« 細胞リニューアル | トップページ | 下がらなかった体温と、お金の使い道。 »

アシストハッチングをやったのさ。

先月の移植、二段階移植をしたのだけど、胚盤胞移植のときにアシストハッチングをしました。

体外受精(顕微授精)した受精卵が分割しして初期胚になったものを凍結。 一部そのまま培養を続けて胚盤胞まで育てる。うまく育ったらそのまま凍結。で、凍結した胚を子宮の状態がいい時に合わせて融解して移植するのだけど、その際に、胚の膜をレーザーで穴をあける作業が、アシストハッチング。

クリニックでの説明によると、凍結胚を融解するときに胚の中身がちょっと縮んで膜との間に微妙な隙間ができるらしい。それを利用してレーザーで膜だけ傷をつけたり穴をあけたりして着床しやすくする手技。

注射や何やらで卵胞をたくさん育てた場合(いや、点鼻薬を使った場合だったかな?)、その膜が厚く硬くなったりするらしくて、膜がうまく破けないと着床もできないらしい。

全部 「・・・らしい」の話なので、実際に受ける人は必ずクリニックで医師から説明を受けてね。 

私のときは、先生から 「着床率が10%UPするといわれているよ」 と言われたので、
「ぜひやってください」とお願いしました。

 これも「・・・といわれている」という話ですけどねcoldsweats01

そして初期胚はやらずに、胚盤胞だけやりました。

普通、胚盤胞の移植のときにアシストハッチングをするらしくて、初期胚ではしないと聞いたこともあるけど、初期胚でもやる場合があるらしい。(と、検索魔になっているときに某クリニックのサイトに書いてあったのを見つけた)

せっかく育った胚盤胞に、一番外の膜だけとはいえ傷をつけるのだから、失敗したら?という心配がないわけじゃない。でも、10%も可能性が高くなるならやるべし!と思いました。

で、結果はダメだったんだけどねdespair

やれることは全部やろう!と、かなりフルコースな採卵~移植だっただけに、ガッカリも最大級でしたわ。

○o。+..:*○o。+..:*○o。+..:*

なかなか、着床までたどり着けない私ですが、今週期は全く薬は使ってないし使う予定もない。 前周期も「黄体ホルモン」の補充はしたけど、卵胞を育てるためのものは使ってない(あ、プラノバールはのんだっけ。でも誘発剤の類じゃないから平気だな)。もう薬の影響はないはず。スプレキュアも2か月前だし。

フルコースの食事の翌日に、お茶漬けサラサラの日みたいですcoldsweats01

そんなお気楽なカンジの今週期。

普通の状態で普通に排卵してくれて、普通にタイミングをもって普通に妊娠しちゃうかも~、と、今は夢を描いています。  絵にかいたモチだけどね。

でもねえ...。  心配なことが一つ。 基礎体温が変なんですよね~。

その話はまた明日。



私も皆さんの情報をありがたく拝見しています。
私の治療の記録も、どなたかのお役に立てばいいな。
くじけない私に応援クリックお願いします。
    ↓↓↓

   
にほんブログ村 マタニティーブログ 不妊(赤ちゃん待ち)へ にほんブログ村 マタニティーブログ 不妊(高齢赤ちゃん待ち)へ



|

« 細胞リニューアル | トップページ | 下がらなかった体温と、お金の使い道。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1052324/28556833

この記事へのトラックバック一覧です: アシストハッチングをやったのさ。:

» 妊娠初期症状.com [妊娠初期症状.com]
妊娠の初期症状〜を詳しく解説 [続きを読む]

受信: 2009年3月11日 (水) 01時22分

« 細胞リニューアル | トップページ | 下がらなかった体温と、お金の使い道。 »