« 2009年6月 | トップページ | 2009年8月 »

2009年7月

9週突入。 しかし…、

母子手帳をまだ手に入れてなーい。


えっとですね~、

現在、私が居る場所には住民票がないので、もらいにいけないのデース!


ご存じでした? 住民じゃないと母子手帳もらえないんですよ~。

…当り前か。  coldsweats01



母子手帳ももらってないから、妊婦健康診査受診票ももらってない。

産科の予約はまだ先なんで、のんびりしてますが、ハナコのために早く貰ってあげたいなあ~。

母子手帳をもらったら母に報告しようとおもっているので、まだ母にも言ってませんcoldsweats01

リアルでは、先日言った歯医者さんにどうしても言う必要があったので言ったけど、夫と医療関係者以外に、リアルで妊娠のことを誰にも言ってないなあ。


動けなくなるほど、栄養失調になるほど辛いつわりはありません。 一日に3~4回ほど突然波が来るくらいで、その波さえ乗り切れば、また楽になります。

耐えられないほどのことがないので、クリニックに行く必要もないですが、卒業!と言われたのに不妊クリニックに戻るのもなんだし、産科は初診がまだなのに行くわけにもいかないし、  なんとか無事に産科初診日までたどり着きたいものです。


そうそう、青木さやかさんが妊娠を公表してましたね。たぶん同じ時期なんだと思う。 彼女は公の電波で全国に発信していろんな人からおめでとうを言われています。

なんだか、今言うと、青木さやかと同じだね、って言われそうだからまだまだ黙っていようと思う 。

あ、彼女がイヤというわけじゃないのよ。 私の妊娠は私自身にとってかけがえのないものだから、他の誰かに話題をさらわれちゃうのがちょっとね(^-^;
   たとえば、クリスマスにお誕生日だとさ、自分の誕生日でめでたいのかクリスマスでめでたいのかわからなくてちょっと損した気分になるでしょ。アレといっしょです。  自分だけの記念日にしたいというわがままですわ。


全国(&海外)のママになりたいみんなにエールを!
ママになるために頑張っている仲間が沢山、見に行ってね
  ↓↓↓

にほんブログ村 マタニティーブログ 不妊から妊娠へ
にほんブログ村  ←ケータイは文字をクリック

にほんブログ村 マタニティーブログ 高齢出産へ
にほんブログ村  ←ケータイは文字をクリック

| | コメント (3) | トラックバック (0)

レアチーズケーキもどきにはまる。

最近ハマっている食べ物。

レアチーズケーキもどき。


去年からずっと愛用しているアオハタ55ジャムシリーズの、レモンマーマレードとグレープフルーツジャム。  この二つはいつも冷蔵庫に常備されている。

うまいんだな、これがsmile


でね、そのレモンマーマレードで、レアチーズケーキもどきを作って食べるのが、今のブームです。

笑われちゃうかもしれないンですけどね。

食パンに、レモンマーマレードを塗って、その上にスライスチーズを乗せるだけhappy02

うまいんだな、これがsmile

レモンの酸味と甘さとスライスチーズのコクと塩味があいまって、一緒に食べると、マジ、レアチーズケーキのような味になる。

食パンはトーストせず白いふわふわしたまま。 サンドしてもいいけど、私はオープンになってるのが好き。ホントにケーキを食べてる気分になる。

量的にも、チーズケーキを食べるよりかはきっとカロリーも少ないはず。 お値段もケーキの10分の1だ。    ちょっとした口福の時間。

ちなみに、マーマレードとチーズをのせた状態でトーストしてもおいしいんだよ。

興味ある方はぜひお試しあれ。



全国(&海外)のママになりたいみんなにエールを!
ママになるために頑張っている仲間が沢山、見に行ってね
  ↓↓↓

にほんブログ村 マタニティーブログ 不妊から妊娠へ
にほんブログ村  ←ケータイは文字をクリック

にほんブログ村 マタニティーブログ 高齢出産へ
にほんブログ村  ←ケータイは文字をクリック

| | コメント (2) | トラックバック (1)

採卵から移植までのタマゴちゃんの話。【おまけ】

採卵から移植までのタマゴちゃんの話。【その1】
採卵から移植までのタマゴちゃんの話。【その2】

 のつづき。

無事、ハチコとナナコを移植し、あとは無事着床してくれることを願いつつ待つだけの時間に突入したのが6月15日。

その翌々日。 注射のためにクリニックに行くと、そのまま診察室に呼ばれて先生から、残りの3つのタマゴについて話があった。

ひとつが、3BBになった、というのだ。

今まで胚盤胞になったのは二つだけ。  最初は 3CC。 つぎは 3BC。

グレードは、1~5(6)あり、数字が大きいほうがいい。
また細胞状態はアルファベットABCであらわされ、もちろん、Aがいい。

胚盤胞として移植できるのは、グレード3以上なので、移植できる最低ラインが3CC。 つまり、今まであまり望みのない胚盤胞しか見たことがなかった。 でも、胚盤胞まで分割が進むということ自体、タマゴちゃんに力がある証拠だと信じてきた(駄目だったけどね)

だから、3日目であまり状態が良くないといわれていた残り3つの胚のうち、ひとつでも頑張ってくれたことが嬉しかった。そして、初めてBBを目にして、ちょっとうれしかった。
ただ 「3BB××」 と×が二つもついていたけどね。
この×は、胚のなかに気泡があったり傷があったりした時のマーク。 この“バッテン”にはちょっと悲しくなったが、頑張った胚のために、クリニックの帰りにちょっと名の通った天ぷら屋さんでランチを奮発してみた。  食べる前に小さな声で「良く頑張ったぞ、BBちゃん。ハチコもナナコも頑張るんだぞ」と声をかけた。

翌日、またまた黄体ホルモン補充注射のためにクリニックに行った。そしたらまた診察室に呼ばれた。

「きらきらさん、もう一つ延長培養していたものが、胚盤胞になりました。3CC×です。」

おっとびくっり。 諦めかけていたもう二つのうち、ひとつが根性で胚盤胞になったのだ! 

もう一つは、成長が止まってしまったので培養も中止だが、おかげ様で二つの胚を凍結することになった。

前日の胚盤胞よりグレードは下がるけど、よく頑張ったタマゴちゃん。 もちろんその日の帰りも美味しいランチを食べさせてやった。

ホントはね、3BBも3CCもあまり期待できるグレードじゃないし、戻した胚も状態は決して良くないし、今まで期待しては裏切られてきたから、タマゴも自分も信じられなかった。 気を抜くと「どうせ・・・」というネガティブワードが口をついて出てきそうになった。

後がない、そう思っていたから、苦しくて。

でも、ハチコとナナコがダメだったら…、ダメだったとしてもまだ希望が残された、そう思えたことが気持ちを強くしてくれた。

ハチコとナナコががんばってくれたのも事実だが、BBちゃんとCCちゃんがいてくれたからこそ、あまり思い詰めることなく着床時期を過ごせたと思う。

ありがとう、BBちゃん、CCちゃん。

今、おなかの中で、ひとつの命が想像もつかない神秘の力で成長している。それはひとつの命だけど、4つの命がみんな頑張ってくれたからだと思っている。

BBちゃん、CCちゃん。ハナコを無事にこの世に送りだしたらきっとお迎えに行くからね。 しばらく待っててね。

  /タマゴちゃんの話、オワリ。


全国(&海外)のママになりたいみんなにエールを!
ママになるために頑張っている仲間が沢山、見に行ってね
  ↓↓↓

にほんブログ村 マタニティーブログ 不妊から妊娠へ
にほんブログ村  ←ケータイは文字をクリック

にほんブログ村 マタニティーブログ 高齢出産へ
にほんブログ村  ←ケータイは文字をクリック

| | コメント (0) | トラックバック (0)

追記です。  by★レッド

私は、高度不妊治療体験者の立場の声として、現状抱えている問題(金銭的、精神的負担)について意見を送りましたが、一概に扶養控除・配偶者控除廃止に反対なわけではありません。「子ども手当」が実現するなら扶養控除は不要だし(同じものは二つ要らない)、配偶者控除も、もともと不公平感があるものなので撤廃もいたしかたないと思っています。

配偶者控除はもともと賛否両論があります(配偶者ってだけで優遇されていいのか?という疑問が残るからです)。 事情があって働けない状況なのだとしたら、その状況に対して助成するなり免税するななりして援助すべきだと考えます。例えば、失業保険や介護保険の拡充、低所得者への補助などで。

つまり、「配偶者だから控除する」のではなく、「困窮している人に援助を」の考え方が妥当だと考えます。

 不妊治療者は自由意志で選択して「子どもを持たない」と決めた者はありません。子どもを持つために金銭的負担と精神的負担に耐えながら、子どもを持つために努力している「困窮している人」です。だからそれなりの支援が必要です。 ただ、その支援は「配偶者控除」である必要はなく、助成金増額や保険適用などによって実現されるべ きです。

今回の民主党の政策では、「子ども手当」の代わりに「扶養控除・配偶者控除」をなくす、というバーター(交換条件)的なニュアンスで提案がされています。 これが、私がどうしても納得いかない点です。 

もし「子ども手当」のバーター的提案をするなら、配偶者控除の恩恵を受けて不妊治療費を捻出をしていた者に対しても、何らかの補填を考えて欲しい。でもそれがない。だから腹立たしいのです。 助成金が5万円UPした? 「子ども手当」とどれだけ差があるんだよ、って。 色々制限のある不妊治療への援助と、無条件にもらえる子ども手当。 この不公平感がやるせない。

「子ども手当」には所得によって軽重を付けるべきなんです。基本、私の考えは「困窮している人に援助を」なので、困っていない人にまで限られた予算をばらまく必要は全くないと思います。 不妊治療への助成金に所得制限があるのと同じく、子育て支援にも制限があってしかるべきです。

 

高額所得者(全体の1割)への「子ども手当」をやめるだけで、不妊治療者への助成金を倍額にすることはたやすいと思うのだけど…。 その結果出生率が上がれば万々歳じゃんね~! 

◎「子ども手当」については今回を最後とします。くどくどすみません。読んでくれてありがとうゴザイマス。  byきらきら★レッド



全国(&海外)のママになりたいみんなにエールを!
ママになるために頑張っている仲間が沢山、見に行ってね
  ↓↓↓

にほんブログ村 マタニティーブログ 不妊から妊娠へ
にほんブログ村  ←ケータイは文字をクリック

にほんブログ村 マタニティーブログ 高齢出産へ
にほんブログ村  ←ケータイは文字をクリック

| | コメント (0) | トラックバック (0)

民主党に意見メールを送ったよ。

本日、正式に民主党のマニフェストが公開になったので、民主党のWEBサイトから意見メールを送りました。 ここ数日ずっと考えて来て原稿を作っていたものです。

  ⇒ 民衆党WEBサイト


主旨は次の2点。

「公約自体はおおむね賛成(実現可能ならね) でもその実現のために、配偶者控除・扶養控除の廃止によって弱者を切り捨てるような財源確保のやり方は反対」 

「子供が欲しくてもできなくて、何とか家計をやりくりしながら治療にあたって子どもを持とうと頑張っている人間から、希望を奪うようなことはしないでほしい」



結局私も、不妊治療を始めてからなんとか妊娠に至るまで 体外(顕微)受精、人工授精、その他経費も含めて、200万近い金額がかかりました。
それは、自分たち夫婦で決めた収入の使い道だし必要経費だったと思って納得しているし、また、助成金や医療費控除のおかげで、少しは助かっていることも確か。
だから配偶者控除くらいなくなってもいいだろう、といわれるかもしれない。

でも、「子なしである」というだけで負担が増え、決して多くない収入の中から治療費を捻出して希望をつないできた人間が、負担が増えることによってその希望を失ってしまうことになるのは、間違っている。 これは少子化対策として間違った方向ではないか、と。

そんなことを、自分の体験を元に意見メールを送ってみました。
※あくまでも不妊治療に臨む人間の実態を知ってもらうため、「高度不妊治療経験者の主婦の立場で、その体験を元にした意見」として送っています。 


私はたまたま妊娠できたけど、最後の採卵と決めていた今回がNGだったら、ずっと夫婦二人の生活が続くはずでした。 これから65歳まで25年、もちろんその先もずっと夫婦二人で過ごしていくことになります。 幸いにも妊娠できたことで、今までかかった200万ほどは無駄にはならなかったけど、これでダメだったらこれまでかかった費用と頑張ってもできなかったという絶望感が重くのしかかり、やりきれない思いをずっと抱えていくことになる。 それを想像するだけで、怖くなる。 

そんな人間に追い打ちをかけるような仕打ちをして欲しくないです。

ま、財源として弱者負担とならなければ、この夢物語のような公約、ぜひとも死ぬ気で実現してほしいと思いますけどねcoldsweats01  



全国(&海外)のママになりたいみんなにエールを!
赤ちゃん待ちで頑張っている仲間が沢山、見に行ってね
  ↓↓↓

にほんブログ村 マタニティーブログ 不妊から妊娠へ
にほんブログ村  ←ケータイは文字をクリック

にほんブログ村 マタニティーブログ 高齢出産へ
にほんブログ村  ←ケータイは文字をクリック

| | コメント (4) | トラックバック (0)

それは突然やってきた。

たぶん、きょうは8週4日。

吐くことなどはないもののひどくだるく感じる今日この頃。

量はあまり食べられないような気もするが、食べられないものはないし、口にしたものはたいてい美味しくいただけるし、苦しくてたまらない、ということはあまりない。

なのに、きのう夕飯の買い物に出た帰りに、いきなりズドーンとやってきた。


足が前に出ない。

腕があがらない。

高熱が出て体が思うように動かない時のような感じになってしまい、2ブロック先の自宅がはるか遠くに見えました。

家にたどり着き、椅子に座ると、急におなかが空いて、お総菜売り場で買ったまだアツアツのカニクリームコロッケを一つたいらげた。

美味しかったのよ? とっても。

なのに、その10分後、 苦しくてゲップがでて、吐きそうになった。

のどが渇いて、水は飲みたくなくて、冷蔵庫にあったジンジャーエールを飲んだら、ますますゲップがでて、ゲップが出るたびに楽になるような気がして、また飲んだ。

自分の体が自分のものじゃないみたい。

ワタシ、
なにが欲しいのだろう。
何をしたら体が楽になるんだろう。

よくわからん。


これが、つわりというものか?

私は、ちょっと腎臓の機能が悪くて、ふだんから疲れやすいしむくみやすいし、すぐに頭痛がするしだるくなる。体温も低いからこのしんどさは「暑さのせいだ!」なんて思ってしまう。 だから、少々のことでは「いつもと変わらん」とか思ってしまうのだが・・・、

「これってもしかして、私はしんどいのかも??」 と ようやく気が付いてきた。

遅いって? うん、鈍感みたいなんです。体が「しんどいよ~」とシグナルを送ってても、意識できないから、頭では平気なつもりで、体が言うことを聞かない、という状態になってるみたいです。

ちょうどひと月前に発症したOHSSの大変さに比べたらまだマシのような気もするが、全く別のしんどさなんだよね。

これからもっとひどくなるのかなあ。

こりゃあ、大変だ。

 

ま、それも、以前の私が夢にまで見た体験。 とにかく楽しんでいきましょうかねcoldsweats01



全国(&海外)のママになりたいみんなにエールを!
赤ちゃん待ちで頑張っている仲間が沢山、見に行ってね
  ↓↓↓

にほんブログ村 マタニティーブログ 不妊から妊娠へ
にほんブログ村  ←ケータイは文字をクリック

にほんブログ村 マタニティーブログ 高齢出産へ
にほんブログ村  ←ケータイは文字をクリック

| | コメント (2) | トラックバック (0)

パイナップル

「パイナップルは着床にいい」

そんな俗説?を聞いてから、採卵(移植)周期は週に2回は生のパイナップルを食べていました。(1回につき4分の1カット)

根拠は何もないけど、妊娠のためによかった、きらきらさんは信じています。

それまでは葉酸のために3日に1回グレープフルーツを試していたのだったのですが、季節がちょうどパインの旬になったというのもあり、切り替えたのです。

ありがたいことに近所の八百屋で、半カット 200~250円で売られていたのですわ。
だいたい買う時には 200円になってるときを狙い、 1回をその半分ずつ(4分の1ね)たべるので、大体1食、100円程度。

甘く熟れたパインは、「貪り喰う」 という表現がぴったりな感じです。 皮付きで大ぶりにカットしたものを、かじりつき、しゃぶりつき。 さすがに4分の1カットも食べると、口の中が痛くなりますが、のどが渇いているときに食べて十分渇きも癒してくれる量です。 これだけでおなかいっぱいなカンジ。

今まだ旬が続いているので、週に1回は買って食べています。


ところが!

妊娠中はパイナップルはダメ! という説も発見。

体の毒素を排出するはたらきがあるので、胎児によくないとか
体を冷やすフルーツなので、妊婦は食べない方がいいとか

う~んthink


そしたら、今度は つわりのときにはパイナップルが食べやすかった! パイナップルばかり食べてた! パイナップル最高! という体験談も発見。


う~んthink



ま、おいしく食べれたらいいかcoldsweats01

今日も朝からパイナップルを食べました。


夏野菜、南国フルーツは基本体を冷やすのでできるだけ控えたほうがいいらしいです。でも体が食べたい物を与えてあげるのが気持ちも体も元気になりそうなので、本能に従ってますcoldsweats01   


全国(&海外)のママになりたいみんなにエールを!
赤ちゃん待ちで頑張っている仲間が沢山、見に行ってね
  ↓↓↓
にほんブログ村 マタニティーブログ 不妊から妊娠へ
にほんブログ村  ←ケータイは文字をクリック

にほんブログ村 マタニティーブログ 高齢出産へ
にほんブログ村  ←ケータイは文字をクリック


 

| | コメント (4) | トラックバック (0)

民主党のマニフェストへの意見

現在、ブログ村のマタニティ(主に「赤ちゃん待ち」)で話題騒然(?)の、民主党マニフェスト。

自分の意見を書こうかと思ったけど、私のポリシーとして
「自分の主張は、しかるべき手法で、しかるべきタイミングで、しかるべき相手に行う」
と考えているので、今はここでは書きません。

ちなみに、私の見解は、ラル&相方さんのブログの記事とほぼ同意です。
(勝手にリンク貼ってごめんね~。でもあの主張展開はイチイチ納得できて、とても素晴らしいと思ったので、敬意を表してリンクしましたhappy01


じゃあ、なぜこんなタイトルで記事をUPしたか。 ちょっとね、懸念していることがあるからです。

なんかね、ちらほら見かけるブログ記事、誰かのブログ記事で書かれていることを引用したり、誰かのブログの主張に感化されて、感情的に書いているものもあるような、ないようなcoldsweats01  それがね、ちょっと心配。

誰かの書いている記事内容を読んで、初めて知って、「え、そうなの、それは許せーん!」 と怒っちゃう人もいたと思うんだ。 
それはそれで悪くないし、考えるきっかけになったのはとてもいいことだと思う。

ただね、そう思って「自分も何か意見をいいたーい!」 のなら、ぜひ「民主党マニフェスト」そのものを読んでからにしたほうがいいよ、と思うのだ。

誰かの書いたブログ記事を元に、自分の主張を記事にするのは、マズイと思うのよね。
基本、ブログは個人の意見であり、個人的な感情や価値観によってバイアスがかかっているものです。それを元に自分の意見を展開するのは、事実を曲解したり誤解を招いたいたり、元記事ブログ主の意図から外れる可能性(←これが一番怖い)もあったりします。

だから意見・主張する前に、一度原本にあたることを心がけて欲しいな、と思います。
で、誰かの主張にのっかるのではなく、自分の解釈として主張してほしいな、と。
これは、今回の「民主党マニフェスト」に限らず、世の中のすべてのことに対して大事なことです。

私が「ラル&相方」さんの記事が素晴らしい、と思ったのは、ちゃんと「民主党マニフェスト」を読んで、その内容を自分で理解して、そして自分の意見として主張しているから。 こういうの、ワタシ、好きなんですよsmile なんかアタマいいな~と思う。




例えば「子なし夫婦への増税だ!」 と書いている人も見かけます。でも、マニフェストには直接そう書かれているものではありません。  「扶養控除・配偶者控除をなくす」「増税」です。結果、納税者側からすると「実質増税」ですが、本来の意味は違います。 だから、それはそれを書いている人の「解釈」なんです。
 今回の件を「子なし夫婦への増税」と捉えるかどうかは、自分がマニフェストを読んでそう思ったらそういうことだし、 違うと思ったら違うのです。

自分で公約を読んで、自分の解釈としてそう書いているなら無問題!です。 ですが、誰かのブログ(解釈)を読んだだけで 「民主党って、“子なし夫婦へ増税”するんだって!」 と、すぐに自分のブログに書いちゃうのは、ちょっと危険、と思うのですわ。

別に誰が何を書こうとどうだっていいじゃない、って言われるかもしれないけど、助成金や保険適用などもそうですが、お金が絡んでしかも損益の対立構造がはっきりするテーマは、ついバトルに発展しがちです。不用意な感情的な発言をすることによって、不意を突かれるように攻撃メール・コメントをもらうかもしれません。 「赤ちゃん待ち」はただでさえナイーブになっているので、そういうのもらうと超凹みます。なので、ちょっと心配になったのよ~coldsweats01

事実と信念に基づいて書かれた記事なら何を言われてもけっこう平気だし、反論もしやすい。 自己防衛の意味で、まず自分の目で事実確認したほうがいいと思う。

赤待ちで頑張っている仲間が面倒な事態にならなきゃいいな~と、いろんな目にあってきた心配症のきらきらさんは思ったので、つい、こんな余計なお世話記事を書いちゃいましたcoldsweats01

   失礼しました m(_ _)m


全国(&海外)のママになりたいみんなにエールを!
赤ちゃん待ちで頑張っている仲間が沢山、見に行ってね
  ↓↓↓

にほんブログ村 マタニティーブログ 不妊から妊娠へ
にほんブログ村  ←ケータイは文字をクリック

にほんブログ村 マタニティーブログ 高齢出産へ
にほんブログ村  ←ケータイは文字をクリック




  

| | コメント (7) | トラックバック (0)

卒業したよ!

「きらきらさん、とうとう卒業ですね」

と、滅多に笑わないクリニックの院長が、笑顔で言ってくれました。

卒業証書として、産科への紹介状を書いてもらいました。

感無量です。

これで、晴れてshine妊婦きらきらshineの誕生です。

あとは、母子手帳をもらったら、その写真をとって何も言わずに母にメールを送ってみようと思います。

まだ、言ってないんです。

驚かせてあげたくてねhappy01


卒業したので、「陽性~心拍」も卒業。

ブログも、妊婦編に突入です。


私は自分が「不妊でよかった」などと、一度たりとも思ったことがありません(今でもそうです)。

しかし、今の私にとって必要な苦労だったことは確かです。

だから、ブログ村の登録はメインは「不妊から妊娠」でいくつもりです。

不妊時代に身についた慎重さと諦めない気持ちで、見事妊婦時代を乗り切り出産するつもりです。

これからも、妊婦生活だけでなく、不妊について語ることがあると思います。

妊婦の皆さんも、赤ちゃん待ちの皆さんも、きらきら本人をはじめ、ブラック、ブルー、レッド、たまにホワイトの きらきらレンジャーをどうぞよろしくお願いいたします。




全国の高齢出産を目指すみんなにエールを!
頑張っている仲間が沢山、見に行ってね。
  ↓↓↓

にほんブログ村 マタニティーブログ 不妊から妊娠へ
にほんブログ村  ←ケータイは文字をクリック

にほんブログ村 マタニティーブログ 高齢出産へ
にほんブログ村  ←ケータイは文字をクリック

| | コメント (4) | トラックバック (0)

命名 ハナコ。

8細胞と7細胞の初期胚を戻したので、勝手にハチコとナナコと呼んでいました大小二つの分身たち。どっちがどっち、というわけではなく、二つをまとめて、「ハチコとナナコ」と呼んでいました。

しかし、本日確認したところ、小さいほうはもうどこにも見当たらず、「ひとり」確定です。

分裂が進んでいたハチコが残ったのか、比較的フラグメントが少なかったナナコが頑張ったのか。

今となってはどちらか分からないし、どちらでもかまわない。

胎児の大きさは、15.3ミリ。

8週0日の大きさだそうだ。 さらに成長が進んだね。 

心拍がとっても元気に見えた。

頭とお尻の位置もわかったし、まだ全然カワイイなんて思えないけど、二頭身の命がいとおしい。

帰り道、駅で「マタニティーマーク」をもらい、でもカバンにつけることなく、そっとしまったら、妊婦気分100%になりました。 「ふふ。私ってば、妊婦なんだわ」って。 
で、胎児の名前を考えました。

 ねえ、お前はハチコなの? ナナコなの?
 どっちでもいいし、どっちでもあるんだよね。
 なら、ハチコとナナコが合体で「ハナコ」にしようね。


ということで、  

    命名 「ハナコ」。


ハナコ。 私、頑張るよ。お前のために、自分のために、できることは何でもするからね。


前途多難の妊婦生活ですが、まずは産院がうまく決まりますように。 ってか、産める場所がありますように!

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

とりあえず、今日で不妊クリニックは卒業です。(明日また行くけど)

先生から「紹介状をかくから産院はどこ?」ときかれて「まだ決めてません」といったらあきれられた。

おそらく予定日は3月頭。 東京23区内では、すでに分娩予約を締め切っているところもあり、「ぐずぐずしてると産めるところがなくなるよ」と言われてしまった。

しかし、大阪で産むか東京で産むか、はたまた実家に里帰りするのか、誰にも全く相談もしていないから決められないし、懸案事項は山積みで、 予約どころじゃなかったのよ。

とにかく今日は保留にして、今日中に産院を決めて、明日改めて紹介状をもらいに行くことにしました。


★今後の予定★
※移植から採卵までのタマゴちゃんの話【その3】 は このあとUPします。
※次の記事から ブログ村サブカテを 「陽性~心拍」 から 「不妊から妊娠」 に移動します。 そのあとで「高齢出産」か「妊娠初期」か「初産」か追加するかもしれません。



今日で卒業予定です。皆さん応援ありがとう!
 ↓↓↓

にほんブログ村 マタニティーブログ 陽性反応~心拍確認へ

にほんブログ村

ケータイ電話からはこちらをどうぞ。
 ↓↓↓

にほんブログ村 陽性反応~心拍確認

| | コメント (5) | トラックバック (0)

気分が悪い。おなかがすいてるのに食欲がない。

徹夜明けの様な体のだるさが続いています。
甘いものを食べすぎた時のような頭の重さがあります。
少し歩くと息切れがします。
横になると、おなかが空きます。
起き上がると頭が重くて食欲がなくなります。
なにが食べたいかと考えても食べたいものがありません。
食べれないわけではなく、口にしたものはなんでも美味しく食べることができます。
でも、普段の両の半分くらいでおなかいっぱいのような気になります。
なのに、10分後ぐらいに何か食べたくなります。
でも何が食べたいかわかりません。
味覚は変わりません。

変な感じ。 

これがつわりというものか? 

これなら生理前症候群のほうが辛い…、かも? 普段結構しんどいので痛みや苦しさには慣れているので、これくらいは我慢の範囲。
以前インフルエンザで39度の熱が出た時に、イベントの司会をしたことがある。(ま、10年前のまだ若いころだけどね)  しんどさには耐性があるので、気がつかないだけかもしれない。

今からクリニックに行ってきます。 報告はまたあとで。


今日で卒業予定です。皆さん応援ありがとう!
 ↓↓↓

にほんブログ村 マタニティーブログ 陽性反応~心拍確認へ

にほんブログ村

ケータイ電話からはこちらをどうぞ。
 ↓↓↓

にほんブログ村 陽性反応~心拍確認

| | コメント (2) | トラックバック (0)

きつかった (今日は愚痴です。)

今日は愚痴なので、愚痴が嫌いな人はスルーしてください m(_ _)m

:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+

きのうは久しぶりに外で立ち仕事をしてきました。ちょっとしたインストラクターの仕事です。ひと月前から予定を入れていた仕事で代わりの人もいないので、行くしかなかったんだけど・・・。

しんどかったcoldsweats02

重い荷物を両肩にかけ、雨で足もとが危うい中、電車を3回乗り継いで出かけて行きました。

OHSSでしんどさがピークの時にも一回、ピークが過ぎてから1回やりましたが、アレも辛かったなあ。笑顔が大事な人相手の商売。 やってる最中は気が張ってるから頑張れるのだけど、終わった後にその分反動がすごかった。 今回も家にたどり着いたら、着替える前にお布団に倒れこんでしまったよ。

フリーで仕事をすると、予定は自分で決めていくことになるけど、一度受けた仕事は倒れようがなにしようが這ってでも行かないければいけない。 だって穴をあけると次の仕事がなくなるからね。
お勤めしていた時は、体調不良で会社に電話をかけて「休みます」といって休めたので、組織ってありがたいよなあとつくづく思った。

吐き気や食べられないとかそういう「ザ・つわり」というものはないのだけど、ちょっと歩くと息切れします。

一番近いのは徹夜明けの状態かな。 頭はなぜか冴えていて眠い気がしないのに、体がすごく重くてだるくて、腕を上げるのも億劫な感じ。眉間を中心に目の周りがズーン&もやもやして熱帯夜の寝苦しさを常に感じているような感じ。

それでも2時間、笑顔でインストラクターをやりきった私は、エライ。
誰も褒めてくれないから、自分でほめちゃおう!

でもさあ...、妊婦かどうかは関係なく、主催者の担当の女の子(入社2年目のピチピチだそうです)、「雨の中ご足労ありがとうございまぁす」と言って出迎えに来てくれるならさ、大きな荷物を抱えてきてる姿をみたら、「お荷物持ちます」くらい言おうよね。 言われても「大丈夫です」って断るけど、そういう気遣いを見せるということが社会人として大事なことだよ。


お仕事のあと関係者で居酒屋で飲み会をやったのだけどね、飲めない言い訳をするのが大変だった。 (接待じゃないよ、自腹です)

妊娠のことブログでは報告をしているが、リアルではまだ親にも親友にも誰にも言ってない(夫以外ね)。リアルにその報告するのは一番は母だと決めている。だから他人様に「妊娠してるんで…」とは言いたくない。

「ちょっと体調が悪いので」というのは最初から伝えていたが、隣に座ったおじさん(仕事関係の人なんで無視できない)が「どこが悪いんだ?」と根掘り葉掘り聞いてきたのがウザかった。 いつもならスルリとかわすのだけど、このおじさん「俺は病気に詳しい!」と自負しているらしく、「薬を飲んでいるのでアルコールはダメなんです!」と強めに言っても、「薬は何を使っている?」とか「アルコール入れて麻痺させて痛みを忘れるっていう手もあるぞ!」とまで言ってくる。  ホントに困ったよ。 妊娠したなんて言った日にゃあもう、何をいわれるやらcoldsweats01  

食べ物は、年若の女の子たちがバクバク食ってるし、私はそんなに食欲ないし、飲めないし、同じ姿勢で座っていてしんどいし、でも付き合いの席だから先に帰れないし…。
しかも、割り勘の飲み会。  不妊治療で節約魔になった私には体にもお財布にも苦行でした(トホホです)。 で、今後は一切断ろうと心に固く誓ったきらきらであったrock

帰ったら11時を回ってた。倒れこむようにお布団に転がったあとで、メールチェックだけするつもりでPCをみる。

ついでに今一番気になっているブロ友さんのところを訪問。
そしたらとっても嬉しいニュースがあった!     

  ぴけぞーさん、おめでとう!ヤッタネhappy02

おかげで、イライラしたきもちが払拭されて、眠りにつくことができました。



明日で卒業予定です。皆さん応援ありがとう!
 ↓↓↓

にほんブログ村 マタニティーブログ 陽性反応~心拍確認へ

にほんブログ村

ケータイ電話からはこちらをどうぞ。
 ↓↓↓

にほんブログ村 陽性反応~心拍確認

| | コメント (4) | トラックバック (0)

採卵から移植までのタマゴちゃんの話。【その2】

6月12日(金) 採卵
6月13日(月) 移植

前回のつづきです。

【移植日】 5個

土曜日には6組のカップルが誕生していたが、月曜日、移植日当日には5個になった。
移植の準備に入る前に、診察室によばれて先生に初期胚の現状について説明を受けた。
先生の表情は芳しくなく、 開口一番「あまり状態はよくないね」だった。

 8細胞グレード3-4 / 7G3-4 / 6G2 / 6G2-3  / 5G3-4

 ※3日目としては8細胞くらいは分割しているのが普通らしい。
 ※グレードは 1~5まで。 1のほうが良い状態

3日目にしては順調に分割をしている二つは、グレードが低く、グレードがややいいものについては分割が遅い。 移植日の時点で半分になったこともショックだったが、移植できることに感謝しようと、気を取り直した。

私の通っているクリニックでは多胎妊娠を避けるため、二段階移植はしないし、基本ひとつしか胚を戻さない方針。 しかし、胚の状態から先生は「二つ戻しましょう」と。

グレードが悪いが分割が進んでいる 8細胞と7細胞のものを移植。

そのほかは延長培養し、胚盤胞を目指す。 胚盤胞を目指すなら細胞数よりもグレードが高いほうを培養したほうがいいから、らしい。

【移植胚の状態】

このクリニックでは、移植の前に移植する胚をモニターで見せてくれる。(大阪のクリニックでは見たことがなかった) 初めて自分の分身である初期胚の姿をみて、ちょっぴり感動。しかし、フラグメントの多さに驚いた。

移植前の説明では、 グレードは「3-4」と説明を受けたが、ネットで検索した胚のグレード説明の写真でみたものでは、明らかに「4」程度。フラグメントが多いし、分割された細胞の大きさも不揃い。 とても不安になる。 「またダメかも」 

以前のクリニックや他所のクリニックの説明では移植に適するのはグレード3まで。4以下は廃棄になる。 今回は、4以下を廃棄すると移植できなくなるからかろうじて「3-4」と評価してくれたのか? と疑ってみたり。
 ※私は今でもあの胚はグレード4で、先生が配慮してくれたのだと思っている。

いろんな思いがグルグルしながら、移植終了。 移植日から「希望」というものがどっかに飛んで行ってしまった。 だから、移植日からずっとブルーだった…。


ブログもネガティブ発言が多くて、ブロ友さんにも「今回は自信なさげだね」と、とても心配をかけました。 でも本当に、最後の採卵と覚悟を決めて臨んだだけに、胚のグレードには本当に悲しくなりました。フォリスチムも試したのに、卵巣のお休みを入れたのに、それでも、私の卵巣はもうへたっているんだな、と打ちひしがれていたのです。自分の分身を信じてあげられないほど、落ち込んでいたのです。

しかし、子宮に戻ってきたハチコとナナコは親の期待なんかを全く無視して、頑張って着床してくれました。   ホントに偉いゾ! ハチコ、ナナコ!  愛しているよ、ハチコ、ナナコ!

(続く)

次回は、残りの3個の行方について書きます。

+++++

こういう具体的なことを書くかどうか迷ったのですが、体外受精に臨んで頑張っているのに良質な受精卵に恵まれず落ち込んでいる仲間に、グレードなんて関係ないよ! と少しでもエールを送りたいと思い書きました。

私も皆さんのブログにとても励まされています。 お仲間さんのお役に立てたら嬉しいです。


★もう一つの胎嚢の行方は次回診察で再確認となっていますので、それまでは「陽性~心拍」のカテにいます。 出て行けなんて言わないでね。
 ↓↓↓

にほんブログ村 マタニティーブログ 陽性反応~心拍確認へ

にほんブログ村

ケータイ電話からはこちらをどうぞ。
 ↓↓↓

にほんブログ村 陽性反応~心拍確認

| | コメント (4) | トラックバック (0)

採卵から移植までのタマゴちゃんの話。【その1】

今朝アップしたこの記事、ちょっと記憶違いをしていたみたいだったので、内容を修正しました。(7月19日 15:00)

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

6月12日(金)採卵
6月15日(月)移植


【採卵】 10個  (1回目7個 2回目6個)

採卵二日前の内診では左右に3~4個の卵胞が育っていて、採卵数は多くて8個かなあ、と思っていましたが、採卵日当日には見事10個育っており、無事10個の採卵ができました。

これは過去2回の採卵数と比較しても、好成績。 さすがフォリスチムはスゴイ! と思いました。 9か月の間に誘発で採卵3回。その3回目でよくぞ頑張った、私の卵巣。 前周期にピルで卵巣を休めたことも幸いしたのだと、私は思っている。

また、10個の卵胞で10個採卵できた、というのもびっくり。1・2回目は卵胞の3分の2しか採卵できなかった。 これは、フォリスチムが良かったのか、先生の腕がいいのか。勝因が何かは分からないが、このとき幸先のいいスタートに浮足立ってしまったのは確か。

このあと4時間、点滴しながらベッドで静養しました。


【受精】 9個  ※全て顕微授精です。

ベッドでの静養時間は結局4時間。 午前の診療時間も終わるころにようやく解放され、一緒にランチを食べようと待っているダンナのために急いで着替えていたところ、診察室に呼ばれました。

「9つ受精しましたよ。」(未成熟卵が一つ) これまでは翌日に電話がかかってきて教えてもらっていたので、 まさか当日に受精したかどうか聞けるとは思っておらず、驚きました。 このクリニックは電話で受精確認などはしないので、 4時間まどろんでいた時間のおかげでサプライズの報告を聞け、とてラッキーでした。

先生は受精に関する説明図をいくつか見せてくれながら、丁寧に説明してくれた。卵子が未成熟だったり変成卵だったりすると受精しないが、それは大体1~2割ほど。だから今回も割合的には普通です、と。  さらにいくつか質問してみた。

◆1回目2回目のときには、初期胚は二日目に移植だったが、今回は3日目に移植。その点については…?
「できるだけ分割が進んでからのほうが、いい胚を選別できる。2日目に移植すると、その胚がそのあと分割できる力があるかどうかが見極められないから、移植の成功率が低くなる。だからココでは3日目まで分割させその時に状態のいい胚を移植します」

◆二段階移植はしないのか?
「多胎妊娠のリスクを避けるために、今はやらないクリニックのほうが多い。二段階して妊娠率が上がるという具体的なデータもないし、2個戻すなら一度の移植で2個戻すほうがいい。」

◆胚盤胞まで培養する? 凍結はいつ?
「3日目に移植をして、余剰胚があれば続けて培養して、胚盤胞まで育ったらその時点で凍結します。これも、早い段階で凍結するよりも、胚盤胞まで育つ力のある胚を凍結したほうが移植の成功率が高くなるから。」

つまり、「培養」を通して力のある胚を選別して移植するということ。力のない胚を移植して失敗するよりも、最初から望みが高い胚を移植しようという考え。
これは10個採卵できたからできるチャレンジですが、移植しても一度も陽性を見たことがない私には、とても理に適っていると思われました。


【採卵翌日】  6個  (1回目6個  2回目4個)

翌日プロゲストン注射のためにクリニックにいって、注射のみで帰るつもりが、なぜかなかなか呼ばれない。ようやく名前が呼ばれたら診察室だった。

先生から「正常に受精した(分割を始めた)のは6個です。まあ、平均的ですね」 と言われました。先生的にはもう一つ二つ多く残ると思っていたらしく、ちょっと表情が曇っていました。

10個の採卵から6個。6割。
一日で3ついなくなってしまったことは悲しかったが、もともと卵巣機能が落ちて卵子の質もあまりよくないだろうと期待薄だったところ、この時点で半分以上も残ってくれたことが嬉しかった。近くで待っててくれている夫に、待合室からメールで「6組のカップル成立happy02」と送った。 とにかく何事もいいほうにポジティブに考えようと思った。

++++

お陰様でその週末はとても楽しく、夢を見ながら過ごすことができました。 
夫も久しぶりの東京週末なので、楽しくデート(食べまくりだったけど)を楽しみました。

ああ、これって、もう1か月も前の話。
長いような短いような。
とても感慨深く振り返っています。

(つづく)

次回は【移植】と【胚盤胞】について。



★もう一つの胎嚢の行方は次回診察で再確認となっていますので、それまでは「陽性~心拍」のカテにいます。 出て行けなんて言わないでね。
 ↓↓↓

にほんブログ村 マタニティーブログ 陽性反応~心拍確認へ

にほんブログ村

ケータイ電話からはこちらをどうぞ。
 ↓↓↓

にほんブログ村 陽性反応~心拍確認

 

| | コメント (3) | トラックバック (0)

心拍確認できました。

昨日7月16日は心拍確認に行きました。

7月6日に胎嚢確認したときには、大小2つの胎嚢がみえました。大きさは直径で1:2くらい、モニターの面積でいうと1:4くらい差がありました。

その時には、両方ともあまり大きいとは言えず、先生の表情も芳しくありませんでした。「おめでとう」も「よかったね」とも言われず、まだ安心はできないからね、と言われました。 大きいほうはまだしも、小さいほうはこのまま消えてしまうかもしれないとも。

採卵して受精・分割した初期胚のグレードがあまり良くなく、基本は1つ戻しの方針にもかかわらず2つ移植したのです。 今まで陽性を見たことのない私はひとつでもいいから着床してくれ! と祈っていたにも関わらず、二つの胎嚢がみえたら欲が出てきました。

...双子かあ、ツインズかあ。大変だろうけど、楽しみだな。

途中1回、プロゲデポーの注射を打ちに行きましたが、次の診察は10日後。 一応は見えた胎嚢ですが、ひとつは消えそうなくらい小さいし大きいほうも中身が見えたわけではなく、手放しでは喜べません。双子の夢を見ながら「幸せな不安」を抱いて過ごしました 途中からそれどころじゃなくなったけどね(笑)

そして、昨日、内診台の上でみたモニター画面には、前回みたのとは比べ物にならないくらいの大きさの胎嚢とその中に見える白い影。そして、一目で分かる心臓の動き。

   す、すごい。

   ほんとに動いてる。   ( ゚д゚)ポカーン

うん、ポカーンとしちゃったよcoldsweats01

ただ、残念なことに、見えたのは一つだけでした。
もう一つの胎嚢ははっきりとはせず、先生もあえて探さず。

双子の可能性はもうないですか? と聞いてみると、「まだはっきりとはしないから、来週もう一度診てからね。」と先生。

しかし、「心拍まで見えたから大丈夫でしょう、よかったですね。もう黄体ホルモンの注射も必要ないでしょう」とようやくほっとする一言をいただきました。 「次もう一回診たら産院に移ることになるから」 とも言われました。 あと、6週6日だって!(←これ言われるの憧れてたんだ~happy02

クリニックでは泣かないつもりでしたが、会計を済ませたあとエレベータホールにちょうど先生が通りかかったので、握手を求めお礼を言おうとして、「先生のおかげです、ありがとうござ…」といい終わらないうちに涙が溢れてしまいました。   

「きらきらさんの努力が実ったということです。今までよく頑張りました。でも、“これから”ですよ。がんばって!」 と、普段はクールな先生が手をしっかりと握り返して力強く言ってくれたので、感極まっちゃいました。 

ようやく、「私、妊娠したんだ」 と確信をもって言えるようになりました。

   やったね、ワタシ (≧∇≦)イエイ!


次回は皆さん気になるところの移植胚のグレードの話を書きます。

★もう一つの胎嚢の行方は来週再確認となっていますので、それまでは「陽性~心拍」のカテにいます。 出て行けなんて言わないでね。
 ↓↓↓
にほんブログ村 マタニティーブログ 陽性反応~心拍確認へ

にほんブログ村

ケータイ電話からはこちらをどうぞ。
 ↓↓↓
にほんブログ村 陽性反応~心拍確認

 

| | コメント (24) | トラックバック (0)

復活します。

しばらくお休みします、と言いつつ、お休み日は3日間でした。
更新していないのに毎日ポチしてくれて心配&応援してくださった皆様、本当にありがとうございます。元気出ました。

さて、皆さん気になるところ、何があったかというと…、

夫から絶縁状を叩きつけられました。

「さようなら」だってさ、あはははは~\(;゚∇;゚)/

ははは、心拍確認される前に、シングルマザーの可能性が出てきちゃったよ。
il||li _| ̄|○ il||li

笑うしかないね。

人間、気が動転すると笑っちゃうんだね。

オモシレー!




日曜日から電話が通じません。
ご存じの通り、ウチは別居生活のため電話・メールでコミュニケーションしていますから、電話に出ないメールに返事が来ないと話し合いにもなりません。

★今回のことは、100%私のわがままが招いた事態ですので、「おなかに赤ちゃんがいるのに酷い旦那さんだ!」 と彼を責めるようなことは言わないでくださいね。  「きらきら、お前ナニやっとんじゃい!」というお叱りは何ぼでもどうぞ。



しかもね~、前回の胎嚢確認では、胎嚢が二つ見えてましたしね~。
(その話は、また改めて、移植後の振り返り記事を書きます)

親子三人の内訳が、親二人子一人ではなく、親一人子二人か?  と かなりパニクっていました  (´Д`;≡;´Д`)アワアワ

確かに「子どもが授かるならもう何も要りません」なんて神様に祈ったけどさ、ダンナに去っていかれては困るわよぉ~・゚゚・(≧д≦)・゚゚・。

先日の胎嚢のサイズも、同じ時期からするとかなり小さいサイズで不安MAX。 胎嚢確認された後も2割は胎芽・心拍は確認できず空っぽの可能性があるという記事をみて、心配もMAX。  特に出血もつわりもなく以前から続くおなかの張りで苦しいだけ。  「稽留流産」を検索してみると、全く自覚症状がない場合が多いと書かれていて、気が気じゃない。

おなかの中のことも心配だけど、こじれた夫との関係も、彼の気持ちも体も心配。 

妊娠の喜びを味わおうとすると、今現在のことだけでなく、妊娠成立した後や出産後の生活のことに思いを馳せることになる。そうするとさらに不安になる。 「これからどうしたらいいの?」って。

喜ぶに喜べないし、あとからあとから湧きあがってくる不安。 不妊治療のことも妊娠のことも夫以外には一切話をしていないので、不安をぶつける相手はダンナしかいないのに、そのダンナが相手をしてくれません(当然か) 
そんな孤独な不安を一人で悶々と抱えるのは、さすがのきらきらさんも、しんどいッス。 


でもね、人間ありがたいことに、ネガティブなことばかり考えてくると、麻痺してくるのか飽きてくるのか、突き抜けちゃうのね。 「ま、いっか」って。  そういうところ、アタシって偉いと思うのよね。


ということで、ブログ復活です。


:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+

で、そんなパニクっている状況で、今日心拍確認に行きました。

こんな状況ですが、結果は一番に夫に伝えたいと思います。


そのあとで、こちらでも報告させてもらいますね。




ひとりで泣いてるきらきらさんに愛のクリックをくださいな! 
 ↓↓↓
にほんブログ村 マタニティーブログ 陽性反応~心拍確認へ

にほんブログ村

ケータイ電話からはこちらをどうぞ。
 ↓↓↓
にほんブログ村 陽性反応~心拍確認

| | コメント (9) | トラックバック (0)

色々と困った状況につき、しばらくお休みします。

ご心配いただいている皆様、応援してくださっている皆様。

大変申し訳ないのですが、「赤ちゃん待ち」以外のところで、大きなトラブルが発生。

そのため、このブログを更新している場合じゃない状況です。
というか、妊娠どころじゃないかもしれません。

心拍確認ができていない段階で、どうなるかわかりませんが、しばらくブログをお休みします。





皆さんのクリックが励みになります。ポチっと押してね。
 ↓↓↓
にほんブログ村 マタニティーブログ 陽性反応~心拍確認へ

にほんブログ村

ケータイ電話からはこちらをどうぞ。
 ↓↓↓
にほんブログ村 陽性反応~心拍確認

| | トラックバック (0)

くるしい~!

えっと、世にいう「つわり」の症状らしきものは一切感じられません。ってか「まだつわりの時期には早いからね~」と看護師さんには言われています。 そんなもん?

楽しみであり、恐ろしくもあり。


と、調子に乗っていましたら、現在、おなかの張りが戻ってきていて、ものすごーく苦しいです。

10日前のOHSSピーク時に近いときの膨満感。 深呼吸するとき、おなかがふくらまないから肩が大きく上下しちゃう。

クリニック受診は土曜日。 でも土曜日は注射だけの予定だし…。 明日症状が悪化したら診察してもらおうかな。


妊娠によるOHSSの症状の場合、2~3か月目まで続くらしい。(hcgの分泌のピークに合わせて)

タマゴちゃんが頑張ってhcg出しまくってるのかなあ?

それならそれで、ワタクシ、喜んで耐えて見せますわよん! 



  …と強がってみるものの、不安で眠れない夜を過ごしています。



何事も初めての体験。ドキドキ期待と不安を抱えて過ごしています。
皆さんのクリックが励みになります。ポチっと押してね。

 ↓↓↓
にほんブログ村 マタニティーブログ 陽性反応~心拍確認へ

にほんブログ村

ケータイ電話からはこちらをどうぞ。
 ↓↓↓
にほんブログ村 陽性反応~心拍確認

| | コメント (6) | トラックバック (0)

妊娠の初期症状(妊娠の兆候)って?

胎嚢が確認されたので、妊娠の兆候や超初期症状について考えてみた。

着床時期にOHSSの症状が始まり、おなかが張り胃や膀胱が圧迫され、苦しかった。
そのおかげで、「妊娠しているかもしれない」という疑いが浮上したのだけど、それ以外の症状って…、と考えてみるが、全く思い当たらない。

乳房の張りもあったけど、それは生理前でよくある程度のものだったし、おなかの張りのせいで胸の張りなんてどうでもいいくらいだった。

尿量の変化もOHSSの症状の一つだしなあ・・・。

う~ん。

今はまだ腹水は残っているけど、一時期のように苦しくて息苦しいということもない。

おりものも、ほとんどない。
いつもなら生理前に、トロっとした黄色っぽいおりものがふえて、血が混じったり茶オリになったりしてリセットするのだけど、今回はおりもの自体がほとんど出ない。 もちろん、血や茶オリも一切なし。

胸の張りももうありません。(OHSSのピークとともにしぼみ始めました)

高温期終盤(生理予定日3~4日前)になると生理痛のような鈍痛が始まるのだけど、それもなかった。

そうそう、OHSSのピーク時に体重が2キロ増えた、と書きましたが、そのピーク時よりも3キロ減っています。 (ちょっと体が軽い)


そうなんです、体調がいいんですよ。

普通に美味しく食べてるし、運動もしているし(1時間のウォーキング)、痛いところはないし、苦しいところもないし、体も軽い。 頭痛もない、イライラもない、ムカつきもない。

トイレでオシッコするときは、まだ残っている腹水と卵巣の腫れを刺激するのか不快感がありますが、それ以外は何もない。

あ、昼間眠くなることあるなあ…。でもこれってただのグータラの域を出ない。眠くて仕方がない感じじゃない。

前々回の記事で基礎体温の推移も書きましたが、取り立てて体温が高いこともありません。

ホントに妊娠しているのだろうか????

マクドナルドのフィレオフィッシュ(14時から100円になっている)の二つ目を貪り喰いながら、首をかしげながらブログ記事を書くきらきらさんであった...。


冗談はさておき、まとめると、

着床時期にOHSSの症状が始まった。
いつもあるはずの「生理前症候群」がなかった。

の二つかな。


私も判定前の高温期は、妊娠の兆候や妊娠超初期症状を検索しまくりだったので、こういうケースもあるよ、ということでどなたかの参考になれば幸いです。



まだまだ安心できない状態ですが、今この自分があることに感謝を。
同じようにがんばっている仲間がいます。見に行ってね。

 ↓↓↓
にほんブログ村 マタニティーブログ 陽性反応~心拍確認へ

にほんブログ村

ケータイ電話からはこちらをどうぞ。
 ↓↓↓
にほんブログ村 陽性反応~心拍確認


| | コメント (3) | トラックバック (0)

胎嚢みえた、みえたよっ (≧∇≦)

本日、クリニックにで内診、胎嚢を確認しました。


  ええ、胎嚢がみえた、見えたんです!!!!  

       (v^ー゜)ヤッタネ!! 

ああ、感無量です。
朝からドキドキしてクリニックに行くのが怖かったです。 

内診台にあるモニターが、電源が入っていなくて(なんでやねん!) エコーの器具を挿入して画面真っ暗なまま先生が、「あ、胎嚢がみえますねぇ」とあっさり。

「せんせーい、モニター映ってません! 私もみたいですぅ~」と慌てて懇願coldsweats01

みえました。映りましたよ、黒い丸がッ…。

えっと、サイズや何かは、先生の表情があまり明るくなかったので、来週落ち着いたころに報告します。不安材料はリアルタイムで書きたくないので、ごめんなさい。

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

7月3日の記事 『OHSSで妊娠の可能性が浮上!?   Σ(゚□゚(゚□゚*)』 にも書きましたが、陽性判定については、判定日よりも前に不意に「妊娠してるかもしれない」と宣告され、しかも微妙な尿検査結果のため期待と不安がごちゃごちゃになっていたため、判定日の審判を待つ気分を体験していませんでした。なので、今回の胎嚢確認はその分とても恐ろしかったです。だって、陽性かどうかは市販の検査薬で確かめられるけど、胎嚢があるかどうかは、エコーじゃないとわからないんだもの。

OHSSで妊娠発覚しましたが、この週末にはずいぶん楽になって、おなかの張りもピークのときの半分になりました。 とっても体調がいいのです。それがまた、不安で心配で。  
今日も母が初詣でもらってきてくれた『子授け御守』を握りしめてクリニックに行きました。


きっとスゴーク緊張していたのでしょうね。

わたし、クリニックを出てから電車に乗らず1時間ほど歩いて帰ったのですが、途中涙がこぼれて来ちゃいました。雨が降っていて傘をさしているので、道行く人に変なふうに見られることはなかったですけど(笑)

これまでたくさんのお仲間の朗報を聞いて先に進んで行く姿を見送ってきました。皆さんのブログにUPされているエコーの写真をたくさんみているので、モニターを見ても自分のものと実感できず、なぜか他人事のような感覚でした。

でも、歩きながら「胎嚢見えたんだ、私」 と一人声に出して呟いてみたら、涙があふれてきました。

私はまだ一度も声に出して「妊娠した」とは言っていません。言うことができないのです。 「陽性だった」「陽性判定もらった」とは言えるんだけどね(^_^;)

でも、今日は初めて、「胎嚢がみえた!」と言うことができました。 

次は「心拍確認できたよ!」と大きな声で言いたいです。




まだまだ安心できない状態ですが、今この自分があることに感謝を。
同じようにがんばっている仲間がいます。見に行ってね。

 ↓↓↓
にほんブログ村 マタニティーブログ 陽性反応~心拍確認へ

にほんブログ村

ケータイ電話からはこちらをどうぞ。
 ↓↓↓
にほんブログ村 陽性反応~心拍確認

| | コメント (15) | トラックバック (0)

基礎体温推移 と 採卵日 と 移植日

基礎体温推移です。   
私は37度はほとんど超えていません赤字36.90以上、紫36.70‐36.89)。体温が低くあまり高温にならなくて、不安になっている方へ少しでも安心材料になれば嬉しいです。

ちなみに、私の低温相は 36.1~36.4 高温相は36.5~36.9 です。
低温と高温の差が平均0.3度あれば二相になっていると判断できますので、問題ナッシングです。 

6月31日(日) 36.70 D1 点鼻薬スタート   ※この日の夜から生理始る
6月01日(月) 36.64 D2  
6月02日(火) 36.26 D3 フォリスチム注
6月03日(水) 36.28 D4 フォリスチム注
6月04日(木) 36.46 D5 フォリスチム注
6月05日(金) 36.25 D6 テイゾー注
6月06日(土)         D7 テイゾー注
6月07日(日) 36.12 D8 テイゾー注
6月08日(月) 36.13 D9 テイゾー注
6月09日(火) 36.12 D10 テイゾー注
6月10日(水) 36.25 D11 hcg注
6月11日(木) 36.12 D12
6月12日(金) 36.35 D13  【採卵】 プロゲストン注+hcg
6月13日(土)         D14  プロゲストン注
6月14日(日) 36.76 D15  デュファストン2錠×3 ※休診のため注射の代わり
6月15日(月) 36.59 D16 ET0 【移植】 プロゲストン注+hcg
6月16日(火) 36.47 D17 ET1 プロゲストン注
6月17日(水) 36.71 D18 ET2 プロゲストン注
6月18日(木) 36.78 D19 ET3 プロゲストンデポー注
6月19日(金) 36.67 D20 ET4 
6月20日(土) 36.73 D21 ET5
6月21日(日) 36.80 D22 ET6
6月22日(月) 36.96 D23 ET7
6月23日(火) 36.88 D24 ET8  プロゲ・デポー注  ※OHSSの症状始まる
6月24日(水) 36.62 D25 ET9
6月25日(木) 36.66 D26  ET10
6月26日(金) 36.51 D27 ET11 OHSSで受診 「妊娠してるかもしれない」
6月27日(土) 37.05 D28 ET12
6月28日(日) 36.94 D29 ET13
6月29日(月) 36.97 D30 ET14 判定日予定→自己都合により翌日に延期
6月30日(火) 36.65 D31 ET15 尿検査により陽性判定  プロゲ・デポー注
7月01日(水) 36.57 D32 ET16 
7月02日(木) 36.77 D33 ET17
7月03日(金) 36.96 D34 ET18
7月04日(土) 36.89 D35 ET19
7月05日(日) 36.66 D36 ET20
7月06日(月) 36.52 D37 ET21 胎嚢確認予定 プロゲデポー注

おそらく、D23に着床だと思います。移植後緩やかに高温になっていったのにいきなり36.9度を超えましたから。そして、翌日D24からOHSSの症状が始まりました。 OHSSのピークは D27~D30 このあたりとても寝苦しく、夜中に何度も起きたり、一度はひどい頻尿のためにほとんど眠れなかったため、体温も高くなったのだと思います。

イレギュラーな日を除けば、私は36.9度を超えることは滅多にありませんでした。それに、今朝の体温は、36.52です。冷房を付けていたわけではありません。

なんだか、基礎体温って、参考にはなるけどあまり神経質になっちゃいけないってことなのかもしれませんねwink

本日は、胎嚢確認の予定ですが、それについては別記事で改めて書きます。

参考になったよ! という方は、ぜひポチッとクリックshineくださいな
皆さんの応援が励みになります。

 ↓↓↓
にほんブログ村 マタニティーブログ 陽性反応~心拍確認へ

にほんブログ村

ケータイ電話からはこちらをどうぞ。
 ↓↓↓
にほんブログ村 陽性反応~心拍確認

| | コメント (0) | トラックバック (0)

体外受精と顕微授精

今回の採卵は、3回目。 3回とも顕微授精です。

1回目、2回目と結果は芳しくなく、採卵できた胚のグレードも移植できる最低グレードのものばかり。(採卵して分割するだけでもありがたいじゃん、とは思うのだけど、3CCの文字をみるとため息が出ます)



私は、もしかして顕微授精だからダメなんじゃないか? と疑問を持ち、3回目には通常の体外受精(ふりかけ)で臨みたいと思っていました。

人の手で選んだ精子よりも、シャーレの中だとしても競争を勝ち抜いた精子が受精してくれたほうが、受精卵の質が上がるような気がしていたからです。(全く根拠ナシです)

ありがたいことに、旦那の精子は1年前は運動率20%だったところが、この春には50%を超えるくらいまでに改善されていて、これならふりかけでも行けんじゃない?と明るい展望を持っていたのもあります。

今回の採卵でダメだった場合、あとは人工授精かタイミング法を地道に続けることになりますが、「顕微しか手はないのに無駄な努力をするかもしれない」と悶々とするのが一番いやだった。  私たちには顕微しか方法はないのか、それとも他にも望みがあるのか。それが知りたかった。 今後のために。  ダメだった時のために。 (←もうすでにかなり弱気)


しかし、採卵当日の精子の状態は、運動率26%。半年ぶりくらいに見る低い数値でした。(思わず、ええっ!?と 声をあげてしまいました。先行き怪しいとまたネガティブモードに入っちゃったし…) 顕微とふりかけの半々でとも考えていましたが、全部顕微授精に決定。

結局、私の卵子と夫の精子が普通に受精できるかどうかは分からずじまい。今回で採卵は最後と決めている私たちは、この採卵で全滅になってしまえば、あとはタイミング法やAIHしかない。自力で受精できるのか?という疑問を抱えながらAIHを続けていくのは精神的にキツイと思っていました。

初回は、初回でキメる(うまくいく)つもりだったので、確率の高いほうでとすべて顕微授精にしてきましたが、治療が長丁場になるのなら、初回には普通の体外受精(ふりかけ)にしてちゃんと受精してくれるのかどうかを知っておけばよかった、そんなふうに悔やんだりもしました。

普通のふりかけでも受精してくれるかもしれないけどと疑問をもちながら高い顕微授精代を追加で払うのか、ふりかけではダメだからと覚悟を決めて臨むのかで、ずいぶん気持の持ちようが違います(受精はできるんだから、という希望が持てます)。また希望がないなら、また時間をかけてお金を貯めて、ということも検討しないといけないからです。

体外受精へのステップアップに迷っている方、顕微授精の選択に迷っている方も多いと思います。  

私は体外受精にチャレンジすれば妊娠できると信じて疑わなかったので、その時には迷いませんでした。今考えれば、長丁場になることを見越してトライアルをしてもよかったのかもしれません。   でも、その決断は容易ではありません。結果が出るまで、それが良かったかどうかなんか分からないから。

ただ、いろんなケースを想定して、自分たちはどこまでチャレンジを続けるのか長いレンジで考えて、その時に一番納得いく方法を選ぶことが後悔しないためにも大事なことだと思います。

これからステップアップを考えている方の参考になれば嬉しいです。



皆様の応援が心に沁みます。
私の体験が誰かの役に立ったら嬉しいです。

 ↓↓↓
にほんブログ村 マタニティーブログ 陽性反応~心拍確認へ

にほんブログ村

ケータイ電話からはこちらをどうぞ。
 ↓↓↓
にほんブログ村 陽性反応~心拍確認

| | コメント (0) | トラックバック (0)

OHSSで妊娠の可能性が浮上!?   Σ(゚□゚(゚□゚*)

今回から胎嚢確認の日まで、これまでの経緯を少しずつ書いていこうと思います。

ここ1週間、ずっと悩まされているOHSSですが、ずいぶんと楽になりました。楽になったのがいいことなのかとても複雑な気分です。というのは以前にも書きましたが、医師からは、「生理が始まるとおさまるから」といわれて、この症状がなくなったら妊娠継続できないのかも、と、とても不安になっているからですshock

:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+


ピークは過ぎました」でも書きましたが、このOHSSはhcgの刺激によって引き起こされます。 ですので、hmgで誘発し卵巣が過敏になっているところに、hcgを注射した結果、卵巣が腫れるのです。

なので、普通は採卵直後や移植直後にhcg注射をした時から腫れてくるそうなんです。

しかし、私の場合は、移植後1週間を過ぎたころから腹部の膨満感を感じ息苦しさや胃の圧迫を感じてきました。 それが ET8 着床時期でした。
それからますますひどくなって ET11では椅子に座っていても息苦しく、おなかが空いていてもご飯がのどを通らない状態になって、あわててクリニックに電話をしたのです。

そしたら、いつもは看護師さんが答えてくれるのに、院長が電話口にでて、 「妊娠してる可能性があるから、今から来れる?」 と言われちゃいました。



   Σ( ̄ロ ̄lll)   ナ、ナントオッシャイマシタカ?



苦しくてしんどくて、どうしたらいいのやら分からず電話をかけたのに 「妊娠の可能性があるから」 なんて言われちゃったんですよ。 これまさに青天の霹靂

ここは喜ぶところ?  え、でも、症状的にはやばくない?

その時点で、OHSSについてほとんど知識のない私 (だって今まで腫れたことなんか一度もないもの~! 自分には無縁だと思ってたのよ~) ヤバい状態なのか、喜んでいいところなのか、何が起こってるのか全く分からない。 慌ててネットで「おなかが張る」「妊娠」検索し、OHSSの記述に行きあたる。 そうか、これがOHSSというものか! とそこで初めて自覚。そして、ポンポコリンのおなかを抱えてクリニックに急ぎましたわ。

それが、先週の金曜日です。
(OHSSかも、という記事『息を吸うのも苦しい』を書いて、皆さんにご心配をかけた日です)


とりあえず、行ってみたらですね…、
腹水がたまってるし卵巣が腫れているし、軽(中)度のOHSSの症状で、でも様子見で十分でしょうといわれました。安静にしててね、と。

さらに、そこで先生から「妊娠してるかもしれないから、検査してみよう、尿を採ってきて」と突然言われました。  心の準備もないまま、尿検査のためにトイレに。

待つこと10分。

判定は週明けの月曜日の予定で、この日は金曜日。全く予期せぬ出来事です。 「今わかっちゃうの?」 「ダンナにはなんて言おう…」  「えっと、子授けのお守りはどこだっけ・・・」 気が動転しながら待つ10分は、長くて長くて。

で 名前を呼ばれ診察室へ。 扉をあける手が震えましたよ。平然を装って「どうでした?」と聞こうとしたその前に、先生から一言 「微妙やねぇ。」


   (lll゚Д゚)   ナ、ナニガデスカ?


「うっすらと線が見えてるけど、薄いんだよねえ、これだとはっきりせんなあ。 hcg最後に打ったのはいつ?」 

「えっと11日前です。」 

「じゃあ、消えてるかなあ? どっちかわからんなあ」


判定窓を見ると、以前AIH後12日目(hcg注射後10日後)くらいにチェックワンファストで検査したときくらい超うっすらでした(もちろんその時は陰性でした)

喜んでいいのかガッカリしていいのか全く分からない状況です。
待合室からずっと握りしめていた子授けお守りをギュッとしながら「え~先生、これって喜んでいいんですかぁ?」なんてへらへら笑いながら言っちゃった。 

「うーん、よくわからんから、症状がひどくなったら、明日また来て。 あ、生理始ったら治るから。」

.。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。.

帰ってからOHSSで検索しまくり。 そしたら 「OHSSはhcgが卵巣を刺激して起きる。 だから、妊娠(着床)するとhcgが自身から分泌されてそれでOHSSが悪化することも多い。」とどこかに書かれていた。
だから、hcgの数値が下がれば自然と症状は治まっていくし、妊娠継続すれば次第にhc次の数値は高くなるから、悪化する。そして悪化したら2~3か月続くらしい、と。

 妊娠すると悪化するOHSS
 ちょうど着床時期から始まったOHSSの症状。
 次第にしんどくなるおなかの張り。
 でも 妊娠検査薬にはほとんど反応せず、注射の影響かどうかの判断がつかない。

一筋の光明が見えたけど、喜べない。しかも、この苦しい状況が改善されちゃうとリセットなんだ…。 苦しいのから解放されたい、でも妊娠しててほしい…。
そんな悶々とした週末を過ごしたのでした。


(続く)


皆様の応援が心に沁みます。
私の体験が誰かの役に立ったら嬉しいです。

 ↓↓↓
にほんブログ村 マタニティーブログ 陽性反応~心拍確認へ

にほんブログ村

ケータイ電話からはこちらをどうぞ。
 ↓↓↓
にほんブログ村 陽性反応~心拍確認

| | コメント (6) | トラックバック (0)

コメントに涙。

昨日、コメントいただいた方をはじめ、、多くの方がこのブログを読んでくれて、たくさんポチをしてくれて、本当にありがとうございます。

うまくお礼の言葉が書けないくらい感激しています。

このあと、少しずつ経緯を書いていこうと思いますが、今回、判定日らしい判定日がないまま妊娠の可能性が浮上し、喜ぶタイミングを逸してしまっていました。

なので、陽性が出たら絶対泣く! と思っていたのに泣けませんでした。(ダンナさんに伝えた時もです)

でも、ここで皆さんに報告できて、暖かいコメントを読ませていただくうちに、涙があふれてきました。



祝福のコメントいただいた皆さんや、逆に気を使ってコメントを控えてくれているブロ友さんの所にも、こちらからも遊びに行きたいですがコメント控えようと思います。こっそり、訪問してポチだけして読み逃げします。

私も経験がありますが、タイミング(時期)によっては陽性反応がでた人のコメントに苦い思いをする場合もありますので。(これは普通の感情だと思います)

なので、しばらくは不義理をします。お許し下さい。


★コメントいただく際に「うちにも遊びにきてね」と書いてある方のところには、遠慮なく訪問させていただきます。言葉どおりに受け取りますのであくまでも本心で書いてね(^_-)-☆

あ、sachiさんのとこには、確認なしでコメント書き込みしちゃった。ゴメンbleah



では、またconfident



カテゴリー変更しました。憧れの期間限定カテです。
ポチっと押してくれると嬉しいです。

 ↓↓↓
にほんブログ村 マタニティーブログ 陽性反応~心拍確認へ

にほんブログ村

ケータイ電話からはこちらをどうぞ。
 ↓↓↓
にほんブログ村 陽性反応~心拍確認

| | コメント (14) | トラックバック (0)

カテゴリー変更しました。

年齢的にも金銭的にも崖っぷちの2009年、後半戦突入直前、昨日のクリニックの診察で、陽性判定をいただきましたので、ブログ村ランキングのカテゴリーを、「赤ちゃん待ち」から「陽性反応~心拍確認」に変更しました。
(ブログ村のランキングへの反映・表示がいつになるかわかりませんが、登録上では変更しています。)

 

昨日、クリニックの帰り、お家に帰る前に、ずっと願掛けに通っていた水天宮にお礼のお参りに行きました。 

お家に帰ってから、夕方に今日は6月30日(夏の晦日)であることを思い出し、近所の稲荷神社の夏越しの大祓で厄を落とし穢れを清めました。

 

OHSSの症状が出た時に、「これ、生理が始まるとおさまるからね」と医師に言われました。

昨日の記事を書いたように、現在OHSSは快方に向かいつつあります。とても複雑な気分です。

色々と書きたいことがありますが、今回はご報告のみとさせて下さい。

 

応援してくださった皆様、心配してくださった方、お互いに頑張ろうと励みにしてくださった方、勇気をくださった方、このブログを通じて知り合った多くの仲間に感謝を!

 

 

 

カテゴリー変更しました。憧れの期間限定カテです。
ポチっと押してくれると嬉しいです。

 ↓↓↓
にほんブログ村 マタニティーブログ 陽性反応~心拍確認へ

にほんブログ村

ケータイ電話からはこちらをどうぞ。
 ↓↓↓
にほんブログ村 陽性反応~心拍確認

| | コメント (15) | トラックバック (0)

« 2009年6月 | トップページ | 2009年8月 »