« 2009年9月 | トップページ | 2009年11月 »

2009年10月

今、安定期でよかった。

11月は、仕事上、次年度に向けてちょうど無理を通さないといけない時期。

安定期でよかった。

ハナコは本当に親孝行だ。


40歳になる前に出産したいという希望をちゃんと聞いてくれて、
しかも私のやりたいことに極力障りがないタイミングでやってきてくれた。

子どもは親を選んでいるとか、親になるベストな時期を選んで授かるものだとか、そんなことは信じてはいないけど…、

ワタシのハラの中で自己主張をはじめているハナコを感じながら、

「オマエは、本当にお利口さんだね!」 と 声をかけている。



それが楽しい。


ちょっと今、かなりテンパッテいるが、なんだか二人でがんばっていると思うと、俄然やる気が出てくるのが、面白い。




イヤ、マジで、かなり、あたふたしてるんですけどねcoldsweats01
大事な大事なハナコを言い訳には絶対にしたくない!
と思って、がんばってますrockshine



さあて、今日も一日張り切って仕事するぞ~!





皆さんの応援クリックが励みになります。
  ↓↓
にほんブログ村 マタニティーブログ 不妊から妊娠へ
にほんブログ村
  ←ケータイは文字をクリック

にほんブログ村 マタニティーブログ 高齢出産へ
にほんブログ村  ←ケータイは文字をクリック



| | コメント (3) | トラックバック (0)

ぴーんち!

妊婦生活にかまけていたら、仕事が滞ってしまっていた。

夜中に来たメールでそれが発覚。

連絡待ちの姿勢で過ごしていたけれど、自分からどんどん動いていかねばならなったのよね。

現在、深夜3時半すぎ。

ねているバアイじゃない!

という状況です。




まだ、安定期でよかった。

ハナコにもちょっと苦労をかけるけど、

ワタシ、がんばるからハナコもがんばるんだぞ!




前回の記事、妊娠のことはできるだけ言いたくないと書いたけど、そろそろヘルプが必要かもしれない。

意地を張ってる場合じゃないかも







皆さんの応援クリックが励みになります。
  ↓↓
にほんブログ村 マタニティーブログ 不妊から妊娠へ
にほんブログ村
  ←ケータイは文字をクリック

にほんブログ村 マタニティーブログ 高齢出産へ
にほんブログ村  ←ケータイは文字をクリック




| | コメント (0) | トラックバック (1)

疲れたなあ。 ちょっぴり愚痴。

きょうは、私の妊娠をしらない3人と仕事の打ち合わせ。

一人は午後に。

二人は夕方から。

ようやく一人になったのは9時半。

ゆったりとした服をきていたのでわからなかったみたい。

21週5日だと、まだ気がつかれすにすむのね~。

来月下旬ににちょっと大きなイベントがあって私が講師をやるのですが、知り合いにもたくさん会うことになる。 これさえ過ぎればしばらくはあまり人に合わなくてすむから、できればそのときにも気付かれずにすごしたい。これをうまくやり過ごせば、妊娠を公言しないまま静かに出産までいけるとおもう。 

7か月の妊婦腹、気がつかれずにすむだろうか。 


別に恥ずかしいことじゃないと思うし、隠すようなことでもないのだけど、他人の妊娠を手放しで喜ぶ人ばかりでないことをこれまでの経験上よく知っているので、気付かれなければ自分からは言いたくないと思っている。

すでに子どもがいないことが当たり前になってて妊娠なんて思ってもみない人間から「実は妊娠しまして…」ときいたら、リアクションに困るよね…。 困るのがわかってるから言いたくない。

見ず知らずの人に「妊婦さんだ」と気づかれるのは全然平気なのに、ね。

友人とまではいかあい知人には、できるだけ知られたくないと思ってしまう。

中には 「どうして言ってくれないの? 水臭い」と、ご立腹する人もいるだろうなあ。 「あらそう、それで」 と 淡白な人もいるだろうし、こちらが恐縮するくらい「おめでとう」を連発したり、必要以上に気遣いをみせる人もいるだろう。

他人の妊娠に対しては、本当にリアクションがいろいろあって、それはその人の価値観によるもので、付き合いの深さだけでは測れないものだから、どう伝えるのが一番いいのかも単純に決められない。

そんなことを考えていると、いろいろと面倒な気分になってくる。

職場というものがあって毎日顔を合わせる人たちならスケジュール的にいうタイミングもあるのだろうが、直接会わない人に伝えるタイミングは難しい。

でも、会った人から順に伝えるのは、優先順位がぐちゃぐちゃになってしまうし。



はあ、疲れた。 

考えるのはやめよう。





今、「ギネ」をみました。

人と会ってるときにはおとなしかったハナコがぐりんぐりん。

産婦人科の鬼気迫る様子をみてハナコもドキドキ?

お産が怖くなってきた。


ハナコが重力に負けてるみたい。 早く横になろうっと。






皆さんの応援クリックが励みになります。
  ↓↓
にほんブログ村 マタニティーブログ 不妊から妊娠へ
にほんブログ村
  ←ケータイは文字をクリック

にほんブログ村 マタニティーブログ 高齢出産へ
にほんブログ村  ←ケータイは文字をクリック





| | コメント (2) | トラックバック (0)

不妊は「病気」ではなく「障害」

※ちょっと思うところがあって、真面目な話を書きます。





不妊は「病気」ではなく「障害」だと思います。

妊娠障害。

目が悪い人がメガネをかけるように、手足を失った人が義足や義手をつけるように、心臓に障害がある人がペースメーカーを入れるように、妊娠するのに障害があるから医療の手助けをする、というのが正しい認識ではないでしょうか。

また、現状の不妊治療は、人(医師)によって「受精」を手伝う、母体の状態を良くする(薬などでホルモン値を正常にする)などの手助けでしかありません。

決して人工的に生命を生み出すことはできません。女性の卵子と男性の精子は人工的に作り出すことはできないんですから。

それを出会わせ(人工授精・体外受精)、成長する環境をつくる(ホルモン値を整える投薬)などの不妊治療自体は決して「神の領域」ではないと思います。

出会わせることはできても受精卵になるかどうかは卵子と精子の生命力次第だし、着床するかどうかも受精卵の力次第。  その生命力にはもちろん「神秘の力」があります。


+++++++

決して、神の領域ではない「不妊治療」 恥ずかしいことでも後ろめたいことでもないと思います。

しかし、それを公言できるかといえば、そうではありません。

普通の人には当たり前にできる(と思われている)ことが自分にはできないという負い目を感じていたり、恥ずかしかったり。 事情をよく知らない人たちに理解されずに心ない言葉に傷ついたり。

しかしそれは、「不妊」に限らず、あらゆる「障害」についていえることなので、「不妊だから人に言えない悩み」と捉えるのも間違っています。


「不妊」を特別視してほしくない。  
でも、他の「障害」と同じように言いたくないことも触れられたくないこともある。
そのあたりは思いやりを持ってほしい。


そんな感じです。






皆さんの応援クリックが励みになります。
  ↓↓
にほんブログ村 マタニティーブログ 不妊から妊娠へ
にほんブログ村
  ←ケータイは文字をクリック

にほんブログ村 マタニティーブログ 高齢出産へ
にほんブログ村  ←ケータイは文字をクリック

| | コメント (0) | トラックバック (0)

世間様の認識

月に2~3度、ついつい覗いてしまって時間をつぶしてしまう、掲示板「発言○町」。

とあるトピックで、電車内で席を譲ってほしい妊婦様が話題に。

妊婦の扱いについてはケースバイケースなので、私は「妊婦だから席を譲るべし!」とは思ってないし、 妊婦に限らず、体調が悪い人、けがをしている人、 立っているのが辛い人に元気な人は席を譲るべし、と思うので、 本題については口をはさむつもりはないのですが、 レスの中で面白い問答があったので、ご紹 介。


妊婦擁護派が、「(妊婦を)批判していている人は、一度おなかに10キロのコメを抱えて一日過ごしてみれば(その大変さが)分かります」 とレス。 それに対して反論が・・・

「10キロ…て、胎児ってせいぜい3キロ程度でしょう。 それ以上は本人が太ったせい。5キロくらいの荷物を持って毎日通勤している人はたくさんいる 」



興味深いな、と思ったのは、

*妊婦の大変さを米10キロの重さに例えたところ 
*妊婦の体重増加を胎児分しか考慮せずそれ以上は自己管理能力がないせいにしていること

*それに対して誰も訂正するレスをしないところ。

妊娠初期の辛さは、つわりやホルモンバランスの変化による症状で、重さには関係ないし、実際に10キロの体重増加がある臨月だって、単純におなかに10キロの荷物を抱えるわけじゃないから、足回りの動きにくさとか姿勢の変化で腰痛とか血圧の変化とか、諸症状がある。 決して重いだけではない。

妊婦の体重増加を単純に 胎児3㎏分 としか考えてないことにもびっくり。 胎児だけじゃなくて子宮が大きくなって胎盤やら羊水やらで2~3㎏は必要だし、胎児への栄養を送るため、母体が健康でいるためにその他の器官にも変化がある。 “単純に考えても” 6~8㎏ の増加があるのは当たり前。

と当たり前に思ってることは、実はみんなが知ってる常識じゃないんだな~とびっくり。

でね、この「発○小町」って掲示板は、女性が8割くらいらしんだな。 しかも主婦が多い。子持ち(母の立場)も多い。

にもかかわらず、 妊婦の大変さを米10㎏に喩える人、 それ対して胎児はせいぜい3㎏だろうと反論する人、そしてそれを誰も訂正しないところ。

そんなのが、なんだか面白かった。

匿名掲示板なので、主婦をカタる男性だったり、人生経験豊かな中年を装うハタチそこそこのオネエチャンだったり(逆もまたあり) 一人が名前を変えて何度もトピ主を攻撃して多数派を装ったり…  となんでもアリだったりするので、 あまりマジメに受け取るとバカを見るけどね。

でも、妊婦への世間の認識って、けっこうその程度何だろうな~ と思っちゃった。


不妊治療をしていてて、誤解や偏見もあって、でもそれは知られてないからだし仕方ないと思っていたけど、妊娠・出産は不妊よりもずっとずっとポピュラーな出来事だし、主婦や子持ちが多い掲示板でそんなレスが登場したことに、なんだかびっくりしました。




皆さんの応援クリックが励みになります。
  ↓↓
にほんブログ村 マタニティーブログ 不妊から妊娠へ
にほんブログ村
  ←ケータイは文字をクリック

にほんブログ村 マタニティーブログ 高齢出産へ
にほんブログ村  ←ケータイは文字をクリック

| | コメント (0) | トラックバック (0)

きのうはなぜか眠れず…

明け方まで起きていました。

体調が悪かったというわけではなく、目が冴えて、横になっても眠くならず、4時ころまで。

朝も7時過ぎには目が覚めて、

眠くないのに、体がだるく頭もすっきりしません。   

こまった。


そろそろ、仰向けで寝るのが辛くなってきました。
大きくなった子宮と胎児が背中側の血管を圧迫するそうです。

妊婦が眠れなくても、胎児には特に関係ないんだって。

でも眠れなくてイライラするのは影響があるんだって。

へぇ~。


なんでもいいから、すっきり眠ってすっきり起きたい・・・think



台風のせいかもしれないんだけど、気圧がさがるといつも眠くてたまらなくなるのに、眠れないって…、こまったわ。



皆さんの応援クリックが励みになります。
  ↓↓
にほんブログ村 マタニティーブログ 不妊から妊娠へ
にほんブログ村
  ←ケータイは文字をクリック

にほんブログ村 マタニティーブログ 高齢出産へ
にほんブログ村  ←ケータイは文字をクリック

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今日は疲れた。

プロムナード銀座2009 に 行き、

銀茶会に参加しようとして整理券をもらったものの、長蛇の列にうんざりして諦め、

銀座八丁神社巡りで、スタンプラリーして、来年の干支の寅の土鈴をもらい、

日本橋活粋パレードを見物し、

日本橋八重洲の青年会? の 手打ちそばを200円+イカ天トッピング200円で食べ、

榮太郎本舗の屋台のお汁粉を食べて、

ぐったりして帰ってきました。




家族以外で妊娠のことを知っている二人の友人のうちの一人と一緒に巡りました。

大体12000歩。


書きたいことはたくさんあれど、あまりに疲れたので、また今度。



( ´・ω・`)





やっぱり銀座が好き。
小銭入れだけ握り締めて銀ブラしているきらきらさんに応援のクリックをくださいな。
 
  ↓↓
にほんブログ村 マタニティーブログ 不妊から妊娠へ
にほんブログ村
  ←ケータイは文字をクリック

にほんブログ村 マタニティーブログ 高齢出産へ
にほんブログ村  ←ケータイは文字をクリック

| | コメント (2) | トラックバック (0)

新しい靴下をはいて、古い靴下を捨てた

今日は寒いです。

ブロ友さんのラルさん&相方さんから頂いた、靴下をはきました。

あったか、ぬくぬくのやつです。

えへへ。 それだけで幸せな気分です。


で、幸せ気分に背中を押されて古い靴下を捨てましたscissors

ぬくぬくの新品の靴下を履いていたら、今まですりきれんばかりに履いていたユニクロの靴下がとてもみすぼらしく見えてきて…、って見えたんじゃなくて、実際に足の底マメのあたりがうすーくなって透けていたり、親指の爪が当たるところが黒ずんでいたりとかしていて、ね。

で、一気に半分に減らしました。

私はストッキングが好きじゃないので、ふだんはほとんど靴下です。パンプスでも靴下をはくくらいです(笑) だから靴下の数は多いです。

もったいない精神?で生きてきた私は、なかなか思い切ることができないけれど、新しいものの価値を享受するためには古いものを捨てなければならない! と 張り切って、靴下を切り刻むことからやりました。

ええ、捨てる前に、レンジを拭くのに使おうかとcoldsweats01

あと、下着代わりにしていたインナーTシャツなども切り刻み(さすがにパンツはやらなかったけど) いわゆる「ウエス」というものにしました。

ガシガシ汚れた場所を拭き、ゴミ箱にポイ。

あ~気分がいい。


ハナコという新しい命がやってきたので、私の人生のデトックスは順調のようです。

なかなか捨てるタイミングを逸していた古ぼけた靴下たちも、ラルさん&相方さんから頂いたピカピカの靴下のおかげで、ちゃんと寿命をまっとうしてくれました。


一通り、キッチン周りをキレイにして、お茶を入れて一息ついたら、ハナコが【きっく&ぱーんち】をはじめて、お茶だけじゃなくて甘いものもよこせ! と のたまった。

久しぶりにシュークリームを食べたら、ますます喜んでポコポコしてます。

片付け&お掃除しているときはおとなしくしてくれていて、とっても協力的でお利口さんなハナコですが、ちゃんと見返りを要求する所なんかはちゃっかり者ですわ。


ご褒美が欲しいのはオマエだろう! というツッコミはこの際なしで(^_^;)
ハナコとのコミュニケーションがますます楽しいマタニティライフです。

  ↓↓
にほんブログ村 マタニティーブログ 不妊から妊娠へ
にほんブログ村
  ←ケータイは文字をクリック

にほんブログ村 マタニティーブログ 高齢出産へ
にほんブログ村  ←ケータイは文字をクリック

| | コメント (4) | トラックバック (0)

人生を整理(デトックス)する時期 ~不惑~

きのう、「ペタンコ靴は・・」と一緒に書いていたけど、長くなったから分けました。
(ブログ村での記事タイトル表示が なんだか紛らわしいものになっててスミマセン)

****

最近はまっているのが、「捨てる」こと。

 

妊婦チャンになったおかげで、持ち物の要・不要の判断基準が変わってきています。 靴はとりあえず変わらないけれど、服だって、本だって、タオル・シーツだって、食器、鍋などの調理器具なども、ね。

だから、いつも「捨てるものはないか」と部屋の中を見渡している。

ハナコを授かる前は「捨てていいのかどうか」と迷うことばかりで、モノを溜め込んでいたが、ハナコのおかげで「要る要らない」の基準がはっきりするため迷いが少なくなってきた。  これが精神衛生上とても、いい

40を目前にして、人生の整理をする時期なのだろうと思う。

妊娠・出産は別にして、私の人生の中でそういうタイミングなんだろうな、と思う。

 

家族が増えることでライフスタイルも激変する。

引越しのことも考えなきゃいけないし、
マタニティ用品やベビー用品が増えるし
持ち物を減らさないといけないし、
時間管理の仕方も考え直さないといけない。


 

子どもが欲しいと願い続けていたけれど、もちろんその気持ちが一番強いのだけど、今にして思うと、その気持ちの裏には「人生の整理をしたい」という気持ちがあったのではないか、と思う。

「(私の人生)このままでいいのか」ということも漠然と思っていた。 「子どもがいれば劇的に変化するかもしれない」 という期待もあったのだろうと思う。 実際「子どもが欲しい」という願いは、ヘタレなワタシにものすごいエネルギーを与えてくれた。

++++

子曰、吾十有五而志於学。三十而立。四十而不惑。五十而知天命。六十而耳順。七十而従心所欲、不踰矩

++++

四十にして惑わず。

40目前にして、人生に迷うことなく自分の道を確信したい。
そんな気持ちになっていたのではないか?

だからこそ、子どもが欲しくて、親になりたくて、がむしゃらに頑張ってきたのかもしれない。

人間、変化には抵抗があるものだけど、
ハナコという大義名分をおかげで、
ワクワクしながら、楽しみながら
人生のデトックスをすることができる。

そんな 妊娠6か月目。

:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+

さて。

夫から、毎日朝晩あった電話がない。

絶交だ! といったのは私の方だけど、彼はハナコのことが心配じゃないのだろうか・・・think

まあ、他人の心配よりも自分のプライドのほうが大事な人なんだろうな、きっと。

一人でがんばるマタニティライフは、結構しんどい。
ブログで知り合った仲間がいてくれるからがんばれます!
お仲間がたくさんいるよ~! 見に行ってね。

  ↓↓
にほんブログ村 マタニティーブログ 不妊から妊娠へ
にほんブログ村
  ←ケータイは文字をクリック

にほんブログ村 マタニティーブログ 高齢出産へ
にほんブログ村  ←ケータイは文字をクリック

 

 

 

| | コメント (4) | トラックバック (0)

ペタンコ靴は…。

妊娠6カ月目のきらきらさんは、かかとの高い靴を履いています。

といってもピンヒールなどの細いのじゃなくて、太くてスクエアなかかとやウエッジソールなどの安定するものがほとんどですけど。

ペタンコ靴をはいて歩くと、見事にむくむんですよね、足が。

それにかかとが高い方が、コンパスが長くなり歩幅が大きくなるので、歩くときにラク。
ペタンコ靴をはくと、疲れているときにはなかなか前に進まないような気がしてイライラしてくる。

歩きなれているのは7センチだけど、危なそうな時には5センチはヒール程度のもので。

運動靴は、別ですよ。
でも運動靴を履いて似合う服があまりない。
あまり、アウトドアタイプじゃないもんで…(^_^;)

今はヒールスニーカーが出回っているので、これがとても助かります。

パンプス風でスニーカー。ABCマートなどでよく見ます。

ここのところ、ずっとそればかり履いているような気がしますわ。

他の方ののブログを拝見していると、おなかが大きくなってくると皆さんペタンコ靴を買い求め履いているらしいのだけど、 転倒の危険がなければできればこのまま今までの靴を履いて過ごしたいです。

それにしても、まだ1着もマタニティウェアを買っていない。

モノ持ちがいいので、随分前に流行ったオーバーサイズの服もたくさんのこっていて、冬のセーターなどは、ダボッとしたシルエットのモノもたくさん。

今は、シルエットが細身のモノが主流なので、着るのは恥ずかしくてタンスの奥に眠らせていましたが、これから発掘する予定。

新たに買わずにどこまでやりくりできるか、今の課題です。


あ、マタニティ用のレギンスだけは新調してます。
すでに、普通のパンツは止まらないし、今までのレギンスはゴムが食い込んで苦しくなってきたのでcoldsweats01


あまり、参考にならない記事ですみません。
よかったら応援クリックくださいな~!

  ↓↓
にほんブログ村 マタニティーブログ 不妊から妊娠へ
にほんブログ村
  ←ケータイは文字をクリック

にほんブログ村 マタニティーブログ 高齢出産へ
にほんブログ村  ←ケータイは文字をクリック

| | コメント (0) | トラックバック (0)

祝! 妖精ちゃん

★PP★さん、P3号チャン、

 おめでとうhappy02 

マジで、自分のことのように嬉しいぞ~!



自分のことのように嬉しいので、自分のブログに書いちゃった~!
  勝手にゴッメーン!
コメント欄が開いたら、ソッコーで祝辞を述べにいくからね~!

不妊治療者のサガとして、まだまだ手放しで喜ぶ気分にはなれないとは思うけど、今日は今日の結果をとにかく喜ぼう!  P3号チャンのがんばりを褒めてあげよう!

きのう夜更かしした分、今日はゆっくり休んでいい夢みるんだよ~!!!!



よかった~! 本当に良かった!   
全ての赤ちゃん待ちの仲間が、同じような喜びを味わえますように!

  ↓↓
にほんブログ村 マタニティーブログ 不妊から妊娠へ
にほんブログ村
  ←ケータイは文字をクリック

にほんブログ村 マタニティーブログ 高齢出産へ
にほんブログ村  ←ケータイは文字をクリック

| | コメント (2) | トラックバック (0)

夫婦の間にある溝は

深くて、複雑怪奇だ。


朝一番の電話で、また責められた。


ああ、もう、めんどくさい。



答えられない質問ばかりしてきて、

答えに窮すると

「こらえられないのはなんで?」

と  「なんで」 ばかりを繰り返す。

何をこたえても 「答えになってない」としか言わない。

どうしてほしいの?

ときいたら、

「それくらい自分で考えろ」

というし、

「どういう返事をしたら満足するの?」

ときいたら、

「それくらい自分で考えろ」

という。






彼がイライラを私にぶつけているのは分かるけど、 私はアンタのサンドバッグじゃないんだ!





男友達のメールを残しておいたのは悪かったけどさ、 やましいことがないから残していたわけで、それでも嫌がるからと全削除したのにさ、 今になっていきなり起きぬけの電話で「なんで残していたのか」なんて追求されても、困る。

強いて言うなら、「残しておきたかったから」「消したくなかったから」 ?

別にそれは、その人だからというわけじゃなくて、友だちからのメールは男女問わずほとんど残っている。

 

それに対して 「なぜ?」 を聞かれても困る。

しかも全部消したじゃん。

なのに今更「なぜ?」を連発されてもどうしようもないじゃん。 どうしろっていうのよ。

いきなりだよ。

寝ているところにかけてきて、開口一番 「聞いていい?」 と始まった…。

寝耳に水ってこういうことなんだろうね、きっと。  

ああ、めんどくさい。


彼が謝ってくるまで、絶交だ。




わだかまりというものはなかなか消えないものです。 楽しいはずのマタニティライフ、ハナコのことだけ考えて過ごしたいな~wobbly
  ↓↓
にほんブログ村 マタニティーブログ 不妊から妊娠へ
にほんブログ村
  ←ケータイは文字をクリック

にほんブログ村 マタニティーブログ 高齢出産へ
にほんブログ村  ←ケータイは文字をクリック

| | コメント (2) | トラックバック (0)

予防接種、延期。

近所の内科に行ったところ・・・、

 院長と話をして、接種は延期となりました。


なぜかというと、

季節性インフルエンザのワクチンの「使用上の注意」の、しかも“冒頭”に、
『妊娠中の方には原則として接種しないこと』
が明記されているからです。

院長先生によると…

***
アメリカでは新型と同じように季節性インフルの予防接種は奨励されていて実績もありリスクも少ないことは分かっているし、罹ってからのリスクと副作用のリスクで言うと断然副作用のリスクのほうが小さい。

ただ、日本では「原則として妊婦には接種しない」というルールがあって、積極的に進めていない以上、内科である立場で接種することを決められない。
日本一のセレブ産院で有名なあの聖○加病院でも妊婦への接種を奨励しているので、打つことには問題はないと思われるけれど、あくまでもそれは産婦人科の立場で奨励しているからその指示に従って当院で打つことならできる。

なので、まずはかかりつけの産科の医師に「打ってもいいかどうか」(紹介状などなくても、電話で聞くだけでもいいから)を確かめてからにしましょう。
***

ということでした。

簡単に、プスっと打って料金を取ることもできるだろうに、先生は丁寧に説明をしてくれたのでとりあえず「産科に確認をとってから出直してきます」と返事をしました。

今、周囲で罹っている人はいないし、お勤めなどで毎日集団生活をしているわけじゃないし、マスクと手洗いで予防できるからあまり急がなくてもいい状態なので、もうしばらく様子見をしようかと。

もうひとつ、院長先生がいわれたのが

新型は妊婦が感染すると重症化することが分かっているので接種を推奨するけれど季節性については接種によるリスクもあるため、妊婦に打った方がいいのかどうかの判断は難しい。 いずれにせよ産科に判断を仰いでほしい。

ということ。   私自身、ワクチンというものを信用していないので迷いがあるんですよね。
難しいです。


責任とれないよ~、というのが本音だとは思いますが、親身に説明してくださったのが逆に信頼できました。

さらに、今日は延期だから、とお会計もナシでした。

飛び込みで初診だったからカルテや診察券も作ったのに、良心的です。
(いや、それがふつうなのか? わかんないけど)

産科で確認したらこちらで打ってもらうからね~、先生!


ハナコに免疫を持たせるために打つなら、もう少し後期になってからのほうが効果があるんじゃないかとも思う。 もう少し悩んでからきめよ~!
  ↓↓
にほんブログ村 マタニティーブログ 不妊から妊娠へ
にほんブログ村
  ←ケータイは文字をクリック

にほんブログ村 マタニティーブログ 高齢出産へ
にほんブログ村  ←ケータイは文字をクリック

| | コメント (2) | トラックバック (0)

季節性インフルエンザの予防接種

今から、近所の内科に予防接種してもらいに行ってきます。

新型はまだ受けられる見込みがないですが、
今のうちに季節性だけでもね。

季節性ですが、歩いて行ける範囲の内科に電話をかけて、8件目にようやくOKでしたからね~。

(他は、全部予約制になっていて、すべて予約がいっぱいで新規は受け付けていないといわれてしまった)



私ひとりなら、予防接種なんて受けないんだけど、ハナコのために打ってくるぜ!
  ↓↓
にほんブログ村 マタニティーブログ 不妊から妊娠へ
にほんブログ村
  ←ケータイは文字をクリック

にほんブログ村 マタニティーブログ 高齢出産へ
にほんブログ村  ←ケータイは文字をクリック

| | コメント (3) | トラックバック (0)

贅沢三昧しちゃった週末

この週末、夫が東京に来てました。

金曜日の夜から日曜日の夕方まで、ずーっと一緒。

私が大阪に行くと、彼は自分のことにかまけてしまうので、けっこうほったらかしになりますが、彼がこっちにくると自分はあまりやることがないからか、ずーっとかまってくれます。
(おかげで喧嘩することも多くなるのですけど)

ワタシは元々の体型ではウエストのくびれがあったので (ウエストと、首回りと、肘から先しか細いところはありませんが…coldsweats01) 横幅はあまり変わらずに前に突き出す形でおなかが大きくなってきています。

彼は、横を向くと見事に妊婦チャンになっている私の姿を見て、非常にやさしかった?デス。 まあね私の体のしんどさには共感はしないものの、ハナコの心配をたくさんしてくれて、お出かけのときにはゆっくり歩いてくれたり、手を引いてくれたり、荷物を持ってくれたり…と。

でね、美味しいものもたくさん食べました~delicious

久しぶりにがっつりと焼き肉を食べましたわよ~!

最近は、お通じのためにも野菜(特に根菜)中心の食事をしていたので、「肉、肉、肉、肉、肉、野菜、肉・・・」という食事に、ハナコともども嬉しくなっちゃいました。

ハナコをダシにして思いっきり甘えちゃいました。
 エヘヘ~smile

お寿司も食べさせてもらったし、アレ食べたい、コレ食べたいというきらきらさんの我が儘もめいっぱい聞いてもらっちゃった!

そしたら、おなかがより一層きつくなったので、ついにマタニティ用のスパッツも、買ってもらっちゃった~! (もう、穿くものがなくなってきたからさ~)

朝晩乗ってる体重計にはこの週末一度も足を乗せませんでしたcoldsweats01


ハナコに向かって「おいしい?」と聞く夫の姿は、とても微笑ましかった!
みんなもそうかな~。

  ↓↓
にほんブログ村 マタニティーブログ 不妊から妊娠へ
にほんブログ村
  ←ケータイは文字をクリック

にほんブログ村 マタニティーブログ 高齢出産へ
にほんブログ村  ←ケータイは文字をクリック


****

コメントくださる方へお願い  m(_ _)m

取材・調査を目的としたメッセージの場合は、身分(所属・ご本名)、取材の目的を明記したものでないとお返事出来かねます。 不妊・妊娠・出産は至極プライベートでデリケートなテーマです。

また匿名(ご自身の状況説明が全くない状態)で不妊治療や妊娠中のお悩みをご相談をいただいてもお返事が難しいです(人によってそれぞれ状況が異なるからです)。

最後に。
無断でブログ(記事・コメント含む)の引用・抜粋、二次使用は決してなさらないでください。(ブログ主の意図が誤って伝わることを避けるためです)
 ※交流のあるブロ友さんは事後承諾でもオッケーよ~!

******


| | コメント (3) | トラックバック (0)

今日から 6ヶ月目突入~! 一年前を振り返る。

20週目突入です。 そうです6か月目に突入です。


ちょうど去年の今頃、初めての体外受精(顕微)にチャレンジした。
 10月9日 採卵
 10月11日 初期胚移植
 10月14日 胚盤胞移植 (余剰胚はナシ)

結果は駄目だったけれど、初めてのチャレンジでもあったので、移植した時点でもう妊娠した気になっていて上手くいくことを信じて疑わなかったように思う。AIHでずっとダメな期間が続いていたから、新たな希望を得た気になり、ある意味とても幸せな時間だった。 
ちょうど一年前のブログを読み返して、何もかもが初めての様子を事細かに記録していて、なんだか舞い上がってたなあ、と。 

で、全く反応しない検査キットをみて、呆然とした10月24日。

その時の気持ちは今でも上手く表現できない。


それから何回かチャレンジして、6月に妊娠できた。金銭的にももう無理!という背水の陣で臨んだ採卵で授かった。

私は周りが思っているほど気持ちが強くなく、かなりネガティブ思考です。(イヤ、マジで。coldsweats01)  なので、不妊のまま、あの気持ちの乱高下を味わった10月を迎えることがとても怖かった。  ワタシ、耐えられるだろうかと。

その10月を、ハナコを抱えて、迎えられたことが、嬉しくて喜ばしくてたまらない。
決まった信仰をもってるわけじゃないけど、神様にだって仏さまにだって手を合わせたい気分。この世のあらゆる存在に対して感謝の気持ちを伝えたい。







毎日、胎動を感じて、ハナコの存在を確かめながら過ごしています。

一人暮らしの私、常に誰かに話しかけながらの生活がとても新鮮。

ハナコに
「何食べたい~?」 「今日のご機嫌は?」 「よくねむれたか?」
とお伺いをたてたり、
ポコッと感じる胎動に手を当てて
「オマエは元気やな~!」 「お、今日はそっちか!」 
と返事してみたり。

いやーん、楽しいかもっhappy02

こんな幸せな気持ちで、10月を過ごすことができることに、感謝shine


***

12年近く太郎(シーズー)と毎日過ごてきた母は、ゴハンを作っていても「今ゴハンつくっとるよ~」、掃除をしていても「ちょっとそこどいてね~」、食事中に「太郎もたべるか? そおか、おいしいか~」 、天気がよければ「いいお天気で気持ちいいね~」 と、常に傍らにいる太郎に声をかけていたわけで…。 亡くなってもう2週間も経とうとしていますが、キッチンに立つと、つい足元を見てしまうという母。 無意識に目で太郎を探している母。

まだ見ぬハナコでさえ、こんなに毎日を楽しくしてくれるのに、太郎を失った喪失感はどれくらいだろうかと、母のことを思うとまた泣けてくるわけで…。

太郎とハナコは比べるものではなくどちらもかけがえのない存在だけど、はやく母にハナコを会わせてあげたいと思う…。 家族割のおかげでケータイで話すのはタダだから、毎日しょっちゅう電話をしてハナコの様子を伝えています。

***




今もハナコがうごいているよ、パソコンに夢中になると自己主張をはじめる、愛いやつです!
  ↓↓
にほんブログ村 マタニティーブログ 不妊から妊娠へ
にほんブログ村
  ←ケータイは文字をクリック

にほんブログ村 マタニティーブログ 高齢出産へ
にほんブログ村  ←ケータイは文字をクリック

| | コメント (3) | トラックバック (0)

本日の甘いものは 栗入りおはぎ。

もうねえ、甘いものがたべたくてしかたないの~。

以前は中毒のように食べていたチョコレートやクリーム系の洋菓子には食指が動きません。生クリームとか大好きなはずなんですけどね・・・今はアンコ、アンコです!! 
おとといはかりんとだったから、アンコというより「砂糖!」 なんでしょうけど、この傾向は妊娠初期から続いています。

大福や鯛焼きも食べたかったけど、今日はちょっとお買い得な「おはぎ」です。


周りの餡子に栗が混じっています。

中のお餅はもち米の粒が残っているタイプ。

ほうじ茶japaneseteaのお店「森乃園」の 手作りおはぎ です。 

…ほんとは、このお店の斜め向かいにある「柳家」の鯛焼きfishを目当てに行ったんだけど、行列を見て気分が萎えてしまった

1個100円。2個入りで売ってました。  

3時のおやつにひとつ。

夕飯の後にもうひとつ。

へへへ、しあわせだにゃ~。


Photo


糖分は水分をため込んで浮腫みにつながるから、ホントは控えたほうがいいんですってよ、みなさん! 誘惑に負けずに頑張っている仲間がいるよ、見に行ってね!
  ↓↓
にほんブログ村 マタニティーブログ 不妊から妊娠へ
にほんブログ村
  ←ケータイは文字をクリック

にほんブログ村 マタニティーブログ 高齢出産へ
にほんブログ村  ←ケータイは文字をクリック

| | コメント (2) | トラックバック (0)

インフルエンザのワクチン接種はできるのか?

明日から妊娠6か月目に突入します。

いま、「とくダネ!」 で インフルエンザのワクチン接種について特集しています。


現在検診を受けている大病院様からは、「ウチではいつになるかわからないし、産科から内科に紹介して手続きするよりも、近所の内科に行った方がいい」 といわれて、接種予約受付はされていません。

近所の内科に何件か問い合わせてみたら、「すでに通院している方を優先するので、産科で紹介してもらってください」 と言われ、これまた 接種予約受付してもらえません。



妊婦は、優先されるから大丈夫、とタカをくくっていたら、ワクチン接種は難しいようです。




という現状は別にして、 私自身は予防接種をするかどうかを迷っています。


妊娠中に打てば、その効果が新生児にもあってしばらくはインフルエンザの免疫は続くとらしいし、ハナコのためにも打った方がいいのかもしれない。

でも、予防(手洗い・うがい・マスクで)できるのなら、打たずに乗り切りたいとも思う。

8年ほど前に罹ったのを最後に、インフルエンザとは無縁の生活をしてきました。罹らなければいいんじゃないの?  と思うけど、免疫を持っていたほうがいいのかもしれない。

子どものころに学校で集団予防接種を受けた以降、予防接種を受けたことがありません。


予防接種をしなくても、かからなかったし、それ以前に罹らなければいいんだし。

出産は春。 妊婦のうちに冬を乗り切ってしまえばハナコは安心かもしれないし。

独身の女友達は、「どうせワクチン打てないならクスリ(タミフルなど)があるうちに罹ってしまってさっさと直し自分で免疫を作ってしまった方が安心!」 と予防に手を抜いているらしい。

このセリフを聞いたときに、「コイツには近づかないようにしなくっちゃ!」 と気を引き締めてしまったけどね~。



★打ちたくても、打てる場所がない。

★打つのが正しいのか分からない。


これのふたつが今のところの悩みです。



みなさん、どうしますか?




マタニティ期間はただでさえ体がしんどくて考えることもやることも多いのに、インフルちゃんのことまでかんがえてられないわよね~!  それでもがんばってるお仲間がたくさん。見に行ってね。
  ↓↓
にほんブログ村 マタニティーブログ 不妊から妊娠へ
にほんブログ村
  ←ケータイは文字をクリック

にほんブログ村 マタニティーブログ 高齢出産へ
にほんブログ村  ←ケータイは文字をクリック


| | コメント (5) | トラックバック (0)

週に1度は本物のコーヒーを!

便秘対策です。

いやあ、ひどいのなんのってcoldsweats01

ハナコの成長にしたがって消化器官が圧迫されてるからたくさんは食べれない。腸の動きも鈍るから食べた物もなかなか出ていかない。

だから、おなかがすいているのに、食べれない! という苦しい状況が続いています。

食べるものも根菜を中心にお通じによさそうなものを選んで食べていますが、腸の動きが鈍くなっているときには逆効果なんじゃないの? と思うくらい出ません。 詰まっているという感じ。

豆乳(無調整)を飲んだり、プルーン食べたりしますが、やはりダメ。腸の中に溜まっていくだけのような感覚。

でも、空腹感がやってくるから、手っ取り早く甘いものでエネルギーが欲しくなる。
(きのう、書いた「かりん糖」の残り…すでになくなりましたcoldsweats01

で、しかたないので、コーヒーの出番。

コーヒーを常飲していたときには、毎日、もしくは二日に1回は出ていたので、試すことに。

検診のときに確認したところ1日1~2杯は全く問題ないということだったので、便秘がひどくなったら飲むようにしています。

  ええ、もちろん、カフェインレスじゃないレギュラーコーヒーcafeです happy02shine

お陰様で、今朝はすっきり出ました~!!!!!!

あ~気持ちいい。

ゴハンがおいしいったらないわ、ホントにcoldsweats01



ホントは毎日1杯ずつ飲んで、毎朝快便といきたいところですが、ついつい慎重に考えてしまってカフェインを避けたいのと、 いざというときにコーヒーが効かなくなると困るので、「一週間に一回だけ、レギュラーコーヒーを飲む」というマイルールを決めました。
(飲んでいるのは、ブルックスでーす!)

でも、普段もやっぱり飲みたいので、カフェインレスコーヒーも用意しています。

いま、愛飲しているのは、KREIS(クライス) のカフェインレス 99.7%カットです。

インスタントですが、普通においしいとおもうよ~ん。

50g入り。  カルディで380円くらいだった。 

ネスカフェのほうが量が入ってて安いんだけど、レギュラーコーヒーも含めてカフェインカット率が一番高いのがこのクライスだったよ~!!

普段使いの イッタラ・ティーマ の コーヒーカップ&ソーサーで。
※無印良品じゃないよ~。

Image



妊娠便秘にも負けずに、マタニティライフをたのしんでいきましょ~!
お仲間がたくさん。見に行ってね。

  ↓↓
にほんブログ村 マタニティーブログ 不妊から妊娠へ
にほんブログ村
  ←ケータイは文字をクリック

にほんブログ村 マタニティーブログ 高齢出産へ
にほんブログ村  ←ケータイは文字をクリック

| | コメント (5) | トラックバック (0)

『諦めなかったコツは?』 への回答 

前回の記事に、不妊治療中の方から「諦めなかったコツは?」 との問いをコメントでいただきました。

同年代で、昨年から治療をはじめたという方で、タイミングとAIHにチャレンジ中とのこと。
なかなか結果が出ないまま1年がすぎてしまうと「本当にこれでいいのだろうか」という迷いが急に膨らんできます。ご本人も書かれていますが、転院を考えたり諦めようかと思ってみたりと、心が揺らぐ時期です。そういう方に「大丈夫、がんばって!」と、言うのは簡単ですが、不妊治療の闇は私もよくわかっているしそんな言葉は気休めでしかないことは重々承知しています。なので、本気のお返事をしました。

以下、そのお返事です。

++++++++++++++++++++++

 治療して1年経つ頃は、いろいろと悩んだり迷ったりする時期だと思います。不妊治療には正解がありません。悩むのも迷うのも当然だし、また人によって一番いい結論は異なります。
 ただ一つ、自分にとっての正解に近付くヒントは「自分はどうしたいのか」だけです。 「どんなことをしても子どもが欲しい」のか「肉体的にも精神的にも辛い治療をしてまで欲しくない」のか「夫婦二人の生活も悪くない」のか。苦しいことですがとことん自問するしかありません。

 諦めなかったコツ、というのはありません。「諦める前に授かった」です。
 私は「親になりたい」と願い、そのために必要だと思われることにチャレンジし、結果たまたま上手くいっただけです。 

ジュリさんにとっての答えはジュリさんの中にしかありません。 

最後にもう一つ。
「あきらめる」ことも選択肢の一つですので、どんな答えを出そうとも自分を責めることだけはしないように。

+++++++++++++++++++++

カウンセラーとして話を聞くとしたら、上記のような回答に加えて本人が自分で答えを出すためのサポートをする声かけをすることもありますが、今回はあくまでも一人の不妊治療経験者としてのお返事をしました。

赤ちゃん待ちをしているみんなが、自分にとっての最適な解を見つけられること、そして、結果が出ないことで自分を責めたり、ブラックな気持ちに振り回されて自己嫌悪に陥ったりすることがないように、切に願います。

子どもを望む全ての人のところに、子宝が授かりますように。




何が正解かわからない世界です。妊娠しても生まれるまでは不安がつきません。それでも自分を信じて日々奮闘している仲間がいっぱい。見にいってね。
   ↓↓↓
にほんブログ村 マタニティーブログ 不妊から妊娠へ
にほんブログ村
  ←ケータイは文字をクリック

にほんブログ村 マタニティーブログ 高齢出産へ
にほんブログ村  ←ケータイは文字をクリック




| | コメント (5) | トラックバック (0)

やばい、もう半分なくなった!

甘いものがどうしても食べたくて、かりん糖を買ってきた。
300グラムも入っていた。

夕方から、ボリボリと食べ始め、
10時前には半分がなくなった。

(いちおう、9時以降は食べないときめているので、我慢しているが、それも9時過ぎてからも、2~3コつまんでしまった。)

糖分取りすぎ?
取りすぎだよねぇ…。

カロリーはどれくらいあるんだろう…。

でも、
糖分がほしいのよ! 
歯ごたえのあるものが食べたいの!
口寂しいの!

…おなかがすいてるわけじゃないのに。

小藤屋 『琥珀かりんとう』
  ※おいしいお菓子や、カワイイ駄菓子がたくさん。


Photo


ケータイで写真を撮ると画像アップがラクチンだということがようやくわかったきらきらさんに応援クリックよろしく~!
  ↓↓
にほんブログ村 マタニティーブログ 不妊から妊娠へ
にほんブログ村
  ←ケータイは文字をクリック

にほんブログ村 マタニティーブログ 高齢出産へ
にほんブログ村  ←ケータイは文字をクリック

 

| | コメント (4) | トラックバック (0)

コメントのお返事をしました

10月3日仲秋の名月 シーズー犬の太郎(仮名)の急逝の日から早10日。

皆さんから温かい声かけをいただいておきながら、お返事できずにいてすみませんでした。なんとか落ち着いてきたので、10月3日以降の記事へのコメントへ、お返事させていただきました。   

太郎の思い出を語るとまだまだ涙が出てきますが、妊娠報告の帰省時の急逝には、人間の身勝手な思い込みかもしれませんが何か意味があるのだろうと思います。亡くなった日の様子は11月3日までにどこかで記録として記事にしたいと思っています。
まだしばらくは太郎のことが話題にでてきますが、どうか温かく見守っていただければ幸いです。


今日のおやつはかりん糖。
甘いものが無性に食べたい妊娠5ヶ月目。

  ↓↓
にほんブログ村 マタニティーブログ 不妊から妊娠へ
にほんブログ村
  ←ケータイは文字をクリック
にほんブログ村 マタニティーブログ 高齢出産へ
にほんブログ村  ←ケータイは文字をクリック

| | コメント (2) | トラックバック (0)

ハナコが生まれた夢を見た。

今朝、ハナコが生まれた夢を見た。

生まれてひと月もたたないのに、すでに、6キロくらいの大きさになっていて、抱きかかえるのも一苦労なくらいで、母とふたりで、「でかいね~」 「おおきいねえ」 とぼやいている。


先週亡くなった、シーズー犬の太郎(仮名) は、 シーズー犬なのに10キロあった。
普通シーズーは7~8キロです。
太っているというわけではなく、骨格自体が大きくがっしりとしていただけです。普通のシーズーに道であうと、「ミニシーズー」のようでおかしかったけど。

太郎はおもかったので、抱きかかえることはあまりありませんでした。太郎も抱きかかえられるのは好きじゃなかなったです。 伏せている時や座っているときに、後ろからギュっとだきついて「太郎ちゃん大好き!」とすると、「しょうがね~な~」という感じで、じっとされるがままにしてくれました。 皮膚が荒れて、痒くてじっとしているのが辛い時期でも、私の身勝手な愛情もしっかりと受け止めてくれる気遣いまで見せてくれるお利口さんでした。

死んだときまだ温かくやわらかいうちに、横たわる太郎に、いつものように後ろから添い寝するようにギュッとして「太郎ちゃん」と声をかけながら母に写真を撮ってもらいました。

寝ている太郎ちゃんを、私が邪魔している図です。
寝ているところを邪魔されても「しょうがね~な~」とじっとされるがままでいてくれていた太郎だったので、死んだとは思えませんでした。

1週間たって、母と電話しているときに、「もっと愛してあげたらよかった。 もっと抱きしめてあげたらよかった。重いからってあまり抱っこしてあげなかった・・・。」 と ついまた涙をにじませながら言ったら、母が、「太郎は抱きかかえられるのがあまり好きじゃなかったし、それに重かったしね~(笑)」 と。

そんな会話を前日の夜にしていたせいだと思います。

新生児とは思えないくらいの大きさに育ったハナコ。
(生まれた時は3キロくらいで普通で、安産だったと、夢では語っていたので、1か月で倍になったみたいです)

これまた太ったわけではなく、普通に育って大きくなった、という感じ。

夢の中で、母と二人で、「これは、ハナコを抱えるのは大変だわ」 と 苦笑いをして、目が覚めました。

なんだか、ほんわりと幸せな気分で目が覚めました。





※太郎が亡くなってからいただいたコメントに、ようやくお返事が書けそうです。今日明日中にお返事しますね。  今月中は太郎の思い出満載のブログが続きそうです。なるべく暗くならないように気をつけますのでどうぞおつきあいくださいまし。



夢の中でもハナコの性別は判明してないです~。
なのに「ハナコ」と呼びかけるワタシとハハ。
おもしろいね~。

  ↓↓
にほんブログ村 マタニティーブログ 不妊から妊娠へ
にほんブログ村
  ←ケータイは文字をクリック
にほんブログ村 マタニティーブログ 高齢出産へ
にほんブログ村  ←ケータイは文字をクリック

| | コメント (0) | トラックバック (0)

日曜劇場 JIN を みてます。

原作漫画を全部読んでいるので、楽しみにしていました。
今日は、初回2時間SP。

テレビドラマで、アレを忠実に表現するとしたら、大河ドラマになるじゃないの、と心配していたら、設定を活かして別のドラマ仕立てになっているみたい。

原作とは違ったテイストでまた面白い。

(原作は、本格的医療・歴史漫画、TVはザ・ドラマ という印象です。)

『官僚たちの夏』 に 続いて 日曜日の夜の楽しみが続きます。

夕方以降のむくみがとてもひどく、脚がパンパンになっています。血圧の調整がうまくいかないみたいで貧血時のように座ったり立ったりすると体全体が重く、ものすごくキツイです。吐き気はないけど、頭も重くて、トイレに行くのも日中の3倍くらいの時間がかかります(狭い部屋なんですけどね)

食べ過ぎると症状がひどくなるみたいなので、夜はできるだけ食べないように気をつけています。 テレビでも見なきゃ、やってられないのだ。



夜9時以降は食べない! とルールを決めた 妊婦きらきらに 応援クリックくださいな!
  ↓↓
にほんブログ村 マタニティーブログ 不妊から妊娠へ
にほんブログ村
  ←ケータイは文字をクリック
にほんブログ村 マタニティーブログ 高齢出産へ
にほんブログ村  ←ケータイは文字をクリック

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今日は、蒸籠を買いました。

すでに、2段重ねの18センチサイズのはもっているのですが、15センチサイズの小ぶりの蒸籠を買いました。

***

妊娠前より、愛飲しているルイボスティ。

これが熱湯を注ぐだけよりは2~30分煮出した方が有効成分がたっぷり抽出されるときき、この2カ月くらいは、やかんで煮出して飲んでいます。

お湯はティファールの電気ポットを使い始めてからその便利さに感激し、ガスで沸かすことはなくなったのですが、お茶のためにしまい込んでいたやかんが再登場しました。

ティファール以前に愛用していた、柳宋理のやかんです。 

やかんを出しっぱなしにしたまま、隣のコンロで煮炊きや炒めものをしたために、かなり汚れが付いていたのをクレンザーなどで何とか磨き(ステンレス焼けはとれなかったものの)とりあえずキレイにして使い始めました。

で、ある時ふと思ってしまったのですわ、この蒸気、もったいないなあ~って。


便利グッズで、炊飯器の蒸気で蒸し料理をする道具がありますよね、あれと同じ発想です。

お茶を2~30分グラグラと沸かすのだったら、その水蒸気を使わなくちゃ損! と思っちゃったのです。

以前から持っていた18センチのモノをのっけてみたら、取っ手を倒せば乗っかるものの、ぴったりはまらないから、湯気は逃げるし、安定感がない。(そりゃそうだ)  『ためしてガッテン』でやっていた、【低温蒸し】には向いているだろうけど、なんだか見た目がイヤ。

で、やかんのふたの部分を測ったところ14センチだったので、15センチの蒸籠ならピタッとはまるだろうと、買ってきたのでした。  思った通り、誂えたようにピタッとはまりました。

蓋、本体2段で、1890円ナリ。

***


これまで朝の日課として、ルイボスティを1.8リットル(出来上がりが1.5リットル)煮出して作るということをやっていましたが、それに「金時芋を蒸して食べる」が追加です。

どうしても妊婦はお通じがよろしくなくて、食べたいのに食べれず苦しくて、便秘解消のためにお芋さんを食べることに。18センチ蒸籠では鍋まで出さないといけないので面倒でしたが、お茶の煮出しと一緒に蒸すなら日課にできます。

便秘解消にサツマイモがいいとはよく聞きますが、効果を上げるためには皮ごとたべるのがオススメらしい。焼くと皮が焦げるから食べれないけど、蒸す前にたわしでキレイに洗って蒸せば皮ごといけます。

今は、金時芋(小ぶりで黄色くて甘~い)にはまっていますが(箱買いしたのだ!) 、今日は15センチ蒸籠デビューですので『インカのめざめ』も蒸してみました。これまた黄色くて甘味が強いいジャガイモです。 ウマウマです。

私の妊婦食生活は、ほっておくとインスタントやジャンクフードに走ってしまうので(メンドクサイから)、形から入ることで、少しは体にいいものを摂取するように心がけようしています。

Photo_7




小さい。








Photo_6






 やかんに乗っけてみた。

 








4






 できた。
















今日のランチは、期間限定復活の「チキンタツタ」。
あまりの人気で材料がなくなり、明日(10日)までになったそうな。
好きな人はいそげ~!!!
ポチッと応援クリック、お願いします。
  ↓↓
にほんブログ村 マタニティーブログ 不妊から妊娠へ
にほんブログ村
  ←ケータイは文字をクリック
にほんブログ村 マタニティーブログ 高齢出産へ
にほんブログ村  ←ケータイは文字をクリック

| | コメント (5) | トラックバック (0)

台風18号 と 水天宮 と 子宝ダニッシュ

台風18号がやってきて、通り過ぎて行った。

実家の亡き太郎は、雷や台風が怖くて、部屋の中を右往左往してみたり(でも、怖いとアピールして迷惑をかけたくないらしく、うめき声などは出さなかった)  夜寝るときは、母の脇にやってきて、お尻をちょこっとくっつけて丸まって寝たりしていた。

実家は、台風の暴風圏とは無縁の地域だが、珍しく今回の台風の影響がでそうなので母に電話をしてみると「(太郎がいないから)心配事がひとつ減ったよ」と、とさみしそうに笑ってた。     ああ、また涙が…。 

東京は、夜中の雨が嘘のように、朝から真っ青な晴天が広がり、強い風が、白い雲を勢いよく流していた。

今日は、戌の日。

マタニティグッズを選ぶために、カタログとか、試供品とかいろいろと欲しかったので、水天宮に向かった。

水天宮では、戌の日には「たまひよ」や「妊すぐ」や「ピジョン」「ベビカム」などの業者や、マタニティウエアショップ(エンジェリーベなど)がチラシやカタログや試供品を大量に配るのが常。

妊娠前に子宝祈願に行ったときに、メリーズ(おむつ・新生児用)の試供品を配っていて、なんだかちょっぴり切ない気分にはなったものの、行きと帰りで2つゲットし、妊娠したら使おう! ともって帰ってきたことも度々。

しょっちゅうお参りに行くので、メリーズだけで、もう10パック近くたまっています(笑)

栄養ドリンクやサプリ、ベビーにも安心な洗剤なども配ることもあるし、何よりも、各社のマタニティ情報満載のカタログ一式が手に入るので、ありがたい。

マタニティショーツプレゼント券もくばってるので、すでに3つゲットしている(お店で買ったら390円程度のモノ)。  色々と助かっています。

今日は台風の影響で人手も少ないだろうと (水天宮は戌の日、とくに土日祝日に行くと入場制限をするくらい人がいるのだ) のんびり出かけていったら、 なんとまあ、平日並みでした。  警備員と社務所の方はご祈願受付のために出張っていましたが、さすがにこの強風の中では妊婦さんはあまり出向いてこないのでしょうね、お参りに来た人はあまりいませんでした。

で、肝心の配布物ですが、・・・ありませんでした(笑)

さもありなん。 山手線は全線ストップ、千葉からも埼玉からも神奈川からも乗り入れができない状態になってます。メトロでさえ、中心部を除いてストップしてるのです。 妊婦さんもそうですが、業者の方も来られるわけないですよね。  近くの道路では街路樹が倒れていてパトカーが2~3台きていました。

せっかくの戌の日参りなのに、イベントチックなことが全くないので、ちょっとがっかり。

で、近くのロイヤルパークホテルの、噂の 「子宝ダニッシュ」 を買いに行きました。

ハート形のデニッシュ生地に甘さ控えめのカスタードクリーム。 そして 「祝」 の 紅文字。 戌の日限定で販売です。  

ひとつは、ワタシとハナコのために。
もう一つは、このブログで知り合った、不妊治療中の仲間と妊娠中の仲間のために。

全国の赤待ちのみんなに、子宝が授かりますように。

Photo_7

2_2

  1個147円。

ポチッと応援クリック、お願いします。
  ↓↓
にほんブログ村 マタニティーブログ 不妊から妊娠へ
にほんブログ村
  ←ケータイは文字をクリック
にほんブログ村 マタニティーブログ 高齢出産へ
にほんブログ村  ←ケータイは文字をクリック

| | コメント (3) | トラックバック (0)

ブログを書く気になれません。

台風のせいだろうか。

台風のせいにしよう。

気持ちも、体もつらい。

※コメントいただいているのに、お返事できなくてごめんなさい。



どうかみなさん、ワタシに喝を入れてください。
↓↓↓↓
にほんブログ村 マタニティーブログ 不妊から妊娠へ
にほんブログ村
  ←ケータイは文字をクリック
にほんブログ村 マタニティーブログ 高齢出産へ
にほんブログ村  ←ケータイは文字をクリック

| | コメント (3) | トラックバック (0)

18週4日 妊婦健診3回目

3回目の妊婦健診に行ってきました。

雨の中、朝イチの予約でいったので、ラッシュにまみれて行きました。

病院内の滞在時間は、1時間40分で済みました(病院に到着してから会計を済ませて玄関を出るまで)。

月に1度の待ちに待ったハナコとの対面だったけれど、看護師さんとも先生ともあまり話すこともなく、とても拍子抜けしてしまいました。
大病院は、行くたびに先生が違うので、面白いけど、人見知りしちゃう(?)私はどう接していいかわからず、毎回初診な気分になります。

前回、試験管に7本も採った血液検査の結果も異常なく、不安要素も全くなく、「順調です」と太鼓判を押されて帰ってきました。

お支払いは、妊婦健診票をつかって、1200円ナリ。

前回、健診票を使っても15800円したことを考えると、普通の検診だけだとあまりかからないのね、と拍子抜け。(前回は、血液検査と子宮頚癌検査などをしたのでそんな額になりました)

会計も、並んでいる人の割にはすぐに済んで、 ちょうどランチタイムになるだろうと最寄り駅の行列のできる有名なラーメン屋さんに行こうと計画をしていたのだけれど、お店のオープンまでにはまだ45分もあって、雨の中そこまで待つ気にはなれず、諦めて帰ってきました。


帰りにマタニティショップにより、マタニティ洋品をいろいろと見せてもらい、1万円以内に収まるようにいくつか着まわしできる妊婦服を買ってみようかな、と思いました。 (まだ買ってないけど)


性別はまだ分からなかったけど、夫と母に電話をして順調だったよと伝えたら、二人とも「太郎ちゃんがついてるんだから、ハナコは順調に決まってる!」と返事をしたのにちょっと涙。



頭の大きさ、4.3㎝

両の手をギュっと握り締めて、元気に心臓をうごかしていたよ。


※太郎のこと、励ましのコメントいただいてありがとうございます。
 ちょっとまだ気持ちの整理がつかないのでお返事ができません。
 落ち着いたらちゃんとお返事しますね。




太郎(仮名)がいてくれたから、父も母も元気で楽しく暮らせて、
私も不妊という暗い闇にのまれてしまわずに済みました。
↓↓↓↓
にほんブログ村 マタニティーブログ 不妊から妊娠へ
にほんブログ村
  ←ケータイは文字をクリック
にほんブログ村 マタニティーブログ 高齢出産へ
にほんブログ村  ←ケータイは文字をクリック

| | コメント (2) | トラックバック (0)

つらくて、かなしくて、くるしい

太郎は、

年に2回程度しか帰ってこないワタシを待っててくれて、

でも私とハナコのために、自分の最後を見せないようにしてくてれて、

えらい子でした。


12得年前に、結婚して家をでた私の代わりに、父と母の子になってくれました。



たくさん愛してくれて、

たくさん愛させてくれて、

ありがとう。

私たちはしあわせでした。


今はまだ、思い出をかたろうとしても涙しか出ません。

別れがつらくなるからと、亡くなったその日に葬儀を済ませました。

それがよかったのか、わるかったのか。

私がもらいにいって、家にやってきた太郎。

ほんの2泊3日で帰省したその時に逝ってしまった太郎。

もっともっと愛してあげたかった。


母が私のために買ってくれた、「子宝御守」。

まだ神社にお返ししてなくてずっと持っていましたが、
最後にお棺に入れました。

去勢したので自分の子孫は残せなかった太郎。

太郎に、新しい命を見せてあげるからね、と最後の日の朝に
私のおなかを見せました。

苦しくて、息もまともにできなかったけど、頭をちょこっとつけてくれました。





にほんブログ村 マタニティーブログ 不妊から妊娠へ
にほんブログ村  ←ケータイは文字をクリック

にほんブログ村 マタニティーブログ 高齢出産へ
にほんブログ村  ←ケータイは文字をクリック

| | コメント (5) | トラックバック (0)

太郎が逝った

たった今、病院で、逝ったそうです。

一緒に病院についていかなかったことが悔やまれてなりません。



 

にほんブログ村 マタニティーブログ 不妊から妊娠へ
にほんブログ村  ←ケータイは文字をクリック

にほんブログ村 マタニティーブログ 高齢出産へ
にほんブログ村  ←ケータイは文字をクリック

| | コメント (5) | トラックバック (0)

緊急事態  太郎ちゃん!

実家で飼っている犬が、危ない状態です。



シーズー犬の太郎。

私が結婚する2か月前に、我が家にやってきた。

来月で12歳になる太郎。

両親にとっては、嫁いでいった娘の代わりにやってきた大事な息子です。

とても聞き分けのいい子です。


昨日から、様子がおかしいです。


足腰もよわってきて、耳も遠く目も見えづらくなってきたらしく、以前のような元気はもうなく、心臓もわるくて、皮膚も荒れて、毛もぬけて、見るからにご老体、 静かな様子でしたが、最近はさらに咳がひどくなってきて、息遣いもあらくて、辛い様子だと聞いていました。

きのうから、その咳や、ぜいぜいいう姿をみて、とても心配していたのですが、母いわく、これは今までにないくらいつらそうな状態だ、とのこと。

昨晩は、ほとんど眠れない状態でした。

寝ようとして頭を下にすると、息苦しくてねむれないのでしょう、一生懸命前足を踏ん張って頭をあげて、ゼイゼイしています。


本当にかしこい子で、絶対に家の中ではトイレはしません。 足もふらふらで、まっすぐ歩けないのに、オシッコのために、外に行こうとします。
辛いはずなのに、母の顔を見上げて、外に連れていけと訴えます。

ウチの中でしていいよ、といくら言っても、どんなにつらくても外に行こうとします。

でも、先ほど、外にだしたら、もう、ぐったりして動けなくなりました。

いま、母が涙を浮かべながら、病院に連れて行きました。


うつろな目で、ゼイゼイ、ハァハァいってるあの表情が、最後になったらどうしよう。

どうしよう。


神様お願いです。 太郎を助けてください。

苦しい姿を見るのは辛いし、
長く苦しい状態を続けさせるのもいやだし、
早く楽にしてあげたいけれど、

家を出て行った私の代わりに、家族となってくれた太郎に、 新しい家族ハナコを見せてあげたいのです。 オマエに、見せてあげたいんだよ。

人間のエゴかもしれないけど、お願い、もう少しがんばって、たろう。

父も母も我が子のように、祖母も孫のように可愛がってきた太郎です。

家族として、両親と祖母を愛してくれてきた太郎です。

もうすこし、もうすこし、がんばって。




今、実家でひとり、待つだけ。 涙が止まりません。
   ↓↓↓

にほんブログ村 マタニティーブログ 不妊から妊娠へ
にほんブログ村  ←ケータイは文字をクリック

にほんブログ村 マタニティーブログ 高齢出産へ
にほんブログ村  ←ケータイは文字をクリック

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今、実家で、母子手帳を見てるよ (≧∇≦)

実家に帰っています。

妊娠発覚して初めての帰省。

以前実家に帰ったのは、GWだったから、採卵の前周期、ピルで一周期卵巣お休み期間を入れる直前だった。

母は、私のおなかをみて、「なるほど、やっぱりちょっと出とるね~」といい、お昼にさんまを焼いて食べさせてくれた。

で、そのあと、ごそごそと何かを持ってきた。

「あんたに見せてやろうと思って、探しておいたよ」って。

母子手帳と(ちょっと黄ばんで、ところどころシミになってる)

育児日記と(病院でもらったアルバムちっくなもの)

出産の入院時にメモした臨場感あふれる小さなメモ帳。
(帝王切開だったので、大変だったのだ)

今のようにブログなんてものはないのに、私がPCで書く以上の詳細が、手書きで書き記してあった。

感動しちゃった。


へその緒も、出てきた。


40年近く前のモノだよ。



すごいなあ。


ワタシ以上に、感動しているのは、母自身。

「お母さんも、こんなのあったことさえ忘れていたよ~」といいながら、育児日記をめくり、笑い転げていた。

初めてワタシが一人立ちしたとき、一回目は転んで尻もち。二回目に見事踏ん張って立ち、ワタシ手を叩いて笑ったらしいよ ( ´艸`)プププ


ウフフ。


私も、何十年か後に、「こんなことあったねえ」と笑って振り返りたいな!


そんな母子の語らいの後ろで、父が夕食の洗い物をしてくれています。えらいぞ、チチ。








※コメントのお返事遅れてすみません。
 もうしばらくお待ちくださいませ。


新旧の母子手帳を並べて、母子で「うふふ」と笑ってます。
こういうときが来たことに、感謝! 
赤ちゃん待ちのみんなにも幸運のときが訪れますように!
   ↓↓↓

にほんブログ村 マタニティーブログ 不妊から妊娠へ
にほんブログ村  ←ケータイは文字をクリック

にほんブログ村 マタニティーブログ 高齢出産へ
にほんブログ村  ←ケータイは文字をクリック

| | コメント (3) | トラックバック (0)

『卵子一番乗りを目指せ! 精子たちのサバイバルレース』

ブロ友のラルさんのトコでも詳細のご紹介がありました、『世界まる見えテレビ特捜部』の「精子たちのサバイバルレース」。

28日の放送日当日は、前日のテレ東の「大食い選手権」の録画を、手に汗握って観賞中のため、見逃してしまった。(だってさ、日曜日はSASUKEに夢中だったんだもん)
あとで、皆さんが「おもしろかった~!」とブログで感想を書いているのを見て、どうしても観たくなった。

最近はすごいなあ~、 もうすでに ようつべ にUPされていたよ。

見たい方もいるだろうし、私もまたもう一度見たいとおもうだろうから、リンクを貼っておこうと思う。

◆ 世界まる見え テレビ特捜部 サイト内の紹介

◆youtube 『卵子一番乗りを目指せ! 精子たちのサバイバルレース』 1/2

◆youtube 『卵子一番乗りを目指せ! 精子たちのサバイバルレース』 2/2

ラルさんの解説 は こちら 
 ※生々しいのはちょっと、という方はラルさんとこの解説だけでも十分です。


精子を人間に例えると、精子がどれだけの難関をくぐりぬけてきたかがわかります。

産むのは女性ですが、受精するまでに精子クン達が、どれだけの奇跡を起してきたかがわかる。  不妊治療に臨む女性の立場からすると、卵胞の大きさや子宮内膜の厚さとかホルモン値とか基礎体温とか、些細な変化でも一喜一憂して、なんで自分だけが、という思いにとらわれることもしばしばあるけれど、これをみると子どもを授かるためには男性側の協力や努力がなくては無理なことなのだなと改めて思う。  優良な精子を作りだし常に元気な精子が作られている状態を保ち、月に一度の逢瀬のために準備すること、それが大切なのですね。

頑張ってるのは精子クンたちだけどさ、そのコンディションを整えていくのは男性の努力と協力だからね。

にしても、精子専門生理学者の ジョアンナ・エリントン氏 の 体を張った実験には驚きました。その熱意と成果にただただ頭が下がります。

後半に登場しますが、彼女は、性交渉をもった後、自分の卵管を切除しそれを研究材料にしたそうな。

周囲からの批難もあったでしょうし、ご自身の葛藤ももちろんあったでしょう。しかし、生命の神秘を解き明かすひとつの光明となったとおもいます。

すごい。




最近TVで不妊治療・妊娠出産の特集が多いですが、
ありがちな一時のブームで終わらないように切に願います。
   ↓↓↓

にほんブログ村 マタニティーブログ 不妊から妊娠へ
にほんブログ村  ←ケータイは文字をクリック

にほんブログ村 マタニティーブログ 高齢出産へ
にほんブログ村  ←ケータイは文字をクリック

| | コメント (2) | トラックバック (0)

10月1日 出産一時金増額

本日から、出産一時金が増額されますね。

38万円から42万円。


ニュースでは、9月末に出産を終えたばかりのママさんのインタビューと、一時金の支払い方法が変更になったため経営的打撃をうけるという産科のお医者さんが紹介されていた。

後者については、ただでさえ産科不足が危惧されている現状に拍車をかけないように、行政がちゃんとしてくださいよ! と祈ることしかできませんが、 出産直後のママさんたちの心中を思うと、なんだか複雑な思いを感じます。


一時金増額直前に生まれてしまった方には、本当に気の毒に思います。
産科の病室で同室になった人の中には、今日の日付になってから生まれる人もいるでしょうし、同じ釜の飯を食った? 同志で、もらえる額が違うのは、心中穏やからならぬものがあるでしょう。  待ち望んだ我が子の誕生は、100%喜ばしいものであるはずなのに、なんだか喉にトゲが刺さったような想いをしちゃってるんじゃないかと、心配になったりして。

たかだか4万円です。  (ああ、不妊治療の後遺症でしょうか、4万円がそんな大きな額に思えていません、おっとろしいー)

産科によっては、42万円でもお釣りがくるところがあるのですから(42万以下で収まればその分は実費分しか支給されないのだから) 誤差の範囲でしょう。

でも、気持ちの問題です。私はもらえないのに、隣のベッドの彼女はもらえる! と思うだけで、なんだかイヤ~な気分になるのは仕方ない。

逆に、今日以降に生まれる人は、9月中に生まれなくてよかった! と お得感を満喫しているに違いない。

「貴方はいいわね、42万円もらえて」なんて言えないし、「ああよかった9月中に生まれなくて!」なんて言えないし、出産にまつわるホットな話題なだけに意識しちゃうのに、その話題を避けて何となく嫌な雰囲気になったりしてないかしら。

って、気の回しすぎ?   coldsweats01

結局はね、気持ちの問題ですわ。 たかだか4万円。 でもたった数日、いえ、数時間の生まれる時間によって支給されるかどうかが変わるって、そう思うだけで、微妙な空気が流れてしまうよね。

まあ、どこかで線を引かないといけないことなんだけどさ。



それと同じこと、いえ、それ以上のことが、来春起きるかと思うと、またまたブルーになりますわ。

だって、民主党がマニフェストを実践するならば、55万円になるんでしょ?  4月から。

私の出産は3月頭なので、42万円ですが、今妊娠初期の方、これから妊娠する方は55万円の支給が受けられます。

4万円どころじゃありません。 13万円のUPです。 すげ~!

正直に言おう!   うらやまし~!!!

今、妊婦健診で受診している病院は、普通に分娩しても65万円程度かかるそうです。(たっか~!)   地方で里帰り出産したら40万程度で済むことを考えると、どこで産むか本気で悩んでいます。   ってまだ決めてないんかい!

それでも、奇跡のように授かった我が子の誕生です。 無事に産まれてくるならお金なんて惜しみません。

が!   授かるまでにかかったお金のことを考えると、う~ん。

不妊治療の助成金だってさ、10万円から15万円にUPするのが間に合わなかったしさ、タイミングが悪いな~と思う。

まあね、42万もらえるだけでも有り難いことだから、ヨシとしよう!


でもでも、いいじゃん、ハナコが元気なら。  ねえ、ハナコ。  ハハはお前にオーガニックコットンの肌着を買うため、日々のおやつ代をケチって・・・じゃなく、節約してるからね~!   


きのうは、なんとかジャスコまで行きましたが、滞在時間の半分くらいはベンチに座っていました。お徳用の60枚入りのマスクを買えて満足しているきらきらさんでした。
いつも応援クリックありがとう!
   ↓↓↓

にほんブログ村 マタニティーブログ 不妊から妊娠へ
にほんブログ村  ←ケータイは文字をクリック

にほんブログ村 マタニティーブログ 高齢出産へ
にほんブログ村  ←ケータイは文字をクリック

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2009年9月 | トップページ | 2009年11月 »