« ハナコの逆襲? | トップページ | 妊娠初期に真夏ってどうよ? »

妊婦扱いしてくれる誰かの存在。

ご無沙汰しております。毎日吐いているきらきらです

朝から午前中、お昼下がりまで、結構元気で、モリモリと食べたい物を食べ、飲みたいものを飲み、ちょっと遠くのバーゲン会場に行ったり、近場の観光地を回ってみたりしていますが、日が傾くにつれて、手足が重く、ムカムカしてきてゲップが出るようになり、夕方家に着くなり倒れこみ、夕飯をたべて1時間後には吐き始めます。

そんな毎日をすごしていて、このお盆休みは実家にも夫の実家にも帰省せずに、家でだらだら、ゴロゴロしています。

実母には報告をしましたが、電話で報告で面と向かって伝えてたわけでもないので、お互いに実感がわかず、淡々としています。
不妊治療をしていいたことは言ってないので、私自身ほど期待と不安があったわけでもないから、普通のお母さんが娘の妊娠を喜ぶ程度の喜びのようで、でも母はそのあたり気になっていても今まであえて聞かないし言わないようにしてくれていたので、真意は分からないけどね。

暑い中わざわざ帰ってこなくてもいいよと言ってくれているので帰省しないことにして、父母は「まだ何があるか分からないしいろいろと詮索されるのも面倒だから」という私の気持ちを尊重して、親戚の誰にも言わないし仲良しのご近所さんにも言わないでいてくれる。父も言いたいのを我慢してくれているようで「タロウ(飼ってる犬)にも言ってないぞ!」 と偉そうに電話口で言ってた(笑)

夫の実家には、9月の連休のときお盆の代わりに報告に行こうと思っているのでまだ言ってない。


というわけで、私の妊娠を知っている人私の周りには居なくて、日中は体調があまりつらくないので、今まで通りのような生活をしていて、暑さや冷房対策や熱中症対策、台風、地震などに気をとられてまったく妊婦気分ではありません。 もちろん、夜に吐いていると「つわりがひどい」とは思うけど、妊婦気分ではなく「気持ち悪さが100%」で、牡蠣にあたったりインフルエンザにかかったのと変わらない気分。

妊婦気分って、周りに「自分を妊婦扱いしてくれる人」がいないと自覚できないのかも。なんて思っちゃった。


そう思ったのは、先日ちょっと電車で遠出した時のこと。込み合っている車内で自衛のためにマタニティマークを付けているのだけど、それをみて席を譲られた時だった。

マークは席を譲ってもらうためというより、押されたり荷物をぶつけられたりしないようにするためにつけているし、日中は特にしんどくなかったから、自分でも妊婦な気分はまったくなかったので、不意に席を譲られて感謝よりも先に驚きが来てしまったcoldsweats01

譲ってくれたの同年代の女性で、笑顔で「どうぞ」といってくれた。つわりの辛さの経験者だったりするのかな? なんて思いながらお礼を言って座らせてもらったのだけど、その時いきなり妊婦気分がわいてきた。

誰かに、自分を妊婦扱いされると、「あ、私妊娠してるんだった」なんて自覚が出るのね。

一人でいると(一人じゃないんだけどね)すっかりお腹のなかのハナコのことを忘れてしまうのだけど、第三者がいたわってくれると思いだす。  なんだか頼りないハハでごめんね、ハナコ。

でも、その時思ったのよ。

妊娠したからと言ってすぐに母親の気分になれるわけじゃない。
また、たった一人でお腹に子どもを抱えていても、妊婦な気分になれるわけじゃない。

夫や、親や、家族や友人や、通りすがりの誰かでもいい、妊婦なワタシとおなかの子どもを気にかけてくれる誰かがいてくれるからこそ、自覚が現れるんだなと。

よくさ、女は妊娠すると自然に母の気分になって、男は生まれてから育てる過程で父になるって、いうじゃない。 でも、女も同じじゃないかなあ。周りの環境や自分の体調で目に見える変化や待遇の変化があってこそ、自覚が現れる。
まだお腹が大きくなってない時期に、母の自覚なんて早々自然に湧いてこないんじゃないかな。

不妊のときは、しょっちゅうクリニックに行ってたし、毎日基礎体温のアップダウンに一喜一憂していたし、「赤ちゃん待ち」で頭がいっぱいだった。それが中心の生活だったし。でも今は、夜の吐きタイム(気持ち悪さ)以外は、平穏な日々が続いている。 まわりに私を妊婦扱いしてくれる人もいない。 



そうかんがえるとね、このブログの存在も大きいな~なんて思うんだよね。

これまで記事を書いたりお仲間のブログを訪問したりしていたのは夜が中心だったからね、夜グロッキーのためのPCも触れなくって不妊~妊娠の話題からもちょっと遠ざかってしまった。だから、生活の中で自分の妊娠についてもちょっとウエイトが軽くなっていたのかもしれない。

面白いね。

おかげさまで、皆さんに応援してもらっていて、みなさんとつながっていることが、大きな心の支えになっていたんだなあ、とあらためて感じました。



なんか、久しぶりなので、とりとめのない文章でスミマセン。




少しずつでも毎日更新して、自分で妊婦気分を盛り上げていこうと思います。
これからも応援よろしくお願いいたします。
  ↓↓↓

にほんブログ村 マタニティーブログ 不妊から妊娠へ
にほんブログ村  ←ケータイは文字をクリック

にほんブログ村 マタニティーブログ 高齢出産へ
にほんブログ村  ←ケータイは文字をクリック

|

« ハナコの逆襲? | トップページ | 妊娠初期に真夏ってどうよ? »

4)妊娠初期(~4ヶ月目)」カテゴリの記事

コメント

こんにちは! 
私も16週4日まで、周りの人に妊娠を告げていなかったので、淡々とした毎日でした。 でも、今週やっと公表することにして、公表したら(まだ数人ですが、、、)、おめでとう!の言葉はきくし、抱きしめてくれる人までいるし、結構嬉しいものですよ。
周りの人が自分の妊娠を喜んでくれるって、嬉しいことだな~って実感しています。

きらきらさんの妊娠を、皆に祝福してもらえる日がたのしみですね。

投稿: ひかりん | 2009年8月15日 (土) 09時31分

sunひかりんさん
 おはようございます!
たしかに~、今は不妊時代の切羽詰まった追い立てられるような感じがなくて、とても平穏で淡々とした毎日です。これって幸せですよね。
 歯医者さんとか役所とかで言う必要があって伝える場合でも「おめでとう」といわれて嬉しかったです。電車で席を譲られたのも嬉しかったです。 知り合いや友人にそんな言葉をかけてもらうと本当に嬉しいですよね~!
 ひかりんさん、順調そうでよかった!

投稿: きらきら | 2009年8月15日 (土) 10時39分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1052324/30953194

この記事へのトラックバック一覧です: 妊婦扱いしてくれる誰かの存在。:

» 妊娠初期症状の解説サイト [妊娠初期症状の解説サイト]
妊娠初期のことをはじめ妊娠中のことを詳しく解説します。 [続きを読む]

受信: 2009年8月14日 (金) 13時12分

« ハナコの逆襲? | トップページ | 妊娠初期に真夏ってどうよ? »