニックのサイトに書いてあったのを見つけた)

せっかく育った胚盤胞に、一番外の膜だけとはいえ傷をつけるのだから、失敗したら?という心配がないわけじゃない。でも、10%も可能性が高くなるならやるべし!と思いました。

で、結果はダメだったんだけどねdespair

やれることは全部やろう!と、かなりフルコースな採卵~移植だっただけに、ガッカリも最大級でしたわ。

○o。+..:*○o。+..:*○o。+..:*

なかなか、着床までたどり着けない私ですが、今週期は全く薬は使ってないし使う予定もない。 前周期も「黄体ホルモン」の補充はしたけど、卵胞を育てるためのものは使ってない(あ、プラノバールはのんだっけ。でも誘発剤の類じゃないから平気だな)。もう薬の影響はないはず。スプレキュアも2か月前だし。

フルコースの食事の翌日に、お茶漬けサラサラの日みたいですcoldsweats01

そんなお気楽なカンジの今週期。

普通の状態で普通に排卵してくれて、普通にタイミングをもって普通に妊娠しちゃうかも~、と、今は夢を描いています。  絵にかいたモチだけどね。

でもねえ...。  心配なことが一つ。 基礎体温が変なんですよね~。

その話はまた明日。



私も皆さんの情報をありがたく拝見しています。
私の治療の記録も、どなたかのお役に立てばいいな。
くじけない私に応援クリックお願いします。
    ↓↓↓

   
にほんブログ村 マタニティーブログ 不妊(赤ちゃん待ち)へ にほんブログ村 マタニティーブログ 不妊(高齢赤ちゃん待ち)へ



| | コメント (0) | トラックバック (1)

細胞リニューアル

さて、東京に戻りました。

昨日は、神戸方面に向かう予定でしたが、大幅な計画変更がありました。

土曜日の京都は朝早くから出掛けたのですが、神戸にむかったのは2時過ぎです。 何をしていたかというと、スーパー銭湯spaに行ってました。

ずいぶん前にも書いたのですが、私は大のお風呂好き。 2~3時間は余裕でお風呂場にこもっていられます。 温泉もスーパー銭湯も、岩盤浴もサウナも大好き。以前は、ダンナサマと二人でスーパー銭湯に行くことが多くて、日曜日の朝の早朝開店直後6時ころに行って2~3時間ほどのんびりしてくるのが月に3~4回はあったのですけど…

でも、ここのところずっと、スーパー銭湯どころか、自宅でゆっくり時間をかけてお風呂に入ることをしていませんでした。もちろん、タマゴちゃんのためです。 あっためすぎてはダメ、とか長湯はダメとか、いろいろな情報がネットの世界で飛び交っているので、不安要素はできるだけ排除しようと、 排卵日前後から、高温期にかけては、全く長湯をしなくなりました。

彼自身は、私がいない時にもよく一人でスーパー銭湯に行ってサウナやら岩盤浴やらいろんな種類にお風呂を堪能しているようですが、 私が彼の部屋に押しかけるのは、どうしても排卵日周辺のことなので、二人で行くことがもうめっきりなくなっていたのです。

でね、昨日は、ちょうど生理も終わりかけ。ナプキンも汚れない程度だし、排卵日もまだ先だから、せっかくだから、行こうよ! ということになりました。

二人で過ごす週末なのに、朝早く起きて車で15分の彼行きつけのスーパー銭湯(これ、ちゃんと温泉なんですよ。源泉かけ流しの湯もあります)に向かい出発。髪も梳かしてない、顔も洗ってない起き抜けの状態で、「じゃ、○時に、ここに集合ね!」 とだけ約束して、男湯女湯に分かれました。 なにやってんだか…って感じですがcoldsweats01

いや~! ひっさしぶりに、気持よかったですhappy02

汗もいっぱい出たけど、垢もいっぱい出た! 
色々と老廃物もたくさん排出できたように思う。 

そこで、ふと、思ったんですよね~。

タマゴを大切に考えるあまり、お風呂を避けてたけど、どんどん代謝を良くして、デトックスして、細胞をリニューアルして、で、新鮮タマゴを育てるようにしたほうがいいかも!
肉体的にも、精神的にも!  ってね。

体外受精失敗のショックは大きいけれど、またすぐに排卵日がやってくるのだから、キモチをリフレッシュして、カラダをリニューアルして、前を向かなくちゃと思う。



そんなこんなで、神戸に出かける時間が午後になっちゃった、きらきらさん夫婦でした。

神戸のディナーは、これもひっさしぶりの、おフレンチ。
高級な食材を食べさせていただきましたよ。

お風呂で古いものを全部出し切って、高級な食材を消化吸収! 

次はきっとうまくいく!    ・・・と信じたい。   


もうすぐ39歳になっちゃいます。
気持ちは焦る一方。
それでもくじけない私に応援クリックお願いします。
    ↓↓↓

   
にほんブログ村 マタニティーブログ 不妊(赤ちゃん待ち)へ にほんブログ村 マタニティーブログ 不妊(高齢赤ちゃん待ち)へ


| | コメント (2) | トラックバック (0)

11周年だよ、結婚生活。

3月初旬に、結婚した私たち。

 とうとう11年がたちました。

結婚10周年を昨年迎えたばかりなのに、もう一年たったのね。早いものです。

去年の今頃はもうすでに不妊専門のクリニックに通っていました。私一人だけね。
10周年の記念日、ほんとは子供が生まれていて欲しかったけど、それは無理でもせめて「妊娠したよ」というセリフを夫にプレゼントしたかった。でもできなかった。11周年には絶対! とおもって、夫にも検査をお願いしたら運動率が20%以下ということで、すぐに人工授精にステップアップ。 それでも結果がでないから、体外受精も2回チャレンジしたけど、いい結果が得られなかった。

11周年だよ、結婚生活。

今年も「妊娠したよ」というセリフはプレゼントできませんでしたthink

2月28日(土)の、妊娠判定日は、東京から大阪に来たけど、本当は東京でも検査はできたんです。陰性なのは分かっていたし。それでもわざわざ交通費をかけて大阪に来たのは 結婚記念日があったから。 (まあ、今後のプランをクリニックの先生と相談したかった、というのもあったけど、それは電話でも、後日改めてでもよかったし)

それに、不妊治療の助成金の申請もしなくちゃいけなかったから、市役所とか保健所といかないといけないし、確定申告もしなくちゃいけないしで、今週末まで大阪逗留にしています。


ということで、この週末は【結婚生活11周年をお祝いしよう週末】ですhappy02

せっかくなので、今日は朝早くから京都に出かけて、いろいろと観光をしました。
発売されたばかりの ハナコwest が 京都の春特集だったので、それを買って、市内をいろいろと歩きました。 梅をみて、お茶して、おいしいランチ食べて、雑貨屋さんみて、お茶して、雑誌に載ってたお醤油屋さんで醤油を買って、なぜか最後にユニクロに行って私のカットソーと夫のパンツを買って、戻ってきました。

ダンナサマは、平日はお仕事で疲れていて休日くらいはゆっくりとしたいだろうに、私が雑誌のページを指さしながら「ここ行きたい!」と言ったところまで、ルートを地図で調べて連れて行ってくれました。  感謝感謝。

明日は神戸方面(三宮~元町)に出かけるつもり。 楽しみ楽しみ。

京都はランチを予約したけど、神戸はディナーを予約。

月曜日には東京に戻る予定なので、最後までケンカしないようにしなくっちゃ!
(私たち、ほんと些細なことでよくケンカするんですよ・・・。で、彼はケンカすると口を利かなくなるから、ほんと困っちゃうんですよね~coldsweats01 )

 

そして、その次の週は、排卵WEEKがやってくる。 また大阪にやってきますわよ~!
立ち止まってなんかいられないわ。がんばるわよ~rock


もうすぐ39歳になっちゃいます。
気持ちは焦る一方。
それでもくじけない私に応援クリックお願いします。
    ↓↓↓

   
にほんブログ村 マタニティーブログ 不妊(赤ちゃん待ち)へ にほんブログ村 マタニティーブログ 不妊(高齢赤ちゃん待ち)へ

| | コメント (10) | トラックバック (0)

リセット そして、今後のプランに迷う。

昨日、ようやくリセットしました。 周期35日って…、通常26日周期の私にとってフェミロン誤処方時の最長記録に迫るものです。

リセットといっても、先週の「陰性」のショックがあるので、「まだ来ないの?」 「あら来たのね?」 とお気楽なものですcoldsweats01


おなか、痛いかも?? という程度の生理痛とともに、かなりの量の経血がお目見え。 よくみる血のカタマリもなく、さらさらとしたものがたくさんでてますcoldsweats01  お、流れてる! って感じ。

昨晩は若いころのように、ヨコモレ、ウシロモレを心配して、以前サンプルでもらった夜用のナプキン使っちゃいましたよ。 使う日が来るとは思わなかった。  でも今晩はもういらないかな。

4種のホルモン補充  注射、飲み薬、張り薬、膣坐薬 はちゃんと効いていたのでしょうね。 ってか、効いていたと信じたい。 

基礎体温、今朝は  36.59度  

高温期と低温期の境目の数値ですね。 明日には、あと 0.1~0.2 度ほど下がるでしょう。



さてさて、今週期はどうするか。
リセットするまでに考えようとおもってて、
なにも考えてないです。

選択肢は3つ

何もしない(夫婦でタイミングを持つ)
人工授精する (注射は薬は使わない)
移植する  (これも注射や薬は使わない)

いずれにせよ、クリニックの先生からは今週期はホルモン補充や薬を使わずに自然な状態で、と言われているので、排卵が近付くまでは決断までまだ余裕があります。 

さあ、迷うところです。 



迷わず悩まず不妊治療するなんて無理だよね~。それでもくじけない私に応援クリックお願いします。
    ↓↓↓

   
にほんブログ村 マタニティーブログ 不妊(赤ちゃん待ち)へ にほんブログ村 マタニティーブログ 不妊(高齢赤ちゃん待ち)へ

| | コメント (4) | トラックバック (0)

サブカテ新設で思うこと

※このブログは、ブログ村ランキングのマタニティに参加しています。 知り合いには秘密のブログなので、ここを訪れる方のほとんどがブログ村経由の方だと思います。それを前提に書いています。 

以前、マタニティブログ内に、「陽性反応から心拍確認まで」というサブカテがあるといいのに、という記事を書きました。  その時の記事 → 「カテゴリー変更について」

それが妥当かどうかはわからなかったけど、その時に、サブカテ開設のお願いを投稿しました。そのあと管理者には何の反応もなかったのですが、今日「陽性反応から心拍確認まで」 という サブカテが登場していました。

申請用の掲示板をのぞいてみると、この数日、何人かの方が同様のサブカテ申請をしていらっしゃいました(ぴ○ぞーさん、ゆぅ○ねさん、も○りこさん、○aoさん… 他にもいらっしゃるのかな?)  

皆さんの気持ちが通じて、サブカテ開設に至ったのだと思います。
ブログ村に集う仲間が、お互いのことを思いやり気遣って、皆のために行動を起こすって素敵なことだなと思いました。

最近、なんだか不思議な地雷ブログが「赤ちゃん待ち」を騒然とさせていましたが、時を同じくして消えていましたね。 これも、どなたかが管理人に連絡をしたようです(どなたかわからないけど グッジョブgoodです!)

自分の気持ちを吐き出すためのブログですが、お互いが気持ちよく過ごせて、また勇気や元気を与えあうような場になっていくといいですね。 そして、最後にはみんな無事に気持ちよく笑顔で卒業していけるように…。

ちなみに私自身の現在の見解は → こちら
 本人の心の安寧と平穏、そして仲間への配慮があれば、カテ変についてはどちらでもいいと思ってます。 サブカテ開設申請しておいてなんですが、私は、トラブル回避するための一つの手段として「陽性反応から心拍確認まで」という避難所があったらいいんじゃない、というだけです。 「そこに移れ」と言ってるわけではありません。 「赤ちゃん待ちに残りたい」、または「妊婦カテに移りたい」、という本人の希望があればそれは尊重すべきだと思っています。

なので、今回のサブカテ新設は、私たちに選択肢が一つ増えた、という点で喜ばしいことじゃないかな、と思っています。 

※私の大好きなブロガーさんにも陽性反応が出ています。また判定待ちのお仲間もいます。不安定な時期に、無責任な言葉をもらって心を痛めることがないことを願います。彼女たちを含めて陽性反応が出た方、判定待ちの方々が心穏やかに過ごせることを切に願います。


  赤ちゃん待ちで頑張っているのブロガーが1000人います!
 ぜひ、見に行ってね。
    ↓↓↓

   
にほんブログ村 マタニティーブログ 不妊(赤ちゃん待ち)へ にほんブログ村 マタニティーブログ 不妊(高齢赤ちゃん待ち)へ

| | コメント (4) | トラックバック (0)

雪の中、助成金申請書を出しに行く

昨日は関西は雪でした。
そんな雪の中、不妊治療の助成金申請書を出しに行きました。

提出した書類は、

 1)申請書
 2)受診の証明書
 3)大阪府に住んでいる証明書
 4)夫婦であることの証明書
 5)所得が730万未満であることの証明書
 6)領収書

1と2は自治体のHPからダウンロードして印刷。
  1は自分で記入、
  2は用紙をクリニックに渡して書いてもらう

3と4は、夫婦の続柄が記載している住民票1枚でOK
  市役所でもらってくる

5は、課税証明書か、納税通知書などのどれか
  5は夫の分は勤務先からもらう通知書、
  私のは自分で確定申告しているので
  市役所で課税証明書をもらう。

6は、クリニックからもらったもの。

:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+

判定日(途中で治療が中断したら、その中断日)をもって、受診証明書を発行することができます。 ただし、院長先生が通常のお仕事の合間に書いてくれるものだし、クリニックでも年度末には証明書をお願いする人がふえますから、用紙を渡してすぐに書いてもらう、というわけにはいきません。 だから、クリニックに先に用紙を渡しておいて、28日の判定日が終わったらすぐに記入してもらえるようにお願いをしておきました。おかげで、翌月曜日には受け取ることができました。 今週中に提出して東京に戻ろうと思っていたのでとても助かりました。

さて、私がお世話になっているクリニックでは、毎回のお支払い時には明細書と領収書の2種類をもらいます。その2種類はサイズが違っていて、受診した回数×2枚の大きさの違う紙を保管するはちょっと面倒。 もらったその日に整理をしておかなければ、どこに行ったかわからなくなります。休日診療で注射を打ったものは、その日にはお金を払わず次に行ったときにまとめて払います。その際には、明細は治療日、領収書はお金を払った日になります。 そのパターンのものもいくつかあるので、日付を一致させるのも面倒です。

確定申告もしないといけないので、一つ一つチェックしながら、ノートに日付順に貼り付け、明細と領収書を一致させるナンバーを振り、整理しています。

しかし、大阪のクリニックだけでなく、東京のクリニックの分もあるし、薬代もあるし、確定申告だと、交通費も計上しないといけないし、かなり繁雑になってきています。

そのなかから、今回は、体外受精にかかった費用だけ抜き出してまとめないといけません…。これが一番頭を悩ませたものでした。

しかし!  クリニックではとても親切なことに、領収書を新たに再発行してくれました。体外受精(採卵~顕微~凍結~移植)にかかる費用だけを計算してまとめて一枚の領収書にして出してもらえました。

おかげでわざわざ、選別して計算する必要がなくなって大変助かりました。 再発行で別領収書をだしてもらえたおかげで、ノートに貼ってたものを抜き出して、提出用にまとめ直してコピーして、またノートに戻して、ということをしなくて済みました。 ノートに貼った分は、医療費全部のものなので、確定申告にそのまま使えます。なので、今までやった作業も無駄にはなりません。

:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+

面倒だな、と思っていた作業が、あっさり済んだのと、クリニックから早々に受診証明書をいただけたので、すぐにでも提出しようと昨日出しに行きました。

まず住民票。市役所までは晴れてたら自転車でいくところ、歩いて20分。往復40分。保健所は 電車に乗っていきましたが、最寄駅まで歩いて15分。ついた先も歩いて15分。 雨になったり雪になったりするグズグズの天気のなか、てくてく? トボトボ?と歩いて行きまし た。

無事に提出できたから良かったけど、2回の失敗の記録を持っていくかと思うとただでさえ足取りが重いのに、スニーカーに水がしみてきて、物理的にも重くなっていきました。妊娠してたら雨や雪も「私を祝福してくれてるんだわ」くらいに思えるんでしょうけどね~coldsweats01

はあ…gawk      

次、申請を出せるかどうかわからないけど (金銭的に、再チャレンジできるかどうかわからない) もし、出すことになったら、絶対に 「妊娠判定」の欄 「+」に○をつけた証明書を出したいものです。



今回の記事、これから助成金申請をしようとしている方のお役に立てれば嬉しいです。
参考になったわ、というかた、ポチっとクリック、お願いします。

   ↓↓↓

 にほんブログ村 マタニティーブログ 不妊(赤ちゃん待ち)へ にほんブログ村 マタニティーブログ 不妊(高齢赤ちゃん待ち)へ

| | コメント (4) | トラックバック (0)

続く高温期

昨日の記事、多くの方に共感していただきました。ありがとうございます。治療中の方も卒業される方も、お互いに余計な気を使わずに心穏やかに過ごせるよう願っています。

:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+

この10日間、無駄とは知りつつ、体温を測り続けています。

というのは、ホルモン補充をしているからです。
黄体ホルモンの補充を続けいてる間は生理にはならないし高温期も保たれます。だから、高温になるのは当たり前だけど、今回たくさん補充をしているから、普段とどう変わるのか、体温の変化はあるのか見たかったのと、まあ習慣化しているからというのもあって、ずっと測り続けていました。

最後に薬をつかったのが27日。 やめてから3~4日で生理が来るはず。予定では 本日あたりに生理が始まるはず。 

普通の状態だったら日前あたりに茶オリがやってきて、お腹が痛いような気がしてきて、体温が下がってきて、本格的にリセット、という流れになりますが、 今回は全くの兆候なしで、高温期が継続、さらに、胸の張りが強くなる一方。 今朝の体温は36.88度。

高温期といっても、私の場合はずいぶん低くて、通常でも36.6~36.9の間をうろうろ。 低温期との平均値の差が 0.3度あるので、問題ないらしいですが、ほかの方のブログを見ていると、 「体温が下がっちゃったsweat02」と評される数値ですcoldsweats01  
ちなみに低温期は 361~36.4度 あたりをうろうろです。

今回、黄体ホルモンをあれだけ補充しておきながら、最高値は36.91度 で 36.8度台が続きました。  これだと効いてるのか、効いてないのか、全く判断きませんわ。今回の移植失敗は、やはり、ホルモンが足りず、体温が上がりきらなかったからか? なんて済んだことを未だ引きずってますcoldsweats01が、私の体調からして 36.8度は十分すぎるほどの高温。  めでたく陽性反応が出た方は37度越えを達成されているので、 今後 朝の体温が37度を超える日がきたら、きらきらさん、妊娠検査薬を使う前に狂喜乱舞しちゃうんじゃないかしら、と思う。

そうそう、前回の体外受精のときもそうでしたが、周期が伸びてます。 通常26~28日周期ですが、今日とうとう、D35日目 になりました。  今日リセットすれば、34日ですが、それでも昔、フェミロンを誤処方されて大変だった時と同じくらいの長さになります。

リセット予兆はまだありませんが、きっちり周期が決まってないと、移動と仕事のスケジュールがつけられなくて困ってしまいます~。

私も、早く卒業したわ~!
応援クリック、お願いします。

   ↓↓↓

 にほんブログ村 マタニティーブログ 不妊(赤ちゃん待ち)へ にほんブログ村 マタニティーブログ 不妊(高齢赤ちゃん待ち)へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

不妊治療の終わりが妊娠の始まり。

どのタイミングで「不妊」から「妊娠」に変わるのか、について、私個人の見解を書きます。

「妊検で陽性が出た」「胎嚢が確認できた」「心拍が確認できた」などのタイミングがありますよね。さらに命が芽生えた瞬間を考えれば「受精した」というタイミングもあります。受精卵になるだけでも実は大変な奇跡なんだよな~と、体外受精(顕微受精)をして、受精確認や分割確認などを体験するとそういう気分にもなりました。そのハードルの高さを実感した半年間でしたから。

気持ちの面では「妊検薬で陽性が出た」というのは、私たち母体が「妊娠した!」と自覚できる大きな事件です。しかし、排卵から受精、そして着床、さらに胎嚢確認、心拍確認と、言葉では階段(ステージ)を上るか印象を受けますが、実はそれらはシームレスで切れ目のない連続した坂(命の成長)です。どこかで線を引くようなものではないと思います。

そして、不妊治療が長い人には痛いほど分かっていると思いますが、陽性判定後も流産や不育症の脅威も残っていて、手放しに安心できるものではない。

だから私は、「不妊治療終了」を以て「妊娠確定」と判断したいと考えています。

もちろん、不妊症とは無関係な人たちにとったら、「自覚症状がでた」 「検査薬で陽性がでた」時が妊娠の始まりと思うのは普通だとおもう。諸手を挙げて「オメデタだ!」と喜ぶ瞬間なのだと思う。

しかし、不妊治療を続けてきた者にとっては、ちょっと違う。陽性判定をもらったとしても、ホルモンの補充などのサポートがなければ妊娠継続が難しい場合は 「不妊治療中」 であることは変わらず、不安も尽きない。

だから、「不妊治療の終わりが妊娠の始まり」 と捉えたいと思います。

カテゴリー変更について、いろいろと考えはあると思うけれど、私は「不妊治療中」は「赤ちゃん待ち」にいてもいいと思う。妊娠したから移動すると考えると人によって考えも違うし線引きが難しいので、不妊治療が終わったから移動することにしたら軋轢は減らせるんんじゃないかなと思う。

:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+

私自身は今回残念な結果に終わったけど、ブログ仲間で陽性が出た方は何人もいる。その方たちが、嫌な思いをせずに健やかに「不妊治療を卒業」していけることを心から願います。

いつのことになるかはわからないけれど、私も、自分に一切の不妊治療が不要になったら、その時点で「赤ちゃん待ち」を卒業しようと思います。 それが陽性反応が出た日なら、その日が卒業。しかし陽性反応が出ても、ホルモンの補充や注射、経過観察が必要な場合は、【医療の手を借りないと妊娠継続できない状態】=【不妊】 と考えて、「赤ちゃん待ち」にそのまま残ろうと思います。
 ※その際は、内容はあくまでも「不妊治療」に関することに特化します。

自分に陽性反応がでてから、このようなことを書くと 「何いってんねん!自分勝手な」と思われそうなので、体外受精が失敗した今だからこそ、自分の見解を先に書き記そうと思いましたconfident

★そろそろ移植失敗のショックから立ち直りつつあります。 皆様ご心配おかけいたしました。 もう大丈夫です。


私も、早く卒業したわ~!
応援クリック、お願いします。

   ↓↓↓

 にほんブログ村 マタニティーブログ 不妊(赤ちゃん待ち)へ にほんブログ村 マタニティーブログ 不妊(高齢赤ちゃん待ち)へ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

不妊治療の助成金 と 家計の疲弊  

不妊治療の助成金の申請準備をしています。

私は東京在住でダンナサマは大阪在住です。治療の拠点を大阪に決めた時点で、夫婦の住民登録を大阪にしています。

大阪(一部の市を除く)では年度に2回、通算5年で不妊治療の助成金申請ができますが、条件は、世帯収入が730万未満、夫婦が同じ府に在住していることとありますので、同じ住所にしています。住民票が大阪にあると、東京で生活している分には少々不便ではありますが、月の3分の1は大阪にいるし、私は彼の扶養家族ですし、なにより今は不妊治療を優先しているので、こうしています。

助成金は、1回につき10万円までの上限があるので、1回につき4~50万かかる体外受精(顕微)の費用と交通費を考えると、全然足りてませんが、それでもとってもありがたいお金です。

10月にやった分と、1~2月に現在トライしている分と、別々に申請しても良かったのですが、1度にまとめて出すと、書類提出が1回で済むので、2回目の治療が終了するのをまって申請することになります。 3月以降になりますが、早く出してしまいたいものです。

3月31日が締切なので、3月は申請数が増え、助成金がもらえるのは3か月以上先になるとのこと。うーん、こんなことなら、11月に1回目の分を先に出しておけばよかったかなともおもいますが、まあ、手間は省いたほうがいいかな、と。

:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+

体外受精(顕微)にステップアップを考える場合に、ネックになるのが、費用の問題です。年に2回体外受精(顕微)して、さらに毎月の移動にかかる新幹線代を考えると、とんでもない額になります。  体外やらない周期も、人工授精で万単位のお金が出ていきます。 たぶん、このブログをご覧になっている方も「よくお金があるなあ」と思っている方もいらっしゃるかと。 しかし、わが家計もそんなに豊かなわけではありません。 世帯収入でいえば、助成金を余裕で申請できる程度のものですcoldsweats01

私も会社勤めをやめて久しいですし、契約や派遣の単発仕事で、以前に勤めていた仕事のつながりで細々と仕事をいただいているだけなので、安定した収入があるわけでもありません。基本は彼一人の稼ぎで二人の生活をしています。

ダンナ様の同僚たちは、奥サマが専業主婦で子供が2~3人いる人も多く、皆様上手にやりくりされているので、収入的に二人で生活するには十分なものだと思いますし、子どもがいない分、限りある我が家の収入と貯蓄とはいえ、治療費用は何とか捻出してきました。

しかし、
今年度、2回の体外受精(顕微・凍結など含む)にかかったお金で約100万円
それが半年もたたずに我が家から出ていきましたshock

ダンナサマと相談してステップアップを決めた時、金銭的に2回まで、としました。 体外受精への挑戦に全く反対しなかった彼が「何度も挑戦はできないからね」と。

その2回がダメでした。

体力的に、精神的に、負けないぞ! と頑張っても、 お金は気合では増えません。

今後のことはまだ考えられませんが、
しばらくは、体外受精にチャレンジする余裕は…、ないです。

もう一つだけ凍結胚があります。こちらは、移植のみなので費用負担は比較的軽いので、早々にチャレンジするつもりです。でも、それがダメだったら・・・、またいちから採卵して、というのは厳しいどころか無理な状況です。

その残っている凍結胚も、今回ダメだった初期胚と同じ低いグレードで、先生もあまり望みがなさそうなことを言ってましたが、それでもかすかな希望をつなげたいです。 なんだか蜘蛛の糸をつかんでいる気分です。


はあ...despair  ため息が出ますわcoldsweats01

助成金を満額いただいたとして、20万円かあ・・・。

普通に移動するだけなら夜行バスでもいいのに、排卵に合わせて移動を繰り返すので、体への負担できるだけ減らしてほしいと新幹線を使わせてくれたダンナサマには本当に感謝。

でも、彼が毎日一生懸命働いて稼いでくれてるお給料です、これからは激安夜行バスの利用に切り替えようと思います・・・。 

大切なお金、優先順位を考えて上手にやりくりしなくっちゃ。
やりくり下手な私に、応援クリックください。
   ↓↓↓

   
にほんブログ村 マタニティーブログ 不妊(赤ちゃん待ち)へ にほんブログ村 マタニティーブログ 不妊(高齢赤ちゃん待ち)へ

| | コメント (3) | トラックバック (0)

« 2009年2月 | トップページ | 2009年4月 »