« 移動したのに陰性でガッカリ。 | トップページ | 排卵しない・・・。 »

不妊治療の助成と保険適用、その是非は?

このブログには「ブログ村」からの訪問者が9割以上です。 (ブックマークしてくれているらしい方もいらっしゃって感謝!) そんなブログ村のお仲間さんさんの一人、akiさんのブログ記事を読んで、何やら書きたくなった。

不妊治療助成の増額や保険適用を望んでいることに対して、批判コメントをもらっちゃったらしい。コメント内容は見ていないのでコメントそのものについては何とも言えないんだけど・・・。

「不妊治療は保険適用すべきじゃない」とか、「不妊治療に助成金を出すべきじゃない」という趣旨なのだとしたら、その主張自体は否定されるものではないけれど、言う相手を間違えているよ、と思うのだよcatface

私たちは「子どもが欲しい」とごく当たり前の欲求があって、そのためには不妊治療が必要で、それには「お金がかかって大変」だから「助成してほしいなあ」「保険適用されるといいなあ」と願望?要望?を述べてるだけです。 もちろん、署名集めたり行動を起こして、国や自治体に働きかける人もいます。 しかし、それだけなんですよ? 決して自分勝手にズルして税金を使い込んでるわけじゃない

不妊治療に予算を回すかどうかを決めるのは、国や自治体。 もし「不妊治療に税金を使うな」という主張がしたいなら、国や自治体にいうべき。 論拠を添えて国や自治体に「不妊治療に税金や保険料を使うのはおかしい」と意見書・要望書を出せばいいし、実際に自分が政治家になって予算の行方を決める立場になればいいじゃん。 

税金や保険料の使い道に疑問があるなら、国や自治体に意見を言ってくれないと。不妊治療中の人間に向かって「お前の要求は間違っている」とか「助成額UP・保険適用を望むな!」とかって言われてもねえ…、困っちゃうわcoldsweats01 

不妊治療の助成額について語り合いましょうという掲示板や、個人のブログでも「ご意見ください」とあれば、そこでは意見を戦わせて熱く議論するのは大いに結構。 結果、不妊治療について社会認識が高まるのであれば、それはそれで喜ばしいことだと思う。

でも、他人の不妊ブログにまでやってきて、「お前が子供欲しいと思うのはおかしいんだよ!」とか「できるかどうか分かんないのに税金(保険料)で補助して欲しいなんて、ふざけるな」とか、言い捨てていくのは、間違ってますよ。

それをやったからって、ただブログ主が傷つくだけで何の生産性もないんだからさ。(コメント主のストレス発散にはなったかもしれんけどねcoldsweats01


・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

 

ということで、赤ちゃん待ちの皆さん!

現行の助成金は、国や自治体が決めた正当な福祉予算です。 だから、請求することやお金をもらうことに後ろめたさを感じる必要はありません。(逆に放棄するのも自由です)

また、保険適用してほしい、助成金をもっと出してほしい、とか“要求する”こと自体も、後ろめたく感じることはありません。お願いするのは国民・市民の権利です(通るかどうかは別だけどね。)

後ろめたいと感じるべきは、自分で何も行動を起こさないくせに、文句ばっかり言って人を傷つけるバカのほうです。 そういうコメントがきたら軽やかにスルーしてしまいましょう。

  と、私は思いますわ(^_-)-☆

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

※世界で飢えて困っている人や、生活に困窮しているひとに予算を優先してほしいと考えて、自分がもらえるはずのお金は放棄するよ、という考え方があってもいいです。 また「産めるかどうかわからない人より、生まれた後の保障を手厚くするべきだ」という考え方も、立場が変われば真っ当な考え方だと思います。 立場の違いから対立する意見があるのは当然です。そしてこれは、どちらにも言い分はあるため当事者同士で議論しても結論が出るものでもありません。 税金・保険料の予算配分や使途については、財政の決定権を持つ者に対してそれぞれが進言し、判断・決裁を仰ぐべきと考えます。 

  それが、政治ってやつですよ、皆さんwink


いろいろな立場でいろんな思いで
赤ちゃん待ちを頑張っている人たくさん!
見に行ってね。
    ↓↓↓

   
にほんブログ村 マタニティーブログ 不妊(赤ちゃん待ち)へ にほんブログ村 マタニティーブログ 不妊(高齢赤ちゃん待ち)へ

|

« 移動したのに陰性でガッカリ。 | トップページ | 排卵しない・・・。 »

コメント

きらきらさんおはようございます♪

ワタシのブログで(知識がないため)書き綴れなかった
心の声をキラキラさんが代弁してくれたようですごく
心が楽になりました!

「産める人に産んでもらう」ってのが今の日本の現状だそうで…coldsweats01
産めない人の為に国の税金は使えない・・・って批判と言うか
忠告コメントを受けて…いろいろと考えさせられました。

今現在、高度不妊治療(体外や顕微)の金額は結構高額な料金が
かかるのに対して助成金1年に10万×2回までしか出ない現状を見れば、
確かに今現在の国は「産めない人より産める人に多くの補助を・・」
って思ってるのだと察せます。

でもこのご時世、不妊に悩んでる人はどんどん増えている現状を
国や自治体に理解してもらえるように、
そして少しでも助成金増額&保険適用になるように要望していこうと思ってます!!
あくまで不妊治療をしている立場からの要望希望ですけど(笑)

高額な治療費を目の前にして治療を受けるのをためらってる
ワタシみたいな人に少しでも前に進んでいけるようになるまで!
念願の子供を授かれるその日まで頑張っていけるように!!
お金がないからって、子供を治療を断念せざるを得ない状況は
これからは少しでもなくなるように!!!

そして不妊治療の事が国や自治体、一般ピーポーに少しでも
理解されていくといいな~と思いながら!!

キラキラさん・・この事を記事にしてくれてありがとうございました♪
長々と書いてしまってすみませんcoldsweats01でもスッキリしました!!


投稿: aki | 2009年3月18日 (水) 08時12分

きらきらさんの仰る通り、言う相手がお門違いですね。
お友達のブロガーさん、災難でしたね(> <)

思想が相容れないからといって、
必ずしも戦わなければならないわけでは無いとおもいます。
共感は出来なくても、お互いに理解し尊重し合うことも必要。
だから、相容れない思想に対して、
自分の思想だけを押し付けて去って行くのは、
了見が狭いなぁと思いマス☆

投稿: もくぎょ | 2009年3月18日 (水) 09時29分

akiさん♪
 お上に不妊治療の現実を分かってもらって少しでも援助を! という働きかけをするのはとても意味のあることだと思いますし、その行動力に頭が下がります。
 限りある予算内で、何を優先すべきかを考えるのは政治家の仕事だと思いますが、ベスト(でなくてもベター)な採択がされるために、現状の課題や情報を伝えて問題提起することは国民・市民の義務でもあると思うのですわ。
 拙ブログが少しでも援護射撃になればうれしいです。

まあ、それとは全く別の話として、きらきらさんは「言いがかり」的なコメントする輩がキライなので、つい熱く語っちゃったんですけどねcoldsweats01

嫌なことはするっと忘れて、子づくりに励みましょうね~!

投稿: きらきら→akiさん | 2009年3月18日 (水) 18時20分

もくぎょさん、コメありがとうデス!

何を考えようが何を思おうが何をしようが、他人に迷惑や損害を与えなければそれは自由だと思います。 でも、もくぎょさんの言われるとおり「押し付けて去っていく」って本当にただ共感を強要してるだけで、まさに「了見が狭い」ですよね。

ところで、「了見が狭い」って表現、なんだか気に入っちゃいましたhappy01 何かの機会に使ってみよーっと。

投稿: きらきら→もくぎょさん | 2009年3月18日 (水) 18時37分

私も、きらきらさんに同感です。
わざわざ、こういう事を、コメント欄に書く人っているんですね。
国に訴える程ではないけど、文句は言いたい・・・って感じかな?

きっと、長い不妊治療の歴史の中で、必要だから助成金制度ができたと思うんですよね。

私も、このようなコメントが来たら、さらっと、右から左へ受け流そうかなー(ちと古いcoldsweats01)と思いましたsmile

投稿: のんきー | 2009年3月18日 (水) 19時34分

のんきーさん、こんばんは~♪

 文句というよりかは、日頃考えてることや意見を言いたかっただけなんじゃないかな~と思います。日頃思っていることを発信する機会がなくて、ちょうどその話題を扱ってるブログに出会って、お誂え向きにコメント欄があって、「あ、なんか言いたい!」ってcoldsweats01
 それが同じ意見なら同意や共感のコメントになるし、違うなら「それは違うぞ!」という反論になるのだけど、後者の場合は「私はこう思う」という自分の意見として書かれるのではなく、ブログ主を否定したり非難するような表現になってしまいがちなんですよね~。 意見を言うのはいいけど、言う相手と表現は間違えちゃイカン!と オバチャンは思うぞ!wink

そうそう、のんきーさん、助成金の申請について保健所に問い合わせました?? 自治体によって詳細が異なるので要確認ですよん!


投稿: きらきら→のんきーさん | 2009年3月18日 (水) 20時31分

きらきらさん、助成金についてですが、
私のいる沖縄でも、同じように、連続ではないことが分かりました。
私より先に、ホタルさん(同じ沖縄出身なので)が調べて情報を下さいました。ありがたいconfident

とにかく、きらきらさんの情報がなければ、私はずっと誤解したままだったかもwobbly
ほんとに、ありがとうございましたーhappy02

このコメントへの返信はしなくていいですからねー。
とりあえず、報告でしたsmile

投稿: のんきー | 2009年3月19日 (木) 21時35分

同県民のホタルさん、心強いお仲間ですね~!よかったよかった。 情報交換ができるのもブログのいいところですよね。
 のんきーさんのお名前は、ルミコさんのコメント欄でよくお見かけしていて、優しい人だなあとheart02  機会があったらコメントしようと、隙を窺ってたのですよbleah またお邪魔じゃなければ遊びに行かせていただきますね! 

投稿: きらきら→のんきーさん | 2009年3月19日 (木) 21時55分

ココログニュースのネタ(?)として、こちらのブログを知り おじゃまさせてもらいました。

きらきらさんの もっともな意見にうなずくばかり…
自分たちの立場で意見・要望は政治家さん達に届けていきたい。
現状として使える権利があるのならば、堂々とそれを使わせてもらいたい。
もちろん、別の立場の人からすると“税金の無駄遣い”とか“不妊援助は少子化対策にならない”とか いろんな意見があるでしょうし、それはそれで やっぱり政治家さんに向けて発信してもらった方が…って感じですよね。

立場が変われば考え方も変わる…改めて感じました。
私も私の立場で私の気持ちをブログで上手に発信していきたいな。。。

…なんか まとまりのないコメントでごめんなさいsweat01
また おじゃまさせてもらいます。

投稿: chako | 2009年4月30日 (木) 15時15分

chakoさん、コメントありがとうございます。
 皆、それぞれの立場でそれぞれの苦悩を抱えつつ、それでもがんばっているのだと思います。 辛い時、苦しい時、助けて欲しいと思うのは当然のことで、それは「不妊」に限ったことではない。だからそう思うこと自体を否定されても困るんですよね~。
 「税金の使い途」について意見があるなら、使途の決定権を持っている人(政治家さんたち)に対していってほしいわ、と思います。
 
 また、お気軽に遊びに来て下さいね。

投稿: きらきら→chakoさん | 2009年5月 1日 (金) 11時34分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1052324/28615475

この記事へのトラックバック一覧です: 不妊治療の助成と保険適用、その是非は?:

« 移動したのに陰性でガッカリ。 | トップページ | 排卵しない・・・。 »