« 心拍確認できました。 | トップページ | 採卵から移植までのタマゴちゃんの話。【その2】 »

採卵から移植までのタマゴちゃんの話。【その1】

今朝アップしたこの記事、ちょっと記憶違いをしていたみたいだったので、内容を修正しました。(7月19日 15:00)

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

6月12日(金)採卵
6月15日(月)移植


【採卵】 10個  (1回目7個 2回目6個)

採卵二日前の内診では左右に3~4個の卵胞が育っていて、採卵数は多くて8個かなあ、と思っていましたが、採卵日当日には見事10個育っており、無事10個の採卵ができました。

これは過去2回の採卵数と比較しても、好成績。 さすがフォリスチムはスゴイ! と思いました。 9か月の間に誘発で採卵3回。その3回目でよくぞ頑張った、私の卵巣。 前周期にピルで卵巣を休めたことも幸いしたのだと、私は思っている。

また、10個の卵胞で10個採卵できた、というのもびっくり。1・2回目は卵胞の3分の2しか採卵できなかった。 これは、フォリスチムが良かったのか、先生の腕がいいのか。勝因が何かは分からないが、このとき幸先のいいスタートに浮足立ってしまったのは確か。

このあと4時間、点滴しながらベッドで静養しました。


【受精】 9個  ※全て顕微授精です。

ベッドでの静養時間は結局4時間。 午前の診療時間も終わるころにようやく解放され、一緒にランチを食べようと待っているダンナのために急いで着替えていたところ、診察室に呼ばれました。

「9つ受精しましたよ。」(未成熟卵が一つ) これまでは翌日に電話がかかってきて教えてもらっていたので、 まさか当日に受精したかどうか聞けるとは思っておらず、驚きました。 このクリニックは電話で受精確認などはしないので、 4時間まどろんでいた時間のおかげでサプライズの報告を聞け、とてラッキーでした。

先生は受精に関する説明図をいくつか見せてくれながら、丁寧に説明してくれた。卵子が未成熟だったり変成卵だったりすると受精しないが、それは大体1~2割ほど。だから今回も割合的には普通です、と。  さらにいくつか質問してみた。

◆1回目2回目のときには、初期胚は二日目に移植だったが、今回は3日目に移植。その点については…?
「できるだけ分割が進んでからのほうが、いい胚を選別できる。2日目に移植すると、その胚がそのあと分割できる力があるかどうかが見極められないから、移植の成功率が低くなる。だからココでは3日目まで分割させその時に状態のいい胚を移植します」

◆二段階移植はしないのか?
「多胎妊娠のリスクを避けるために、今はやらないクリニックのほうが多い。二段階して妊娠率が上がるという具体的なデータもないし、2個戻すなら一度の移植で2個戻すほうがいい。」

◆胚盤胞まで培養する? 凍結はいつ?
「3日目に移植をして、余剰胚があれば続けて培養して、胚盤胞まで育ったらその時点で凍結します。これも、早い段階で凍結するよりも、胚盤胞まで育つ力のある胚を凍結したほうが移植の成功率が高くなるから。」

つまり、「培養」を通して力のある胚を選別して移植するということ。力のない胚を移植して失敗するよりも、最初から望みが高い胚を移植しようという考え。
これは10個採卵できたからできるチャレンジですが、移植しても一度も陽性を見たことがない私には、とても理に適っていると思われました。


【採卵翌日】  6個  (1回目6個  2回目4個)

翌日プロゲストン注射のためにクリニックにいって、注射のみで帰るつもりが、なぜかなかなか呼ばれない。ようやく名前が呼ばれたら診察室だった。

先生から「正常に受精した(分割を始めた)のは6個です。まあ、平均的ですね」 と言われました。先生的にはもう一つ二つ多く残ると思っていたらしく、ちょっと表情が曇っていました。

10個の採卵から6個。6割。
一日で3ついなくなってしまったことは悲しかったが、もともと卵巣機能が落ちて卵子の質もあまりよくないだろうと期待薄だったところ、この時点で半分以上も残ってくれたことが嬉しかった。近くで待っててくれている夫に、待合室からメールで「6組のカップル成立happy02」と送った。 とにかく何事もいいほうにポジティブに考えようと思った。

++++

お陰様でその週末はとても楽しく、夢を見ながら過ごすことができました。 
夫も久しぶりの東京週末なので、楽しくデート(食べまくりだったけど)を楽しみました。

ああ、これって、もう1か月も前の話。
長いような短いような。
とても感慨深く振り返っています。

(つづく)

次回は【移植】と【胚盤胞】について。



★もう一つの胎嚢の行方は次回診察で再確認となっていますので、それまでは「陽性~心拍」のカテにいます。 出て行けなんて言わないでね。
 ↓↓↓

にほんブログ村 マタニティーブログ 陽性反応~心拍確認へ

にほんブログ村

ケータイ電話からはこちらをどうぞ。
 ↓↓↓

にほんブログ村 陽性反応~心拍確認

 

|

« 心拍確認できました。 | トップページ | 採卵から移植までのタマゴちゃんの話。【その2】 »

3)陽性~心拍確認まで」カテゴリの記事

コメント

こんばんは、きらきらさんnoteご無沙汰してました。

そして、そして、…心拍確認、良かったですねweep
これからも、母子ともに順調な経過をお祈りしています。

ついに、わたくしたちも、「初」体外受精周期に突入です。月末にオットが、わたしの地元に来ます。「初」だけど、あまり期待しすぎず、それとなく、がんばりたいと思います。

きらきらさんも、いろいろと大変だと思いますが、ベビちゃんchickと二人、あっ、オットさまもhappy01三人ですね…、たのしく過ごしてくださいね。また、メールさせて頂きま~~すheart04

投稿: ななこ | 2009年7月20日 (月) 20時42分

きらきらさん
はじめまして。
私も同じ時期に同じ年齢で1度目の体外受精で妊娠の判定をもらいました。
とてもとてもうれしかったです。
でも・・・
今は、毎日毎日辛いのです。
これからの長い育児のこと、体力のこと。
障害を持った子がうまれたらどうしよう。
こんな歳でいろいろ自由に過ごしてきてしまった分もう自由がないんだと思うとあんなに待ちに待って授かったものがどうしても辛くて。。。
こんな母親は失格だとおもってます。
きらきらさんのブログを見るととても自分が情けないのです。

投稿: nikoyumi | 2009年7月21日 (火) 00時06分

sunななこさん

あれ、17日のコメントはななこさんじゃなかったのかな? 大変失礼しました。 祝福コメントありがとうございまずヽ(^o^)丿 嬉しいです。
 ステップアップするのはドキドキしますよね。いろいろ考えすぎるよりは信じて進むのがいいと思います! 頑張ってくださいね。いい結果がえられること応援してます。


sunnikoyumiさん

大変申し訳ないのですが、「初めましての方」にそのようなことをいきなり言われましても困惑してしまいます。これまで全く交流のない方に相談されても、こちらは全く事情が分からないのでお返事のしようがありません。 
 ここは個人のブログす。マタニティ関連の掲示板で相談するか、かかりつけのクリニックなどでカウンセリングを受けられたらいかがでしょうか? 

※安易に「大丈夫ですよ」なんて言葉をかけるのは、無責任な行為だと思いますので、このようなお返事になってしまいました。ご了承ください。

投稿: きらきら | 2009年7月21日 (火) 08時14分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1052324/30606659

この記事へのトラックバック一覧です: 採卵から移植までのタマゴちゃんの話。【その1】:

« 心拍確認できました。 | トップページ | 採卵から移植までのタマゴちゃんの話。【その2】 »