« それは突然やってきた。 | トップページ | 追記です。  by★レッド »

民主党に意見メールを送ったよ。

本日、正式に民主党のマニフェストが公開になったので、民主党のWEBサイトから意見メールを送りました。 ここ数日ずっと考えて来て原稿を作っていたものです。

  ⇒ 民衆党WEBサイト


主旨は次の2点。

「公約自体はおおむね賛成(実現可能ならね) でもその実現のために、配偶者控除・扶養控除の廃止によって弱者を切り捨てるような財源確保のやり方は反対」 

「子供が欲しくてもできなくて、何とか家計をやりくりしながら治療にあたって子どもを持とうと頑張っている人間から、希望を奪うようなことはしないでほしい」



結局私も、不妊治療を始めてからなんとか妊娠に至るまで 体外(顕微)受精、人工授精、その他経費も含めて、200万近い金額がかかりました。
それは、自分たち夫婦で決めた収入の使い道だし必要経費だったと思って納得しているし、また、助成金や医療費控除のおかげで、少しは助かっていることも確か。
だから配偶者控除くらいなくなってもいいだろう、といわれるかもしれない。

でも、「子なしである」というだけで負担が増え、決して多くない収入の中から治療費を捻出して希望をつないできた人間が、負担が増えることによってその希望を失ってしまうことになるのは、間違っている。 これは少子化対策として間違った方向ではないか、と。

そんなことを、自分の体験を元に意見メールを送ってみました。
※あくまでも不妊治療に臨む人間の実態を知ってもらうため、「高度不妊治療経験者の主婦の立場で、その体験を元にした意見」として送っています。 


私はたまたま妊娠できたけど、最後の採卵と決めていた今回がNGだったら、ずっと夫婦二人の生活が続くはずでした。 これから65歳まで25年、もちろんその先もずっと夫婦二人で過ごしていくことになります。 幸いにも妊娠できたことで、今までかかった200万ほどは無駄にはならなかったけど、これでダメだったらこれまでかかった費用と頑張ってもできなかったという絶望感が重くのしかかり、やりきれない思いをずっと抱えていくことになる。 それを想像するだけで、怖くなる。 

そんな人間に追い打ちをかけるような仕打ちをして欲しくないです。

ま、財源として弱者負担とならなければ、この夢物語のような公約、ぜひとも死ぬ気で実現してほしいと思いますけどねcoldsweats01  



全国(&海外)のママになりたいみんなにエールを!
赤ちゃん待ちで頑張っている仲間が沢山、見に行ってね
  ↓↓↓

にほんブログ村 マタニティーブログ 不妊から妊娠へ
にほんブログ村  ←ケータイは文字をクリック

にほんブログ村 マタニティーブログ 高齢出産へ
にほんブログ村  ←ケータイは文字をクリック

|

« それは突然やってきた。 | トップページ | 追記です。  by★レッド »

4)妊娠初期(~4ヶ月目)」カテゴリの記事

コメント

きらきらさん、すご!!
つわりだけじゃなく、政治とも戦ってる!。

投稿: sachi | 2009年7月28日 (火) 11時34分

sunsachiさん
 いやいや、きらきらさんはかなりヘタレなので、そんなに頑張ってないっスよcoldsweats01  ダルダルですわ。

投稿: きらきら | 2009年7月28日 (火) 18時08分

この一週間で、少し展開が変わってきましたね。
公明党も児童手当(財源不明)を打ち出し・・・
民主党は対抗したのか、手当の満額化を1年前倒し・・・
自民党はA総理が高齢者に暴言を吐き・・・(笑)

なんか、支持したい政党がなくなっちゃいました!(^^;

投稿: ラル | 2009年7月28日 (火) 23時40分

sunラルさん
 人気取りじゃなくて、国の行く末を本気で考えて国策を作って欲しいと思いますわ。 
 それにしても残念なのが、出産一時金。実現したとしても来年度から。 ハナコは3月の上旬に生まれそうなので、もらえませんわcoldsweats01

投稿: きらきら | 2009年7月29日 (水) 00時10分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1052324/30727964

この記事へのトラックバック一覧です: 民主党に意見メールを送ったよ。:

« それは突然やってきた。 | トップページ | 追記です。  by★レッド »