4)妊娠初期(~4ヶ月目)

母と義母への妊娠報告 (義母編)

 前回 の続きです。

さて、もう一方の母、夫の母親への報告はというと、先週の妊婦健診でハナコが順調に育っているのを確認した時点で、夫から電話報告となりました。

シルバーウィークに夫の実家にご挨拶に行こうかと計画していたので、その時に会って報告がいいかなと私は思っていたのだが、夫がインフルエンザを気にして、先に電話で聞いてみようということになったのだ。

義母は義姉家族と住んでいて、そこには小学生が3人いる。もちろん元気に学校に通ってるが、子供のことだからどこでウィルスをもらってくるかわからない。 夫はそれを心配した。でね、夫は電話で次のように言ったらしい。

「今度の連休で、二人で実家に帰ろうと思うんだけど、インフルエンザにかかってない? きらきらが妊娠してるから、まだうつってなくて予防バッチリなら行くけど、どうしようか?」

 

うーん、微妙な言い回し coldsweats01

 

返事は「子ども達がはどこでもらってくるかわからないから、やめといたら?」 だった。

この様子は、夫から後で伝え聞いたので細かいニュアンスは違うかもしれないが、要約するとこんな感じだったらしい。つい、「他に何か言ってなかった?」 と突っ込んで聞いたら、「『10年かかったね~』って言ってたよ」だって。 結婚してから11年以上なんですけど(^_^;)。

「他には? いつ生まれるとか伝えた?」  とさらに食い下がってみた(しつこい?)。

「ああ? 『おめでとう』って言ってたよ。それで、近所の○○さんの娘さんと同じ時期にうまれるね、って言ってた。そのひとはは二人目でどうの、って言ってた。」

(* ̄ー ̄*) ?  誰それ…。

そのあと、1時間ほどしてから、お義母さんから直接私のケータイに電話がかかってきた。

「きらきらちゃん、聞いたよ、おめでとうね、よかったね。」
「ありがとうございます。連休で報告に行こうと思ってたんですけど・・・」
「子どもたちがいるし、インフルエンザも心配だから、来なくていいよ~。それにお姉ちゃんもしばらく風邪気味だったし、インフルエンザじゃなかったけど、それでね…」

と、子ども(孫)たちの学校の様子やクラブ活動の話や、お姉ちゃんの体調のはなし、選挙の話、ご近所さんの娘さんのオメデタの話(その人のことは私は全く知らないんだけど)、私の実家の皆さんはお元気? 一通りの世間話に花を咲かせ、「じゃあ、またね」 と電話終了。

義母にももちろん不妊治療のことは言ってないし、つわりの大変さも夫も伝えてないはずなので、心配のしようはないとは思うけど、6月末に妊娠発覚してから2カ月ちょっと、妊娠の報告をどうしようかずっと考えていた私には、かなり肩すかしなやり取りでした。



ということで、母と義母への報告で二人ともに全く心配されなかった私。

心労はかけたくないが、電話口の社交辞令でいいので、「体調は大丈夫?」くらいは聞いて欲しかったな~、と我が儘なことを考えてしまったよ。 はっはっは~♪


後日談。

お義父さんから夫に趣味に関係するメールがちょくちょく届くらしいのだけど、そのメールの最後には「きらきらさんの体調はどうだ?」と必ず付け加えられるようになったとのこと。 耳が遠いのでお義父さんと電話口で直接話は出来なかったけど、なんだかそういう気遣いされてることがチョット嬉しい。(っていうか、ダンナちゃんさあ、そういうことはその都度言ってよね~、ホント気が利かないんだから!)
義母は、ご近所・親戚に「息子に子どもができた」と嬉しそうに触れまわってるらしい。9月中には義実家のご近所中、親戚中に広まってるんじゃないか、と思う。  いやあ、喜んでもらえてよかったよかったcoldsweats01

もうひとつ。 実母にはおなかの子を「ハナコ」と呼んでいると伝えたのだけど、そしたら毎回の電話の第一声が「ハナコは元気?」になった。 うふふ、ママリンったらheart02

娘の心配より、孫の心配をしたい、婆心のようですわ smile



それぞれの気遣いが嬉しく、また面白い。
妊婦チャン生活、楽しいなあ♪
 
  ↓↓↓
にほんブログ村 マタニティーブログ 不妊から妊娠へ
にほんブログ村  ←ケータイは文字をクリック

にほんブログ村 マタニティーブログ 高齢出産へ
にほんブログ村  ←ケータイは文字をクリック


| | コメント (6) | トラックバック (0)

母と義母への妊娠報告 (母編)

母には、8月初旬の10週目に報告をした。 父には母から報告されましたが、一応、まだ自分も安心していないので、親戚やご近所さん(うちは、親戚づきあいやご近所づきあいがマメなので)には言わないように、と、初孫を待望している両親には少々酷なお願いをしていた。だから、妊娠報告のときよりも、母から祖母への報告のときが、喜びは大きかったみたいでした。 

 そのときのこと ⇒ 「お母さんに、言わせてあげたい」

でもね~、喜んでくれたのはいいけど、ほとんど心配されなかったのよね~coldsweats01

不妊治療のことを伝えていないというのもあるけど、母にはつわりの経験がなく食欲旺盛で丸々と太った記憶しかないので、 「転ぶなよ」 という私のそそっかしさへの注意はあっても、気分はどう? などの心配は一切なかった。 (たしか、私の前に一人死産して、さらに私は帝王切開だったらしいのに、心配はないのだろうか?)

「よだれつわり」がひどくて、吐き気もあって、頭も痛くて、体もだるくて、つわりMAXの時に、つい電話で「おかあさ~ん、気持ち悪いヨ~」 と弱音を吐いてみたら、 「どしたん? 食べすぎか?」 とあっけらかんとした返事が返ってきて、思わず吹き出してしまったcoldsweats01

普通、妊娠3~4か月って聞くと、「つわりは大丈夫?」って聞かないか?  あまりに可笑しかったので、つい「うん、さっきお昼ゴハン食べすぎちゃって~、くるしぃーのぉ」と返事をしちゃったよ。

そのため、母は、私が毎日夕方にダウンしていることを知らないまま過ごしている。 まあね、心配させたからって一緒に住んでいるわけじゃないからどうしようもないし「苦しいのに何もしてあげられない」なんて思われるより随分いいじゃん! と思ってる。

今週末から5ヶ月目突入するし、しんどいのももうすぐおさまるだろうから、元気になったらママリンに 「あの時、つわりで気分悪いって言ったのに「食べすぎか?」っていわれて嗤っちゃったよ~」 って言ってやろうsmile

:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+


さて、もう一方の母、夫の母親への報告はというと、先週の妊婦健診でハナコが順調に育っているのを確認した時点で、夫から電話報告となりました。

シルバーウィークに夫の実家にご挨拶に行こうかと計画していたので、その時に会って報告がいいかなと私は思っていたのだが、夫がインフルエンザを気にして、先に電話で聞いてみようということになったのだ。

  長くなるので、 続きは次回  


私にとって人生の一大事の報告でも
妊娠それ自体はよくある出来事なんですよね。
面白いなあ
confident 
  ↓↓↓
にほんブログ村 マタニティーブログ 不妊から妊娠へ
にほんブログ村  ←ケータイは文字をクリック

にほんブログ村 マタニティーブログ 高齢出産へ
にほんブログ村  ←ケータイは文字をクリック

| | コメント (0) | トラックバック (0)

予定がなくなってしょんぼり。

今日、仲良しの友だちと会う約束をしていたんだけど、

 頭が痛くて
 熱があって
 喉が痛いから
 今日はキャンセルで。

とメール連絡があった。

久しぶりだったから、スッゴク楽しみにしていたから、すっごくがっかりしちゃった。

友だちにはまだ妊娠のことを言ってないので、
今日伝えようかな、どうしようかな、

昨日の夜からものすごくドキドキしてた。

(´・ω・`)ショボーン



ま、がっかりしたのはこっちの気持ちの問題なのでどうでもいいんだけど、心配なのはその症状、インフルじゃないの?ってこと。

これから病院に行くとメールにあったのですが、インフルだったら、トモダチはあまり丈夫な人でもないので重篤化しなければいいなと思う。
 私が体調崩して苦しいときにいつも助けてくれる人です。今度は私が助けに行きたいけど、今度はハナコがいるからなあ。でもハナコがいるってまだ伝えてないし…。

そのトモダチは、友人の中で「一番に報告をしたい人」なので、ぜひとも直接会って顔をみて伝えたい。 「ハナコがいるから、ゴメン!」なんて、メールや電話で伝えたくないなあ。

…お忍びマタニティライフはまだまだ継続しそうですcoldsweats01



自分だけは大丈夫と思ってるので、
トモダチの容体のほうが心配です。
  ↓↓↓

にほんブログ村 マタニティーブログ 不妊から妊娠へ
にほんブログ村  ←ケータイは文字をクリック

にほんブログ村 マタニティーブログ 高齢出産へ
にほんブログ村  ←ケータイは文字をクリック

| | コメント (2) | トラックバック (1)

便秘解消にカレー???

やっぱりお通じがよくないので、野菜をたくさん食べることにして、毎日八百屋さんで手当たり次第に買ってきています。

でも、野菜って、飽きるんですよねcoldsweats01

量は食べられないのだけど、量を食べられない分、がっつりこってりしたものを少しだけ食べたい気分なので、野菜だけだとなかなか進まない。

で、最近やってるのが、カレー。

基本、めんどくさがりなので、簡単野菜スープカレーです。

買ってきた野菜をとにかく刻んで鍋にいれ、

ダシの素系 (ほんだし、コンソメ、ブイヨン、鶏がらスープ、ウエイパー、) を投入

カレールーをひとカケ、放り込む。

バターを追加することもある。

今の私が食べるには、どうしても油脂がないと気分が悪くなるみたいなのデス。
だから、カレー粉(パウダー)は使いません。 


小鍋でスープカップ2杯分ずつ作ります。

毎回、具材を変えて、作って食べています。 先日、オクラとジャガイモでやったら、美味でした。  あ、ゴーヤ、ホウレンソウ、セロリ、なんかも具材として投入されます。

カレーライスにしちゃうと、胃が重く持たれてしまう。 でも、口はカレーがおいしい。


とりあえず、二日に1回は出るようになりましたcoldsweats01 


みなさんは、便秘解消のためにどんなことをやってますか?




これからもっと便秘が悪化するらしい。
薬に頼らず乗り切るために、知恵をしぼってまーす!
  ↓↓↓

にほんブログ村 マタニティーブログ 不妊から妊娠へ
にほんブログ村  ←ケータイは文字をクリック

にほんブログ村 マタニティーブログ 高齢出産へ
にほんブログ村  ←ケータイは文字をクリック

| | コメント (6) | トラックバック (0)

妊婦様と不妊様

「発言○町」ネタをひっぱってごめんなさーい!

世の中では、

 「私は妊婦なのよ! 気を使いなさいよ!」という人を『妊婦様』
 「私は不妊なのよ! 気を使いなさいよ!」という人を『不妊様』

と呼ぶらしい。

まあ、関係ない人ならなんで気を使わなきゃいけないのかわからない人もいるし、わからないだけにとにかく「不妊様には子どもの話はNG」 とか 「妊婦にはとにかく無条件で優しく」とか、短絡的に思う人もいるだろう。

でも当事者には、当事者にしかわからない苦しみや辛さがあって、またその事情も人によって様々。

要は、想像力の問題なんだけど、 私は「不妊だから気を使え」 「妊婦だから気を使え」という一律の考え方は基本的に、好きではない。

不妊だとしても辛くない人や気にしないもいるし、妊婦でもつわりもなく、元気でフルマラソンもできちゃう人もいるからだ。

私は以前、【ご挨拶】 に書いたが、不妊のときは妊娠中の方、子持ちのママさんからのコメントもウェルカムだが、リセット直後や陰性判定のときだけは 「陽性出たよ」の喜び報告は聞きたくないとおもっていた。 だから「やめてね」と書いた。

時期によって平気な時とそうでないときがある、辛いときには自衛をして先に予防線を張っておくことも大事なのだ。だって、他人は自分じゃない。 自分からは何も言わないのに相手に察してくれというのは、虫がいい話だと思うから。 (そこまで相手に要求したらアカンと思うのよね)

妊婦チャンになってつわりがひどい時は、思う存分「苦しい顔」もするし、マタニティマークも付ける。電車で座りたいときはそれなりにアピールもする。 インフル対策でマスクをつけた時に 「私は妊婦なので、自衛のためにマスクしてます」という自己表示のためにマークを付けることもある。 でも、人様の手助けや配慮が要らないとき(リスクヘッジ不要・体調がいい時) はマークはかくす。 平気な時まで気遣ってもらう必要はないもんね。

実際に立っているのが苦しくてその場にしゃがみ込みそうになったとしても、他人はそんなに人のことを観察はしていないので気付かないのが普通だと思う。気づいてくれたら「ありがとう」なのだ。 苦しいなら、助けてほしいなら自分から言わないとね。

だから、勇気をもって「辛いので助けてください」 「辛い気持ちを分かってください」 と主張するとは、とてもいいことだよ。

でもね、それってさ、あくまでも「辛くて苦しくて自分ではどうしようもなく誰かの助けが欲しい時」に限るよね。   

不妊だから、辛いわけじゃない
妊婦だから、辛いわけじゃない。

「不妊だから」 「妊婦だから」 気を使えというから、周りのみんなが眉をひそめてしまい「不妊様」とか「妊婦様」って言葉ができちゃうんだとおもう。

不妊でなくても妊婦でなくても、体調が悪くて人の助けが必要な人が援助を請い、それに快く好意で答える、という、やさしい社会になるといいなと思います。confident

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

いえね、昨日は、久々に電車で1時間半かかるところに仕事でお出かけをしたのですが、私は始発駅から乗ったので、ずーっと座りっぱなしだったのだけど、立ってるお年寄りとか、マスクもしないでせき込む若者とか、色々と気になることがてんこ盛りだったので、色々と考えちゃったのよ~coldsweats01  

で、また昨日の夜中に、「発言小○」妊婦様関連のトピックをいくつも読んじゃったのよ…。
最近はなぜか「電車内の妊婦様」がブームらしく、トピックが乱立してるのよ。はまるとやめられないわ。 しばらく封印しようっと。   

みなさんもお気をつけくださいね~。



助けてもらったら「ありがとう」
感謝の気持ちを忘れずに過ごしたいです
shine
  ↓↓↓

にほんブログ村 マタニティーブログ 不妊から妊娠へ
にほんブログ村  ←ケータイは文字をクリック

にほんブログ村 マタニティーブログ 高齢出産へ
にほんブログ村  ←ケータイは文字をクリック

| | コメント (6) | トラックバック (0)

面白い議論を発見! 紹介します。

私がたまに見に行って、腹を立てたり面白がったりしている 「発言○町」。
最近話題になったトピックが、とても興味深かったのでご紹介。

「妊娠していますので、席を譲っていただけますか?」

★注意★ かなりキツイ意見もあるので、現在体調が悪い方や精神的ダメージを受けたくない方は見ないほうがいいです。

見つけた時にはすでにコメントの受け付けが終了していたので、私は参戦できませんでしたが(っていうか、「発言小○」に書き込みしたことはありませんけど) 、まあなんというか、極端な意見がたくさんでていて、とても興味深かったです。

簡単にいうと

二人目を妊娠中の6ヶ月目妊婦。 仕事に行くために毎朝通勤で電車を利用。職場のそばの保育園に連れていくために子連れで乗車。 乗車駅からは座れないので1~2駅は立っているが、危ないので、優先席の健康そうな若者に目をつけて 「妊娠していますので席を譲っていただけますか?」とお願いしている。
黙ってても席を譲ってくれる人は皆無。何回か声をかけても5人に一人がやっと代わってくれる程度。 声をかけて席を譲ってもらう私は変な人間ですか?

という内容です。

トピを見るだけで、どんなレスがつくか容易に想像できる内容で、また期待通りに燃え上がってました。

みなさんは、どう思いますか?

ちなみに私自身は通勤で電車を利用するわけではなく用事がある時にだけ都内の地下鉄を利用する程度ですが、たいていはマタニティマークをつけて乗ります(これも賛否両論あるみたいですね。マークが「席を譲れ」という脅迫だ!とか)。  ラッシュ時に乗ることはめったいにないので大概は優先席が空いており、マークが見えるようにしてマスクをして優先席に座っています。(まだまだつわりがしんどいので、ありがたく優先席に座らせてもらってます)

それに、立っていてもマークを付けていたら譲ってくれるほうが多いです。

ゆずってもらったら、好意を無駄にしたくないのでお礼をいって座らせてもらい、さらに降りるときに「大変助かりました」と声をかけるようにしています。
譲ってくれた方に「今日はいいことしたな~」とそのあと気分よくなってもらえたらいいな思います。

譲るほうも、譲られるほうも気分よく過ごしたいですね。

「発○小町」のトピックのように、ラッシュ時に毎日毎朝同じ時間に子連れで乗り込んで、毎朝「妊娠してるので席を譲ってください」って言う人がいるというのはちょっと驚きです。 言われたほうも困惑するだろうなあ。 きっとこの人はこの電車では有名人でしょうね(^_^;)

言わないと分かってもらえないのはよくあることなので、本当に辛かったら声をかけるのもいいと思いますが、せめて、『つわりで具合が悪いので』くらい言えばいいのに…。



助けてもらったら「ありがとう」
感謝の気持ちを忘れずに過ごしたいです
shine
  ↓↓↓

にほんブログ村 マタニティーブログ 不妊から妊娠へ
にほんブログ村  ←ケータイは文字をクリック

にほんブログ村 マタニティーブログ 高齢出産へ
にほんブログ村  ←ケータイは文字をクリック

| | コメント (6) | トラックバック (0)

出産予定日に思いを馳せる

まだ、どこで産むかが決定されてないので、鬱々としているのですが、それでも膨らみ始めたハラを多少持て余しながら、出産予定日のことに思いを馳せる。

予定は3月の頭。

私にとって、とてもありがたい時期です。

まず、一つ目

私が40才の誕生日を迎える前には生まれること。
なんとか、30代のうちに出産ができる。
40だろうが、39だろうが、年齢なんて連続した日々の積み重ねなので、体力的には変わらないはず。でも、不妊治療を始めて毎月リセットしては落ち込み、卵子がまた無駄になったと嘆き暮らしてきたので、37歳のうちに、38歳のうちに…、結婚10年までには…、と小さな目標を立てずにはいられなかった。
40を目前に気持が焦ってパニックにならない内、せめて37~8までに妊娠したかったというのが正直な気持ち。 でも、とうとう39歳になって 「あと1年」という無意味なはずの期限が私をかなり追いつめたのも事実。
30代で出産するための最後の採卵、そう思っていたから、今回妊娠できたのは嬉しかった。

二つ目。

40歳になる前に、というだけなら、実は4月になってからでもOKなんですが、3月に産みたかった。なぜなら子どもの学齢の問題で。
なんとか年度内に産みたかった。 年度が替わると、学年がひとつ下になる。お母さんと二人でべったりいられる時間は短くなるけど、入学も卒業も3月と4月では1年違う。人生を駆け足で進むことがいいことかどうかは分からないけど、授かるまでに時間がかかった分人生のスタートを早く切らせてあげたいと、高齢出産の私は思う。
それに、私たち夫婦はともに39歳。 来年40。私のほうはまあいいとしても、子どもが成人式を迎えるときに夫には現役でいられるようにしてあげたかった。 夫が還暦を迎える前に子どもが成人式を迎えさせてあげたいと思っていた。 

三つ目。

3月頭は、私たち夫婦の結婚記念日がある。
カレンダーにある特別な「○○の日」はあえて避けて、なんでもない日を選んで、結納し、その一年後のその日に結婚式を挙げた。入籍もその日。 結婚1周年の記念日には、長い間患っていて寝たきりだった夫の祖父が亡くなって親戚一同集まったにもかかわらず誰も祝ってくれなかった、というちょっぴり苦い思い出もある(^_^;)。 (その時は湿っぽい雰囲気ではなく、夫のイトコが生まれたばかりの赤ちゃんを連れてきていて、そのお祝いムード満載の場だったので、なおさらね~。)そんな私たち二人だけの特別な思い入れがある日として「3月○日」がある。
毎年二人でお祝いをしてきて、11周年の結婚記念日を過ぎた。夫は「今度は結婚記念日のお祝いどころじゃないね~」とい嬉しそうに言った。
いやいや、私は結婚記念日のお祝いもするつもりだぜ! と何か買ってもらう気満々だけどね。  予定日は、ちょっとそれより早いけど、初産は遅れるというし、平均的な初産の傾向からすると、ジャスト記念日に生まれそうな気がする。 

 

そんなこんなで、ハナコは私にとって一番うれしい時期に生まれてきてくれるみたいだ。

親の都合で産むものではないけれど、世の中の普通の夫婦は人生設計を考えて子づくり計画をするらしいし普通はできるのだろうから、こんなことくらいで喜ぶのは可笑しいのかもしれないけど、 でもでも、なんだか、いいタイミングに授かってくれたことが嬉しい。

思いは通じる…とか、そういう精神論はあまり信じてはいないのだけど、ずっとずっと頭の中で妄想に近いシミュレーションをしてきたので、体がそれにつられてしまったのではないか? と思っている(笑)

  いわゆる、イメージトレーニング、ってやつですかね。

いやはや、本当にハナコは親孝行だ。


やっぱり私は「不妊から妊娠」で「高齢出産」なんだよね。
高齢赤ちゃん待ちの全ての人に幸運が授かりますように
shine
  ↓↓↓

にほんブログ村 マタニティーブログ 不妊から妊娠へ
にほんブログ村  ←ケータイは文字をクリック

にほんブログ村 マタニティーブログ 高齢出産へ
にほんブログ村  ←ケータイは文字をクリック

   

| | コメント (2) | トラックバック (0)

不妊から解放された瞬間。

今日から15週目に突入です。

1か月が4週ずつなので、4カ月目のおわり。 後1週間で5ヶ月目。一般的に安定期と呼ばれる時期になる。 

ようやく、基礎体温がさがってきたみたい。日課になってて、目覚まし代わりに使っている基礎体温計、毎朝同じ時間にアラームが鳴って測定しています。

今朝は 36.42度。

これまで 36.5~36.7度あたりをずっと推移していた。(ちなみに、私の低温期は、 36.1~36.4程度、 高温期は36.6~36.9度のあたりです) 36.5度を下回ったのは、久しぶりです。 今朝、寒かったからかもしれないけどね。

採卵・移植をしたのは6月。 3か月前。
でも、前周期からピルを飲んで卵巣のお休み周期を入れたので、この妊娠のスタートはGW明けの 5月8日から、と私は思っています。

5月に、ピルを飲んでお休み。
6月に入ってからショート法で刺激開始。  初めてのフォリスチムの注射 (高くてびっくり!)採卵して、移植して、判定日を待つ日々に突入。

期待していなかった余剰胚が凍結されて、それだけでお祝いランチを食べたりして。

ドキドキの判定日を1週間後に控えているころ OHSS(卵巣過剰刺激症候群)で おなかがパンパンにはれて、苦しんだ。

そのOHSSによって期せずして 「妊娠してるかもしれない」と 発覚。

妊娠の喜びを味わうどころか、卵巣の腫れとたまった腹水のせいで息をするのも苦しくて、さらにhcgの値も低くて 妊娠しているかもしれないけど移植後のhcg注射のせいかも、ともいわれ、生殺しの状態で1週間

妊娠が分かっても、不妊生活にどっぷり浸かっていた私は、胎嚢が確認されるまでは、心拍が確認されるまでは…といつまでたっても安心できなかった

心拍確認されて、産科に移っても、検診までの長い期間を待つのがつらかった
不妊のクリニックに頻繁に通っていた者としては、3週間、4週間というのは長すぎる(^_^;)

しかし、お陰様で、おととい、2回目の検診も終わり、ハナコは無事に育っていた。


ここまで来て、ようやく私は安心したらしい。

だってね、 私、
 「ハナコが生きていた」 と書かずに
 「ハナコが育っていた」 と書いている。
ここに全てが表れている。

健診日に夫に報告したときに無意識に発した言葉が「ハナコは無事に育ってたよ!」だった。 生死を安否するのではなく、生きていることを前提に成長を喜んだ。 ハナコがおなかの中で生きていることが当たり前に感じられている証拠だ。

「ハナコが育ってた」。 この言葉を、自分の言葉を自分の耳で聞いたとき、何か背負っていた荷物がなくなったような気がした。その時に、ああ、私、ようやく不妊から解放されたのか、と気が付いたのだ。

タイミング法で1年半、人工授精を8回やり、体外受精(顕微)3回目。

振り返ればいろんなことがあったけど、ひとつひとつが思い出(過去の話)になっていくのだろうな、と思う。


ハナコは無事に育っています。出産まで気を抜かずにやっていきます。
応援のポチ、いただけると、調子に乗ります!(^_-)-☆

  ↓↓↓

にほんブログ村 マタニティーブログ 不妊から妊娠へ
にほんブログ村  ←ケータイは文字をクリック

にほんブログ村 マタニティーブログ 高齢出産へ
にほんブログ村  ←ケータイは文字をクリック

| | コメント (3) | トラックバック (0)

びっくりオジサン。

昨日のマンモス病院(妊婦健診)での出来事です。

まあ、施設的にいろんなびっくりがありましたが、それよりも一番驚いたのは、エレベータにのってフロア移動するときのこと。私が最初に乗り込んだので、ボタン前に立って操作したのですけど、うしろから、気難しそうなおじさんがいきなり 「3階っ!angry」 と吐き捨てるような声。
同じく年配のご夫婦が「すみません、3階…」とやさしく声をかけてくれていたのですがそれがかき消されてしまいましたcoldsweats02   せめて、「(3階)押してください」くらいつけたらいいのに。

私はエレベータガールではないけど、エレベータ内では最年少者のようだったのでもちろん進んでボタン操作くらいするし、そのつもりでパネルの前に立ったのだから、「みなさん、何階ですか?」と聞こうとしたその瞬間の怒号だったので、びっくりしてしまったよ。

あのね~、どんなに若く見えようとも(←これは嬉しいが)、同じ病院にかかっている人間、どんな疾患を持ってるか分からないんだからね~。 って、私は一介の妊婦ですけどね。


 驚いて振り返ったら、私を睨みつけているし、なんだかなあ私のこと病院スタッフだとでも思ったのか? カルテを手に持ってマスクをしている人間に、どうしてそんな言い方ができるのか唖然としてしまいました。
  私は2階でおりたのですが、1階から2階まで上るのにEVを使ったのが気に入らなかったのかな? でも、自分のいたところからEVを使ってすぐ上に位置す る部署に行くためだったし、階段やエスカレーターを使うとものすごく遠回りになるから、看護師さんもこのEVを使ってと言ってくれていた。   

おじさん、何か嫌なことでもあったのだろうか。 八つ当たりされて私も周りの人も迷惑だけど、ハナコの無事が確認できた後だったし、八つ当たりくらいで気が晴れるならまあいいか、とちょっと寛容な気分になったりしてcoldsweats01

たぶんね、こんなマンモス病院で、システマチックに受診していると人の接し方を忘れてしまうんじゃないかな、と心配になってみたりして。

個人病院とかだと、医師も看護師も受付もみんな顔みしりみたいな感じになるから、そんな失礼な態度はとれないとおもうんだけど…。

このおじさん、他所でもこんな言い方しているんだったら、ある意味、すごい。脱帽デス。 

ま、きらきら★ブラック だったら、「3階がどうしました~?( ̄▽ ̄)」と聞き返しちゃうけどね~bleah

ブラックに一票!という方も、そうでない方も
クリックおねがいしまーす!

  ↓↓↓
にほんブログ村 マタニティーブログ 不妊から妊娠へ
にほんブログ村  ←ケータイは文字をクリック

にほんブログ村 マタニティーブログ 高齢出産へ
にほんブログ村  ←ケータイは文字をクリック

| | コメント (4) | トラックバック (0)

落ち込んでいます。

どうにもこうにも、自分をやる気にさせることができません。

ヤバイ。

ブログに逃げてる。







 にほんブログ村 マタニティーブログ 不妊から妊娠へ
にほんブログ村  ←ケータイは文字をクリック

にほんブログ村 マタニティーブログ 高齢出産へ
にほんブログ村  ←ケータイは文字をクリック

| | コメント (2) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧