« 気ぜわしく、ダルく、苦い。 | トップページ | 始発の新幹線に乗り込んだ。 »

妊婦たらい回し。

今、「特ダネ!」で 特集やってます。

救急搬送で運ばれて亡くなった妊婦さんのご主人が冒頭に登場。
2008年のままめくられないカレンダーに、胸が痛みます。

東京都の救急搬送のシステムに問題アリ、という趣旨のようです。


言いたい事はたくさんあるけれど、うまく考えがまとまらない。
今は とにかくハナコが無事ならそれでいい。自身の苦労なんてどうでもいい。ハナコの無事のためなら何でもしよう。

ちょうど昨日、病院で医師に言われたのが、「正産期にはいったら、何か異常があったときに1時間以内に(分娩予定の)病院にたどりつける範囲が安全だと思ってください」 といわれた。救急車を呼ぶのではなく、自力(タクシー、電車、徒歩)で1時間で辿りつける範囲、ということです。

病院のシステムの改善も大事だし、そういう危機管理意識を妊婦側がもつということも大切なことなのだろうと思う。

病院側の体制、そして妊婦側の意識改革。 どちらも必要なのだろうな。



さて番組では、救急搬送時の受け入れシステムは現在 「必ず受け入れる」 に変わった。とある。

満床でどうやって受け入れるのか。日赤では、隠し部屋(普段は使わずに空けておく部屋)を用意しているらしい。そして、通常分娩で入院中の動ける人には部屋を移動してもらったり、入院日数を5日から4日に短縮などして、空部屋を作るようにしてやりくりしているとのこと。

スーパー総合周産期医療センター というらしい(都内に3件)。 

私もそのシステムにお世話になるかもしれない。
そして私が元気で楽な安産をすること(部屋を空けるとか、長引く入院をしないとか)で、他の誰かが助かるかもしれない。

なんだか、お産って、自分一人の問題じゃないんだなあ、と思いました。

せっかく授かった命。もちろん自分の子どもが一番大切。
(親なら当然。そうでなくてはいけないと思う)

だけど自分に余裕があるのなら譲り合いの精神も胸の内にもっておきたい。
譲り合いの精神を持っていられるくらいの安産で済みますように。



いつも応援クリックありがとうございます♪

 ↓↓
にほんブログ村 マタニティーブログ 不妊から妊娠へ
 にほんブログ村 マタニティーブログ 高齢出産へ

|

« 気ぜわしく、ダルく、苦い。 | トップページ | 始発の新幹線に乗り込んだ。 »

9)妊娠後期(9ヶ月目)」カテゴリの記事

コメント

はじめましてhappy01
超高齢出産のあろはです。
ただ今妊娠8ヶ月目で初産です。
治療はしていなかったのですが、
結婚して約10年あきらめてたところに
授かった命なので大切にしていきたいです。

私も特ダネを観ることが多く、妊婦さんの
特集とかだととっても気になりますよね。
お互いに頑張りましょねchick

また遊びに来ますね~note

投稿: あろは | 2010年1月29日 (金) 21時55分

sunあろはさん
 こんにちは、初めまして! コメントありがとうございます。
今、8ヶ月目なのですね! お腹が1段と大きくなって妊婦らしい生活、今しか体験できない喜びをを満喫できる時期ですよね。 お互いに楽しんで無事に出産できるようにがんばりましょうね~! 

投稿: きらきら | 2010年2月 2日 (火) 18時42分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1052324/33166588

この記事へのトラックバック一覧です: 妊婦たらい回し。:

« 気ぜわしく、ダルく、苦い。 | トップページ | 始発の新幹線に乗り込んだ。 »