« 2009年3月 | トップページ | 2009年5月 »

2009年4月

2009年初めてのAIHは…

今月(今週期)はAIHをしました。

 

2009年、1月採卵、2月移植、3月移植とつづいたので、まあ、久々のAIHです。

過去何度もトライしたAIH,、あらためて「今年初だったんだ~!」 と何やら感慨深くなっちゃいました。  去年はたくさんしたな~、全部だめだったけどcoldsweats01

これまで何度もやってきたし、採卵・移植に比べたら面倒な通院も当日拘束もほとんどないから、つい「先生に注入してもらうだけ」とお気軽な気分になって、 体外やらない周期だし、ただ休むのもな~、とりあえずやっとこう、ということで、トライ。(そうはいっても、2万円ほどかかっちゃうけどね~gawk

3月(前周期)は自然周期での移植だったけど、ずいぶん基礎体温の変動もおかしくて、リセットしても体温は下がらず、移植後も体温が上がらず、もう望みをつなぐ気力もないまま3月が終わってしまった。

今月リセットしたのちも、なかなかスッキリ体温が下がらず、でも、なんとか自分で体温をみながら、排卵日を予測し、AIHをしてもらってきました。

※AIHの前後で、クリニックでの対応に不満が爆発し、転院を考えることになったのですが、またそれは改めて書きます。



で、AIH後、どんな様子か。

全く体調の変化がない。  1週間くらいは内のは当り前だろうけど、体温がねえ…。 全く上がらない。

今朝になってようやくちょっと上がったかな、というくらいですが、唇の端に「ねつのはな(口唇ヘルペス)」ができたので、きっと風邪気味なんじゃないかなという程度。

36.3~36.5度あたりを低迷続けています。

AIh後、ほんとはhcg注射を3回する指示が出ていたのですが、どうしても納得いく説明がもらえなかったので、当日は断れなかったから1回注射したけど、そのあと2回はクリニックに行っていない。 で、打っていない。

hcgを打ってないから上がらないんだよ、とお叱りを受けそうなものだけど、そもそも、注射なんて打たずとも高温相はちゃんとあったんです。 1回打った後(その時には排卵済み)にも全く体温が上がらず、効果があるかどうかもわからない。

事前に測った卵胞についても、医師が「いびつな形やねえ」と言ったことから、今回の卵胞は空胞だったような気がする。

全く上がらない体温、空胞の疑問。 クリニックへの不信。


全く、妊娠する気がしない。



体外受精やったおかげで、「たかが人工授精」という気持ちが多少ある。けど、クリニックに行って、夫に採精してもらって、万札を払って処置をしてもらう・・・、そんなにお気軽にやれるもんじゃないのだ。

いまは、スゴーく無駄なことをしたんじゃないか、という気分になっています。

おかげで、コーヒーも飲みまくり、カフェインたっぷりのコーラもガブ飲み。焼き肉でフィーバー! お酒もいい気分になるまで飲みまくり、 自転車で遠出、自転車でスーパーに買い物・・・と、 妄想妊婦もやめています。


GW明けにリセットの予定。 早く普通の二相の体温表がみたいです。

※コーヒー・コーラも、一日2~3杯、暴飲暴食ってほどひどくないし、泥酔するほどのんでないし、自転車も、ガタガタした路面は避けているので、心配なさらないでねcoldsweats01



GWのお休み予定は、本当に悩ましいわ。遊びも通院も。
皆工夫してがんばってるよ! みにいってね。
    ↓↓↓

にほんブログ村 マタニティーブログ 不妊(赤ちゃん待ち)へ にほんブログ村 マタニティーブログ 不妊(高齢赤ちゃん待ち)へ

 

| | コメント (10) | トラックバック (0)

今日は楽しかったなあ!

大阪でコラーゲン粥御膳をたべたね~。
明日の朝にはお肌プリプリかな。

ミスドで4時間(!)おしゃべりしたね~。
あ~、お不妊様事情をいろいろと吐き出せてスッキリッス!

付き合ってくれたHちゃん、ありがとう。
ホント、今日は楽しかったよ。

お土産もチョー嬉しかったよ~。
サプライズ上手で、きらきらさんは参りました!



 

今日の一番のトピックは、Hちゃんとのおしゃべりなので、今日の記念に記事にしちゃったよ~happy02


楽しい時間をありがとうね。



「赤ちゃん待ち」の仲間が1000人!
見に行ってね。
    ↓↓↓

にほんブログ村 マタニティーブログ 不妊(赤ちゃん待ち)へ にほんブログ村 マタニティーブログ 不妊(高齢赤ちゃん待ち)へ


| | コメント (2) | トラックバック (0)

他人の妊娠 (その3) 複雑で当たり前。

他人の妊娠 (その1)
他人の妊娠 (その2)  そのつづき。

他人の妊娠について複雑な気持ちを抱えてしまうのは不妊だからじゃなくて人として自然な心理だと思っています。

自分が欲しいと思っているものを他人が手にしていたら羨ましいのは当たり前。なんで、アイツは易々と手に入れられるものを、ジブンは手にすることができないのだろうか。そう思うのは、様々シーンでよくあること、ですよね。  ただ、妊娠という聖域の話のため、後ろめたさがとても強調されるちゃうけど。

さらに、その相手が自分に近しい人だったら、なおさらです。つい自己投影したり同一視してしまい、幸せのギャップに過敏になり、比べてしまって辛くなる。

そんなときは、「あなたの妊娠と私の不妊は無関係」 とつぶやいてみるといいです。自分と相手を同一視するのではなく、「○○さんの妊娠」と「自分の不妊」を分けて考える、ということです。  

幸いなことに、不妊というのは、他人の妊娠には全く影響がされないので、そこに気がつくと、楽になれます。入試などと違って定員もない。他人が妊娠しようがしまいが、自分の妊娠可能性に全く影響しない。 そこに意識を向けると、ふっと、心が軽くなります。

とはいえ、自分が望んでいる幸せを自分ではない誰かが手にしていたら、ましてやそれが近しい存在だったら、羨ましくて妬ましくて悔しくてどす黒い感情が湧いてくるのは止められません。そして、そんな黒い感情にまみれてしまった自分が嫌になる。

そんなときは、今度は腹をくくってその気持ちに向き合ってあげましょう。

その気持ちに対して嫌になったり目を背けたり、ごまかしたりする必要はないんです。だって自然な心理なんですから。 (嫌になるとしたらその黒い感情を無関係な相手にぶつける行為です。これはNGです。)

思うことは自由ですし、自分の中にある大切な思いの一つとして、向き合ってあげて欲しいです。こんな黒い感情はいやだ、と目をつぶっているとその気持ちは大きくなるばかりです。どうして私はこんなことを思っちゃうんだろうと理由を考えたり、私って素直なヤツだなと認めてあげたりすると、少しずつ落ち着きます。

そして、もうひとつ。 っていうか、ここからが本題?

ネガティブな気持ちにとらわれた人は、「おめでとうという気持ちは確かにある。なのに一方で妬ましくて悔しい気持ちがある」と、 相反する気持ちが同時に混在していることに気がつき、混乱してしまうこともあると思います。

「妬む気持ち」と「他人の妊娠を喜ぶ」というのとは別モノです。だから同時に存在することだってあります。 

人間の気持ちなんて、複雑で当たり前。

知り合いや友人や親類縁者が妊娠したことで、おめでとうの気持ちと妬ましい気持ちが混在していて、自分はなんてブラックなんだろう、、、と落ち込むこともあるかもしれません。 相反する気持ちが同居していると自分でも整理ができず混乱して、私っておかしいんじゃない?と 気持ちの優しい人なんかは自己嫌悪に陥ったりします。 しかし、落ち込む必要はありません。二つの気持ちが同時に存在するのは自然なことなんです。どっちも大切な自分の気持ちとして受け止めてあげ ましょう。

不妊って、つらいことや苦しいこと(治療そのものだけじゃなくてメンタル面でもね)がたくさんあって、また人によって事情が違うから、その気持ちの処理の仕方が本当に難しい。でも、漠然と不安を抱えるよりも、自分の気持ち分解し、絡み合った気持ちをゆっくりほどいてひとつひとつに向き合っていくと、けっこう心を軽くすることができます。

そういう意味では、不妊の人がブログで気持ちを綴っていくのって、とってもいいことだと思います。

★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜

基本は「他人の妊娠は私の不妊には無関係」と割り切ること。それでもいろんな感情が湧きあがってくるときには、ごまかさずに向き合うこと。 そして一つ一つを全部、肯定してあげること。 ちゃんと自分で自分の感情に付き合ってあげると、不用意に他人にやつあたりしたり毒を投げつけたりしないようになりますよん。

※あ、これはあくまでも自分が落ち込んでいる場合のことね。 余裕があるときには「無関係」なんて思わずに、どんどん優しい言葉かけていきましょうね! そうすることで自分の気持ちもアゲアゲにできるからね~wink

★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜

3回に分けて長々と書いてきましたが、ブラックな気持ちに振り回されている人の気持ちが少しでも軽くなったらいいな!と、きらきら☆ホワイトは思うのであった。

不妊の感情との折り合いの付け方、いろいろあります。
1000人の仲間がいるよ。見に行ってね。
    ↓↓↓

にほんブログ村 マタニティーブログ 不妊(赤ちゃん待ち)へ にほんブログ村 マタニティーブログ 不妊(高齢赤ちゃん待ち)へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

意思決定は、本人の希望に沿うかどうかが大事。

以前、自分のブログで書きましたが、人工授精も体外受精もタイミング法も、子どもを授かるための選択肢の一つでしかないし、それに差はないと思っています。 どれか一つしか試さないのも、全部試してみるのも、それは本人が決めること。本人が、自分にとって最良の選択は何かを、とことん真剣に考えて出した結果、決めることです。

その選択について「それは違う」とか、「それは間違っている」というのは、当事者(配偶者や親や、かかりつけの医者などの専門家 )を除いて、してはいけないことじゃないかな。

それは、例えが悪いかもしれないが、パティシエになりたい人が製菓専門学校に行こうと決めた横で、年に1回しか会わない叔母さんが大学進学を頑なに勧めるようなものですね。 

大切なのは「本人が考えた末に決めた選択である」ということ。そしてそれを尊重するということ。 一番しちゃいけないのは、本人の希望を曲げて不本意な選択をさせてしまうことであって、他人の意見は参考になる情報提供はあってもいいが、本人の決断にケチをつけてはいけないと思う。


なんで、こんなことを書いているかというと・・・

私がよくお邪魔しているブログ(ルミコさんとこね)で、「あなたは本気じゃない」という言葉に引っかかりを持ったので、書いています。 (えっと、ブログ主さんがコメントで「あなたは本気じゃない」みたいなことを書かれた、という記事です)
ブログ主さんへのメッセージというより、記事を読んで自分が考えたことを書きたかったので、自分のブログに書いています。ルミコさん、勝手にゴメンね。 

 人工授精にしろ、体外受精にしろ、本人が望んで選択してそれにチャレンジすることは、至極まっとうなことです。 人にはいろいろと事情があるし、メンタル的なことだったり、家族の協力体制だったり、仕事との兼ね合いであったり、経済状況であったり、また、それ以外に複雑なものがあります。それ(治療の手段)を選択しているにはそれぞれに理由があるのです。

 だから、不妊治療が長い人に対して事情を知らない他人が「なぜ、体外受精にステップアップしないのか、それは本気じゃないんじゃないの?」と聞くのは、「なぜ子どもが欲しいのか」を尋ねるのと同じくらい、無意味な質問じゃないかなと思います。( ※“聞くのは無意味”ね。 思うのは自由だよ~)

 みんな、悩みながら迷いながら、今の自分に一番いいと思える選択をしているはずです。それを、赤の他人(当事者でないものが)、評価(批判ではなくて、評価ね)できるものではないのですから。

 勿論、先に書いたように、判断材料としての情報提供は歓迎されるものだし、「分かる分かる!」という共感や、「一緒に頑張ろう」の励ましや、「自分はこうしたらうまくいったよ」という体験談もとてもありがたいものだと思う。 でも、それ以上のこと、本人の決断を否定するようなことは「余計な御世話」というものだと思う。



しかし。

苦しく辛い不妊治療の末に、決死の覚悟で「体外受精」を選択した人にとって、自分を肯定するために、なかなか授からないのに人工授精を繰り返している人をみてもどかしく思ったり、「私はこんなに必死なのに・・・」と、その選択をしない他人にたいして無性に腹立たしく感じてしまうことも、また自然わきあがる感情であるとも思います。

そういう風に思う気持ちも、私は肯定します。これだって、本人の真剣な思いがあってこそだと思うから。自分の大切な思いの一つとして、ちゃんと自身が向き合ってあげて欲しいなと思います。 ブラックな気持ちも、大切な自分の一部。

ただ、それを他人に押し付けてはいけないけどね。


私は、決死の覚悟でステップアップを決めたその勇気と覚悟を持った人も、ステップアップせずに頑張る選択をしながらその苦悩と向き合っている人も、みな尊敬します。

どちらにも違う性質の苦しみと辛さがあり、それぞれの立場でそれぞれの精一杯で頑張っていて、単純に比べられるものではないからです。



そういうのを、お互いに認め合えればいいな、と思います。


  「あなたの不妊と私の不妊は無関係」 そういうことですわwink


不妊の感情との折り合いの付け方、いろいろあります。
1000人の仲間がいるよ。見に行ってね。
    ↓↓↓

にほんブログ村 マタニティーブログ 不妊(赤ちゃん待ち)へ にほんブログ村 マタニティーブログ 不妊(高齢赤ちゃん待ち)へ

| | コメント (6) | トラックバック (0)

いろいろ書きたいことがあるけど・・・

色々と書きたいことがありますが、今は夫と二人で週末を過ごしているため、自由にPCを扱う時間がありません。心配してくださった方、あなたの優しさが心に沁みます、ありがとうございす。

「転院を考えた理由」とか、

「他人の妊娠のつづき」 とか、

「鈍感力」の話とか。

レッドやら、ブルーやら、ブラックやら、ホワイトやらが、出番を待っているのですけど、とりあえず、明日は能天気イエローとして夫と二人で京都散策に行ってきます。


ああ、転院を考えた理由で、夫への不満もまた募りましたが、ヤツに八つ当たりしても解決しないので、とりあえず楽しんじゃおうと思います。


それでは、また。







不妊の感情との折り合いの付け方、いろいろあります。
1000人の仲間がいるよ。見に行ってね。
    ↓↓↓

にほんブログ村 マタニティーブログ 不妊(赤ちゃん待ち)へ にほんブログ村 マタニティーブログ 不妊(高齢赤ちゃん待ち)へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

クリニック(医師)への不信

昨日の続きの前に、一言だけ。



1か月ぶりに行ったクリニック(in大阪)。

医師への不信でいっぱいになりました。

信用できないというわけではありません。
治療に間違いがあるわけではないので。

ただ、もう、このクリニックは信頼できません。

診察室で涙が出そうになりましたが、怒りに代えてこらえました。
いま、転院を考えています。




なにがあったのかは、落ち着いたら書きます。



「赤ちゃん待ち」の仲間がたくさん。見に行ってね
    ↓↓↓

にほんブログ村 マタニティーブログ 不妊(赤ちゃん待ち)へ にほんブログ村 マタニティーブログ 不妊(高齢赤ちゃん待ち)へ



| | コメント (4) | トラックバック (0)

他人の妊娠 (その2)  ブラックな感情に苦しむ人へ

前回の続きです。


他人の妊娠は、自分の不妊には無関係。 そう思えば、ブラックな気持ちに振り回されなくなります。

しかし。

近しい友人や近親者だとまた違う感情が出てきます。

「○○ちゃんが妊娠できたのに、私はなぜ?」 これは、自然にわきあがる感情だと思います。 (そんなこと思ったことがないという人は・・・、本気で不妊に悩んでいない人か、自分の気持ちに向き合うのが怖い人か、もしくは偽善者じゃないかな?)

 

姉妹、従姉妹などの親族や、親友など、きわめて近しい存在の場合は、相手に自己投影してしまったり、同一視してしまうことはよくあります。近しい存在だからこそ自分を重ね合わせてしまい、自分の不妊と相手の妊娠を比較してしまう。 

それは、不妊という事象に限らず、いろんなシーンで起きる、とっても自然な感情です。

そして、感情が豊かで相手の気持ちに共感したり汲みとったりすることに長けている人は、近親者だけでなく、ちょっと知っている人や、見ず知らずの人にまで自分を重ねて考えてしまうので、通りすがりの妊婦さんを見ても、同じような感情が湧きあがってきてしまうことがあります。特に、人間関係に熱い人だったり、人付き合いが密な人。相手に感情移入したり気持ちに共感する ことが多い人は、そういう傾向にあります。

相手の気持ちが分かるとても優しい人、ということです。

でもその優しさが裏目に出ることがあります。自分に余裕があるときは相手のことを思いやる気持ちが表に出ますが、余裕がなくなってくると、自分と相手とのギャップにも敏感なため、自分の境遇と相手の境遇とのギャップのせいで、苦しむことも多いのです。

 

私自身は、前回書いたように、他人の妊娠には「おめでとう」とは思うけどそれ以上の感情は特に持たない、ある意味、冷淡な人間とも言えますが、 自分が傷つかないようにする自己防衛の行為ともいえます。  あまり他人様に感情移入すると、そのせいでブラックな感情に振り回されて、自分が苦しむことを知っているからです。

他人の妊娠と、自分の不妊は無関係。だから腹も立たない。単純に言えば、「関心がない」 「どうでもいい」からこそ、腹が立たないのです。「期待もしてないから腹も立たない」 なんです。裏を返すと、「期待するから腹が立つ」 なんです。

だから、冷たいようですが「関係ないね」と、予防線を張っているのかもしれないです。

友人や近親者が自分よりも先に妊娠して幸せそうにしているのを見て、妬ましく思ったり、やつあたりしたくなったり、素直におめでとうを言えない・・・、そういう自分の感情に苦しんでいる人、少なくないと思います。 でもね、そのブラックな感情は、あなたが優しくて人の気持ちがわかり、人に寄り添うことができるあったかいハートを持っているからこ生まれている感情なんです。


「赤ちゃん待ち」カテのブログを拝見していて、知人の妊娠や妊婦さんへの複雑な思いをいろいろと書かれているのをよく見かけます。 そんなブラックな気持ちになってしまってご自身を責めるようなことを書いている場合もあります。

近親者だけでなく、見ず知らずの通りすがりの妊婦さんにまで目をとめて、自分と重ねてしまう人は、熱いハートを持っていると思うのです。そして、自分が傷ついてしまうのに、割り切ってしまえない、そんなあなたが素敵だと思います。

妬ましく羨ましく思って落ち込んだりできる人は、とても素敵なあったかい人なんだろうな、と私は思いますよ。


もう一つ「他人の妊娠」について思うことがあるので、
それは、また次回。

「赤ちゃん待ち」の仲間がたくさん。見に行ってね
    ↓↓↓

にほんブログ村 マタニティーブログ 不妊(赤ちゃん待ち)へ にほんブログ村 マタニティーブログ 不妊(高齢赤ちゃん待ち)へ

| | コメント (2) | トラックバック (1)

他人の妊娠 (その1)

ワタシ、基本的に他人の妊娠は自分の不妊とは全く完全に無関係だと考えています(当たり前のことですけど~)。

仕事関係の人や知人程度の人で、オメデタの方(妊婦)に遭遇したら、単純に「おめでとう」と思います。それは、「今日誕生日なんです」という人に対して、「あらそうなの、おめでとう」という程度のものです。それ以上に取り立てて感慨深くなることはありません。

逆に、妊婦さんを見て悔しく思ったり、妬ましく思ったりもしません。だって、他人様が妊娠しようがしまいが私の不妊には何の影響もないからです。

ただね、「いいな~」とは思いますよ。 当然です。妊娠したいんですから。妊娠した人を見たら、羨ましく思うのは当然です。

それは、おなかが空いているときに、テレビでグルメ番組をみて、「あら、おいしそうなお寿司食べてるわ、いいな~」と思うのと同じです。そして、そのグルメリポーターがお寿司を食べようが食べまいが、私の空腹には全く関係がないので、特に妬ましくも悔しくも思いません。 空腹でイライラすることはありますがcoldsweats01

また、リセット直後や陰性判定直後のときは、妊婦を見るだけで超ブラックな気分になりますが、それは、妊娠できない自分自身への悲しく悔しい気持ちでいっ ぱいになり、自分のことで精いっぱいになって他人に優しくできないだけです。 妊婦さん本人に対してなんら感情があるわけではありません。

 

つまりね、他人の妊娠という事象と、自分の不妊にまつわる感情は、分けて考えるべし、ということです。 

誰かが妊娠したからと言って、私の順番が後回しになることはないし、また、私が妊娠したから誰かが後回しになることもない。 子づくりは、入試のように定員があるわけではないんですから。

そういう風に、感情と事象を分けて捉えると、ブラックな感情とうまく付き合うことがができます。   

 


これは、通りすがりの妊婦さんや知り合いレベルの方のお話。
もっと近しい人だとどうなのか?  その話はまた明日。


「赤ちゃん待ち」の仲間がたくさん。見に行ってね
    ↓↓↓

にほんブログ村 マタニティーブログ 不妊(赤ちゃん待ち)へ にほんブログ村 マタニティーブログ 不妊(高齢赤ちゃん待ち)へ


| | コメント (2) | トラックバック (0)

きらきらに会ってみたい?

きらきらさんに、会ってみたいと思う人、いらっしゃいますか?

また、会ってみたいとしたら、それはどんな理由から?

どんな人か見てみたい、とか?

何か聞きたいことがある?
それとも聞いて欲しいことがある?
不妊について語り合いたい?    …とか?

 まさか、ひとこと文句を言ってやりたいとか? coldsweats02



日曜日の夜にひとり過ごしていて、いろんな方のブログを拝見していて、ふと、気になったので、聞いてみましたcoldsweats01


さて、明日からまた頑張ろうかねえ。



ちょっぴり人恋しくなっちゃったきらきらさんに
応援クリックくださいな。
    ↓↓↓

にほんブログ村 マタニティーブログ 不妊(赤ちゃん待ち)へ にほんブログ村 マタニティーブログ 不妊(高齢赤ちゃん待ち)へ




| | コメント (10) | トラックバック (0)

妊娠おめでとうのプレゼントに憤る。

きらきら★レッド  行きまーす! (今回は へなちょこレッドだよwink




昨日ね、飲み会があったの。お酒はやめたとはいえ、普通のお勤めをしていない私は、お誘いがあれば努めて参加して人脈をつなぐ努力をしていますので、もちろん参加。 お仕事関係での会合のため、今までお付き合いがあった見知った人が半分、初めての人が半分の宴席。それなりに楽しかった。低温期だし、まあ、飲みすぎなければいいやといって、おいしくいただきました。

しかし、事件は宴もたけなわなその時に起こった!





「ジャジャーン! 発表します!」 
幹事の人が、注目を集め、両手で指し示す先には一人の女性。
「今日は、とってもいいお知らせがあります」

 きら★心の声 ≪え~、もしかして、結婚? それともなにか≫

その女性とは初対面、宴席でも席がはなれていたので挨拶を交わしただけの方。どんな人でどういう関係の人かもよくわからないひと。どんなニュースだろう、ワクワク。

「では、ご本人からの発表です」

「え~、私がいうんですか(照) まだ、どこでも公表していないんですけど、わたし、赤ちゃんができました。妊娠5ヶ月なんです」

≪へぇ、めでたいなあ。いくつの人だろう? あまり私と変わりないかな? いや、私より5つは若いかな≫

  …と、ここではまだ単純におめでとうの気持ちだけだった。 

幹事「ここで、彼女にお祝いの品を贈ろうと思います!」

≪え? お祝いの品??≫




出産祝いなら、まだ、納得できる。
しかし、妊娠5ヶ月で、おめでとうの品をなぜ贈る???
しかも、はじめてあった知らない人に対して?
会費の中から?

おーい、 やめてよね。

お不妊様のきらきら★ブラックさん、マジで「金返せ」と叫びそうになりました。
いや、叫ばなかったけどさcoldsweats01。 一応オトナだし(アラフォーだものね)。

最後の記念撮影のときに笑顔が消えたのは許して下さい。真中で幸せそうにお祝いの品を抱えて笑っている彼女と一緒に写るのも嫌な気分になっちゃったんです。 そりゃあ、妊婦さんと一緒に写るのは縁起がいいから、普段なら喜んでそばに立ちますよ? でもね、このときはもうイヤーな気分満載だったんです。笑顔が消えるくらいは許してください。  まだまだコドモなんです(アラフォーだけどね)。

鍼灸やるといいよとアドバイスを受けながらも、1回5000円もするからと躊躇してるのに…。タイミング測るのに、おりものチェックしながら、超音波の回数や排卵検査薬を使う回数を減らして治療費を節約しようとしているのに…。少しでもお仕事につながるといいなと、なけなしのお小遣いをはたいて宴席に参加しているのに…。 その参加した宴席の会費から見ず知らずの妊婦さんへのお祝い代をとられるなんて?  しかも、この人、私の仕事とは無関係な人だよ。 交際費と考えて自分を納得させることもできやしない。

おいおい、事前に言ってくれよぉ~。 オメデタの人が参加するから、その人へのお祝い代も徴収するからね、って。

事前にいわれたら、心の準備もできるし、写真を撮るときの笑顔の準備もしたさ! 私だって鬼じゃないんだから、普通におめでとうの気持ちだって持てるんだぞ! でも、こんなだまし討ちのような会費徴収はやめてくれ~!!! 

妊婦さん本人は全く悪くないし、妊娠オメデトウだし、誰が悪いってわけじゃないけどさ。幹事の人も良かれと思ってやったんだろうし・・・。でも出産祝いならいざ知らず、妊娠おめでとうのプレゼント代を初対面の人に気前よく出費できるほど、お不妊様の心は広くないゾ?  というより、それなら最初から「お祝い金」としてお財布から出したいぞ?? それがスジってもんじゃねーの?

ああ、納得できない…。怒りをぶつける先もないよ。

旦那に電話で愚痴を言ってみたら、「楽しかったんならそれでいいじゃん。それにきらきらだって妊娠したらきっともらえるよwink!」 ってあっさりのんきなお返事。

  う~ん、まあ、そうなんだけどぉ~sad  そーゆーことじゃなくってさアwobbly

振り上げたこぶしを下ろすことができないきらきら★レッド
ほんと、トホホな気分の宴席でしたcoldsweats01。    


トホホな私に、応援クリックもらえると、嬉しいです。
    ↓↓↓

にほんブログ村 マタニティーブログ 不妊(赤ちゃん待ち)へ にほんブログ村 マタニティーブログ 不妊(高齢赤ちゃん待ち)へ

| | コメント (4) | トラックバック (0)

ステップダウンという考え方はしない。

本日 D7 順調に毎日ウォーキングをして体重を減らしているきらきらさんです。

高温期終盤の体重から、2.5キロ減っています。まあ、母数が大きいので、2.5キロくらいは誤差の範囲とも申しましょうが…coldsweats01 毎日歩いて、毎日お風呂に浸かり(しばらくはやめていた)代謝をあげて、お酒をやめ、カフェインを控え(チョコレートだけはやめられない)、葉酸を飲み、マルチビタミンを飲み、毎日イチゴジャムとグレープフルーツジャムを食べ、ルイボスティーをがぶ飲みし・・・、 ま、大したことはしてないんだけどさ、

アタシ、偉いぞ!  とほめてみたりして。

 

さて、今周期のプランです。

これは、クリニックに相談したわけではなく、私が自分で計画しているものです。だってさ、先生に相談しても、「どうしますか?」としか聞いてくれないし、指示してくれないんですものぉ~coldsweats01

D11に当たる、 20日(月) に 東京のクリニックで卵胞のチェックをしてもらう。 移植がダメだった報告もしないといけないんだけど、それはちょっと憂鬱。 東京の先生も、自分のところで治療してないから、陰性でしたというと何とも言えない複雑な表情をさせてしまうんですよね。ま、しょうがないけど。

その様子からみて、21日(火)か22日(水)に大阪に移動。

夫婦でタイミングを持ちつつ、大阪のクリニックで卵胞チェック。で、いいタイミングで、AIHをやってもらう。

おそらく、hcgやら、プラノバールやらいろいろと薬を出されると思うけど、今回は全部断って、タイミングだけきっちりエコーではかって、AIHだけしようと目論んでいます。

 

ハイ、不妊治療に飽きたので、必要最低限のことしかやりたくない気分なんです。

正確に言うと、「打つ手がない」のですが、気持ち的には、以前書いたように「不妊に飽きた」というのがぴったり。

もう、一通りやってしまったから、他に新しく試せることがない。

時期が違えば卵子も精子も以前とは違う別のものだし、体調も違うから、同じ治療をしても結果が変わってくるはずだ、というのはわかっていますが、 気分的にね、「不妊治療には飽きた」ので、同じことをしたくないんですわ。

だから、顕微までステップアップしたけれど、今回は、自然周期でタイミングとAIHのみ。

世の中では、これを「ステップダウン」というらしい。

 

けど、手元にある選択肢が、おおまかにいうと、

  体外受精(採卵~顕微)
  AIH
  タイミング

の3つだから、その中から単純に選んだだけ、というのが正解かな。

後退したつもりは一切ないです。そう、選択肢の中から一つ選んだだけ。

なので、「ステップダウン」という考え方はしっくりこないです。

そこまで考えてみて、ああ、逆もまた同じだなあ、と思う。

体外受精に進むことを「ステップアップ」というけれど、ステップをのぼってるなんて思う必要はないのかも。 いくつかある治療の選択肢の一つを選んだだけじゃん、と。

本当のステップアップは、
【不妊→陽性→胎嚢確認→心拍確認→妊婦→出産→ママ!】 

だと思う。
不妊治療におけるステップなんて、前に進むわけではないんだから、ステップアップ、ステップダウンなんて、言いたくないなあ。(より高度になる、という意味でステップUP何だろうけどね)

ああ、はやく、本当の意味でのステップアップがしたいぞ! 

 

AIH も IVF も ICSI も、不妊治療の一つの手段でしかない。
どれが大変とかどれが辛いとかそんなことはないと思うよ。
(ま、費用がずいぶんちがうけどね~)
応援クリックもらえると、嬉しいです。
    ↓↓↓

にほんブログ村 マタニティーブログ 不妊(赤ちゃん待ち)へ にほんブログ村 マタニティーブログ 不妊(高齢赤ちゃん待ち)へ

| | コメント (2) | トラックバック (1)

ノビオリの写真 と モロゾフのプリンカップ

毎月、とても参考にさせていただいている、WEBサイトがあります。

排卵日を特定するためにとても重要な「ノビオリ」の写真が掲載されているページです。

不妊治療を始めて、タイミングを狙うようになってからは、基礎体温の変化ととおりものの様子を注意深くみて、排卵検査薬を試し、そしてクリニックで卵胞の大きさを測り、ベストタイミングになるように画策しています。

エコーはお金もかかるしクリニックいかないといけないからそう頻繁にやれないし、排卵検査薬も、一日1回では、ピークを逃すから、1日2回はやりたい。とすると、7本入りを買ってせいぜい3日分しかない。

お金がかかる排卵検査薬と超音波の回数をできるだけ減らそうとするなら、基礎体温とおりものの変化で、だいたいこのあたり、というのを自分で見定める必要があるのです。

体温は数値なので、まあはっきりしているけど、排卵してから体温が上がったりするわけで、クリニックにいつ行くか、排検をいつ使い始めるかを見定めるのは難しい。 

そこで、結構頼りになるのが「伸びオリ」です。

卵白のような伸びをする、透明なおりもの。これが出てきたらそろそろ排卵。だから、排検を試しながら、クリニックに行って卵胞チェックをしてもらう。
すると、最小限の検査で排卵日が特定できる。



しかし・・・・。噂に聞く、「ノビオリ」 実際、どんなものだろうか?

そこで、検索魔のきらきらさん。 検索しましたよ。(そう、あれはこのブログを始める前のことだったなあ・・・)

ほとんどが文章での説明で(私のブログもそうなので、文句はいけないけど)、実際のイメージがなかなか湧かない中、ようやく見つけました。ノビオリの写真。 ※ コチラ 

写真とともに、詳しい解説があるので、自分のものと比べて判断するのにとても役立っています。

また、ノビオリは、水につけても溶けないとのこと。  もちろんこれもやってみています。

ガラスの透明なコップを使いたかったけど、流石に飲み物を入れるコップは使えなかった(気分的に)ので、モロゾフのプリンカップ(ガラス製)がその専用容器になっています。  モロゾフのカップはたくさんあって(捨てられない)、ペン立てや歯ブラシ立てや、洗面所のコップとして使ったり、手作りのプリンを作る時に再利用したりしています。 10個近くあるので、ノビオリ確認用のモノはハートマークのシールも貼って区別しています!  

普通のおりものは、水に溶けます。

卵の白身のような、指にとるとビローンと10センチほど伸びるオリモノは、水に溶けません。

これを試してから、排検を使うと「陽性が」出ます。そしてクリニックに行くと、「そろそろ排卵しそうですね~」と言われます。 とても、ありがたいです。 

誘発剤とかその他薬を使っていると、オリモノの様子も変わるし、排卵日もずれるし、それ以前にクリニックに頻繁に通っているので必要なかったのですが、今周期は、まったく薬を使わずにAIHをしようと目論んでいるので、久しぶりにハートシールのモロゾフカップの登場するでしょう!




いろんな思いで頑張っている人が大勢います。
この情報、お役にたちましたら応援クリックお願いします。
    ↓↓↓

にほんブログ村 マタニティーブログ 不妊(赤ちゃん待ち)へ にほんブログ村 マタニティーブログ 不妊(高齢赤ちゃん待ち)へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ひなこさんへ

「ぶっちゃけたい」のひなこさんへ

あなたのブログ、以前の消えてしまったブログのころから拝見していました。 新しいブログとして始まってからも、ずっと。 笑わせてもらったり、頷かせてもらったり、うまくいかない不妊治療への励みにさせてもらっていました。

そして嬉しいニュースとともにサブカテを移動してからもずっと。

そのひなこさんのブログが、さきほど「赤ちゃん待ち」に表示されていた。

会ったことも、コメントを交わしたことさえもないひなこさんに対して、私は慰める言葉を持たないし、励ます言葉もない。「気持ちわかります」なんて軽々しく言ったり、ましてや一番つらいであろう彼女を差し置いて、憐れんだり涙することなんて、絶対に絶対にしたくない。そんなの、他人を気遣う振りをした自慰行為でしかない、と思っているから。

でも、ごめん。

私のブログに並んで表示されているのを見て、どうしても涙をこらえることができませんでした。 

ひなこさん、あなたが戻ってきて、私は無性に哀しいです。悔しいです。このまま無事に出産までたどり着いて欲しかった。

傍観者の勝手な言い分でしかないし、この涙は、あくまでも自分勝手な私の想いです。泣こうがわめこうが私の身勝手で、私が心配しようが落ち込もうがひなこさんへの何の励ましにもならないことは分かっています。

でも、なにか気持ちを表したくて。

この記事がひなこさんの目に留まるかどうかは分からないけれど、私と同じようにひなこさんを応援している人がたくさんいるはずです。

大勢の人がひなこさんのことを見守っているいうことが、少しでもひなこさんの力になってくれたら、と願っています。






いろんな思いで頑張っている人が大勢います。
みんながあなたを応援しています。
    ↓↓↓

にほんブログ村 マタニティーブログ 不妊(赤ちゃん待ち)へ にほんブログ村 マタニティーブログ 不妊(高齢赤ちゃん待ち)へ








| | コメント (0) | トラックバック (0)

本来の姿に戻って妊娠する 

リセットしてから、これで、3回目です。朝、空が白むまで起きていたこと。

おかげで、基礎体温が測れません。

が、しかし! 体調が、絶好調です!

+++++

本日 D5  2回しか測れていません。 その2回とも、しっかりと低温期体温(36.2~36.3度) なので、心配はしていませんが。

前周期は、生理が始まってから、5~6日は体温が下がらず、ドキドキしました。 また移植後なかなか上がらずドキドキしました。

1月の採卵のための注射と、2月の高温期ホルモン補充によって、ずいぶん変調をきたしていたのだと思います。

今回は、生理始る前に、急激に高温(といっても、36。8度位ですけど)にあがって、そして茶オリ(ピンク?)が来て、リセットしました。

生理前症候群も特にありませんでした。しかし、そういえば、左の卵巣あたりがピリピリしていたような気もします(と、手帳にメモしてあった。気をつけていたら、そうかも? という程度) これ、妊娠してたら、妊娠の兆候として張り切ってブログに書いただろうなcoldsweats01

卵巣ピリピリの痛みは、妊娠の兆候というより、「卵巣が排卵あとに黄体ホルモンを一生懸命出そうとすると、その刺激のせいで痛むことがある」 というの某妊娠情報サイトで見たことがある。  ホルモン補充のときには特に感じたことのない痛みだったので、自分の体が一生懸命働こうとしていたのだな、と今はポジティブにとらえています。

ほんとに、低温期のワタシってば、なんでもポジティブに考えられて偉いわ。(高温期は何を見てもネガティブになっちゃうけど)

高度不妊治療のフルコースをやっちゃって、もう打つ手なしだから投げやりになっているというわけじゃないのだけど、今回は趣向を変えて、何もしない、ということを決めている。

人工授精(AIH)はするけれど、それを助けるためのものは全部断ろうと思っている。つまり、物理的な手助けはするけれど、ホルモン的な手助けは一切しない、ということ。(私の通っているクリニックの先生は、「どうする?」って聞いてばかりで、指示を出してくれないから、私のいいなりなのだ~!)

低温期のポジティブ期だからかもしれないけれど、 3日も徹夜したにもかかわらず、体調がいいこと(その次の日は10時間くらい寝てるけど)。 生理前にとんでもなくむくんでいた体も軽くなったこと(アキレス腱が見えた!)。 毎日1時間はウォーキングをしていること(買い物も含めてだけど)。 そういうことをひっくるめて、自分を信じてみようかなと思っている。

精子クンたちは濃縮洗浄するから低い運動率でも心配ないからね。 あとは、自分の身体を信じるだけ。

生理の出血が少なかったのは、ちょっと心配だけど、それはきっと薬の影響が残っているからで、私の体は本来もっと元気なはず。 徹夜しようが、暴飲暴食しようが、少々のことではへこたれないはず。

そんな、本来の姿に戻って、妊娠を目指そうと思います。



ああ、早く妊娠したいぜ~!
というお仲間がたくさん、見に行ってね
あなたの応援クリックが励みになってます
    ↓↓↓

にほんブログ村 マタニティーブログ 不妊(赤ちゃん待ち)へ にほんブログ村 マタニティーブログ 不妊(高齢赤ちゃん待ち)へ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

丸3日で生理が終わった…orz

10日金曜日未明(というか夜中)から始まった今回の生理ですが、終っちゃったようです。

昨日、寝る前(夜11時ころ)にお風呂に入って、きれいなナプキンを装着して、そのあと、まっさらなママです。 もうおりものシートに変えてもOKな感じですが、おりものさえも出ません。

困ったもんだ。

採卵したのは、1月。2月はホルモン補充周期で移植。3月は自然周期で移植。

2009年、走り続けてきましたが、不妊にももう飽きてきたし、飽きてきたというより、もう打つ手なしです。

体外受精(顕微授精)までして、アシストハッチもやって、凍結胚も残っておらず、胚盤胞まで育ったものを移植した(10月)けどダメで…、高度不妊治療のフルコースをやってみたにも関わらず、ダメでしたね~。

もうステップアップしようがないですわ。

あと、試してみるとしたら、鍼治療くらいかしら。(漢方薬は以前試したことがあるけど、まったく効果が感じられなかったからやめた)


はい、打つ手なしです。

行き詰ってます。

それでも、生理が来て、生理が終わったということは、排卵日がやってくるということ。卵胞のなかに卵子がいるかどうかはわかりませんが、時は流れてゆくのです。

今周期は、とりあえず、人工授精はやっておこうとおもいます。


  アハ、 「やっておこう」 だってさcoldsweats01

初めてAIHした時は、とってもハードルが高かったのにな~。
本格的な不妊治療を始めることへの畏怖があったな~。

 「人工的に授精させるんだっ!」 と妙に構えていたなあ。

今となっては、旦那さんの代わりに、クリニックで精子を注入してもらうだけ、と、とってもお気楽にとらえている。  不思議なもんですね。

1回2万円ほどかかっちゃうから、決してお気楽なものではないんだけどね。

人の心は不思議なものですね~。

+++++

ところで、昨日の記事。

 読んで「イヤ~な気分」になった人、いますか?

もし、「イヤ~な気分」になったのだったら、思い当る節がある人だと思いますよ。
うふふ、私も思い当たる節があって、それを自嘲的に書いた文章ですからbleah

 (byきらきら★ブラック)

+++++


 

ああ、早く妊娠したいぜ~!
というお仲間がたくさん、見に行ってね
あなたの応援クリックが励みになってます
    ↓↓↓

にほんブログ村 マタニティーブログ 不妊(赤ちゃん待ち)へ にほんブログ村 マタニティーブログ 不妊(高齢赤ちゃん待ち)へ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

『幸せ』に気がつかない『幸せ』。

山岸涼子の不朽の名作『妖精王』の一節。

  「水の指輪」が隠されていたのは水の中。
  水の中では水は見えないから。







+++++

「私って、幸せだわ。」

そういう人は、その幸せを幸せだと感じることができるほど、不幸せを感じている(いた)のだろう、と思う。

+++++

「私って、不幸せだわ。」

そういう人は、普段、当り前の幸せの中にいる(いた)のだろうな、と思う。

+++++


まあ、何が言いたいかっていうと、
本当に幸せなひとって「私は、幸せだわ~」なんて言わない、ということなんですわ。
また本当に不幸な人は「私は不幸だわ」なんて言わないと思うのですわ。

不幸に出会ったから、幸せを感じるのであって…
幸せに出会ったから、不幸を感じるのであって…

相対的な価値観でしかないんですよね。

+++++

幸せ自慢をする人に会うと、ああ、この人は不幸を感じて過ごしてきたんだな、と思う。
不幸自慢をする人に会うと、ああ、この人は幸せな人生を送ってきたんだな、と思う。


だから、どうだっていうわけじゃなんだけどねsmile



どうせなら、幸せを感じて人生を送りたいです!
最大級の幸せ「赤ちゃん」を待ってる仲間がたくさん、見に行ってね
    ↓↓↓

にほんブログ村 マタニティーブログ 不妊(赤ちゃん待ち)へ にほんブログ村 マタニティーブログ 不妊(高齢赤ちゃん待ち)へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ナプキンの取り換え時って???

昨日から始まった生理。

昨日というか一昨日のよる寝る前(といっても深夜2時くらい)から始まっていて、今夜で、丸二日経つことになりますが・・・・

ハハハ~  すでに終わりそうですcoldsweats01  

本格的に始まってから約45時間ほど、使用したナプキンは5枚。
(その前に、ピンクのおりものが半日ほどつづきましたが)

二日で5枚ですわよ、皆さん。

こんなに少ないんかい?  そりゃあ、着床しないわけだわさ。
(と、勝手に理由づけしてみたりして)

前回はホルモン補充周期だったため、ものすごく経血の量がおおくて、「あら、私若返っちゃった!」なんて思ったものだけど、今回ホルモン補充しなかったら、以前より少なかったわ。

勝手な想像ですが、前回薬で頑張ったので、体が鈍くなったんじゃないかな。
不妊治療の大きな反動が来ているのかもしれません。

済んでしまったことは仕方がないので、しばらく、薬や注射などは断ろうかと思います。 プラノバールも、もう飲みたくないんだよね~、イライラするから。

++++

ところで。 ちょっと恥ずかしい話を少し。 

私は、生理中、量が多いときは当然毎回ナプキンを取り換えますが、量が少ないときには、トイレにいって用を足しても、そのまま取り換えずにいます。若いころは汚れたナプキンをまた装着することは許せませんでしたが、年をとってきておばさんになり、また節約生活が板についてきたら、つい、少々汚れたくらいでもったいなくて? そのままパンツにつけたまま用を足し、またはいてしまいます。

こんな私、変ですか?

だってさ、トイレに行かなかったら、ずっとつけっぱなしにするはずのもの、たとえば水分取り過ぎたり、コーヒーのんじゃって、トイレが近くなったときなんか、2~3時間でトイレに行くこともあるし、そのたびに取り換えるんじゃ、もったいない気がして。

妊娠を希望してからは、安いからといってナプキンを大量購入して在庫を持つこともせず、予備を3つほど残して、必要になるたびに買いに行くということを繰り返しています。 次回はもう必要ないはず! と信じて。 言葉悪くいえば、ケチってるってことなんですけどね~。

皆さんは、必ず取り換えます???

それとも、まだ使える~! って、そのままにします?

誰かに聞いたこともなくて、というか、面と向かって「ナプキンってトイレの度に取り換える??」なんて聞けなくてcoldsweats01  

私も~! という方がいたら心強いです。

布ナプ派のひとは、どうなんだろう??  そこも気になるところです。



オンナの秘密がたくさんある! ・・・かもよ?
頑張ってる仲間が約1000人いるから見に行ってね。
貴方のクリックが励みになります。
    ↓↓↓

にほんブログ村 マタニティーブログ 不妊(赤ちゃん待ち)へ にほんブログ村 マタニティーブログ 不妊(高齢赤ちゃん待ち)へ








| | コメント (8) | トラックバック (0)

( ̄ー ̄)ニヤリ  

本日すっきりさっぱり、リセットです。


さあて、そろそろ、行きますか。





心配してくれた方、ありがとう。

我が事のように悲しんでくれた方、辛い思いをさせてゴメンナサイ。

きらきらさんに先を越されなくて安心した方、それもまたヨシ、健全な心理だゾ!  wink


きらきらさんは、また前を向くから、

あなたも前を向いてね。


「一緒にがんばろう」 とは、言いません。

お互いにがんばろう、ねっsun







いろんな立場でいろんな思いでがんばっている人がたくさん。
見に行ってね。
    ↓↓↓

にほんブログ村 マタニティーブログ 不妊(赤ちゃん待ち)へ にほんブログ村 マタニティーブログ 不妊(高齢赤ちゃん待ち)へ

| | コメント (4) | トラックバック (0)

我儘だとはわかっていても…。

昨日の記事の、タイトル「とうとう妊娠判定したよ」 をみて、 とうとう妊娠したんだ! と思って記事を読み、「なんだ、妊娠してないじゃないか、紛らわしいな」 と思った方、申し訳ありませんでした。  お詫び申し上げます。

*****

夫とは、まだ絶交中です。といっても電話に出ないだけですが。 おとといの夜、一度目の電話は平静なまま結果を話すことができたのですが、なぜか他人事のような彼の言葉に、電話を切った後にテレビを見ながら涙がこぼれてきました。

陰性の事実は、私自身は感情がストップするくらいショックだったのだと思います。涙も出ないくらい。 

初めてご覧になっている方に説明しますと、私たち夫婦はいま東京・大阪で別居生活中です。だから、判定(妊娠検査)も自分ひとりでやるし、結果のショックも、ひとりでその事実と向き合わなければいけません。だから、ひとりで受け止めきれるショックなら、それこそ思う存分号泣して喚き散らすこともできたでしょう。

今回、ちょっとその許容量を超えたようです。


なので、これは甘えで、大変自分勝手な言い分だとわかってはいても、このショックをちゃんと受け止めるために、夫にも一緒に悲しんでもらったり落胆してもらいたかったのです。

しかし、電話の向こうの彼の言葉は、励ましの言葉ばかり。もちろんありがたいことすが・・・、「きらきらはがんばってるよ」  「元気出してっ!」  「しょうがないよ」 とか 慰められると、 かわいそうなのは自分ひとりで、 私だけが頑張っていて、私だけが悲しんでいて、私だけが失望しているような、そんな孤独感を感じてしまったのです。 

この悲しみを、分かち合いたい、半分持ってほしい、そんな我儘な気持ちがあふれてきて、そしてようやく涙があふれてきたのです。

この涙はありがたいことにぶつける相手がいます。 夫です。 我儘ついでにまた電話をかけて、「どうしてあなたはわかってくれないの」 と、泣きながら責めてしまいました。

しかし、責めれば責めるほど相手はなだめようとするし、そうすると、なだめる彼と喚く私という対立構造が顕わになり 「一緒に悲しんで欲しい」 という私の思惑からは遠ざかるばかり。

陰性だったことのショックと、そして分かってもらえない孤独感とで、とてもとても辛い夜でした。


彼がショックを受けていないはずはない、それも分かっているんです。 でも、私にはどうしても温度差が感じられて、辛い。

冷静に考えれば、確かにクリニックに通ってる回数は圧倒的に私が多いし、毎日基礎体温を測り、おなかのかすかな痛みや、おりものの様子や、胸の張りなど、日々の体調変化に過敏になり、一喜一憂しているのも私自身。妻である私の方が妊娠への思いが強いのは当たり前です。 女性と男性で、価値観も違うだろうし、「もう結果は決まってるのに判定日に何で検査しないの?」 と疑問に思う彼の心理も理解できるのです。

頭では分かっています。 でも、感情が納得しない。

我儘だとはわかっていても、一緒に泣いて欲しかった。




暗い記事が続いてごめんなさい。たくさんの応援クリックありがとう。
    ↓↓↓

にほんブログ村 マタニティーブログ 不妊(赤ちゃん待ち)へ にほんブログ村 マタニティーブログ 不妊(高齢赤ちゃん待ち)へ


| | コメント (8) | トラックバック (0)

とうとう妊娠判定したよ。

昨日の夕方、久々に外に出かけての仕事だったので、気分が高揚していたのでしょう。勢いで検査してしまいました。

帰る途中、トイレに行きたくなって急いでお家にかえって、駆け込み、ホッと一息。ペーパーにふき取ったおりものに潜血が混じっていた。

  「あ、生理が始まるのかな」

そう思ったら、急に検査したくなりました。

オシッコしたばっかりなのですぐにはできないため、朝作っておいたルイボスティ―をがぶ飲みし、30分後に紙コップをもって再度トイレに。

クリニックでもらったキットは、紙コップで採尿してスポイトで吸い取り、それを検査キットに垂らすもの。 尿の量は十分に採ることができて、検査ができました。


「-」 でした。   ※陽性なら「+」が表示 陰性なら「-」


感情は、まったくありませんでした。

終了サイン窓が赤くなるまで、数分、ずっとトイレの床にしゃがみながら凝視してました。

その間も、そのあとも、特に何の感情も湧いてきませんでした。

「水道の蛇口をひねったら水がでた、そして蛇口を閉めたら水が止まった」 それを眺めているのと同じような、無感情でした。



感情の回路がぷっつりと遮断されたみたいです。

安全装置が働いたのでしょう。


判定は夕方のこと。 日が暮れて夜になっても、特に何の感情も湧いてきません。涙も出ませんでした。日が暮れる前に夫にメールで「陰性だった」と送りましたが、返事がきませんでした。 何も変化がありませんでした。

夜に電話がかかってきました。 「元気出して」 「きらきらはとってもがんばってるよ」 という励ましの言葉が、まるで他人事のような言葉にきこえて、その時、ようやく涙がこぼれてきました。

   ああ、私、悲しいんだなって。

涙がでたのは、悲しみと怒りと悔しさと落胆を共感してくれない彼のおかげです。

私は、不妊治療のことを夫以外誰にも話していませんが、夫以外の誰かにワタシの話(気持ち)を聞いてもらう必要があるのだと、気が付きました。

 (つづく)



悲喜交々、いろんな思いで頑張っている人がたくさん
見に行ってね。
    ↓↓↓

にほんブログ村 マタニティーブログ 不妊(赤ちゃん待ち)へ にほんブログ村 マタニティーブログ 不妊(高齢赤ちゃん待ち)へ

 

| | コメント (4) | トラックバック (0)

足のむくみがひどいことに

3日前くらいから、やけ食いに近いくらい、甘い物を食べ続けています。

お徳用のピーチョコ一袋を一日でたべたり、
食パン一斤を、蜂蜜、レモンマーマレード、イチゴジャムを付けて一気食いしたり、
どうしても夜中にプリンが食べたくなってビックサイズ(4人分くらいを一つ)で手作りして食べたり、

と、大変です。

糖分は体に水分をため込むため、冷えやむくみを誘発します。
太るというより、飲んだ水分を排出できないまま、体が膨らんでいる状態です。

昨日の夜は、とうとう足首がなくなりました。

もともと足がとっても太くて、下半身デブでひざがモモの肉に埋もれてしまうくらい。ひざ下は、スネや足首の前面でさえ、指でつまめるくらい肉襦袢でおおわれています。さらに筋肉があまりないため、ほとんどが脂肪。だから、水分が下にたまってしまう。それでも、頑張って足首がどこかくらいは分かるように、スリムウォークやメディキュットなんかはいてひきしめてきたんですが・・・。

昨日の夜は、アキレス腱がどこにあるかわからないくらいの足になりました。
いわゆるサリーちゃんの足です。

皮膚もパンパンになっていて、加齢によってたるんでしわも増えてきたはずのひざ下が、パンッとはちきれんばかりに膨らんでいました。

スゲ~。

生理前だということもあるのだと思いますが、体全体がむくみ、さらに、冷えて、そして、痒い。
皮膚がこれ以上ないくらい張っているため、過敏になっているのか、痒くて仕方ない。
お風呂に入って、湯船の中でもボリボリ、・・・っつーか爪でガリガリ。

それだけではありません。

ふと、頬に手をあてると、ガサガサ。 

何と、手荒れが酷い。 真冬にはよく粉をふくほど乾燥してガサガサする私の手のひらですが、桜舞い散る春の陽気にもかかわらず、ひどくあれています。みると指紋の溝が切れ切れになるくらい、ひどい。

慌ててハンドクリームを塗っても、乾いた大地にコップで水を撒くかの如し。


唯一、無事なのは、顔だけ。

生理前によく出る吹き出物は、最小限に抑えられています。
そのかわり、背中のニキビがひどいです。 荒れ荒れです。


それもこれも、ストレスでしょうか。

結局、まだ、妊娠判定していません。  ヘタレな私でごめんなさい。


いろんな立場でいろんな思いで頑張っている人がたくさん
見に行ってね。
    ↓↓↓

にほんブログ村 マタニティーブログ 不妊(赤ちゃん待ち)へ にほんブログ村 マタニティーブログ 不妊(高齢赤ちゃん待ち)へ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

判定日の鬱

フライングしないまま、今日を迎えました。

判定日と言っても、クリニックからもらった判定キットをつかって、自分で採尿して判定するだけなので、市販の妊娠検査薬といっしょです。
もっと気軽にやってしまえばいいのに。
移植して2週間。結果はもう決まっているのに、それを確かめる勇気がありません。

おりものに髪の毛よりも細い一筋の赤いものが混じっていたのは昨日。
プラノバールも飲み終わった。数日後にはリセットするだろう。

分かっているのに、確かめることができません。



今まで、さんざん妊娠検査薬を試してきたけど、

やっぱりそれは期待があったからできたことだと思う。

もしかしたら陽性が出るかも
もしかしたら妊娠してるかも

そして、ダメでもまた次頑張ろう、とお気楽な気分もあったのだとおもう。

それ以前に、体外受精までやったんだから妊娠するはずだ甘く考えていたのも確か。

そう、確かに甘かった。


もう今は、甘い考えなんかどこにもない。

次の見通しが立っていない今、 「次また頑張ろう」 とは思えない。

たかが移植の一回(通算5回だけど)くらい失敗したからって…

   そういう声も聞こえてくるが、次の一回がいつになるかわからない。

ああ、本当に出口のない迷路にはまってしまった。


検査するべき? リセットを待つべき? どっちが精神的ダメージが少ない?

どっちも怖い。何も聞きたくない。


ああ、だれか、私が眠っている間に血を抜いて検査して、「妊娠してたよ」といって起こしてくれないかな。



いろんな立場でいろんな思いで頑張っている人がたくさん
見に行ってね。
    ↓↓↓

にほんブログ村 マタニティーブログ 不妊(赤ちゃん待ち)へ にほんブログ村 マタニティーブログ 不妊(高齢赤ちゃん待ち)へ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

茶オリというか、赤い一筋が・・・

今日でプラノバールは飲み終わり。

妊娠してなければ4~5日後にリセット。



今日、おりもののなかに、赤い一筋が。



ああ、いつものパターンね。

リセットする2~3日前に、赤い本陣がやってくる前に、赤い先遣隊がやってくる。

やっぱり、このままリセットしちゃうのかな。



お腹も痛くないし、乳房も張ってない。

眠くもないし、だるくもない。

体重だけがMAXになっていて、体全体がむくんでいてレギンスがきつい。

ただ、それだけ。



さあて、どうやって気分を浮上させようか。

しんどいなあ。

次の予定が決まっていないことが、
一番のストレスになっています。

次に採卵できるのはいつのことになるやら。

人工授精で頑張るしかなないか・・・。




様々なストレスに負けず、頑張っている人が沢山。
見に行ってね。
    ↓↓↓

にほんブログ村 マタニティーブログ 不妊(赤ちゃん待ち)へ にほんブログ村 マタニティーブログ 不妊(高齢赤ちゃん待ち)へ



| | コメント (0) | トラックバック (0)

暴挙に出る

まるで、試験前の子どもみたいです。

妊娠判定から逃げるように、暴挙に出ました。

部屋の模様替えです。

昨日、日が暮れて、ひとりで夕飯を食べて、思い立った。

よし、模様替えをしよう。

部屋を片付けると、幸運が来やすくなるんだって。
古いものを捨てると、新しいものが訪ねてくるんだって。

だから、一気にやる気になった。

今まで不妊に向けてエネルギーをぶつけるかのように、家具を移動し始めた。

タンスも。テーブルも椅子も ソファも、棚も、そこに入っている荷物も。

たった一人でやった。

深夜1時までかかってやった。

ふつうは二人がかりで動かすものも、家具の下にタオルを敷いて、ずらすようにして動かしたり、テーブルやソファは、ひとりで持ち上げたり、

妊婦さんはやらないよね。

高温期、妊娠の可能性がある人はやらないよね。

やっちゃいけないんだよね。

でも、

やっちゃった。

これでダメならそれだけのことだ。

いや、それよりも、ダメだった理由を作りたかったのかもしれない。

どうせ期待が持てないのだからと、

私、何やってるんだろう。




荷物を動かしているとき、おなかに力を入れると、痛いような気がしました。

きっとこれも妄想です。

模様替えの途中、トイレに行っておりものをみたら、ごく僅かに茶色が混じっているような気がしました。

きっとこれも妄想です。


自分がいま何やってるかよくわかりませんが、少しは気分一新できたような気がします。

きっと、これも妄想です。


かなり、追い詰められているみたいです。

今日はきっと、「風呂場、換気扇、トイレ」(by藤岡藤巻)だな。




何かに取りつかれたように掃除と片付けをしている私に
励ましのクリックお願いします。
    ↓↓↓

にほんブログ村 マタニティーブログ 不妊(赤ちゃん待ち)へ にほんブログ村 マタニティーブログ 不妊(高齢赤ちゃん待ち)へ

| | コメント (4) | トラックバック (0)

弱気でヘタレな私の抵抗

最近、きらきら☆ブルーが連投しています。
ネガティブモードでごめんなさい。

今、手元には、クリニックからもらってきた判定日用の判定キットと、チェックワンファストが2本あります。どちらも反応するHCGの量は一緒なので、同じように判定できるでしょう。

クリニックから指定された判定日はあと少し先ですが、たぶん、今やっても結果は分かると思います。

でも、今回はいつもになくとても弱気で、しかも次に体外受精にチャレンジする見通しが立ってないのもあり、ダメだった時のダメージを受け止めきれないようにおもうのです。

だから、フライングも、判定日の判定も、やらないと決めました。

プラノバールをもらっているので、飲んでいる間はリセットしません。飲み終わって4日後に生理が始まるでしょう。

それまで待とうと思います。

上がらない体温を見ても、気分は落ち込むばかり。乳房の張りも、眠気も、何もなく、妊娠初期症状のようなものは一切なく、希望を持てと自分を励ますこともできません。

それでも、自らはっきりさせることのダメージよりも、赤いアイツが突然やってくるほうがすんなり受け入れられるような気がするからです。

ブルーさんは、合否通知の封を、自分では開けられないタチなんです。

自分でも、ヘタレだと思います。

そんなヘタレな私のささやかな抵抗です。


結果を知るのを先延ばしにしただけかもしれません。
でも、それくらい弱気になっています。
皆さんの応援クリックが励みになります。
    ↓↓↓

にほんブログ村 マタニティーブログ 不妊(赤ちゃん待ち)へ にほんブログ村 マタニティーブログ 不妊(高齢赤ちゃん待ち)へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

8時だヨ! 全員集合SP で思うこと

不妊に飽きたといっても、このブログは不妊ブログなので、不妊にまつわる記事を書く。


ザ・ドリフターズ結成45周年記念 で 「8時だヨ!全員集合」のスペシャル番組をやっていた。

1980年前後の映像が沢山流れていて、覚えているのもあったりして、懐かしくておかしくて楽しくて、昔、土曜日は8時までにごはんも済ませて、テレビの前に集合したことを思い出した。ビデオもなくて録画してみるなんてことは考えもつかなかった当時、一家に1台のテレビのチャンネル権争いも熾烈なものだった。 って、大袈裟?

始まる前に疲れて眠ってしまいそうになっても母に「絶対に起こしてね!」と頼んだり、母に 「ドリフがはじまる前にお風呂に入ってしまいなさい!」とうるさく言われたり、裏番組が気になってチャンネルを変えた父を恨めしく思ったり。 懐かし~。

そんな思い出に浸りながら、ふと思う。

今40歳を目の前にして、当時の母の年齢を越えているんじゃない?

母は、小学生の私と一緒に見てたんだよな。

私は、まだ母にはならず、子どもと一緒に笑い合うこともなく、自分の思い出と一緒に笑い合っている。

去年放映されたドラマ、「アラウンド40」では、主人公が温泉地にドリフのDVDを持ち込んで夜を徹して観賞(観笑)しているシーンがあったけど、それも思い浮かんだ。


とても、楽しい時間だったけど、懐かしい時間だったけど、心がちょっと重くなった夜でした。


どこまで頑張ればいいんだろう。
底なし沼に沈む気分の今日この頃。
皆さんの応援クリックが励みになります。
    ↓↓↓

にほんブログ村 マタニティーブログ 不妊(赤ちゃん待ち)へ にほんブログ村 マタニティーブログ 不妊(高齢赤ちゃん待ち)へ


 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

不妊に飽きる。

昨日、自転車に乗って、スーパーに行き、ドラッグストアをめぐり、本屋をのぞき、2時間近く、うろうろしました。

昨日は、高温期11日目 今日は12日目。

妊娠を期待するとかしないとか、
そんなことはどうでもよくなってきて、
とにかく安売りの米5キロと牛乳を買いたかったのさ。

スーパーの近くに3件ある、ドラッグストアでは、コカコーラゼロ1.5リットルが、148円で売られている。

コメと牛乳とコーラって、重いものばっかり。
こんなの歩いて買いに行けるか! 

と車の運転ができないきらきらさんは、自転車でお買い物。

高温期は自転車に乗らないと決めていましたが、しだれ桜の前、寒空の下に2時間立ってたことをかんがえれば、自転車ごとき大したことないような気がして、とにかくコメをかわなくちゃ! と出かけました。

楽しかったなあ。

体温も上がらない高温期。

自暴自棄になってるわけでもないのだけど、なんだか、どうでもよくなってきた。



一言でいうなら、「 不妊に飽きてきた。」 




モチベーションを高めるのも、持続させるのも、大変なんだよ。  ┐( ̄ヘ ̄)┌ フゥゥ~



フライングする気も起きないぜ
 もうちょっと踏ん張れよっ、ワタシ。
皆さんの応援クリックが励みになります。
    ↓↓↓

にほんブログ村 マタニティーブログ 不妊(赤ちゃん待ち)へ にほんブログ村 マタニティーブログ 不妊(高齢赤ちゃん待ち)へ

| | コメント (4) | トラックバック (0)

« 2009年3月 | トップページ | 2009年5月 »