« 2010年5月 | トップページ | 2010年7月 »

2010年6月

基礎体温を測りたい…

基礎体温を測りたい…です。

基礎体温の上がり下がりに一喜一憂し、それがストレスになる方もいらっしゃいますが、私は妊娠する前は数年間ず~っと基礎体温を測っていました。

アラームつきで、3か月記録保存でき、毎日目覚まし代わりに測っていたので、習慣になっていましたから。

妊娠してつわりがひどくなってきて測らなくなりました。
夜眠れなかったり、朝起きられなかったり、規則正しい時間に計測することができなくなったから。

基礎体温は、できるだけ同じ時間に、起き上がる前に測らないとあまり正確なものがえられない。だからつわりのせいで不規則になった時点でやめました。

妊娠するために自分の体調やホルモンバランス、周期などを知るためには基礎体温値はとっても役に立つ情報です。その情報が欲しくて、いま、基礎体温を測りたくてしょうがないです。

しかし子どもの世話のせいで、まとまった睡眠時間はとれないし、子どもの声でおこされる毎日、授乳だオムツ換えだなんていってると、ゆっくり体温計をくわえている時間などない。

ちゃんと低温期・高温期と二相に分かれているかどうか、排卵日はいつか…、知りたくて仕方がないのに、知ることができない。なんだか、もどかしいです。

sun赤ちゃん待ちをしている全ての人に、妖精の到来がありますようにsun
にほんブログ村 
マタニティーブログへ
に ほんブログ村

| | コメント (2) | トラックバック (0)

高齢出産って、大変なの?

先日、高齢出産って大変なの?と、聞かれました。

全く他意はなく、普通に「きのうの昼なに食べた?」と聞くのと同じようなライトな感じで、「アラフォーで出産すること」について「アラフォーで出産した私」に聞いてみた、という感じ。

う~ん、そうねえ・・・think



若い時に子どもを産んだことがないから、大変かどうかわからないわhappy01


と答えました。



「男の子の子育てって、大変?」 と聞かれて 「女の子を育てたことないから分からないわ」 というのと同じかなあ…coldsweats01

そっか、私にとってその程度のもんなんだ、高齢出産って。

そう思った出来事でした。


sun赤ちゃん待ちをしている全ての人に、妖精の到来がありますようにsun
にほんブログ村 
マタニティーブログへ
に ほんブログ村



| | コメント (0) | トラックバック (0)

朝っぱらから泣いちゃったじゃーん 。・゚゚・(≧д≦)・゚゚・。

ぴょんぴょんさん、ご出産おめでとう!
ぴょん吉ちゃん、誕生おめでとう!

朝からこの朗報をみて、嬉しくって感激しちゃって涙があふれてしまいました。

なんだか嬉しくって舞い上がっちゃって、共通のブロ友さんにメールしちゃったり電話しちゃったり…、でここにも書いちゃった。
よかったなあ。本当に。うん、よかった(≧∇≦)

梅雨空に虹がかかるような嬉しいニュースでしたっ!



sun赤ちゃん待ちをしている全ての人に、妖精の到来がありますようにsun
にほんブログ村 
マタニティーブログへ
に ほんブログ村

| | コメント (2) | トラックバック (0)

パイナップル、はじめました。

そういえば、去年この時期ずっとパイナップルを食べていたのを思い出した。

近所の八百屋で半カット200円前後。
毎日のように食べていた。

願掛けにまた始めようかな。

ということで、パイナップル始めました。

内膜を厚くするという都市伝説? でも、イワシの頭も信心、ということで食べるぜ、パイナップル!

願掛けも大事。

気持ちを盛り上げていって、お迎えに備えるのだ~rock


他には…、先月はずっと眠気覚ましに珈琲やコーラなどカフェインたっぷり取っていたから、やめてみよう。

あと、なにしたらいいんだっけ? 

また思いだしたら追加していこう!


+++++++

コメントのお返事、先月からずっと不義理をしていましたが、一気にお返事しました。
半月ほどのタイムラグがある方もいらっしゃって、本当にすみませんsweat01

お返事など遅くなりますが、これに懲りずに、どうか気長にお付き合いいただきますようお願いいたします。

+++++++





sun赤ちゃん待ちをしている全ての人に、妖精の到来がありますようにsun
にほんブログ村 
マタニティーブログへ
に ほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

痒みはひいた~♪

いろいろとご心配をおかけしておりますcoldsweats01
私は元気ですのでご安心を~!
といっても、決して人が羨むような日常ではなくそれなりに大変な毎日を送っているので、あまりイヂメないでね  (^^ゞ

全身掻きむしりたいほどの痒みですが、注射がおわって2日後にはすっかり引きました。
赤いあとがまだ少し残っていますが、快調ですscissors
ご心配いただいた皆様、ありがとうございます!

ホルモン注射の副作用を心配されていた方(ステップアップを予定している方)もいらっしゃったのですが、ホルモン剤の影響ではなく、溶剤の油成分に過剰反応しているようなので、ホルモン的な問題ではありませんのでご心配なく。あくまでも私のケース、ということですので、ご自身がホルモン補充を受ける際には、医師とよくご相談くださいね。


さて、今後について。

・・・は具体的にはまだ保留です。

「お迎え」はするつもりですが、採卵・AIHなどはもうしないつもりです。
ハナマルがいるし、前回採卵したときが、上手くいっても行かなくても最後と決めて臨んだものだからです。ただ、凍結胚についてはせっかく芽生えた命を「廃棄」したくないという強い思いがありますし、もちろん二人目が授かったらこんなに幸せなことはないと思いますので、お迎えには必ず行きます。

いつ、どうやってというのは保留なので、「治療」を再開したら「記録」としてこちらにUPしていくつもりです。


たぶん、体外受精にチャレンジして余剰胚ができたら同じように悩まれる方も多いと思います。 決断を迫られたとき、皆さんどうされているのでしょうか? たくさん採れてたくさん凍結保存できたら? 幸いなことに保存している凍結胚をいくつも残して妊娠して出産したら? 保存更新期限がきたら?

「廃棄」という決断をされた方はどういう思いがあったのでしょうか。
「産むぞ」と決断された方はどういう思いがあったのでしょうか。

今のところ迷いはないつもりだけれど、一回のお迎えで12万ほどお金がでていって陰性だったときには「この分のお金をハナマルに使ってあげたほうがよかったのか」と気持ちは揺らぎましたcoldsweats01

まあ、そんなこんなで迷いながら揺らぎながら、日々過ごしております。




sun赤ちゃん待ちをしている全ての人に、妖精の到来がありますようにsun
にほんブログ村 
マタニティーブログへ
に ほんブログ村

| | コメント (14) | トラックバック (0)

『野良犬が、家の敷地にフンをします。』

ブロ友さんが教えてくれたお話です。ちょっとご紹介。


++++

野良犬が、家の敷地内に勝手に入り込み、フンをします。
朝起きてみると、庭に、フンが転がっていて、不快な思いをします。
でも、躾がされていない野良犬に悪気はないのでしょう。
…塀や柵で囲っているわけでもなし、しかたないか。
そう思ってフンを片付けてましたが、数日後、また。
しばらく見張っていると、同じ犬のようです。
一度、「こらっ!」と叱り飛ばしてみたら、今度は、かまってもらえるのがうれしいのか、しょっちゅう来るようになりました。
周囲のひとは「フンを片付けてしまえば済むことだし、無視無視!」 とアドバイスしてくれました。
しかし、無視しようにも、そこに転がっているフンは家主が片付けなければいけません。朝起きて庭に転がるフンをみたときの不快感と片付けの手間という負担がなくなるわけではありません。
「人間だったら『迷惑なのでやめてください』と言えば通じるはずですが、犬にはなんて言って聞かせたらいいのでしょうか。」とため息をつくばかり。

++++


私の住まいには庭はありませんが、毎日のようにフンを処分しなければいけない人はたいへんだろうなあ、と本当にお気の毒に思います。






sunいつも応援ありがとうございます。赤ちゃん待ちをしている全ての人に、妖精の到来がありますようにsun
にほんブログ村 
マタニティーブログへ
に ほんブログ村

| | コメント (5) | トラックバック (0)

さすがに、人間性を疑いました

「判定」の記事に、温かい励ましのコメント、メッセージ、メールをくださった皆さま、本当にありがとうございます。
昨日はかなり落ち込みましたが、おかげ様でなんとか平常心に戻れそうです。

現在、注射を打った場所(肩・オシリ)とは違うところにも(二の腕、肘下、太もも、ひざ下など)に、ボコボコと蚊に刺されたような腫れがいくつもできていて全身が痒いです。注射液の油成分に過剰反応しているようです。注射が終わったので、後は腫れと痒みがひくのを待つばかり。 腫れが引くころにはリセットするでしょう。

今後どうするか…。もうひとつお迎えを待っている凍結胚がありますが、今後どうするかははっきりとは決めていませんが、「廃棄」という道はまったく考えていませんので、保存更新するか、早々にお迎えに行くかになると思います。

* * *

さて、昨日の「判定」の記事についたコメント。

「陰性判定に落ち込んでいる」という記事に対して、ああいうコメントを残せるというのは、どんな神経をしているのでしょうか。
以前から何度もハンドルネームを変えて登場する常連さんですので「またか」という感じではありますが、今回のコメントはさすがに人間性を疑いました。
どういう思考回路をしているのか、とても興味深いです。



sun赤ちゃん待ちをしている全ての人に、妖精の到来がありますようにsun
にほんブログ村 
マタニティーブログへ
に ほんブログ村






| | コメント (11) | トラックバック (0)

判定

陰性でした。



BT8 での尿検査。

このクリニックでは血液検査はやらないので、数値では分かりませんが、全くかすりもしなかったので 0 でしょう。

あまりに、体中が痒いので、本日クリニックにつくなり、かゆみを訴えたら、注射の前に尿検査となり、即陰性が判明。 注射も終わり、エストラーナも終わりとなりました。

何度となく味わった、苦い思い。

久しぶりに噛みしめたその味は、やっぱり苦くて、母になった今でもやるせない気持ちでいっぱいになった。


がんばって胚盤胞になってくれたのにね。
極寒の地でお迎えを待っててくれたのにね。

上手にお迎えしてあげられなくてごめん。

昨日の記事で、「早く、毎日の注射が終わらないかな」なんて書いたからかな。
ふがいない母でごめん。



sun赤ちゃん待ちをしている全ての人に、妖精の到来がありますようにsun
にほんブログ村 
マタニティーブログへ
に ほんブログ村

| | コメント (7) | トラックバック (0)

打つ場所がない

すでに2週間続いているプロゲ注射。

もう打つ場所がないです(*_*;



両のオシリは赤く腫れていて、ところどころ、蚊に刺されたようにプックリしていて、痒い。

両の肩は筋肉がこんもりと盛り上がり熱をもって痛い。

毎日、クリニックで、両尻両肩で一番マシな所をさがし、プスリと注射。

昨日の日曜日は、なんとか自己注射してみたけど、空気を抜くのを忘れて、危うく空気を注入するところだった。(針を刺してからきがついて、あわてて針を抜き、空気を抜き、指し直した。 よいこはマネしちゃダメよ!)




注射のせいで体がだるいのか、
子育ての疲労がたまっているからしんどいのか、
リセットしそうでしないから苦しいのか、

よくわからないです。

シーズン初めてのスキーに行った時のような筋肉痛に悩まされ、膝も痛い。

最近、暑くなってきて、ダラダラと汗を流しながら、毎日、家事と育児と通院と片手間に頼まれ仕事と…。

さすがに、キツイ。


と、泣きごとを言ってみたりして。

昨年のことをおもいおこしてみるが、こんなに注射してなかったよな~と、うろ覚え。

昨年はお腹が痛かったのはOHSSだったから。だから、今回のしんどさとは全く別物で、参考にならず。

どうなんだろう、期待と不安に翻弄される前に、疲労にやられています。


早く、毎日の注射が終わらないかな。



sun赤ちゃん待ちをしている全ての人に、妖精の到来がありますようにsun
にほんブログ村 
マタニティーブログへ
に ほんブログ村

| | コメント (2) | トラックバック (0)

ハライタ  ( ̄Д ̄;

昨日の夜からなにやら下腹がしくしく。

生理前のような痛みがやってきた。

周期でいうと D24。

以前の私の周期でいうと、そろそろリセットの時期。

ってさあ、移植してから丸二日も経ってないのだけど~( ̄Д ̄;;

っていうかあ、注射打ってたらリセットしないはずなんだけど~( ̄Д ̄;;

リセットしそうなのを注射で無理やり止めてる感じなのかな?

お腹の中で何が起こってるのか、見えたらいいのに。

生理前のようなもやもや感もあるし、(前回の生理の時は、始まるまで何も気がつかなかったのに)やな感じだなあ。

注射、両腕にしこりができたので、またオシリにもどりました。

さあて、洗濯するかっ!

sun赤ちゃん待ちをしている全ての人に、妖精の到来がありますようにsun
にほんブログ村 
マタニティーブログへ
に ほんブログ村

| | コメント (2) | トラックバック (0)

批判と非難は違う。(長文につき、お暇なときにどうぞ)

批判と非難は違う。
とっても分かりやすい解説を見つけたので、ご紹介。

コチラ 

+++++

最近、ブログ村の「赤待ち」カテをにぎわしている話題(カテ移動)について、ワタシの見解を。

『陽性判定や胎嚢・心拍確認など慶事に、わざわざ他人の反感をかって、せっかくのおめでたい気分にケチがつくのは大変もったいないし残念なこと。だから、早々に移動するのが得策だ。』

+++++

反感を買うのがわかっててそれでもそこに居たいと思うのなら、いればいいし、そのカテで自由に記事をUPすればいいと思う。その場合はそれによって引き起こされると想定される他者の複雑な感情も全て引き受ける覚悟で。

誰かを傷つけるかも、ということに気がつかないで移動しない人もいるだろう。周りに反感を買っていることに気がつかないいわゆる「知らぬが仏」状態。これは本人、幸せだ。
この場合は、問題は周囲の人間の感情の処理の仕方となってくる。「許せない」と思って注意をするか、「気がつかない人ね、しょうがない」と思って放置するか、「酷い人だ」と陰で呟くか。


いずれにせよ、

「赤待ちのカテに妊娠した人がブログ記事を書くと、何らかのトラブルの種になる」

のは事実。赤待ちというナイーブでデリケートなテーマだもの。 で、その事実に対して、

「回避できるトラブルなら、回避したほうがいいじゃん!」

と私は思います。


+++++

「○○までここにいさせてください」 という言葉、私は丸二年ブログ村にいますが何度も何度も目にしたことがあります(「赤待ちに」限らずね)。このセリフは、「反感買うのがわかっている」という前提のものです。  そこにいて何の問題もないなら、「いさせてください」なんてお願いの言葉なんて出ないはず。

「いさせてください」というのなら「移動してよ」と外野からいわれても毅然とした態度で、「なぜ自分はここに居たいのか」を明快に説明し、居続ける覚悟をもってほしいなと思う。
(システム上変更が間に合わないからゴメンネ、という不可抗力のものはしょうがないけど)

『「移動しろ」ってクレームが来た!』といって、移動するのはいただけないな~と個人的には思う。なんか「怒られたからやめる」って子どもみたい。  「怒られたから」ではなく、悪かったと思うなら「ゴメンナサイ、移動します」だし、悪くない!と思うなら「私は間違ってない」と主張すべき。 

逆に、周囲の人間はどうするべきか。

見ず知らずの人の妊娠が、自分の不妊に影響があるわけでもなし「放置!」がいいけど、どうしても気になるのが人情というもの。 何か言いたいなら「非難」ではなく「批判」をすること。行動・行為について指摘し、決して人格否定につながるようなことはしないこと。 まさに、冒頭にリンクした内容です。

+++++

カテの住人がどんどん入れ替わっていることを考えれば、以前のトラブルを知らずに同じことが繰り返されても仕方ないんだけどね、ブログ歴が長い人からすえれば「またかよ」って思ってしまう、ネタですよね(^_^;)
今回の件も、「あ~あ、やっちまったね~coldsweats01」 って感じです。

私もこのネタ取り上げるのは、何回目かしら・・・って覚えてませんがcoldsweats01
(過去記事、リンクを貼ろうと探してみたが、探しきれんかった、ゴメン)

まあ、何がいいたいかというと、
「せっかくのおめでたいことですから、ケチがつく前に早々に移った方がいいんじゃない?」
 ってこと。 で、
「せっかくの慶事、誰に憚ることなくもろ手を挙げて妊娠初期の期待と不安を満喫しましょうよ!」
ってね(^_-)-☆

これって、「誰かが嫌な思いをするかも」という他者目線の考えではなく、「自分が誰かに嫌な思いをさせてしまったら、イヤだな」という全く持って自分本位の考え方なんだけどね、ブログなんて自分本位でいいじゃんと思いますよん。

sunいろいろと勉強になってますsun
   
↓↓↓
にほんブログ村 
マタニティーブログへ
に ほんブログ村




| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年5月 | トップページ | 2010年7月 »