« 3月末日ですが・・・ | トップページ | コメントのお返事をしました! »

出産レポ 後記

出産レポ1~6 で書ききれなかった分の雑記です。

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

3月2日 午前1時21分 2806g 男児誕生
自然分娩  分娩時間 7時間25分。

※入院してからは2時間21分ですが、陣痛開始を病院に最初に電話をかけた6時ころと考えてこの時間が記録されています。 ホントはもっと長いような気もするし、もっと短くてもいいような気もするけど、ま、いっか。

****

スピード出産のためか、出血量が普通よりも多くて、635ml。 (400ml以上は「多い」扱いになるらしい) さらにこれまたスピード出産のためか子宮収縮もなかなか始まらずゆっくりだったらしい。

今回の分娩は、担当してくれた助産師さん(この病院の看護師は全員助産師さんなのだ!) が、とってもほめ上手だったため、ワタシも調子にのってとても上手にお産ができました。

助産師さんは「きらきらさんは、初めてとは思えないくらいとても上手でした!」とほめてくれた。「口では“痛いです!” “無理です!” って言いながら、呼吸法も姿勢もこちらが『こうしてください』と言った通りのことをやってくれてました。あの冷静さには驚きです!」 だって。 いえいえ、Hさん、あなたが「あと2~3時間」「あと5回」と、私に希望を持たせてくれたからこそ、頑張れたんです。今回の安産はあなたのおかげです。本当にありがとうございました。 ※会陰切開や麻酔は医師の担当ですが、ハナマルを取り上げてくれたのは助産師さんです。

そうそう、後の処理が終わった後、分娩台の上で、助産師さんに「もう名前は決まってますか?」と聞かれて「はい、ハナマルです!」 「そう、ハナマルくんって言うのね!」 と 言ったら、ハナマルが「アイッ!」 と返事をしました。 タダの偶然ですが、その場いいた全員が顔を見合わせて、「今、返事したよね?」 とびっくり。  とても素敵な思い出です。 

*****

入院中のこと

ワタシが最初に「母乳で!」と何も考えずに言ってしまったために、ミルクが与えられずハナマル君の体重は1割減。 かわいそうに、3日目から看護師さん判断でミルクがどんどん与えられるようになりました(^_^;)

初日は、夫がすべてやってくれました。すべてとは…
出生届などもろもろの手続きです。 すでに産まれる前から名前は決めていたので、3月2日の昼間に手続きをやれる分を全部済ませました。 私自身が役所に出しに行きたい気持ちもあったのですが、分娩の感動をワタシが一人占めしたのですから、そのほかのことは夫にやらせてあげようと。 初抱っこも、出生届に初めてハナマルの名前を記入するのも。役所に出しに行くのも。

平日だったから、面会時間が終わったらそのまま大阪に帰っていった夫。別れ際にまた、泣けるセリフを言いました。

「きらきらはいいよね~」 「なにが「いいよね」?」 「だってこれからずっとハナマルと二人きりの時間を満喫できるんだからさ。一人占めじゃん。」

母子同室の病室で、私が声をかけてもハナマルの顔から眼をそらさずにいた夫。 「テレビないと入院中寂しいかと思ったけど…、要らないんじゃない?」 だってさ。 確かにテレビなんて見ている暇はなかった。

病院食は・・・ まあ、可もなく不可もなく。お祝い膳では鯛の尾頭付きが出ました! でも余り食欲がなくて。体がむくんで顔がアンパンマンのように膨れ、足なんかくるぶしが埋没してしまいました(^_^;)  最後の夜に看護師さんにマッサージしてもらっちゃった。幸せでした。

会陰切開… うーん、切った感覚はあったけど、後の縫うのがとんでもなく痛かった。 出血が多かったので中の方も縫った。医師が無言で縫うので、何をされているのか分からずとにかく痛い! 陣痛の方が波のサイクルが予測できるだけ耐えられたけど、麻酔をしてもらって縫ってるはずなのに、痛すぎ! 

母の来訪…3日目に母が来た。 退院してからでいいよ、と言っていたのに、体調も悪いのに、いきなり病室のカーテン越しに名前を呼ぶ声が! 母だった。「来たよ」だって。 一人で、田舎から在来線や新幹線を乗り継ぎ病院までやってきた! 「よく一人で来られたね」というと、「だって、あんたのほうこそ…えらいね、よく一人でがんばったね(涙)」 だって。 その夜、散らかり放題の私の部屋で母は一泊し、そして次の日に帰って行った(祖母の介護や、自分の体調のこともあったので、本当は日帰りのつもりだったらしい)

母乳指導…なかなか母乳をうまく飲んでくれなくて。母子同室なのに、新生児室に入り浸りで看護師さんに指導してもらっていました。なんだか、入院というより、おっぱい合宿のような6日間でした。

*****

退院のこと 3月7日(日)

週末ということで前日の土曜日義理の両親が東京見物も兼ねてきてくれた。夫も土曜日の朝イチで。すでにおっぱい合宿の疲れで憔悴している私。 翌日には退院して自分たちだけで頑張らないといけないかと思うと不安。 退院の日は日曜日。 ハナマルと夫と私の3人で退院。 タクシーで帰る。 タクシーの中で涙があふれてきて止まらなくなった。 感極まった状態の私は全く気付かなかったけれど、夫が後で行っていたがこのときのタクシーの運転手さんはとても優しく運転してくれたらしい。振動がほとんどなくカーブでも揺れが最小限だったそうな。

家について、まずしたのは、部屋の片づけ。

産後の肥立ち? 三週間は床上げナシ? そんなどころじゃない。 ハナマル君の居場所を作り、陣痛に耐えててのたうちまわっていた?惨状を片付けるところから始めた。 入院中に部屋に入った夫と母が汚れものだけは片付けておいてくれたので助かったけど。 お昼過ぎに自宅についてから、ゆっくりと横になったのはもう日が暮れてからのことだった。 録画していた「ぐるナイ ゴチバトル」を見ながら 夫が近所のお惣菜屋さんで買ってきたメンチカツと肉団子を一口ずつ食べた。

翌、3月8日(月)

結婚記念日。 夫の両親が帰るまえにハナマルを見に来るので必死に部屋を片付ける。半日はほとんど座る暇もなかったけれど、義両親がいてくれる間に、役所にいって、夫と二人で水天宮にお参りに行った。

この一週間前、陣痛が始まって、妊婦健診を受けにいったな~。そのときに一人で水天宮に安産祈願をしたな~、と、とても遠い過去を振り返るように感慨にふける。 今は、ハナマルも誕生し、夫と二人で水天宮にお礼参りしている。 境内ではずっと涙があふれて止まらなかった。

義両親が羽田に向かい、そのあと、ハナマルと夫とワタシと、親子三人水入らずの結婚記念日、そして「お七夜」をやった。 出生届は産まれた日に届けてすでに命名をしたけど、名前を書いた色紙を飾り、デパ地下で買ってきてもらったちょっと豪華なお惣菜をテーブルに並べ、三人で祝った。

本当は次の日の仕事のために、この日のうちに大阪に帰るはずだった夫に、つい「お願い明日の始発で帰って」と珍しい甘えを口にしてしまった私。夫が「きらきらがそんなこと言うなんて!」 と驚いて、笑いながら翌日のフレックスを上司に申請してくれた。 

ネプリーグを見ながら、「先週の今頃は、一人で陣痛でたえていたな~」 「まだうまれてなかったんだよね~」と、いろいろと振り返った。

これで、出産レポは終了です。 長文読んでいただいてありがとうございました。

もう、産まれてからひと月がたちました。そろそろこのブログもフィナーレです。
 ↓↓
にほんブログ村 
マタニティーブログ 不妊から妊娠へ にほんブログ村 マタニティーブログ
 高齢出産へ

|

« 3月末日ですが・・・ | トップページ | コメントのお返事をしました! »

★産まれました」カテゴリの記事

コメント

肩肘張ってるだけなのがよーく分かった(笑)
さっさと引っ越してね。バイバイ。

投稿: バカ | 2010年4月 5日 (月) 22時00分

大体助産師には誉められますよ〜。どんなお産だろうが。あたしも「静かなお産でしたよ」だって。
なので真に受けるのは…
スピード出産っていっても家で我慢してただけですよね。でも自然に陣痛がきたのは羨ましい。歳は関係ないんだな〜

投稿: アイボ | 2010年4月 6日 (火) 21時05分

sunバカさんへ

 ああ、いつもトンチンカンなコメントをくれる“くらくら”さんですね!  とうとう、ご自身で自分のことを「バカ」と認識されたみたいで、スバラシイ!  成長されましたね。

あなたから「バイバイ」とお別れの言葉をもらえて、本当にうれしいです! コレを機会に、他人(私)のことなんか気にかけるのを一切やめて、どうぞご自身の人生に向き合ってくださいね(^_-)-☆


ちなみに「肩肘張る」の意味、ちゃんと分かって書いていますか? どこがどう肩肘張っているんだか… 本当に最後まで笑わせていただきました! 

投稿: きらきら⇒バカ さんへ | 2010年4月 7日 (水) 11時21分

sunアイボさんへ

あのぅ…coldsweats01

たいていの助産師さんを知っているとはアイボさんは出産経験の豊富な方なんですね! 

他の人のお産がどうだったかなんて知りませんが、ワタシ自身が「たくさんほめてくれたのでがんばることができた」のは事実です。そしてそのことに感謝をしています。ほめてもらうと調子に乗るタイプなんです(って記事にも書きましたが) 

高齢初産で、最低12時間、24時間も覚悟で臨んだ分娩だったので、楽なお産で終わって本当によかったです。上手に調子に乗せてくれた助産師さんのおかげです。

アイボさんは、なんというか…損な性格ですね。

投稿: きらきら⇒アイボ さんへ | 2010年4月 7日 (水) 11時31分

私、ちょっと調子悪くて少しの間はPC見れなかったから、
出産レポは途中まで読んでいたけど、続きは今読ませてもらいました。
泣けるね…。(感動の意味で)
人によっては2日もかかる超難産な人もいるらしいし、
スピード出産できて羨ましいです^^
私はいつも運が悪いから超難産な気がして怖いです。。。
辛くてもベビちゃんに会えるなら頑張るけどねっ(^∀^)/
旦那様も、せっかくうまれたんだから一緒にいたいでしょうね。
旦那さんも育児休暇とかないですか?
うちのモヤシ君の職場は育児休暇を男性の方は皆さんとるらしいけど、
なぜかモヤシ君は、とらないらしいです。
とれるならとってよ、って言ったけど…「嫌だ」って(爆)
だめだこりゃwww

オッパイの出はどうですか?
ハナマル君、体重増えてきましたか?

ほんとは羨ましいと思っているのに、
それが妬みに変化してしまう方がいらっしゃるようですね。
屈折するには、それまでに何かあったのだと思います。
かわいそうですね。
きらきらさんのことだからわかっていると思うけど、
あまり気にしないでいきましょう(^_^)

投稿: ★ぴょんぴょん★ | 2010年4月 7日 (水) 23時22分

sun★ぴょんぴょん★さん
 コメントありがとうヽ(^o^)丿 (上の二人がラストコメントになったらいやだな~と思っていたところ。書き込んでもらってうれしいッス!) うん、気にしない…、というより、もうどうでもいいですわ。メンドクサイなあ~とは思うけど(^_^;)

 お産は人それぞれなのでアドバイスのしようもないのだけど、「つらい」とおもったら辛くなるし「楽しみ!」と思っていたら「楽(らく)」なお産になると病院の母親学級で教わり、私自身もそうだなと思いました。人生最大のイベントですもの! 妊娠中大きなトラブルもなく過ごせたから言えることなんでしょうけど、ワクワクドキドキでした(^_^;) 
 ところで「運が悪いかも」と心配なぴょんぴょんさんにオススメなのは「ソフロロジー」です。ワタシも詳しく知らないけど、気持ちが楽になるんじゃないかな~! 調子がいい時に検索してみて。

 ハナマルは順調に面白く(?)育っています。 いつかぴょんぴょんさんとぴょん吉ちゃんにも会ってもらいたいです。実現できるといいな。

オッパイは…(^_^;) 母乳・ミルクの話題は地雷だと分かったので発言は控えさせていただきますね~。

ぴょんぴょんさんが無事に出産して母子ともに健康で、楽しい育児がスタートできますように! ずっと応援しています♪

投稿: きらきら⇒★ぴょんぴょん★さん | 2010年4月 8日 (木) 03時23分

心ない発言をされる方って、いらっしゃるんですね。
私の発言が正しいとは思いませんが、自分のコメントが文字になって読み返して悲しくないのでしょうか?
ましてやマタニティ、高齢出産のブログなのに。
同じくアラフォーママは悲しいです。

きらきらさん、ハナマルくん、お元気ですか?
そろそろハナマルくんの泣き声も変わってくる頃かしら?
2ヶ月位からだったかな?

育児ブログも、高齢出産パート2も楽しみにしていますね。

投稿: のり | 2010年4月 8日 (木) 14時19分

sunのりさん
 のりさんにまで御不快な思いをさせてしまってスミマセンです。いつもの人なので、いつもならスパム対策機能で私が読む前に削除されちゃうのですが、最後だし、ある意味熱狂的な私のファンのようですのでお相手させていただきました(^_^;)

 ハナマルは順調に面白くなっています! 表情も豊かになったし、重くなったし、やんちゃだし、目が離せません。大変ですが楽しいです。
 新ブログスタート時にはお知らせしますね(*^_^*) のりさんはブログはやっていらっしゃらないの? まだなら、この際一緒に始めましょうよ!

投稿: きらきら⇒のりさんへ | 2010年4月12日 (月) 12時53分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1052324/34017333

この記事へのトラックバック一覧です: 出産レポ 後記:

« 3月末日ですが・・・ | トップページ | コメントのお返事をしました! »