« 不妊治療の助成金 と 家計の疲弊   | トップページ | 続く高温期 »

不妊治療の終わりが妊娠の始まり。

どのタイミングで「不妊」から「妊娠」に変わるのか、について、私個人の見解を書きます。

「妊検で陽性が出た」「胎嚢が確認できた」「心拍が確認できた」などのタイミングがありますよね。さらに命が芽生えた瞬間を考えれば「受精した」というタイミングもあります。受精卵になるだけでも実は大変な奇跡なんだよな~と、体外受精(顕微受精)をして、受精確認や分割確認などを体験するとそういう気分にもなりました。そのハードルの高さを実感した半年間でしたから。

気持ちの面では「妊検薬で陽性が出た」というのは、私たち母体が「妊娠した!」と自覚できる大きな事件です。しかし、排卵から受精、そして着床、さらに胎嚢確認、心拍確認と、言葉では階段(ステージ)を上るか印象を受けますが、実はそれらはシームレスで切れ目のない連続した坂(命の成長)です。どこかで線を引くようなものではないと思います。

そして、不妊治療が長い人には痛いほど分かっていると思いますが、陽性判定後も流産や不育症の脅威も残っていて、手放しに安心できるものではない。

だから私は、「不妊治療終了」を以て「妊娠確定」と判断したいと考えています。

もちろん、不妊症とは無関係な人たちにとったら、「自覚症状がでた」 「検査薬で陽性がでた」時が妊娠の始まりと思うのは普通だとおもう。諸手を挙げて「オメデタだ!」と喜ぶ瞬間なのだと思う。

しかし、不妊治療を続けてきた者にとっては、ちょっと違う。陽性判定をもらったとしても、ホルモンの補充などのサポートがなければ妊娠継続が難しい場合は 「不妊治療中」 であることは変わらず、不安も尽きない。

だから、「不妊治療の終わりが妊娠の始まり」 と捉えたいと思います。

カテゴリー変更について、いろいろと考えはあると思うけれど、私は「不妊治療中」は「赤ちゃん待ち」にいてもいいと思う。妊娠したから移動すると考えると人によって考えも違うし線引きが難しいので、不妊治療が終わったから移動することにしたら軋轢は減らせるんんじゃないかなと思う。

:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+

私自身は今回残念な結果に終わったけど、ブログ仲間で陽性が出た方は何人もいる。その方たちが、嫌な思いをせずに健やかに「不妊治療を卒業」していけることを心から願います。

いつのことになるかはわからないけれど、私も、自分に一切の不妊治療が不要になったら、その時点で「赤ちゃん待ち」を卒業しようと思います。 それが陽性反応が出た日なら、その日が卒業。しかし陽性反応が出ても、ホルモンの補充や注射、経過観察が必要な場合は、【医療の手を借りないと妊娠継続できない状態】=【不妊】 と考えて、「赤ちゃん待ち」にそのまま残ろうと思います。
 ※その際は、内容はあくまでも「不妊治療」に関することに特化します。

自分に陽性反応がでてから、このようなことを書くと 「何いってんねん!自分勝手な」と思われそうなので、体外受精が失敗した今だからこそ、自分の見解を先に書き記そうと思いましたconfident

★そろそろ移植失敗のショックから立ち直りつつあります。 皆様ご心配おかけいたしました。 もう大丈夫です。


私も、早く卒業したわ~!
応援クリック、お願いします。

   ↓↓↓

 にほんブログ村 マタニティーブログ 不妊(赤ちゃん待ち)へ にほんブログ村 マタニティーブログ 不妊(高齢赤ちゃん待ち)へ

|

« 不妊治療の助成金 と 家計の疲弊   | トップページ | 続く高温期 »

コメント

「不妊治療が終わるまでは」というご意見、なるほどなあと思いました。
「妊娠」と「不妊」では、180度違いますからね・・・
180度違うことだから、不妊治療のブログが、陽性反応が出ても不妊のカテゴリにいると、叩かれてしまうのだと思います。

きらきらさんが以前提案されていたような、「陽性反応から心拍確認まで」といったカテゴリ、とてもいいアイデアだと思いました。
でも、同じ心拍確認前でも、不妊治療をしている人とそうでない人が同じカテゴリに入ってしまうと、やっぱり何か違和感があります。

不妊治療を受けている人にとっては、クリニック卒業をもって「不妊カテゴリ」から卒業とするのが、やっぱり妥当だと私も思います。
だから、あくまでも不妊治療を受けていた人を対象にした、「陽性判定からクリニック卒業まで」というカテゴリがある方が、いいのかも知れませんね。

近々、私もカテゴリ申請してみようと思います。

投稿: もさりこ | 2009年3月 2日 (月) 23時41分

もさりこさんこんにちは♪ 

以前、サブカテ申請した「陽性反応から心拍確認まで」も、おっしゃるとおり、不妊だった人と不妊じゃなかった人が一緒だと辛いかも。 結局、管理者からはノーレスポンスだったけれど、なにか避難場所があるといいですよね。 もさりこさんの「陽性反応からクリニック卒業まで」というのは、該当者が明確でいいかも! 

不妊治療そのものだけでもしんどいことが多いし、メンタル面でも不安定になるんだから、せっかく希望をつかんだ(陽性が出た)人が、それ以外のことで頭を悩ますようなことは起きてほしくないです。

明日は我が身ですものwink  …その「明日」がいつ来るかわからないけどね~。

もさりこさんの「明日」が週末早々にやってくること、私も心から願ってます!  

投稿: きらきら→もさりこさん | 2009年3月 3日 (火) 10時02分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1052324/28186129

この記事へのトラックバック一覧です: 不妊治療の終わりが妊娠の始まり。:

« 不妊治療の助成金 と 家計の疲弊   | トップページ | 続く高温期 »