« 自分の心臓の鼓動で酔いそう…。 | トップページ | 先ほどは失礼しました。 »

【100%愚痴】 道が見つからない。

体調が悪いせいもあり、つわりのせいでもありますが、すべてのことがネガティブになっています。原因は今後の人生設計についてです。


詳しいことは書けませんが、簡単なたとえ話で言うと、

新業種で起業して会社を興し、ワンマンで経営し、営業から企画運営製造まで全部自分でやっている社長だと思ってください。 (実際は違うけど)

その社長が、会社の経営がまだ軌道に乗っていない時期に、妊娠しました、仕事ができません、休みます、と言ったらどうなるか。

まさに会社自体の存亡の危機ですねcoldsweats02

協力してくれた人や社員たち 「何を無責任な!」と怒るか、呆れるか。 それ以前にすべての決定権を持ってすべてを取り仕切ってきた立場の人間がいなくなれば、それだけでその組織はなくなるに等しい。

また、今まで地道に人脈をつなごうと頑張って営業してきた取引先との関係はぷっつりと途絶えることになる。数ヶ月か1年か休んだあと、「またお願いします」といって通用するものではない。いつ休むか分からない人間に「じゃあ今後ともよろしく」となるだろうか?  なるわけない。



そんなこと分かってて、妊娠したんだろ! 子づくりしたんだろ! とお叱りを受けるのも当然だとおもう。 不意にできちゃった、という場合でも、計画性がない!と非難されるだろうし、逆に不妊治療をしていること自体「計画的で確信犯だ!」と言われるかもしれない。  だから何も言い返せません。  だから怖くて妊娠のことを言えません。

私が不妊治療を続けていて妊娠が難しかったことなんて、他人にとってはどうでもいいことなんだから。
40手前で「子どもを持つ」幸せを手にしたいと望んだことなんて、他人にとってはどうでもいいことなんだから。

人生における価値なんて、一つじゃなくて、人生をかけてやりたい仕事がある一方で、子どもを持ちたいという希望もある。 それはどちらか一つしか持ってはいけないのではなく、両方とも手に入れたいと思うのはごく自然なことのはず。  だって全く別次元のモノなんだもの。

最近、夢にまでうなされるようになってきましたshock



夫は「仕事はやめて一緒に暮らす」以外の選択肢を考えていません。
仕事仲間は、上記のようにほぼ「困惑」「迷惑」「非難」するだろうと思う。
友だちや親族は…、まあ常識的な対応として「おめでとう、体を大切にしてね」と言うだろうけど、仕事に関してアドバイスをする立場でもない。

そんなもんだと思う。   

妊娠は、私の人生の選択の問題で、それ以上でもそれ以下でもない。自分で決めるしかない。

でも、自分が選んで進んできた道とはいえ、かなり、ヤバいです。



妊娠・出産は、仕事が軌道にのって人に任せられるようになってから、なんて言ったら、それこそ子どもを持つことは叶わなかったと思う。 時間がたてばたつほど可能性は0に近づいていくのだから。

毎月、卵子が無駄に排卵されていくことが、つらくて仕方なかった。卵巣の年齢が上がることが恐怖だった。毎月のリセットで呆然とし涙があふれて、苦しかった。
40直前で妊娠できたことは、至上の喜びです。
こんな私でも我が子を抱くことができる、そう思うと涙が出ます。

でも、会社を辞めて0から積み上げてきた仕事を、捨てることもできません。

仕事を捨てるということは、それを通して苦楽を共にしてきた仲間を裏切ることでもあり、自分の人生を否定することでもあるからです。

どこかに道があるはず。 そうおもって妊娠発覚から2か月考えてきたけど、まだ道が見つかりません。

私の悩みはわがままですか。 贅沢ですか。

でも、私がやめる決断をしたら会社自体がなくなる、そんな状況で簡単にやめるといえません。

以前、私が勤めていた会社は、産休・育休含めて最長3年のお休みがもらえました。戻れる場所があるというのは幸せなことです。 「稼ぐ」という意味で仕事をするなら断然「お勤め」がいいです。 自分で仕事を作り、仕事をとってきて、自分の名前で仕事をするというやり方は、実現が難しい。家族の協力なしに一人でやろうなんて無理、無謀。

私の場合は、私自身が戻れる場所を作り、戻れる場所にならないといけませんが、そんなことはあと数か月でできるわけはない・・・、 とかなりネガティブになっています。

体調がよければなあ、もう少し頑張れると思うのだけど、今は自分の体じゃないみたいにしんどいし、以前のように無理がきかないので辛いです。

お叱りはごもっとも。でも弱音を吐きたい時もあるのだ!
そんなヘタレなきらきらさんに応援クリックくださいな

  ↓↓↓

にほんブログ村 マタニティーブログ 不妊から妊娠へ
にほんブログ村  ←ケータイは文字をクリック

にほんブログ村 マタニティーブログ 高齢出産へ
にほんブログ村  ←ケータイは文字をクリック




|

« 自分の心臓の鼓動で酔いそう…。 | トップページ | 先ほどは失礼しました。 »

4)妊娠初期(~4ヶ月目)」カテゴリの記事

コメント

こんばんは(^^)/

きらきらさん、思い詰めないでね!
結論はきらきらさんが決めることだから、何も言わないね。

私の税理士として独立した友人の話。もちろん女性ですよ♪
そんな人もいるのかとヒントになればいいなぁと思います。
きらきらさんがどういう形式で独立されているのか、わからないんですが
友人も37で独立したんです。税理士事務所からねっ(^_^)v
もちろん前事務所から続いている企業さんもいれば、彼女自身が開拓した
企業もあります。
でも、出会ってしまったんですね。独身貴族宣言をしていた彼女も運命の
人と♪39で結婚して、ご主人が子供を希望されている方だったので、1年
経過しても出来なかったから体外に進んで41で出産したんですよ〜。
でも、出産する時にご主人の転勤で東北地方に行くことになってしまった
ので、一緒に行きましたよ〜。
仕事はね、きらきらさんの仕事と違うかもしれないんですが、まる1日の
ベビーシッターを頼んだり、彼女も東京が実家なのであまり仲の良くない
両親だったみたいですけど、日中預けたり、東京の一時保育を利用したり
して、月に2〜3回は来てますよ。
その時は一緒にお酒飲んだり、リフレッシュも出来て楽しいって言ってた
ので、もしきらきらさんのされている仕事がそういう風に続けることが
出来たら楽しいかも?と人ごとながら考えちゃいました♪

いい方法が見付かるといいですね!

でも、今は無理は禁物ですよ〜♪(^_^)

投稿: 風連 | 2009年8月26日 (水) 22時32分

もう自己解決されているかもしれませんが・・・
きらきらさんに対してではなく、見ず知らずの女社長に対してだと思い、客観的に吟じます!
いえ、コメントします!

まず仕事ですが、メインの代役は100%無理なのでしょうか?
例えば、ツアーをしようとしている歌手や、試合が控えている個人競技のスポーツ選手など”当人に商品価値がある”という場合は、代役は無理です。

社長さんがそういう状況であれば、残念ですが仕事は諦めざるを得ないと思います。
約束(業務遂行)を果たせるかどうかが、社長の体調次第となると、お客さんの迷惑にもなりますし、信用も失いますので。

もし、そうでなければ!
乗り切るのは、不可能ではないと思います。

一般の会社では、人一倍実力も実績もあるリーダーが、病気でしばらく入院をして、「俺が居なくて、みんな大変だったろうな」と思いつつ復帰してみると、普通に業務が遂行されていて、リーダーが「俺って、その程度の存在!?」と愕然とした。 なんて話しは、よく聞きます。

もちろん、このケースはそれなりの人数が居る会社だから起こり得る話しですが、ワンマン社長が仕切っている会社でも、似たようなことは可能だと考えます。

一見、無理と思われていても、やらせてみたら出来ることってあると思うんです。
”置かれた状況や立場が、人を育てる”というやつです。

社長さんに、片腕と思える人材がいる。または、将来片腕になると見込める人材が居るのであれば、思い切って任せてみるのも良いのではないでしょうか?

もちろん、社員や顧客には、社長自らが対応する時間が限られてくることによって発生するデメリットも説明し、了解してもらう必要はあります。
でも、今はネットや携帯が発達した現代ですから、社長も少しでも時間があれば、電話会議やテレビ会議に参加したり、色々な形で業務に協力することは可能ではないでしょうか?
悪阻や体調不良も、出産までずっと継続するとは限りませんから。

そうすることで、一時的には規模を縮小することになってしまうかもしれませんが、会社をたたむことまではしなくても乗り切れるんじゃないかと思います。

もし、どうしても どちらかを選択しなければならないのであれば、それは悩むことなく会社を犠牲にすればいい話しです。
会社も生き甲斐かもしれませんが、残りの人生で仕事に使える時間は、たくさんあります。
極端な話し、今ゼロになったとしても、将来また再構築できる可能性は充分にあるはずです。

しかし、出産や子育てに使える時間は限られています。
そしてこれは、取り戻すことも出来ません。
将来、どうにか出来る可能性はゼロです!

今しか出来ないことを最優先にする!
それでいいんじゃないでしょうか?

経営学も知らない、雇われの身である一介のサラリーマンの身で好き勝手なことを言いましたが、気を悪くしないで下さいね。(^

投稿: ラル | 2009年8月27日 (木) 01時00分

私もフリーで仕事をもらってます。

今なさっている仕事が、一単位につきどれぐらいのスパンの
ものなのかは分かりませんが、
受ける回数を、一時的に減らすことはできませんか。
三つに一つを、断るとか。(断るのって勇気要りますけど)。

安定期に入って来たら体調も良くなって来るかもしれませんし。
あと1〜2ヶ月だけの辛抱かもしれません。

どうか、あまり思い詰めないで。
ご自分に厳しい人なのだと思います。
でも、いま二者択一を無理矢理自分に迫っちゃだめです!

立場が保障されてる正社員て、いいですよね。
フリーになってから身にしみて感じます。
でも・・・こんな事言うと怒られそうですが、
保障の代わりに自由を失いますよ。
フルタイムで働いて定時後に子供を迎えに爆走していく女性社員を見て
「わたしは、もっと優雅に子育てしよう」と
思ってしまったコトがあります(汗)
トレードオフだと思います。

投稿: もくぎょ | 2009年8月27日 (木) 08時27分

みなさん、本当にありがとうございます。ヘタレな私のために親身になって考えてくださる方がいるということが心の支えになりますweep

sun風連さん
 ううweep、 応援ありがとうございます。
 仕事を続けるやり方はいくつもあると思います。ただいまのところ、仕事続けるためには「別居」を続けるしかなくて「別居」を続けると「離婚」かなあ、という恐ろしい結末がまってるみたいなので、頭が痛いのですわcoldsweats01
 それと「税理士」のように既に社会的認知のある仕事ではなく仕事をとってくるために啓蒙・普及の意味での営業活動が重要な段階なのがまたネックで「仕事を作る」ということをしないと、せっかく芽が出てきたのに枯らしちゃいそうです。
 簡単にいうと、私自身が仕事をとってきたり仕事を作らないと、仕事はないということ。なので、やめるのは簡単です。「やめた」といえば全てがなくなります。
 私がすべてをなくすのが嫌なだけなんですわcoldsweats01  わがままですね…。いや分かってるんですけど。 気持ちの整理がまだできません。 これからも愚痴が続きますがまたアドバイスいただけると嬉しいです。
 

sunラルさん
 本当に親身になって考えてくれてうれしいです。
確かに例えで出した「社長」に失礼な話ですね。会社の社長という立場ならきっとなんとか乗り切れるでしょう。片腕も部下もいれば、お願いすることも人を育てることをするのも可能です。
 もっと近い例えを使うなら、脚本と演出と主役を全部兼ねて、私費を投じながら何とか運営をしている、知名度が低い劇団の団長さん、というの感じかなあ。団員は、同志というより、こちらが声をかけてお願いしてきてもらってる人たちだったり、劇団運営には興味ない役者をやりたいだけの人たちという感覚ですね。もちろん音響や大道具などの専門分野については専門家にお願いししている。公演をするために、色々と劇場を回って説明しお芝居の中身を知ってもらい上演にこぎつけるところまでをやると。役者をやりたい人はいくらでもいるので主役は譲ることができましたが、それ以外のところは難しい。
 実際は、社長でもないし劇団をやってるわけでもないけどね~。
 人を育てるのは難しいです。3年ほどかけて私の代役が務まるかと思っていろいろと教えてきた人は、さっさと子どもを産んでやめました。自分の病気で手を引いた人もいます。ほかにやりたいことを見つけて去って行った人もいます。 みなさん「事情が変わったらまたよろしくお願いします」といいますが、ワタシもそう言ってみたいものです。結局続けたい、続けなきゃと一番願っているのは自分自身なんだと思い、ちょっと孤独感を味わってみたりしてcoldsweats01
 まあそれはそれとして、風連さんにも書きましたが、夫と「別居」をしていることが一番のネックです。これさえなければワタシ自身は続けられると思うんだけどなあ~(甘い?)。

sunもくぎょさん
 励ましありがとうございます。自分に厳しいなんてとんでもない! 自分に甘いからこそ今の状況になっていると思って反省しています。
 断る以前に、いまは「仕事を作る」時期なので、それを放棄したら、もう完全ストップですわcoldsweats01 
 お勤めとフリーと、これは本人の向き不向きだと思います。私自身は全くフリー業態には向いていないのですが、やりたいことがお勤めではできなかったので仕方なく、という感じです。なので、隣の芝生が青く見えて仕方がありません。 自由はなくてもルールに縛られることで「仕方ない」と思える(職場では子どもを言い訳に、子育てでは仕事を言い訳にできる)のは、気持ちが多少ラクかもしれません。今はどんな言い訳をしようとも「自分で決めて自分で選んだ結果だろ!」ともう一人の自分が叱るので、心の逃げ道がありませんわcoldsweats01
 

投稿: きらきら | 2009年8月27日 (木) 09時28分

初めまして。

いつも読ませていただいてます。
ご懐妊、おめでとうございます!
体調の悪い中のお仕事は大変でしょうが、頑張ってくださいね。

私は企業に勤めています。
きらきらさんのお仕事の内容は分かりませんが、仕事を依頼する側の「会社」の人間である私は、きらきらさんの「仕事の相手」の立場に近いかもしれません。なので勝手ながら「仕事相手」(・・ではないですが)の立場から書かせていただきますね。

確かに妊娠を理由に仕事を途中で投げ出されたら、私もきらきらさんの言われるように「無責任」とか思ってしまうかもしれません。でも、きらきらさんは途中で投げ出すわけではないですよね?人やその他のケアをして、その仕事を完了まで手がけるのでしょう。 
そしてその「取引先」はきらきらさんが地道に信頼関係を築いてきた相手なんですよね。だとしたら、その関係はきらきらさんの妊娠や産休でゼロになったりしないと思います。確かに来月の契約は取れないかもしれない。半年後も無理かも。でも1年後は、2年後は・・・? 

休んでいると半年とか1年ってすごーく長く感じると思うのですが、案外私たち(相手先?)からすると「えっ!もう1年経ったっけ?(笑)」ってこと少なくありません。途切れることなくコンタクトを取っていれば、必ず繋がって行くと思います!

私たちの事(きらきらさんの取引先のことも)、少し信頼してみてもらえると嬉しいです(笑)。産休後のきらきらさんのこと、待ってくれている相手はきっといると思います。(ちなみに「休む」と言っていて辞められるのは痛いです・・。)

勝手なことばかり言ってすみません。

東京でも大阪でも、それぞれの新しい環境と赤ちゃんの存在がきらきらさんとお仕事にいい影響を与えてくれることを祈っています。

これからもブログ読ませてくださいね。
楽しみにしています。

投稿: まんぼう | 2009年8月27日 (木) 16時24分

sunまんぼうさん
 励ましコメントありがとうございます。お返事が遅れてすみません(汗) まんぼうさんが言ってくださったこと、本当に励まされます。
 客観的に分析すれば、ようやくコネクションがつながったか? という段階で「信頼関係」を築くまでには至っていおらず「しばらく休むから待っててね」といえる関係にはなってないのが現状ですわ、残念ながらcoldsweats01  それは私の頑張りが足りないだけなので、仕方ないです。
 でも、まあ、今やれることをやるしかないので目の前のことをまずは片づけていきます。

 ところでまんぼうさんは、九州の方なんですか?

投稿: きらきら | 2009年8月29日 (土) 01時16分

きらきらさん、こんばんわ!

はい、私は九州在住です。
長々と偉そうなコメントしてすみませんでした。
仕事も住んでる場所も違うのに・・・改めて読み返して恥ずかしくなりました。

九州から応援しています!!!
いい方向に向かいますように。

投稿: まんぼう | 2009年8月29日 (土) 01時36分

たまたま自分が妊婦と言うこともあり読ませていただきましたhappy01
わたしはきらきらさんよりも年下で26の一児の母です


偉そうなことは言えないのですが、産まれてくればそのような悩みはなくなると思います。

仕事が…今まで信頼関係が…と思うより
我が子に会えてすべて解決しちゃうんじゃないかなぁなんて思ってます。
きらきらさんが育児を体験出来るのはもしかしたら今回きり、一度きりかもしれないんです(>_<)

その時の笑顔や仕草も一瞬一瞬違い自分も成長出来ます。しかも誰にも出来ない大仕事を自分の手で出来るのはある意味スゴいレアなこと、命を育てるのですから!

ただ家庭の事情など働かなければと言うならまったく話しは別です

頑張って仕事をやってこられたのもきらきらさん本人、頑張ってベビ待ち不妊治療に取り組んだのもきらきらさん本人です。
どちらが大切でしょう?答えはどっちがと言うよりきらきらさんが赤ちゃんに会った後に思うことが答えだとおもいます。

赤ちゃんって理屈ぬきで可愛いですよ。

あと少し!!頑張って下さい

投稿: ゆたマミ | 2009年8月29日 (土) 02時54分

sunまんぼうさん
 こんばんは~! 夜更かしさんですね~。お仕事お忙しいのかしら?
 まんぼうさんから「私たちを信頼して」と言ってもらえたのがとてもうれしかったです。ホントです。なかなか綱渡りの人生を送ってますが、これまでの人生で失敗は多いけれど後悔はないし、これからもその時々でベストな選択をしていきたいと思います。
 まんぼうさんが赤ちゃん待ちの方かどうかわからないので、お互いに頑張りましょうという言葉が適切かどうかはわからないけど、職業婦人として(?)お互いに頑張りましょうね~ヽ(^o^)丿

 九州?って書いたのは、記載していただいたメルアドのドメインから分かったのでつい。九州のほうはプライベートでも仕事でも縁があるので、ちょっとうれしくなって書いてしまいましたcoldsweats01

投稿: きらきら | 2009年8月29日 (土) 09時20分

sunゆたマミさん
 コメントありがとうございます。人にはいろいろ事情があり価値観もそれぞれです。ゆたマミさんの人生において最も大事なのが子育てなのでしょう、それはとても素晴らしい生き方だと思います。実際に子育ては大変だし、きっとお子さんのことかわいくて仕方ないのでしょうね! 素敵です。子育てをしながらのマタニティライフは大変でしょうが、頑張ってくださいね。

 ただ「どちらが大切でしょう」と、あなたに言われるまでもありません。子どもを望んでいなかったら、数年にもわたって大金をつぎ込み不妊治療なんてしません。
 今後、仕事のことはきれいさっぱり忘れ去ってしまうのか、それともやめたことを後悔し子どものせいだと思うのか…、私はどちらも嫌なので、両立の道を探っています。

それと、大変申し訳ないのですが、文面からは「子どもを産んだことのないあなたにはわからないでしょうけど」というニュアンスが感じられました。
 単なる私の僻みで、ゆたマミさんには全く悪気はないのでしょうが、かなり凹みました。

投稿: きらきら | 2009年8月29日 (土) 09時59分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1052324/31109594

この記事へのトラックバック一覧です: 【100%愚痴】 道が見つからない。:

« 自分の心臓の鼓動で酔いそう…。 | トップページ | 先ほどは失礼しました。 »